第686回 「コミュニケーションのバランス」

3月5日

IMG_3177

最近「Aさんは話す一方で人の話を聴かないから、次回から何かの時に呼ぶのはやめよう」という話を、何回か聞きました。そう言われる「Aさん」は男性の場合も女性の場合もあります。しかしそう話している人が意地悪ではなく、むしろ日頃面倒見が良い人だったりすると、(この人はそんなにそれが嫌だったのか…)と気づくのです。

人は誰しも、「話す」と「聞く」比率の心地良いバランスというものがあるのでしょう。たとえば2人で話している時なら一方的にならないよう、お互い半々の5:5が理想的でしょうか。もっとも、当事者の特性で「私は話すのが苦手」なら話し好きな相手にたくさん話してもらっても、もちろんOK。「この人の話を聴きたい」とか、「好きな人の話なら、ずっと聞いていても苦にならない」ってこともありますよね。

そういった場合なら「話す」のが1で「聞く」が9の1:9でも、うまく行くのでしょう。バランスが偏っていてもグループ内でお互いに納得がいっているのであれば、別にトラブルにはなりませんよね。

問題はそうではなく、一般的な場合です。何人かで話しているにも関わらず、特定の人がずっとしゃべり続けている場合。「Aさんは確かに話が面白いんだけど、『いつも』『ずっと』コミュニケーションを独占している」ように周りに映ると、継続的な人間関係の場合は、排除の論理が働く場合があることに、思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

通常 コミュニケーションのバランスについてまでは、あまり思いが至らないことが多い気がします。話し上手と言われているにも関わらず、そこに無頓着な方は結構いらっしゃいます。しかし話を独占するということは、常に自分中心に話が展開する、つまり相手に話を振っていない=相手を尊重していないように映るのではないでしょうか。

人は誰しも自分が話したい欲求があります。「いや、自分はそうではない」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、自己承認欲求=「私を認めて欲しい」思いは「自分の話を聴いて欲しい」につながると思います。

私自身、「Bさんは良い人なんだけれど、なぜ会うことに気が進まないのだろう?」と不思議に思うことがあり、思い返してみると「話す」と「聞く」比率が2:8くらいに感じられることに気づきました。「そう言えばBさんと会うと話を振られることがほぼなくて、Bさんの話ばかりだな」と思い当たり、納得したことでした。

人は若い時には長い学生生活で協調性が高く、話すより聞く方が得意の人が多いようですが、年を取るにつれ主体性が高くなり、おしゃべりになります。特に日本人はそうではないでしょうか。だから「年を重ねるほど、コミュニケーションのバランスに配慮しなければいけないなあ」と、これも他山の石です。

真の話し上手は、コミュニケーションのバランスにも配慮ができますから、もし「あ、今 自分がしゃべりすぎてるな」と感じたら、「◯◯さんはどう?」と話をしてない人にうまく振る。これ、大事だと思います。話をしてない人は話題がないのではなく、話す順番待ちをしている場合も多いのです。だから話を振ると、感心するような視点を提供してくれることも少なからずあります。

コミュニケーションのバランスに気をつけることができれば、あなたも「付き合って心地良い人」「よりコミュニケーションをとりたい人」に近づけることでしょう。ぜひ、時にはふり返ってみて下さい。

第681回 「冬場の手のお手入れ」

1月31日

あまりウイークリーNらしくないタイトルですが(笑)、たまには美容についてのコラムも書いてみましょうか。この冬、手に良いお手入れグッズのヒット作に出会えて嬉しかったので、同じお悩みを持つ方々に参考になればと思います。

冬場はとにかく手荒れが気になりますよね。毎年初冬になるとハンドクリームを大量買いして、手を洗うたびにつけ直すことをルーティンのようにしていました。油分を失うと、手は途端に枯れ木のようにシワシワになってしまうので、コンプレックスでもありました。ところがある日、ドラッグストアでちょっと興味を引かれる物が目にとまりました。

681-1

エイジングケアするハンド専用美容液、「ジュレリッチ ハンドトリートメント」。お店の手作りポップには「これは手の美容液なので浸透して、何回も塗り直しをしなくていい」とありました。それは魅力的!でも40gと小さいのに定価が2200円で、お店でもそのくらいだったかな。結構高いのでちょっと迷っていると店員さんが、「これは先日買ったお客さまが良かったから、と翌日お母さんのために買って行かれました」とのこと。よし、それならと購入。

そしてこれが、ビックリするくらい良かったのです。べたつき、匂いがなし、サラッと伸びる。塗るとすぐにみずみずしさ感が出て、かさかさの冬肌が夏の肌のように手がキレイになります。まあそれは他のハンドクリームもそうですが、他と違って手洗いをしてもそれが持続するのに感動!すぐさま、妹のためにもう1つ買いました。朝と夜つけると内側からの潤いが続く感じで、気になる時には昼間も1回。これで冬の手の悩みは解消されたように思いました。

681-2

(現在は夜寝る時に、これに皮膚保護クリーム「ピュアリペア」を重ねています。よりしっとり感アップ)

そしてもう一つ、タテ線が出たりでコンプレックスだった爪。ジェルネイルをすると見違えるように綺麗にはなるのですが、以前急なお葬式の時に落としに行かなきゃいけなくて大変だったことや爪のためには良くないことで遠ざかり、最近は爪磨きをたま~にする程度でした。

