第1037回 「『追手前伝説』の2022年」

12月24日

高知市は、思いがけないホワイトクリスマス・イブになりました。もうあと1週間でこの2022年ともお別れだなあと思うと、名残惜しい気がします。

今年は、本当に『追手前伝説』と共に歩んだ、忘れられない一年でした。
3月から原稿を書き始め、写真をまとめ再撮影し続け、5月に原稿を仕上げ、7月から校正に次ぐ校正。結局、研修の繁忙期の10月までかかりました。11月、やっと本が完成し、追手前高校にも寄贈させて頂き、11月18日の校友会の懇親会でお披露目させて頂きました。ここまでのイメージは、なんとなくありました。

また奇跡的な偶然で、出版と追手前高校が国の登録有形文化財にと答申されたことが重なり、校友(卒業生)や関係者の方々に 大変喜んで頂けました。私は自費出版のため昔ながらの手売りのイメージだったので、本屋さんに置いて頂けた♪というだけで嬉しかったものです。中には25冊も平積みで置いて下さっているお店もあり、えっ、こんなに!?売れなかったらどうしよう…と心配していました。

11月末には地元の本屋 金高堂さんのランキングで、なんと1位を頂けました。amazon の部門別新着ランキングでも1位を頂き、信じられない思いで一杯でした。その頃、本はまだamazonでは予約できるだけだったのに、なんで?

つまり『追手前伝説』というタイトルだけで中身もわからないのに、予約購入して下さった方がたくさんいらっしゃったということです。おそらく校友の方々が口コミで「追手前の本が出るらしい」「買ってみよう!」とご厚情を寄せてくださったのでしょう。その期待値に応えられるのだろうか?と、不安もありました。

12月3日には高知新聞が『追手前伝説』を記事で取り上げて下さいました。とても丁寧に取材して下さった、ありがたい記事でした。

それをきっかけに、あっという間に本の在庫がなくなりました。さすが高知新聞、恐るべし!(笑)もう、現実に頭が追いつけない状態に(何が起きてるんだろう…)と呆然とするばかりでした。

その頃、在庫がなくなったため「欲しいのに、手に入らん」というお声や、本屋さんの「僕らも困っちゅう」というお声が届くようになりました。お世話になっている本屋さんにご迷惑をおかけするのは本当に申し訳なく、重い腰を上げて増刷することを決めました。

私の場合 自費出版なので、増刷には改めて資金が必要になります。そして、その回収は極めて困難です。それでも、覚悟をしました。これだけ多くの方々が求めて下さることは、もう人生でないだろう。それならば全力で、それに応えてみよう、と。もともと、追手前の校舎を赤字を承知の上で作られた 間組の小谷社長の気概に憧れたことが出発点ですので、この顛末は似合っているのかもしれません。何よりも、それだけ多くの方々が『追手前伝説』を求めて下さったのですから、ありがたいことです。

第2刷はおそらく来週、26日頃には出来上がるのではと思います。第2刷は表紙の帯に「国の登録有形文化財 答申」というメダルのイラストがついていますので、すぐわかります。またご縁がございましたら、お手にとってやって頂ければ幸いです。

ということで、今年も本当にお世話になり、ありがとうございました。
来週はお休みを頂き、また新年に再開させて頂きます。
皆さま、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

第1036回 「担任の先生の思い出」

12月17日            中村 覚

ちょっと関西弁が入った口調で、上から見下ろしながら、怒るでもなく半ば
呆れた様子で「だから、今日は真っ直ぐ帰れ、言うたやないかぁ。」

高校1年の時に担任の先生から言われた言葉ですが、もう29年も前のことなのに、今も覚えています。担任の武田先生は、上にも横にもどっしりとした体格だったので、私が話をする時はいつも見上げる感じでした。またコワさもあり、体力にあふれた男子生徒を、雰囲気で押さえ込める存在感もありました。年齢は、今、思えば30代から40代だったと思います。

とにかく いつもニコニコで雰囲気の良い先生には見えなかったこともあり(笑)、あんまり関りはありませんでした。

文化祭の日の、帰りのホームルームでのこと。楽しい気分が冷めやらぬ生徒たちを前に、先生はいつものようにちょっと低いトーンで「はぃ、みんな お疲れさん。今日は補導員がいつもよりたくさん出てるから、この後、ちゃんと真っ直ぐ帰るように。」と。 つまり校則で禁止されているような街中にある店に寄ったりせずに、今日はこのまま家に帰っとけよと。

