第729回 「生死一如」

1月6日

729-1

新年おめでとうございます。皆さまには良い年明けをお迎えでしょうか。
今年もWEEKLY Nと、よろしくお付き合い下さいませ。

このお正月休みは、あっという間に過ぎていきました。
プライベートでは次女が大晦日に入籍しました。式は春ですし新居がすぐ近くなので まだ実感が薄いのですが、とりあえずは一安心です。

元日、姑宅を家族で訪れて夕方帰ってくると、電話が。
なんと、高校時代から仲の良かった友人が昨日亡くなったとのことで、呆然としました。病気で悪かったのは知っていましたが、職場復帰もして順調だとばかり思っていました。同じ日に入籍と永眠とは…つくづく人生を考えさせられました。

お通夜の席で見かけたお子さんはまだ高校生くらいで、胸が痛みます。友人もどれだけ心残りだったことでしょうか…。同窓会で久しぶりに会ったクラスメイトによると、昨年は同級生が5人亡くなったということでした。だんだんと、そういう年齢になってきたということですね。

ふと思い出しました。長女の養護学校の同窓生たちはとても短命なことを。7人の同級生のうち、3人が26歳までに天に帰って行きました。天寿は人によって様々なわけですが、人生は年数ではなく どう生きるのかに尽きるように思います。

では、どう生きるのか?人生ははかなく、短い。 だからこそ、今、この時をどう生きるのか?  改めて根幹の大事なことを友人から問われているようで、 未熟な私は考えております。

729-2

仏教に、「生死一如」(しょうじいちにょ)という言葉があるようです。 生と死は二つに分けて考えるものではなく、表裏一体で一つの如し。 生きることは死ぬことであり、両者に境界はないという意味です。 人間は生きれば生きるほど死に近づいていくのですから、 死を視野に入れて生を考えることこそ、大事なのだと思います。

じゃあ何をするのか?特別なことじゃなくてもいいと思うんです。
私の場合だと、心を許した友人との交流が持てたことや、新たな充実した学びが得られたことなどを胸に、笑顔で穏やかに一日を終えることでしょうか。

もちろん、心に暴風が吹き荒れる夜もまた来るでしょう。でも過去の体験を活かし、それを乗り越えていく力=レジリエンスを高めて成長していければ、眠れぬ夜さえもまた、人生の深い意味となるのでしょう。

「眠りは小さな死である」とも言われるように、そういった一日一日を重ねていくことが より善く生きることにつながり、今を大事にしていることではと思うのです。

若くして天に帰った方々に恥じないように、しっかりと生きよう。
そして 新たな旅立ちをした二人を見守れることに感謝する年明けです。

第728回 「スーダラ節から、人生を学ぶ」

12月24日

728-1

今年目にした広告の中で、最もインパクトがあったもの。
AC(公共広告機構)の「ライバルは、1964年。」というものでした。

あの頃の日本人に、笑顔で負けるな。
見る夢の大きさで負けるな。
人を思いやる気持ちで負けるな。
くらしの豊かさだけじゃなく、こころの豊かさでも、ぜったい負けるな。

ライバルは、1964年。

この文章と、1964年当時の日本人の笑顔の切り抜きで囲まれている新聞広告に、一目で心を奪われました。(写真は上のACのサイトで見られます。)2020年の東京オリンピックに向けて、初めて東京でオリンピックが開かれた年をライバル視したCMです。確かに高度経済成長期の日本は今と比べると貧しかったのですが、世相はもっと明るく、心豊かで希望に満ちていたように思います。

そして広告の中でひときわ底抜けの笑顔だったのが、植木等さんでした。

728-2

当時は幼児だった私ですが、植木等さんのグループ「ハナ肇とクレージーキャッツ」がテレビや映画で一世を風靡していたのはよく覚えています。

先月ふと思いつき、植木等さんのCDを借りて初めて聴いてみて、爆笑!すっかりはまってしまいました。「無責任一代男」「ホンダラ行進曲」「遺憾に存じます」など 故・青島幸男氏の歌詞のインパクトもすごいのですが、底抜けの明るさで軽妙な歌詞を表現していく、植木さんの肩の力を抜いた歌い方は職人芸とも言えます。

ともすれば「スーダラ節」の「スイスイ スーダララッタ スラスラスイスイスイ~♪」の一節ばかりに注目が集まりますが、私は「だまって俺についてこい」という歌にまず惹かれました。今なら時代錯誤的な歌詞と思われそうですが、いきなり

「ぜにのないやつぁ 俺んとこへこい!」

歌い出しからの頼り甲斐がハンパじゃない!しかも、

「俺もないけど、心配すんな」

は??