ところがある日、長女が見ていたテレビショッピングで「これは良さそう!」と飛びついて買ったものがこれです。

681-3

ケラチンやコラーゲンなどの美容液を配合し、爪を補修・保護・保湿してツヤ爪にするという「美爪の休日」、定価は1505円。有機溶剤を使わず水ベースで作られていて、筆ペンタイプ。これならぶきっちょの私でも使えそう。しかも落とす時にはお湯でOKという優しさ。

「ほんのりピンク」を買って、使ってみました。かさかさの爪が、一度塗りで自然なつやが出て、塗りを重ねるとツヤツヤの桜貝色になれます。何より数分くらいですぐに乾くので、ストレスがない。入浴時に湯船に長く浸けると はがれやすくなりますが、ペロッとむけるので、そこだけ塗り直せばOKと手軽です。

681-5

この爪は1週間前に塗ったものですが、自然でしょ?つや感も、まあこれくらい保てば上等ですよね。

今まで冬になると手を隠したかったコンプレックスから完全に解放され、とっても気持ちが明るくなりました。手も爪も、美容液がポイントだったんですね。本当に日本の技術はスゴイ!

第679回 「年神様」

1月15日            (中村覚)

何事も勢い付けば、タタタッーと流れに任せて一気にやってしまいたくなる性分です。昨年末の大掃除など その最たるものです。窓ガラスを拭いて、水回りは磨いて、要らない物は捨ててと 正月に向けて王道まっしぐらでした。

679-1

これらにプラスして例年になく塀磨きにもちょっとばかり精を出しました。ところが、力任せに たわしでゴシゴシやってた 2日目、急に首、肩、に痛みが出て 左右はおろかしっかりと上を向くこともできなくなってしまいました。こうなると塀磨きはもちろん、その他の掃除もストップ。大事なのは休養に早変わりです。家や部屋が徐々にきれいになっていく様を見るのは気分も良かっただけに途中で止めなければならないのは悔しく、気持ちだけエンジンがかかったままでした。

そして、2日後 やっと首が治りはじめた頃、「完治は待ってはおれぬ・・・ 見切り発車、掃除再開!」しかし、すでに元旦。子供の頃に聞いた言葉が頭をよぎります。「正月、三が日は掃除をしてはいけない、福を逃がす、家から福が出て行く~。」 みなさんはこういった事をお聞きになったことがあるでしょうか。

でも 世も既に平成28年、21世紀ですぞ。お戯れを申すな、きれいに掃除をして何が悪い。 そもそも大掃除をしたぐらいで 「福が家にやって来る」という考え自体、かなりオメデタイですぞ!(笑)

大掃除の続きをやりたいばかりに、こんな風に考えたのでした。けれど一通り文句は言ったものの、やっぱりやらない方が良いかなあと。長い物には巻かれろです。

そして、この一連の流れを後日、筒井に聞いてもらったところ、「大掃除をしたから福が来るんじゃなくて、お正月にトシガミサマを迎えるために掃除をするんじゃないの?」と言われました。 ・・・トシガミサマ?どなた様?

初めて聞く名です、調べました。
年神様。 神です。 私が悪うございました。

大掃除は年神様を迎えるためのもの、そして正月 三が日に掃除をすることは年神様を家から追い出すことになるのだそうです。ほうきで掃けば運を吐き出す、水で洗い仕事をすれば、幸運を流す などなど。知らないとは罪ですね。なんとご無礼なことを・・・。 所詮、人間ふぜい、やはり ここは ゴマすりすりしておかねば。

年神様のご紹介です。 皆さん、よぅ~くお聞きください。
年神様とは、1年の幸せをもたらす新年の神様。(神道の神) 別名 「正月様」。

祖霊神や山の神でもあるので、子孫繁栄、五穀豊穣と関連があり、幸福や健康を授けてくれるとされています。元旦に年神様をお迎えする意味から、新年を“迎える”と表現するのだそうです。掃除、門松、しめ縄、しめ飾り、鏡餅などは全てお迎えするための準備なのです。(そうだったのかぁ~、キレイに全部 知りませんでした。)

679-2

門松は年神様が家々に迷わずやってくるための目印。

「 門松を飾っておく期間 = 年神様がいらっしゃる期間 」 と考え、1月7日まで。 これを「松の内」と言います。ちなみに松の内にしておくこととして、初詣、年賀状のやり取り、年始のご挨拶などがあるそうです。

しめ縄、しめ飾りは年神様をお迎えするための神聖な場所の意味。

天照大神が岩戸に2度と隠れないように、縄をはったとされる日本神話に由来してのことです。しめ飾りは玄関に飾ることで、災いが家に入って来るのを防ぐようです。しめ飾りを飾る期間は門松と同じで、一般的には1月7日の松の内までとのこと。

679-3

鏡餅は家にいらっしゃった年神様の依り代(居場所)になります。

神社ではよく鏡をご神体としている所があります。 そのご神体の鏡をお餅で表現したことから鏡餅と呼ばれるようになったそうです。丸い形も昔の鏡を元にしており、大小2段になっているのは、月と太陽、陰と陽の表現で、円満に年を重ねるといった意味合いです。

このように、正月になれば今まで当たり前のように見てきた物にも、ちゃんと意味があるんですね。そうとわかれば、やっぱり新年早々の掃除は お控えなスって!

まっ こういった話は、人それぞれ 「信じる」、「信じない」あると思いますが、意味付けとして、ちょっと面白いかも? と感じることができるものは、知ってて損はないかなと思います。いや もっと正直に言うと、子供の頃から「日本昔ばなし」が好きだったせいか、知ってしまえば好感を持って素直に従うのです。(笑)