ところが、こうやってあらかじめ注意されていたにも関わらず、たま~に行っていた街中のゲームセンターに、この日つい寄ってしまったのです。ゲームセンターは校則でアウトな場所です。

夢中でゲームをしていると、肩をポンッポンッと叩かれ振り向くと「補導員」の腕章を付けた男性教員が「外に出なさい」と。すぐに外に出ると、先ほどの教員の後ろには、同じく腕章を付けた保護者達もいました。そのまま学校へ逆戻り。

「何年の何組か?」と聞かれていたので、しばらくすると廊下の向こうから担任の武田先生が、のっしのっしとこちらに歩いてきます。これは怒られるだろうなぁ。違反をしているのはわかっていたのですが…。

学校側からすると、良からぬ場所にゲームセンターを指定しているのもわかります。やっぱりこういった所に行くとお金の浪費にもつながります。
でも、私の場合はいつも同じゲームしかしなかったので、1プレイ100円でだいたい30分は遊べていました。1時間遊んでも200円です。しかも1時間ぐらい遊ぶと集中力も切れるので、後はさっさと帰るだけでした。~かと言って、先生にこの事情はわかってもらえないだろうなぁ。

私の前に立った先生は、怒るでもなく半ば呆れた様子で~
「だから、今日は真っ直ぐ帰れ、言うたやないかぁ…」
意外なことに、それだけでした。それが返って、胸を打たれました。
その後も、武田先生からは何も言われませんでした。今思えば、大人な対応をしてくださったと思います。

そんな先生が1年生の終業式の日、みんなへのはなむけとばかりに、黒板に踊るように「努力、努力、努力のみ」と大きく書きました。

この時、先生は多少なり話をして、この言葉に対する想いを語ってくれたとは思いますが、もう今となってははっきり思い出せません。
当時はこの言葉を見て「多分、勉強のことだろうなあ」としか思っていませんでした。でも、今考えると年頃の多感な生徒に多くを語るよりも、言葉少なに「俺の人生観はこうだ!」と向き合ってくれたのではないかと思います。

先月、代表の筒井が出版した「追手前伝説」を読み、自分の高校時代がよぎったのでした。

第1035回 「高知の名建築、織田歯科医院②」

12月10日

ちょっと幕間ができてしまいましたが、前々回の高知の名建築、国の登録文化財でもある織田歯科医院のご紹介、続きです。

今回は中へ入りましょう。(クリックすると大きくなります)

1階の両開きドアをくぐると、こうなっています。

中央が廊下。右手はかつての待合室でしょうか、左手には時代を感じる曇りガラスのモダンな受付が。一枚ガラスなので価値があるものです。ダークブラウンの腰壁は大正時代を彷彿とさせ、郷愁を誘います。建物は全部、当時のままだとか。

現在この洋館は ウエディングプロデュース会社「レ・プリュ」が借り受け、挙式や披露宴会場として使われています。二階の診察室に続く階段は手すりも装飾的で、ここで結婚式の前撮りをするのでしょうね。天井付近も、装飾的なラインが入っています。

いかにも手彫りといった感じの手すり。上は神社などで見られる、擬宝珠(ぎぼうし)っぽいデザインですね。和洋折衷の感じを受けます。

右手の、元・待合室をのぞいてみましょう。

びっくり!バロック建築の劇的空間です。天井のデザインが個性的ですね。
天井にはシャンデリアを吊す根元に、花びら型のシーリングメダリオン(立体的装飾)があります。

階段を上がると、中央付近に着きます。
ここは2階で、階段はペントハウス(塔屋)に続いています。

木製引き戸を開けると、コの字形に部屋が広がっています。
こちらは、建物の北側。2階は格天井と言われる造りで、診察室、受付と電話室があったとか。当初 天井はもっと高かったが、エアコンが効かないため下げたとか。

木製の上げ下げ窓がすべて残っているのは、いかに大事に保存してきたかということの証でしょう。

こちらは、東側。元は診察台が並んでいたようです。腰板は杉。
フランスのアンティーク家具を置き、近代建築の雰囲気をうまく醸し出しています。

面白かったのは、建物の北東角に歯科技工士さん専用の狭い階段があったことです。

長い年月で階段の角はすり減り、上がり下りの時、何人もすべり落ちたとか。

様々なエピソードが、これからもここで綴られていくのでしょう。
今年で、築97年。大切に守られている織田歯科医院は、幸せな近代建築だと思います。