第697回 「高知家のポジティブ・パワー!」

5月21日

先日、高知県庁から面白い依頼を受けました。

697-1

昨年「高知家 ALL STARS」としてスター登録していたのですが、私がちょうど1000組目だったことと、その時の紹介文が高知家プロモーションの目指す姿と一致したため、「ぜひ一度お話を伺い、高知家スターとして紹介させていただけないでしょうか」ということでした。

面白いこと大好き!な私としては、喜んで県庁に参上しました。

697-2

県庁の入口は、高知家の入口です。(笑)

697-3

ここが高知家プロモーションの本拠地、「地産地消・外商課」です。

「高知家のうた」を発表したり、「爺-POP」という高知県の男性グループによる「高齢バンザイ!」という歌がメジャーデビューを果たしたりと、話題には事欠きません。

平成25年に「高知家」というプロモーションが始まった時、そのネーミングの秀逸さにはずいぶんと驚嘆したものです。今まで高知県は観光や自然、食べ物を売り出してきましたが、「人」にスポットを当てたことはかつてなかったですから。そして、高知県人の温かさ、つながりといったものをなんとうまく表現しているのだろうと感じ入りました。

697-4

「高知家プロモーション室」の吉野チーフ(右)と西森さんです。色々なお話を伺えました。

そもそも「高知家」は、産業振興計画の一環として「高知で暮らしてもらおう」という移住促進から始まったプロモーションだったそうです。東京の広告代理店の有名コピーライターの方が高知を訪れた時、「国際的にもありえないほどの人と人との近さ」に驚き、「外から見ると県民が一つの家族のようだ」「外から来ても、いきなりそのレベルの接し方をしてくれる」と、このコピーになったと伺いました。

「高知家の娘」広末涼子さんも「高知県は、ひとつの大家族やき。」とPRしてますよね。でも「高知家」って、高知県民だけではないんですよ。高知に来た方も、高知が好きな方も、「高知県と縁がある人は、みんなぁ家族。」なんです。(^^)/

4年間、高知家のプロモーション撮影に入れ替わりで安いコストで来てくれる東京の監督やカメラマンが、みんな口々に「高知は~だと聞きました。楽しみにしてます」とおっしゃるそうです。

まず「みんな素人なのに、しゃべりがうまい。」 かつ、
「ここまで協力してくれて、かつこんなにノッてくれる県民性はない!」

はい、土佐弁では人に乗せられて調子づく、ふざけることを「おだつ」と言います。専用の言葉があるくらい、昔からノリのいい人が多かったんでしょう。(笑)

697-66

中でも「高知家の唄」のプロモーションビデオは島崎和歌子さんが歌い、あちこちで素人の皆さんが集まって、本当に楽しそうな光景です。みんなぁ、お酒抜きでもやるやんか!(笑)

♪いっしょに笑おうや ひとりで悩まん
ひとりで泣かんでえい みんなぁで高知家
いっつでも「おかえり」・・・

このラストシーンを帯屋町で撮った時には、400人もが集まったそうです。上から俯瞰で撮ってた監督が最後に、「じゃあみなさん、これから家族になってください!」というアバウトな指示を出したのに(笑)、みんないきなり「わーーっ!」と集まって、すっごく良いシーンが撮れたとか。その時、カメラマンは思わず泣いたそうです。「こんな県民はない。こんないい絵が、こんな風に撮れることはない」と。

プロのカメラマンも感動した、「高知家の唄」はこちら♪

697-8

さて そんな高知家プロモーションも4年目に入り、首都圏でも、「高知家」の認知度は36%と上昇し、高知家のピンバッジは25万個(!)も売れているそうです。昨年からは高知家のポジティブ・パワーを日本中におすそ分けする「NIPPON POSITIVE PROJECT」も始まっています。歌と踊りで高知の魅力やポジティブさを発信する「爺-POP」もその1つ。

前代未聞の平均年齢67歳のお爺ちゃんアイドル5人組が「高齢バンザイ!」という曲をリリースし、なんとメジャーデビュー。

697-10

北川村、高知市、中土佐町、大月町の海の男・山の男が「日本を、ポ爺ティブに。」ですって~、ステキ。上に立つ者自ら良い意味で「おだつ」、この人生に前傾姿勢なのが実にカッコイイじゃないですか!

近年、日本には「生きる力」が足りなくなってきています。心理学の交流分析的に言うと、生きる力は本能でもあり、それは「子どものように自由な心(Free Child)」によるものとされています。これが削れてきていると。

しかし、この自由さ・楽しむ心が日常にふんだんにあるのが「高知家」なのです。その象徴が、常に進化し続けるよさこい祭りですよね。

697-7

「高知家の元気で日本をポジティブに!」\(^▽^)/
というわけで、プロモーション推進室で「おだって」頂きました。(笑)奥にいらっしゃる高知家プロモーション推進室の室長も、さすがのスター眼鏡姿です。これぞ、人生を楽しむ、正しい高知家の家族のあり方でしょう。

 ☆ご紹介頂いたフェイスブック「高知家オールスターズ スター紹介15」はこちら。

第665回 「土佐の日に見たプロ意識」

10月3日

10月3日は10(と)3(さ)で、土佐の日。以前ご紹介したように、 絶好の秋晴れの日、第2回目の「高知家の大家族会議」が行われました。私もパネリストとして、参加させて頂きました。

665-5

開催1時間前に行われた打ち合わせ。11人のパネリストが初めて顔を合わせ、高知大副学長の受田先生が進行を確認していきます。一人5分の持ち時間で「高知の幸せについて話す」こと、話す順番などを確認していきました。

