第1030回 「ギリシアの哲学者、エピクロスさん」

11月3日          中村 覚

突然ですが、紹介したい人物がいます。古代ギリシアの哲学者、エピクロスさんです。プラトンやアリストテレスと並ぶ人物だということです。プラトンやアリストテレスと言えば、ちゃんと覚えていないとテストで点数が取れなかったような「超」の付く有名人。

ところが、ことエピクロスさんに関しては今回、初めて聞く名前でした。(私が勉強不足なだけとも言えますが。)ちなみにエピクロスにだけ「さん」を付けているのは、本を読んで親近感が出たからです。(笑)

このエピクロスさん、紀元前341年に誕生~とネットに書いてありましたが、昔過ぎて、10年や30年、いや100年の誤差があったとしても一向にかまいません。それぐらい昔々の人です。胸像の写真なんかもありましたが、文章を読んで勝手にイメージしたお顔とだいぶ違っていたので、自分でちょっと描いてみました。こうするとより親近感も湧きます。(笑)

エピクロスさんのことを知ったのは、「グランゼコールの教科書」という本をわかりやすく要約している文章を読んだ時のことです。その中で約10行にわたりエピクロスさんの事が書かれていました。これがシンプルでわかりやすく、珍しく読後も頭にちゃんと残ったのです。(笑)

エピクロスさんは「幸福」とは心の動揺の不在。大まかに言えば、心の安定でしょうか。その安定と対極にあるのが、心の動揺です。その動揺の元になるのが、人が誰しも持つ「欲求」。その欲求を大きく3つに分けたのです。

①自然で必要な欲求。(例:喉が渇いた時に飲みたいという欲求。)
②自然だが不必要な欲求。 (例:豪華な食事。)
③自然でも必要でもない欲求。 (例:名誉、栄光)

この内、満たすべきなのは、①自然で必要な欲求のみ。
その他のものは心の動揺を引き起こすだけだと説いたのです。

(便宜上、3つの欲求に数字を書きましたが、原文にはありません。)

エピクロスさんの言ってることは、シンプルでわかりやすいかと。
似たようなことを洋の東西を問わず、歴史上の人物、現在を生きる人も言っていると思います。でも、話を聞いたり、本を読んだ後に「あっ、そうそう。そういうことだったよねぇ。」と思い出せることが大事かなと。
その意味で、エピクロスさんの表現は覚えやすいと思いました。

~とは言うものの、たまにはちょっと贅沢な食事。いつもよりはおいしいデザート。人前で「それ 知ってるよ」「それ 食べたことあるよ!」と聞かれもしないのに、ついつい言いたくなってしまう。そんなこんなも全部ひっくるめての自分自身。でも気持ちのどっかでちゃんと軸足は「自然で必要な欲求」に置いてある。

これ、理想です。(笑)

第1028回 「研修一時休業のお知らせ」

10月22日

10月。今月が終わると、やっと仕事に一区切りがつけられます。

今年は3月から、ずーーっと休みなく仕事が続き、今週がそのピークでした。
特に9月から11月まで、毎週連続で新内容の3時間研修が10回以上続くのは覚悟の上でしたが、「追手前伝説」の本の原稿書きと5回にわたる校正に孫が生まれたのも重なり、やってもやっても仕事が終わらない!時間がない!

「ストレスで胃に潰瘍ができそう」なんて思ったのは、初めてかもしれません(笑)
この年でこの仕事量は、きつ過ぎました。見通しが甘かった…。

その結果何が起きたかというと、特に右目の視力がガックリと落ちたのです。確かに半年以上目を酷使し続けていたのですから、これはもう自業自得。パソコンの字がぼやけて読めない、テレビ番組の予約表の字が見えない、夕方の運転の景色が見え辛い…。春頃までは問題なかったことが、次々と問題あり!に。

「仕方ない。この右目の視力は、追手前の神様に捧げたことにしよう」と考えましたが、「まずい。このままだと、運転免許の更新ができない」と気づき、眼科受診をしました。
すると右目の白内障が悪化し、急激に近視が進んだと判明。こうなったらもう、打開策は眼内レンズを入れる手術をすることです。予約できるのは来年の仕事が一段落する2月以降。そこで、思いがけないことがわかりました。

・手術の3週間前から1週間、検査のためにコンタクトをつけられない。
・手術後は翌日・3日後・1週間後・2週間後…と受診が必要。
・手術後は1週間、洗顔・洗髪ができない。
・ということは、メイクもできない。仕事もできない。
・片目ずつ手術をするので、×2

来年のカレンダーを買って付けていくと、つまり2月から3月初めにかけては研修の仕事ができないと判明しました。4月からは大学などの講義が始まるので、それまでには一段落させないといけません。

そんなわけで、2023年2月~3月初めまでは、研修は休業となります。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。

手術後はもうコンタクトもいらず、パワーアップして戻って参ります!!

第1027回 「お兄ちゃんだから」

10月15日

次女に、二人目の子どもが生まれました。
下に妹が生まれたことで、ママべったりだった上の男の子がうまく適応できるのか少し心配だったのですが、今のところなんとかやっているようです。

赤ちゃんが退院した日に次女の家に行って、思わず上の孫に「お兄ちゃんになったね」と話しかけると、次女から一言。「お兄ちゃんだから、っていう言い方はしないでね」

聞いてみると、もう最近は「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんでしょ」という言い方をしないのだとか。

言われてみて、納得です。私自身、母からさんざん「お姉ちゃんだから○○しなさい」という言い方をされて、どれだけ反発を覚えたことか。(50年以上も前なのに覚えているってことは、根が深いってことですね)大概、「お姉ちゃんだから」と「我慢しなさい」みたいに、ネガティブな言葉とセットになるんですよね。

「お兄ちゃんだから~しなさい」という言い方よりも、
「○○くん、~しようね」という言い方の方がずっと子どもの心に寄り添えます。
気をつけようと思いました。

そして、ひばあちゃん(私の母)登場!早速、上の子に対して
「もうお兄ちゃんになったんだから~」と連発していました。思わず、次女と顔を見合わせます。しかし次女も87歳の祖母にいくら言っても無駄なのはよくわかっているので、そこはスルー(笑)

心しておかないといけないのは、自分の子どもではないので、教育はあくまでもパパ・ママが主体ってことですよね。もちろん「温かく見守る」など祖父母に求められる分野もあるでしょうが、一歩引いて客観的にどうなのかという視点で、共に学んでいくことが大事かなあと思います。まだまだ初心者マークの祖父母なので。

ついでに私自身、「おばあちゃん」という呼ばれ方は嫌なのですが、ではなんて呼ばれたいのか?(今は「ばぁば」が多いようですね。)
イタリア語でおばあちゃんは「ノンナ」と呼ぶらしく、そう呼ばれたい!と次女に話すと「え~?」と、やんわり拒否され、「おばあちゃんとこ、行く?」と子どもに話しかけてました。名前の呼ばれ方くらい、選んでいいじゃん!と思い、「ノンナだよ」とか、話しかけていたのですが。

最近、急激に言葉数が増えてきた2歳の孫がある日私を見て、「あ、おばあちゃんだ!」(笑)
やっぱり、母親がなんて言うのかが、すべてを決定していくようです。
これがまさに、言語教育なんですね(笑)