第964回 「東京オリンピック2020」

7月24日

ついに、東京オリンピックが昨日開幕しました。新型コロナ禍で1年延期され、東京都を含め緊急事態宣言が出ている状況下、その賛否を二分されている中で。

オリンピックが利権まみれであることが明るみに出、スキャンダルで次々と辞めていった組織のトップ 竹田恒和氏や森喜朗氏。「復興五輪」の看板倒れでも 責任は取らずに開会式は欠席の安倍前首相、開催決断はIOC任せで責任回避の菅首相。演出スタッフも続々と辞任。様々な負の現状を目の当たりにし、国民が複雑な思いを抱えるのは当たり前でしょう。

さらに無観客になったため、900億円を見込んでいたチケット収入がほぼ消滅。しかしコロナ対策で新たな負担は増えているため、赤字の穴埋めをどうするのか、国と都がぶつかっているようです。傷を負わないのは、莫大なテレビの放映権が入るIOCばかり。

しかも台風が発生して、来週初めにはオリンピックに影響が出そうなことも心配です。
あまりにも複雑な思いを抱えるオリンピックなので…あえて良いところに着目してみます。

開会式で入場する各国の選手団の皆さんを見ていると、嬉しくなりました。
みんなでおじぎしたり、飛び跳ねたり、日本と自国の国旗を振ったり、あふれる喜びで顔を輝かせていた選手の皆さん。そりゃあ、人生かけてオリンピックに臨んでいるわけですものね。自然と応援したい気持ちになります。

ハイテクの1800機以上のドローンで空中に描かれた地球の美しかったこと!
それと対比して江戸を思わせる職人たちとか、50の競技の着ぐるみ「ピクトグラム」は手作り感や温かみがありました。

そしてメインスタジアムとなった、国立競技場。高額すぎるとデザインコンペ案を白紙撤回した後、あえて火中の栗を拾った隈研吾氏のデザインの素晴らしさには、感銘を受けました。「自然」を意識し、ふんだんに木を使い、風が通るデザイン。

屋根の軒とひさしには47都道府県の木材が使われているのは「全国の人が、心をひとつにするため」だそうです。各県がある方位にその地方の木材を使用するという徹底ぶりで、入場する3つのゲートの軒には被災地の木材を使ったとか。これこそが「復興五輪」の心意気ではないでしょうか。

観客席の色は「森の木の葉が落ちたような色に」と白・薄いグレー・黄緑・深緑・濃茶の5色の「アースカラー」。それらがバラバラに配置されており、人が少なくても賑わって見える構造が素晴らしかったです。あれが観客席がベッタリ一色なら、実に寒々しい光景になっていたでしょう。(席の写真はテレビもネットも著作権があり、お見せできなくてすみません)

まさかオリンピックが無観客で行われるとは誰も想像できませんでしたが、実際に開会式当日、無観客にも関わらず取材した外国メディアは、光のマジックもあり「人がたくさんいる!」「満席だ!」と驚愕したそうです。(笑)確かに、テレビでもそう見えましたよね。

隈さんは「オリンピックは満員でも、その後人が入らないイベントもあるだろうし、そういう時でも寂しくないデザインがいいなと思った」と語っています。結果として、隈さんの温かさと感性が、想定外の無観客の開会式を そう見せなかったんですね。
卓越した超一流のプロとは、そういうものなのでしょう。

そうして、せっかく開催された東京オリンピックです、
どうぞコロナにも台風にも負けない輝きをと祈らずにはいられません。

第962回 「コンビニエンスストアにて」

7月9日          中村 覚

毎回、入った後で「しまった!」と思うのですが、出てしばらくたつと忘れて、その内またうっかり入ってしまいます。昼時にお客さんでごった返すコンビニエンスストアの話です。

駐車場の車の数に反し、店内にはたくさんのお客さんがいます。私のような通りすがりはわずかで、ほとんどが近所でお住まいだったり職場が近かったりと地の利を活かした人達だと思います。多くの人が徒歩のため駐車場だけ見ると空きがあったりするので、つい停めて店に入って「うわっ!」と思うのです。

混んでいる店が嫌ならすぐ出ればいいのですが、でもそこはやっぱりせっかく入ったわけですので。(笑)混雑時のレジの長い待ち時間が気になるわけではありません。松葉杖なので、店内に人が多いと日頃と違いスムーズに動くことができないのがちょっとだけ不便です。杖をつくと大人が3人肩を並べて歩くぐらいのスペースを取ってしまうので、こういう時は肩をすくめて杖の幅を縮めて歩きます。こうするとある程度は他のお客さんに邪魔にならないようにできているかなぁと。でも、日頃と違う杖のつき方なので身体のバランスが不安定になったりもします。

~と、混雑時の店内を勝手な自分目線で言うと、もうちょっと色々あるのですが、でも好きで入っているわけですから。(笑)

ある日、またうっかり入ってしまい、人の数に呑まれます。が、「まっ、(淹れたての)コーヒーを1杯買うだけだから」と腹をくくります。1杯のコーヒーを買って出るまでに5~6分かかりました。「ふぅ」と息をつく感じで、店を出て車に乗り込もうとした時です。