開演15分前、「この会議のまとめとして、GKH(高知県の幸福度を考える県民会議)を可視化しよう」という話になり、受田先生が「マンガ家スター」くさか里樹さんに「今日の会をマンガで描いて下さいませんか」というまさかの無茶ぶり!ええー?15分前にいきなり!?それを「いいですよ」と軽く受けるくさかさん。スゴ過ぎます…。「何に描きますか?大きな紙もないし」「ホワイトボードならありますよね」という怒濤の展開に、くさかさんのプロ意識を感じました。

前半の高知家の家族会議会長や知事のごあいさつ、家族会議の紹介・報告の後、いよいよ後半のパネルディスカッションへ。

665-6
皆さんそれぞれの「高知家のしあわせ」についてのスピーチは感動しました。

「中山間スター」桐島正一さんの「人の役に立って死ねると幸福だと思う」というお話、「高知商業スター」の女子高生、松藤江巳吏さんと山本楓佳さんのラオスとの交流を通じて幸せを再確認したお話、「龍馬が好きすぎて移住しちゃったスター」吉冨慎作さんは、移住してシシ肉ドライブスルーを経験したお話。(車で通っていると「シシ肉いるかえ?」と窓からいきなり肉の塊をもらった話)から、幸せは測るものではなく気づくものだ、ということ。

「土佐は人間のエネルギー値が高い」(マンガ家スター・くさか里樹さん)とか、「一生幸せになりたかったら高知へ」(釣りバカ移住スター・黒笹慈幾さん)とか、素敵なフレーズもたくさん伺えました。

私の提案は、毎月22日を「笑顔の日」にしましょう、ということ。たとえばあいさつ、親切、おもてなしなど、自分も相手も笑顔になれるようなことを1日最低3つする。みんなでやったら、高知は笑顔があふれ、幸せが高まりますよね。「ニンニン」で22日なんてどうでしょうか?月に1回やると、かなり効果が高まるのではないかと思うのですが。(笑)

さて、討論会も終わりに近づき、くさかさんがその場で描いてくださった絵をご披露なさいました。

「GKHとは?」

665-3

665-4

くさかさ~ん、高知家の皆さんの議論を、よく捉えて下さいました。スター眼鏡が効いてます。(掲載許可もありがとうございました。)

665-7

それにしてもたった10分かそこらで、このクオリティ!今日お越し下さった方々はめったに見られないマンガ家さんの仕事ぶりも生で見られたわけですね。

なんだかとっても幸せな気分が高まった、土佐の日でした。

第660回「土佐の日2015ご案内」

8月29日

突然ですが、10月3日は何の日かご存じですか?

正解は10(と)3(さ)ということで、土佐の日なんです。今年はこの土佐の日に、土佐の日実行委員会とGKH(高知県の幸福度を考える県民会議)がコラボすることになりました。「土佐の日2015 高知家のし・あ・わ・せ」というイベントをするのです。私もGKHの委員の末席におりますので、参加させて頂きます。
(上記をクリックすると、チラシが出て来ます)

IMG_7164

そう言えば、高知県が進めるプロモーションもいいですよね。高知に縁のある方すべてが、高知家の家族。プロモーションビデオでの広末涼子さんのセリフ、「高知家は一つの大家族やき。」このコンセプト、本当にいいなあと感心します。地縁が薄れてきている今、こういうつながりこそが大事になってきていますよね。

今行われているのが「高知家ALL STARS」。「高知家の家族はみんなぁがスターやき。」これもいいですよね!一人一人がスターで大切な存在だよ、と尊重しているような(しかも楽しい)言葉です。愛がありますよね。なんでも、スター眼鏡をかけてスター登録なるものをすると、誰でもスターになれるらしいです。

「土佐の日2015 高知家のし・あ・わ・せ」第1部では、「高知のスターが高知家のしあわせを徹底討論!」ということで、GKHのメンバー11人が「◯◯スター」の名前を冠して、参加します。

「マンガ家スター」は、くさか里樹さん。実は追手前高校の1年先輩で、当時の漫画同好会でご一緒させて頂いていたんです。当時から漫画の実力は抜きん出ていて、卒業後はプロとして高知にいながら全国区のご活躍をなさっています。数十年ぶりに同じ会合に出てやりとりをして、「優しくて楽しくて謙虚で、素敵なお人柄だなあ」と改めて感じました。

あと、学生さんもたくさん参加なさっています。「高知商業スター」や「高知工科大学スター」「高知大学スター」もいらっしゃるんですよ。この学生さん達が、すごく真剣で熱心に活動に取り組まれていて、主体的な発言もでき、すごいなあ~といつも感心しています。私が学生の時には自分のことばかりで、こんなに地域活性のための活動なんてしなかったなあ、と反省。

「釣りバカ移住スター」や「農家民宿スター」、「龍馬が好きすぎて移住しちゃったスター」(笑)なんて方もいらっしゃいます。私は「ひとづくりスター」のネーミングをつけて頂きました。とっても気に入っています♪

実は「高知家の皆さんは、何を幸せと感じているのか?」ということで、個人的にもアンケートなどを少し行ってきました。年代を問わず圧倒的に多いのは「自然」と「食べ物の美味しさ」です。高知の良さを全国にもっとアピールするにはどうしたらいいのかを、ぜひ会場のみなさんもご一緒に考えてみませんか。

そして土佐の日第2部は三翠園に場所を移して、大懇親会です。こちらは有料ですが、旬の食材を囲み、土佐のお酒を酌み交わしながら高知の海山里を丸ごと味わう「ふるさと高知の市町村味自慢コーナー」もあるそうです。何より、高知家の新たな家族との出会いが楽しみです。

お申込みはこちらをクリックして、用紙を印刷してFAXなさるか、人・みらい研究所までメールを下さいませ。

ぜひぜひ、ご参加をお待ちしております。