第704回 「バーミキュラで無水カレー」

7月8日

2010年に登場した日本生まれのホーロー鍋、名前はバーミキュラ。無水調理ができると評判です。それまではホーロー鍋と言えば海外ブランドが主流だったのですが、その高い機能とおしゃれ感から人気が爆発し、注文が殺到!7月現在でなんと、納期は来年の2月(注文から7ヶ月待ち)という驚異的な人気です。

704-1

実は私も、今年の1月に「所さんのニッポンの出番」というテレビ番組でバーミキュラを知り、「これ、良さそう!」と注文して、やっと届いたのが6月。ほとんど忘れた頃です。(笑)パステルピンクやグリーン、ブルーなど色々なカラーがあったのですが、私はこちらのグレーのパールカラーに惹かれました。(名前をフタに刻印することもできるのですが、それを頼むとますます納期が遅くなるので、残念ながらパスしました。)

届いてから驚いたのは、その重さです。私が買ったものは22cm鍋で4.2kg!かなりずっしり。へたに床から持ち上げたら、腰を悪くしそうなほどです。容量は3.5Lあるので、4人家族のカレーなどもたっぷり作れます。価格は2万8千円。

バーミキュラの特徴はこれまでのホーロー鍋と違って、完全無水調理ができること。蒸気穴のない重いフタで加熱時に鍋の中が密封されるため、素材が持っている水分を引き出して水を使わず調理ができます。そのため食材のうまみを引き出せるのはもちろんのこと、栄養素も逃がさないのです。

704-2

バーミキュラ鍋の底には、線があります。「リブ底」といって、具材が焦げ付きにくいそうです。

704-3

フタの裏には、ブツブツの突起があります。これは調理中に水蒸気が循環しやすくするための工夫だそうです。

これを買って以来、野菜と魚や豚肉の蒸し料理などをよく作っています。どさっと食材を重ね(油も不要です)、お酒を大さじ3杯くらいかけて、蒸し煮にしていきます。水を入れないから素材の味がぐっと引き立ち、調味料もかなり少なくてすむんですよ。本当にヘルシーです。

サイトを見ていると、無水カレーが評判が良いようです。私も初めて挑戦してみました。材料は水が入らない分、野菜がたっぷり。

704-4

4人分で、牛肉250g、玉ねぎ大3個、トマト大小6個、人参1本、ジャガイモ1個、ニンニク2かけ、ローリエの葉。

完熟トマトがいいらしいですが、作った人の感想によると「野菜の味でかなり甘みが強くなるので、カレールーは一段階辛めにした方が良い」ということでしたので、あえて完熟まではこだわらないことに。

玉ねぎは2個を粗みじん、1個をスライス。トマトの皮は湯むきして、粗みじんに切ります。(一手間ですが、こうしておくと後で皮だけがザラッと残ることを防げます。)後はお鍋に入れていくだけですが、こういうのは入れる順番が大事なんですよね。

704-5

水分が出やすいトマトが一番下。その上に粗みじんの玉ねぎ、スライス玉ねぎ、人参、じゃがいも、お肉を重ねていきます。結構すし詰め状態。

704-6

後は弱火で60分煮るだけ。時間が来たら火を止め、カレールーを入れて混ぜ、余熱で10分味をなじませたら出来上がり。私はルーを溶かすのに時間がかかったので、もう2分だけとろ火にかけました。

704-7

水を一滴も入れないだけあって、出来たては汁気が少なく、混ぜても野菜の抵抗でごろごろした感じです。しかし混ぜていると、次第にみじん切りの玉ねぎが溶けてなめらかになっていき、カレーらしくなりました。でもメインの野菜は煮崩れしてませんよ。

704-8

野菜の甘みとうまみが十二分に引き出された、無水カレーの出来上がり!私は玉ねぎをたっぷり入れたので、スパイスの「ピリッ」と玉ねぎのまろやかなコクの調和が「味が濃いのにクドくない」。これが野菜たっぷりの良さですね。もちろん、食物繊維もたっぷり。家族にも評判良かったです。

