第856回 「ジョンマン・スピリッツ」

6月22日

今、高知では世界を股にかけ波瀾万丈の生涯を送ったジョン万次郎を大河ドラマに!という気運が高まっています。土佐清水市にあるジョン万次郎資料館もリニューアルされたということで、生家と資料館を訪ねてみました。

この日はあいにくの雨。初めて訪れた土佐清水市中浜は、足摺岬の西北5kmくらいの場所にあります。高知市からは車で3時間ほどの、小さな漁村です。

生家は、この「中浜万次郎生家」の看板が立っていないと、まずわかりません。ここからは矢印の通りに、細い路地を抜けて100mほど北に歩きます。

着きました。かやぶき屋根の万次郎生家の復元家屋です。

当時、貧しかった漁師の家はこういう感じだったのでしょうね。

そうそう、昔の家って土間があってこんなだったよなあと、雨音を聞きながら懐かしく思えました。とても雰囲気があります。

さて、せっかくなので車で15分ほどの「ジョン万次郎資料館」にも行ってみましょう。以前の展示とは、かなり変わっていました。

漁師の次男だった万次郎は9歳の時に父を亡くし、天保12年(1841)14歳の時 漁に出て遭難し、九死に一生を得て現在の鳥島に漂着。143日間も無人島で過酷なサバイバル生活をし、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助されました。

ウィリアム・ホイットフィールド船長との出会いにより、日本人として初めてアメリカに渡りジョン・マンと呼ばれ、アメリカの英語・数学・航海術・造船技術など高度な教育を受けさせてもらえたのは幸運でした。

その後捕鯨船の副船長として大活躍していましたが、母に会いたい一心でゴールドラッシュの金鉱堀で わずか70日余りで600ドル貯め、嘉永4年(1851)に厳しい鎖国の中を帰国しました。

琉球、薩摩、長崎、土佐藩で2年近くの取り調べの後、やっとの思いで母と再会。これは万次郎の帰国の足跡を矢印で書いているのですが、あの時代にこんなにもグローバルに動き回った日本人はいなかったですからねえ。

その後、江戸城下の旗本に抜擢され、中浜万次郎と名乗ります。その頃幕府はペリー来航により、アメリカの情報を必要としていた背景があるでしょう。
万延元年(1860年)万次郎は通訳として、勝海舟や福沢諭吉らと共に咸臨丸で渡米しました。元船乗りですから、事実上の艦長として大活躍したそうです。

明治になると今の東京大学の前身開成学校で教壇に立つなど、明治維新前後の激動期に日米交流の架け橋となったスケールの大きさが魅力の人です。

万次郎直筆のアルファベットの複製。Zの後にもう一字あるのは、何だと思いますか?「&」なんです。「アン」と書かれています。

これも面白かった!「ナンブア」number:数、「ボック」book:本はなんとなくわかりますね。では「グーリーデイ シャア」は?
Good day sir. 和訳が傑作ですよ!「よきひでござる。」時代を感じます。(笑)

運命に翻弄されたかに見える万次郎こそ、まさに神の采配を感じざるを得ません。時間をかけていろいろな展示を見て回り、まるで「ジョン万次郎」という一本の映画を見終わった気分になりました。展示の最後には・・・

この一言が、ズーンと胸に迫ってきました。
「決してあきらめてはいけない」。
世界中でサバイバル生活を送った、万次郎らしい一言ですね。そしてそれが、運命を自分でプラスに転換した彼自身の力ではなかったかと思います。

外に出ると、雨が一転、良いお天気に!
太平洋に続く海と空の青が、目に飛び込んできました。

資料館近くの「万次郎少年像」は必見です。背景は波しぶきでしょうか。すごい躍動感の銅像で、見る方向により印象が違います。これは左横からで、右の先頭が万次郎です。

「決してあきらめてはいけない」。
不撓不屈の精神は、ジョンマン・スピリッツとも言われます。そうした万次郎の思いと生き方は、今も多くの人を勇気づけてくれています。

第788回 「松原ミートで渾身のジビエを頂く」

2月24日

ジビエとは、野生の鳥獣肉。高知県では今、県内40店舗でジビエ料理が食べられる「よさこいジビエフェア2018」を行っています。

イノシシや鹿による農林業被害が2億円を超え非常に深刻化しているため、捕獲されたジビエを大切な資源として有効活用しようという試みです。これは乗ってみなくちゃ!

ということで神奈川から遊びに来た講師仲間Hさんを、高知市のジビエレストラン「松原ミート」にご案内しました。ジビエの捕獲から関わっている本格派のお店で「本日ハクビシンの有害捕獲出動のため閉店します」なんてことも。(笑)

店内はL字型カウンターのみです。メニューは冷蔵庫に貼られています。

私も中村もジビエは鹿やイノシシを数回食べたことがある程度で、わからないなりに一通り注文しました。

肉料理は多くが「100gいくら」なので、肉のかたまりを見せて「どのくらい切りますか?」と訊いてくれます。

◯シャルキュトリ盛り合わせ(1500円)
ジビエ専門店に来たぞ!感満載の前菜です。

右上から時計回りに、豚の生ハム(プロシュート)、豚のソーセージ、鹿のパテ、イノシシの頭の煮こごり。どれも熟練の加工で肉の旨みがしっかりしていました。イノシシの煮こごりは少し味が濃かったのでパンを頼み、載せてサクサクと美味しく頂きました。

◯季節の野菜とヴァントレッシュ(700円)

