第741回 「美味しいものとの出逢い」

4月2日

先月はとても美味しいものとの出逢いがあり、いまだに思い返すほどです。
というわけで、皆さんにもご紹介しましょう!

①キッチン南海の「カツカレー」(東京・神保町)
741-1

東京の神保町へ勉強に行った時、友人が連れて行ってくれました。神保町はカレーが有名なんだそうです。キッチン南海はお店の前に食品サンプルがあったりして、昭和の小さな定食屋さんの趣。1966年創業だそうです。金曜日の12時半頃のお店の前には10人以上の行列ができており、30分ほど並びました。

741-2

店内はまるでラーメン屋さんのように、ひしめくお客さん。仲間4人で狭いテーブルを囲み楽しく話しながら、友人お薦めの一番人気のカツカレー(750円)を頼みました。そして運ばれて来たカレーは衝撃でした。

741-3

黒いカレー!写真ではわかりにくいですが、キャベツもかなりな量。
カツは薄めですが、サクサクの食感。

一口、ぱくりといくと実にスパイシーで、それでいてズシンと深い旨み!その美味しさにすっかり心を奪われてしまいました。「30分並んで良かった!」と感激しながら、大盛りのような量を完食してしまったのが響いたのか、3日で1.5キロ太って帰ってきました…。でもでも、また勉強に行く時には、必ずまた来よう!と固く決心。

②満州軒の「満州ジャンメン」(高知・四万十町)
さて、こちらは高知の美味しいものです。高知市から車で1時間、四万十町(元・窪川町)に行った際、評判の高い満州軒に行ってみようと思い立ちました。ここのジャンメンなるラーメンが美味しいと評判で、支店を高知市に作ったらしいのですが、そこもすごく繁盛しているとの記事を読んだもので。

741-4a

国道56号線沿いにある満州軒は、意識しないと素通りしてしまうような小さなお店です。11時オープンのこのお店、11時15分には地元の方々で満席になり、それ以降は小さな町にも関わらず席が空くのを待たなければいけません。

741-6

四万十町は養豚業が盛んで、美味しい豚肉には定評があるんです。
で、ここの看板メニューの「満州ジャンメン」(750円)がこちら。

741-7

ニラとホルモンがたくさん入った、溶き卵と麻婆あんかけのラーメンです。これがピリ辛で美味しく、特に冬場は身も心も温まる感じです。これも結構量があるんですが、やっぱり完食。

741-8

もう一品心を動かされたのが「ゆでホルモン」(380円)。なんとこの値段で野菜もたっぷり。価格設定がおかしい気もしますが…重いお皿をかぶせて、蒸し焼きに。

741-9

ゆでてあるので、あっさり美味しく頂けます。
ああ、書いていたら また食べたくなってしまった…。

しかし、美味しいものとの出逢いは人生を豊かにしてくれますよね。
また新年度も、新しい出逢いを心待ちにしています。

第738回 「想像力=イマジネーション。」

3月15日           (中村 覚)

738-3

昨今、映画館で上映される一部の映画(ディズニー映画など)は吹き替え版があり、子供もちゃんと?楽しめるようになっています。昔は映画館で上映される洋画は字幕版のみでした。小学34年生の頃、当時人気絶頂だったスタローンやシュワルツネッガーのアクション映画を親に連れられて観に行ったものです。当然、字幕に出てくる漢字が全てわかるわけではありませんが、映像に見入って、いっぱしにわかった気になり、見終った後は「面白かった」と思ったものです。

今になって思えば、漢字のわからない部分は映像との兼ね合いで想像力を使い何となくカバーしていたのか? いやいやそんな上等なことではなく、漢字がわかる部分もわからない部分もゴチャ混ぜ、でも単純にトータル「面白かった」と思っていたのか? 多分、わからない部分はイメージを膨らませて補足していた。つまり映画を観ることは想像力を養う機会にもなっていた・・・と、美化し過ぎでしょうか。

でも子供が特有のたくましい想像力を持っているとは思います。もう自分が子供だった時のことはわかりませんが、人のことはわかります。今年の初め、友人二家族と一緒に会った時です。それぞれに6才になる息子と娘が一人ずついます。大人を交えて かるたやトランプでひとしきり遊んだ後、子供2人で「○○ごっこ」が始まりました。その 「ごっこ」の最中に大人から「メダルをもらう」という流れになり、自分の親や私の所に来て「メダルをください」と何度かお願いしにきました。その都度「はい、どうぞ」「ありがとう!」何度もらっても とても楽しそうでした。でも実際にはメダルなんかありません。想像のメダル、空想の世界です。

このメダルをもらう遊びが2030分と、長く続いているのを見ている内に、自分の部屋に均で買っておいたメダルがあるのを思い出しました。均とはいえ、金、銀のメダルでズッシリと重量感もあるので、あげたら喜ぶかなと思い探しました。 が、どこにしまったのか わからず、結局 渡すことはかなわず。その時はちょっと残念に思いましたが、後から考えると、子供の想像力という意味では渡せなくて良かったかもしれないと思い直したのです。

738-1

子供たちがもらっていたイメージのメダルは、それぞれの頭の中で出来上がっていて、そんじょそこらのメダルではおっつかない程、輝いていたはず。実際にはないだけにイメージするのはどこまでも自由、そんな楽しい空想の世界を邪魔せずにすんだのです。