一晩おくと、野菜の甘みがより強くなっていて、すごくマイルドに!ルーが辛口でもこれだけまろやかになるのかー、と新発見。野菜がより前面に出てきたカレーに変身していました。

これからわが家のカレーは、無水が定番になりそうです。

 

第702回 「アニマルグッズあれこれ」

6月24日                (中村 覚)

「昔に比べて質は下がったのに値段は上がったよな。」「10年前なら200円だったものが、今じゃ300円が当たり前。 ひどくない?」四十路を前に友人と愚痴ります。 そんな昨今でありながら、「これが200円! スゴイやんッ!」

これが1個、200円です。アニマルマグネット(ガチャガチャ)。

702-1

写真はスチール製のブックスタンドに くっ付けた状態です。1つ1つ丁寧に見ていくと荒削りの出来ではありますが、これが野性味ってモンです。 コストを抑えるためか、立体感はさほどありませんが、トータル、大満足な商品です。

702-2

今回は動物特集で行ってみたいと思います。

702-3

702-4

この色白のカバはホームセンターのガーデニングコーナーの奥で、セール対象品になっていました。多分、以前は同じような品がたくさん あったのでしょうが、少しずつ数が減って行き、最後に残った彼は孤軍奮闘中でした。そんな気概に触れる内、買って帰ることに・・・( 安かったもんね。)

本来は屋外に置いて、長い時間をかけて経年劣化(?)をすることで趣を増していく品だと思いますが、せっかくの“白”をわざわざ汚さなくてもと思い、ブックスタンドにしました。

702-5

続いて、こちら。アニマルフックのシロクマです。

702-6

雑貨屋の高い柱の上部に飾ってあり、この白がすぐに目を引きました。店員さんに見せて欲しいと頼むと、はしごを持ってきて登って取ってくれました。いざ手に持ってじっくり見てみると、ん~ ちょっと作りが粗いかなぁ、 特に目が。わざわざ 取ってもらったけど、遠目で見るくらいがちょうどの商品だなという結論に。

すると店員さんが、「もうこれが最後の一点で、今後の入荷の見込みも立ってない」と横でつぶやきます。 何事も一期一会だと即座に理解できました。で、家に持って帰り 柱に掛けたものの、やっぱり商品の粗さが目立ちます。お店で最初に見た時ほど高い場所には置けない、と言うか お店ほど天井が高くないのです。仕方ないので横向きに寝かして、パッと見た時に「何じゃ、これ?」状態で置いてみることに。

702-7

本来の用途には使えませんが、この発展途上の様が意外に良かったかなと自画自賛。(笑)

702-8

最後にちょっとテイストを変えまして、風変わりなワニです。商品名はレインボーアリゲーター。今年の誕生日に友人からもらった物ですが、見るからに子供向けのおもちゃです。「色合いが面白いろ?」と言われ、たしかにカラフルで楽しそうやけど・・・(苦)。 「貯めに貯めたTポイントで買った物だから、遠慮なく受け取れ」 「そりゃ どうも。」

口から出ているひもを引くと、背中のジャバラ(?)をズゥ~ングリ、ムックリと上下に動かしながら前進します。いかにも子供が喜びそうな仕掛けです。

ん~ このおもちゃを最大限に活かすには、どうするべきなのか。 子供が遊んでもう飽きちゃった、また今度ね、そんな遊びの後を思わせるように、部屋の隅に無造作に置いておく 『さりげなさ』が一番?