「どなたか、お待ちですか?」と後ろから声がします。振り向くと車椅子の年配の女性に対して、今店を出てきたばかりの女性が声をかけています。そう聞けば~、店の外にいるこの車椅子の女性、たしかに私が店に入る時から今と同じ場所にいたような。 私がコーヒーを買って店を出てくるまでに5~6分はかかっていますので、少なくてもその時間ずっと同じ場所にいたことになります。もしかしたら もっと前からいたのかもしれません。

車椅子の女性は、「実は店の人が淹れてくれるコーヒーを買いに来たけれど、中にたくさん人がいるので、もっと空いてから入ろうと待ってるんです」と話していました。混雑時の店内では、松葉杖でも日頃とは動きが違ってきます。車椅子だと杖以上に難しくなるのは当然です。

女性は続けて「もうちょっと待てば、空く。(いつものことだから…)」そんな調子で話し続けていました。
私はそこで車を出したので成り行きを見かけるだけになってしまいましたが、こういった方もいらっしゃるんだなと。

今度は夜のコンビニ。お客さん、空き空きです。男性とレジ付近で、突然バッタリかち合いました。瞬間、こちらも身を引きますが、むこうも避けてくれます。(おおぅっと、松葉杖の人、いたのかぁ。)いつもはこんな感じで終わるのですが、この時は違いました。50代ぐらいの顔を赤くしたほろ酔い加減?のこの男性、私を見てビックリした様子で、大声で

「大丈夫かえぇっ!」 目ェ、クルクルにして「大丈夫かえぇっ!」
「あぁ 大丈夫です…。」
(杖を見て、ケガだと思ってくれたのかなぁ。でもケガじゃないしなぁ。)

ちょっと考え込んだ様子でしたが、そのまま出口に向かってくれました。内心、
(あぁ良かったぁ。心配してくれてのことなんだろうし。)

ところが 出口付近でこちらに向き直り、
「本当に、大丈夫かえぇっ!!」 さっきよりも声が通ります。
(さっき、大丈夫って言うたし。)言葉には出せませんが。
「どうして、そうなったがぁっ!」
(いや、ちょっと…。酔ってるでしょ。苦笑)

一般的には、松葉杖というのは一時的なケガへの対処法に見られがちなんだなと、日頃 自分にはない視点に気づかされました。
酔ってなかったら、なお良かったんですけどね。(笑)

第958回 「色々な間違い」

6月11日        中村 覚

見間違い、聞き間違い、相手の話はすっかりわかったつもりの勘違いなど色々ありますが、間違ったからこそ後々まで記憶に残る! 間違うことは記憶の定着に一役かっているのではないかと。

これは看板ですが、何に見えるでしょうか。 私は運転中に最初見た時、「赤いリボンをした黒い猫」に見えました。なんでこんな場所に、こんな絵が?そう思いましたが、なにしろパッと見ただけですから。でもよくよく見るとなんのことはありません。

高速を降りて一般道に進入する際の注意喚起の看板です。見間違ったことで、面白いと思い写真も撮って、この場で紹介!良い事づくめです。(笑)

見間違いに関しては今も忘れられないのがこちらです。

アメリカンコミックのヒーロー、バットマンのロゴで、楕円形の中に黒いコウモリが描かれています。でもそれは後々わかったことです。 小学生の頃、初めて見た時には なぜかコウモリを囲んでいる黄色の部分をメインに考えてしまい「上に歯が2本、下に歯が4本の口」にしか見えず、変なマークだなと思っていました。

いかがでしょう? 歯に見えなくもないと思うのですが。(笑)

次は私の間違いというよりは私のパソコンの間違いです。ワードで「ともだち」と打って、変換すると「友断ち」と表記したのです。なんで?どう考えても普通に「友達」だろ。こんな基本的なこともわからないのか。おバカだねぇ。

まぁ最初はそう思いましたが、間違っているはずの「友断ち」、実はこれはこれでいいんじゃないかと。思い出すのは以前よく流行った断舎利です。暮らしの中で不必要なものはどんどん捨てて身軽になろう!それはなにも「物」に限らず「人間関係」にも及ぶ、昔からの古い友人がこれから先も良い友人とは限らない、というようなことを読んで「ずいぶん、思い切ったことを言うんですね…。」とびっくりしましたが。 まっ、でも それを簡単に言うと「友断ち」かなと。(笑)

すみません、うちのパソコンが言いたい放題です。

ある時、「酔生夢死」という四字熟語を目にしました。意味は知りませんでしたが、字面からして ほろ酔い気分で生きて夢見心地で死んでいく。「そうか、確かに なるべくそうありたいなぁ」と、とても好意的に解釈しました。

ところがです、「酔生夢死」の本当の意味は「何もせずにむなしく ぼんやりと一生を送ること。」つまりは、そうならないようにと人生を戒める言葉だったのです。全く逆の意味で解釈していた自分にギョッとします。
でも、これをきっかけにしっかり覚えた「酔生夢死」だったのです。(笑)