なかったり足りなかったりと、そんな不足分を想像力で補って、頭の中に出来上がったイメージというのはある種、完成されているように思います。

大人の世界にもあることです。映画化された作品を観た人の中に、原作の方が良かったと言う人がいます。 せっかくの活字の自由な世界が映像で固定化されてしまうと「私のイメージと違う!」みたいな。(笑)

子供の頃にはふんだんに持っていた想像力、大人になってもまぁまぁ持っているであろう想像力。でも時系列で見た場合、どうも減っていく傾向にあるのではないでしょうか。

仮にそうだとして 増やすには? 鍛えるには? 目覚めよ、イマジネーション!ということで、想像力に関する事柄をこれまでの経験に照らしながらネットなどから大雑把に拾ってみました。

まず、一つめ「物事は目ではなく、心で見よ!」
これ ハードル高過ぎ。一休さんの和尚さんが頭に浮かびます。(笑)

二つめ、「リラックスした状態が大事」
これは経験として何となく納得です。有名な話ですが、アインシュタインやスピルバーグ監督はシャワーを浴びている時にアイデアが出たとのこと。

三つめ、「腹八分めに」
満たされ切ってしまうと、後は眠たくなるだけ。
心身両面で動きがストップしてしまいます。でも意外とこれが難しい。

最近知った おいしいラーメン屋さんに2回行きましたが、2回とも大盛りを頼みました。…気持ちだけはハングリーでありたい。

738-2a

どうも想像力はハングリーの中にありそうです。(笑)

 

第731回 「遊び心はゆとり?」

1月20日             (中村 覚)

最近、読んだ本に書いてありました。時代は明治。70歳を過ぎたお坊さんが、ある時 英語の勉強をし始めます。お弟子さんが「今さら勉強しても、どうにもなりませんよ。」とズバリと申し上げる。「わかっておる、お前の言う通りじゃ。でも こうやって 単語を1個、2個でも覚えておけば、次に生まれてきた時 ちょっとでも楽じゃろ?」とのお返事。

和尚さんにしてみれば、本業から大きく逸れた?英語の勉強はあえてしなくてもいいものだったはずです。でもしなくてもいいものだからこそ、遊び心を交えて、「じゃぁ ちょっと やってみようか!」これこそ、ゆとりですね。

この話に感化されて購入したのがこちら。

①

英語の辞書です。ちょっくら単語でも調べてみよう! でも だからと言って あからさまな“勉強”ではなく、冒頭の和尚さんのように楽しく英語に接してみようと・・・。

手始めに、SF映画「スターウォーズ」のキャラクターを紹介した本を開きます。1ページにつき1人、大きな写真を交えて、人物のプロフィールや衣装、持っているアイテムなどについて詳しく書いてあります。

でもこの本、全文 英語なんです。英語版だとアマゾンで日本語版よりも安く購入できますので。それに読めなくてもキャラクター辞典ですから、「写真だけ見て 楽しんだら それでいい」と買った当初は思っていました。でも今は、見ている内に気になった単語をランダムに拾って、気の向くまま調べてみるのもいいかなと。遊び感覚を軸に、ちょっとだけお勉強です。

ところが、すぐに中止です。紙面の7割程は写真ですが、残りの余白を埋めるように活字が並び、字面に威圧されて面白くありません。ちょっと教科書っぽい感じ。それに(最初からわかっていた事ですが)書いてある内容って、実際には存在しない人物のデータなわけで、言ってしまえば 嘘八百。嘘のくせに人を威圧するとはタチが悪い。(笑) スターウォーズの本は失敗に終わりました。 出だしからつまずきましたが、所詮 遊びの範囲。気分を害することなく切り替えます。

次はこれ。

④

 

この本も英語版ですが、子供向けの絵本です。ですから1ページあたりの活字の量は簡単な単語が6~10個程度。 ほとんど絵だけでストーリーが進んで行くので、気分も軽い軽い。話の内容も最初からわかっています。(笑) この絵本は有名な「ノアの方舟」の物語だからです。表紙に書いてある「NOAH’S ARK」=「ノアの方舟」の意味だそうです。思惑通り、軽く調べちゃいました。

これはご存じの通り、旧約聖書の話です。神は世の人間の堕落を見て、洪水をおこして滅ぼすことを決めます。そして正しい人間ノアにそのことを伝え、方舟を作るように言います。ノアは言われた通り大きな方舟を作り、自分の家族と全ての動物のつがいを方舟に乗せます。そして洪水は40日間続き地上に生存するものは滅ぶ~、とこの後も話は続きますが、私はこの動物のつがいを乗せるという部分が大好きなんです。「人間より動物なのっ!」みたいな。(笑)

再読した際、気ままに調べた単語、他には「creature」=(意味)生き物、特に動物。「クリ―チャー」というのはTVゲームをやっている時に何度か聞いたことがありましたが、「つづりはこう書くのかぁ」と新発見でした。

まっ こんなことをしたからと言って、私の英語力が飛躍的に上がるわけでもないし、また それを望んでいるわけでもありません。「これ、なんの意味かなぁ?」と調べなくてもいいけど、ちょっと調べてみる、この遊び心から生まれる 「ゆとり」、捨てたもんじゃありません。読み終わってもどうせ たいしたことは書いてないんですが、でも何を書いているのか 辞書を片手に時間をかけて調べる行為が面白いかなぁ~と楽しんでます。(笑)