山盛りの葉物野菜に、ヴァントレッシュって何なのか?後で調べると、塩漬けの豚バラ肉を燻製にしたものらしいです。

◯ソーセージ(ブーダンノワール950円/100gほか  )

ブーダンノワールは黒いソーセージ。鹿の血を使っていると事前勉強してました。恐る恐る注文してみると、意外度100%!玉ねぎも入ってコクがあり、実に美味しい!概念が変わりました。もう一種は今帰仁アグーとふきのとうのソーセージだったかな?私は、ブーダンノワールの方がより美味しかったです。

◯土佐赤牛の炭火焼き(1800円/100g)

ドンと来た、土佐赤牛の赤身肉。これぞ肉祭り!(笑)肉の旨みをストレートに、何度も噛みしめて味わいました。「牛肉はやはり王道の美味しさだね」と納得。

◯ピクルス(300円)

やはりガッツリお肉を食べるので、サッパリした野菜が欲しくなります。ピクルスには四方竹も入っていました。

◯ハクビシンのバロティーヌ(2800円)

さあ 本日のメイン、ハクビシンです!ハクビシンって美食家で、ミカン畑でも食べ頃の甘い木のものしか食べないとか、そりゃ美味しくないわけがないでしょう。農家の敵をとってやります。沖縄で様々なお肉を食べたHさんもこれは初体験とか。

やはり美味しいお肉。バルサミコ酢味かな?でも、今まで食べた どの肉とも違う味。鳥とも豚とも牛とも鹿とも違う…。うーん、文章力のなさが悔やまれます。(^^;)ハーブなどをうまく使っていて、匂いもありません。食感は少し干したイカのようで、噛みしめがありました。右はハクビシンのソーセージですが、クセがなくて美味しい。
(ハクビシンはいつもあるわけではなく、予約が必要です。)

◯エゾ鹿の炭火焼き(1300円/100g)

ものすごく柔らかくてジューシーなのが驚き!鹿肉は鉄臭くて固いイメージがあったのですが、ラム(子羊)みたいな柔らかさで鹿肉の旨みを味わえました。シェフの凄腕を確認した一品で、鹿肉のイメージがガラッと変わりました。

◯皮付きイノシシのブレゼ(2500円)

ブレゼは蒸し煮で、シンプルにお塩で頂きます。イノシシの旨みは固い皮の下の脂身だと私は思っていますので、本当はとろけるほど煮込んだ方が好みなんですが。これは歯ごたえも残しているので食べ応えがありジビエ祭りのトリにふさわしく、満腹でご馳走様となったのでした。Hさんにも魚だけではない高知の食の奥深さを喜んで頂けました♪

お酒が飲めない私はフルーツソーダでしたが、お肉の分解酵素があるキウィが甘すぎない感じで程良く、ついお代わりしちゃいました。

ジビエはなじみが薄いので欲を言えば(メニューでもいいから、もうちょっと説明して欲しかったなぁ)とは思いましたが、とにかくジビエを美味しく、その奥深さも堪能させて頂けました。せっかくなので何人かで行くと、より多くのお肉を味わえますね。

何より、シェフ渾身のジビエ料理は感動ものでしたし、命を頂くということの原点を考えさせられました。(動物たちに手を合わせて)ご馳走様でした。

第760回 「宿毛歴史遺産③ 河戸樋管」

8月13日

突然ですが皆さん、「河戸樋管(こうどひかん)」ってお聞きになったことはありますか?宿毛市に残っている現役の歴史遺産ですが、私も聞いたことがありませんでした。

今年の春、「とさぶし17号 特集その5 東宿毛駅」という記事を読んで、初めて知りました。「堤防には今も当時の河戸樋管(こうどひかん)が残っています」という文章と、右から書かれた文字を見てみたい思いが強く残りました。

樋管とは、用水流入や内水排除のため堤防を貫通して設置 される暗渠(あんきょ:外から見えない水路)です。昭和二年(1927年)と90年も前の古いものらしいので、ネットではこれ以外に情報が見つからず、宿毛歴史館の方にも尋ねたのですが場所もわかりませんでした。

そこで、宿毛市に行った際  堤防近くをうろうろしていると、記事で見た水路を偶然 発見!県道4号線の「Osakaya」という写真右手のレストラン沿いです。

この奥に、きっとあるに違いないと信じて行ってみます。

小さな水路に出ました。
この奥にきっと河戸樋管がつながっているはずです!

そこから北に歩くこと150mほど。
少し心細くなってきた頃に水色の昔ながらの小さな可動堰?を発見。
「おお~」と見つめると…

その先に、河戸樋管がありました!

日本古来の右からの書体。近代建築に通じる時代を感じます。
もう90歳ですが、まだまだ現役のおじいちゃんですね。
嬉しくなっちゃいました。

この堤防の向こうは、松田川なんです。
河戸樋管の上には、記念碑?が建っていますが…

文字がもう溶けてしまって、読めません。

左手に石碑が建っていますね。場所が特定できてからわかったのは、宿毛歴史遺産①でご紹介した宿毛城跡から、堤防沿いに南に150mほどの所だということと、

松田川にかかる大きな堰(橋にもなっている)のすぐ南だった、ということです。

これでお読み下さっている皆さまも足を運べますね!
いや、そこまで興味はない?ごもっともです!(笑)
でも私にとっては 宿毛市に埋もれていた遺産を皆さまにご紹介できて、嬉しさが残る取材でした。