「みろよ 青い空 白い雲~、
  そのうちなんとか なるだ~ろおぉ~~(笑)」

もう、爆笑でした。いや、素晴らしい!いっぺんでファンになりました。
確かに当時はお金がない人も多かったけど、人との助け合いでなんとかなった良き時代背景があるんでしょうね。また植木さんの歌い方が、歌詞にピッタリなんですよ。

夜、ふと不安を覚え眠れなくなるような時に、植木さんの歌「ウンジャラケ」を思い出し「月曜日はウンジャラケ~♪」などのフレーズがよぎると、それだけでおかしくなって笑えてきて、心がスッと軽くなり眠れる…といった思いがけない効能も。(笑)

(以下はWikipediaよりの情報のまとめです)
「無責任男」として有名になった植木等さんですが、実は植木さんのお父さん、植木徹誠(てつじょう)氏は、浄土真宗の宗派の住職でした。被差別部落出身ではないものの部落解放運動の活動家で、投獄されても反差別と反戦を貫いた社会運動家でもあり、「等」という名前は父が「平等」にちなんで名づけたそうです。少年時代の等さんは、投獄された父に代わって僧衣をまとい檀家を回るという生活を送ったとか。

728-3

実はイメージと違って、植木等さんは自他共に認める真面目な性格だったそうで、「スーダラ節」の楽譜を初めて渡された時には、「この曲を歌うと人生が変わってしまうのでは」と真剣に悩みました。父親に相談すると「どんな歌なんだ?」というので、等さんはスーダラ節を歌いました。

 チョイと一杯のつもりで飲んで
 いつの間にやら ハシゴ酒
 気がつきゃホームのベンチでごろ寝
 これじゃ体にいいわきゃないよ
 わかっちゃいるけどやめられない

 スイスイ スーダララッタ   スラスラ スイスイスイ~・・・

激しい正義感の持ち主の父の前で歌ったあまりにふざけた歌詞に激怒されると思いきや、父は「すばらしい!」と涙を流さんばかりに感動したとか。

唖然とする等さんに父は、「この歌詞は、親鸞(しんらん)聖人の教えそのものだ。人類が生きている限り、このわかっちゃいるけどやめられないという生活はなくならない。そういうものを人類の真理というんだ。がんばってこい!」と諭し、等さんは歌うことを決意しました。このエピソードは、植木等さんが歌手として生きていく上での生涯の支えになったそうです。

728-4

「やらなければならないことと、やりたいことは違う。」
後に植木等さんはそう語ったそうです。まさにこれも、人生の真理。

いやー、スーダラ節から思いがけず、人生の深みを学びました。
今は亡き植木等さん、素晴らしい歌を残して下さって ありがとうございました。

第723回 「覆面パトカー」

11月19日                (中村 覚)

723-1

たまたまバックミラーに目をやると「あっ 後ろ、覆面や・・・」レスラーではなくパトカーです。これはマズイ。すぐに路肩に車を寄せて、道を譲りました。このままずっと後ろを走られると刺激が強過ぎます。たまたまですが、ホントに気が付いて良かった、第六感ってやつでしょうか。

覆面パトカー、横を通り過ぎたかと思うと、すぐに前方で路肩に寄って私の車の前で停車。制服を着た2人の警察官が降りて、こちらに近づきドア越しに「犯人はお前だっ!」

ここまでダイレクトではなかったですが(笑)、まっ 捕まったんですね。警察官に言われたんです。「さっき、向こうの信号の所で、一時停止しましたか?」んぅ、正直、記憶は定かじゃありませんがぁ、一時停止しなかったからこそ、あなた方は私を追ってきたんでしょ? これこそが確固たる証拠でなくて何でありましょうや。 腹をくくり キッパリと「していません!」ハイッ、罰金、7000円。 まるで切腹。

免許を取って5年、初めて捕まりましたが、こんなにも簡単に捕まるとは。スピード違反には ずぅ~っと気を付けてきたのに・・・関係ないけど。

723-3

「あの信号機の近辺は 警察がいるから、気を付けてね」と、以前 地元の人に言われていた場所でのことでした。付近を何度か通る内に、実際に待機しているパトカーを見た事もあり、今回もそこの200m程手前から「居る」 か 「居ないか」ちゃんと確認! でも、そっちに気を取られて「一時停止」の確認をつい・・・。しかも この日は覆面パトカー・・・聞いてないし。

なんだかんだと悪いのは 私ですが、今回、模範的に捕まったと思います。だってバックミラーで確認後、(道を譲る意味で)自ら即、停車。パトランプを鳴らすことも「前の車、停まりなさ~い」的なことも、こういったお手数を一切かけておりません。

「じゃぁ 模範の反対は?」と思い、キップを切られた時に「つかぬ事をお聞きしますが、(これ)逃げたら どうなりますか?」反抗的なヤツだと思われたくないので「逃げるつもりもありませんが」と付け加えて聞いてみました。

警察官は余裕たっぷりに「意図的に逃げるとなると、まずスピード違反、信号無視を重ね、警察官に『停まりなさい』と言われて停まらなかったら指示・命令違反、そういう感じでどんどん罪が重くなっていきます。最終的に捕まったらもう免許なくなってしまう、みたいな。」(笑)

最後に「最近、何か違反はしましたか?」「いえ、初めてです」「普通の人は1年間この点数が残るんですが、過去2年以内に無事故無違反の人に関しては、今日から3ヶ月間無事故無違反なら、点数はゼロに戻ります。(ただし違反歴は残る)」それから「反則金は一週間以内に所定の金融機関に振り込むように」と言われました。

そう言えば別の用事で、銀行に行って振り込みをしなければいけなかったんですが、なぜか行く気になれず、ダラダラとそのままに。ちょうど良かった、反則金を払う時に一緒に片付けましょう。

それから運転も、ちょっと初心に戻って。