702-9

ん~ 難しいぃ。試行錯誤中です。でも これが 遊んでるってことでしょうか。(笑)

702-10

第698回 「海辺の短編小説、っぽく。」

5月26日                               (中村 覚)

698-1

四万十市に取材に行った帰り、少し時間に余裕があったので、2年前に一度来て好きになった場所へ 寄り道してみました。幡多方面の景色といえば「海」ですが、その海の懐の深さをゆったりと満喫できる そんな場所です。簡素な小屋があり その横は人の集まる休憩所になっています。雨風にさらされ続ける手製の椅子は座る人を選ばず、ずぅ~っと前からここにあった雰囲気です。前に広がる海には数人のサーファーの姿も。

698-2

小屋の横では女性のサーファーが一人、海を眺めていました。波をうかがっているのでしょうか。自然と景色に溶け込む様は、ここが初めてではない証拠?ただ、自分勝手な言い方ですが、彼女は先客。良い場所を先に取られた感が少々…(笑)

「それでは後ほど」と ひとまず、海岸沿いに車を走らせ 辺りを散策。かなり波が引いているようです。空の雲もちょっと独特? 筒井がこれらをカメラに収めます。

698-3

しばらくして、元の小屋に戻ってくると誰もいません。これでやっと一人占めです。

と言っても 真夏並みの強い日差しのため、クーラーの効いた車から出る気にはなれません。すると筒井が外から「風が写り込むこの景色は良いね」と言うのです。「無色透明の風が写り込むんですか?」と素朴な疑問を返します。すると「ほらね」と屋根に取り付けられた黒い布を指差すのです。あぁそういうことなんですね。強い太陽にやられて朽ちながらも、風で大きく波打つ様は躍動感に満ちています。

698-4

私は車内から(筒井さん、カメラ、好きだよなぁ、予備の電池も持ち歩いているし)と思っていると、「あのベンチに座って」と言われました。どうも写真というのは人物が入っている方が良いみたいです。それに私になら いちいち「撮っていいですか?」と許可を取る必要もありませんし。(笑)

車から降りると 案の定「暑っ!」と同時に潮の香り、やっぱり外に出ると体感が違います。言われた通り木のベンチに座って海を眺めながら、「そうや 前回 来た時は 車から降りずじまいだったなぁ」と。ものぐさになるといけませんね。

パシャリ、パシャリと何枚か撮ってもらっている時です。自転車に乗った地元のおじさんがやってきて、笑顔で唐突に横の椅子に座り「~いや、それでさっきの話の続きやけどね」と言わんばかりの勢いで会話が始まりました。瞬間、場の空気はピークを迎えます。初対面の垣根はどこ?(笑)

698-5a

目の前の海で取れる魚介類の話や、3日後の漁に備えているご自身のこと、近所に住む友達のことなど 次から次へ。タバコを吸いながら身近な話題を楽しむ「昭和の男前」のおじさんは目の奥から心底 笑っています。そして 月夜はいかに明るいかという話の後に「こうやって、お兄ちゃんと ここで話すのは、2回目やね」と。

「あっ! そうかぁ、このおじさんとは今日で2回目だったのか。」~って そんなわけありません。「いや、ここには2年前に来ましたけど、その時は車から降りもせず、今日、初めてここに座っています」と答えました。すると「そうぉ?」と私の足元に寝かせてあった松葉杖をちょっと見て「前にも 杖をついたお兄ちゃんとここで話をしたけどね」と笑顔のまんまです。

この場所には、色んな人が集まるので話をする機会も多いそうです。この前は外国人のカップルが小屋でバーベキューをしていたとのこと。祭日になると道路沿いに何台もの車が停まり、磯で貝を取る人で賑わうそうです。今年のゴールデンウィークには集まっていた子供達に、「汁を飛ばすなよ」と捕ったばかりの貝をたくさんふるまったそうです。

色々話をしてもらっている間に サーファーが一人、また一人と帰って行きます。 私達もそろそろ帰らなくては。ここで陽が傾くのを待って夕陽を見たいというのが本音ですが…。「それでは」とお礼を言って車に乗り込もうとすると、おじさんも乗ってきた自転車にまたがり、小屋を後にします。 あれ? てっきり私達がいなくなったら、またタバコに火を付けて、今度こそ 一人で海を見ながらゆったりされるんだろうと思い込んでいました。 私なら きっとそうします。

車の前を一足先に帰って行くおじさんの後姿に~

698-66

「お兄ちゃん、人生 ゆったり楽しんでやあ~。」と言われた気も…。