第863回 「TOTAL ENGLISHのレコード盤」

8月9日

以前、私の中学校の英語の教科書「TOTAL ENGLISH」について、第829回のコラム「TOTAL ENGLISHとビンセント君」で取り上げました。思い入れのある教科書が数十年ぶりに手に入ったのが嬉しくて嬉しくて。その後、このコラムを読んで、「私もこの教科書でした。懐かしい!ありがとうございます」という嬉しいメールも頂きました。

もう、あんなに感動する再会はないだろうなあと思っていたら なんと、この教科書を音読したレコード盤が存在していたのです。

たまたま「TOTAL ENGLISH」のキーワードを検索していたら、なんと中学3年用の教科書のレコード盤がオークションに出されていて、驚きました。当時 私たちが学校で英語の音読を聴いたのは、懐かしいオープンリールのテープでした。そのカセット版も売り出されていたようですが、レコード版があったなんて初めて知りました。

たとえいくらでも欲しい!と思ったのですがなぜか競合者はなく(笑)、300円で落とせました。こんなラッキーなことがあるなんて!

レコードプレーヤーがないのでどうしようと思っていたら、頼れる友達が名乗りを上げてくれました。助かったぁ。

「学習レコードの取り扱い方」なる小さな冊子が付いていました。レコード学習の先駆けの時代だったのでしょうか。

「レコードは大変便利なものです。なによりもまず、レコードは『疲れを知らない』ということです。針先を戻してやれば、同じことを何回でも言ってくれます。『もう一度お願いします』と声を出してたのむ必要もありません。ついさっき習ったことでも、何ヶ月も前に習ったことでも、同じ調子でくり返してくれます。」

ホントにねえ。(笑)数十年前のものを同じように聴けるんですもん。

テキストも付いており、教科書の小さなコピーのような感じでした。

CDに録音したものを聴くと、低音でハッキリとした音声が流れてきました。一瞬にして、中学校の教室に戻ったような感覚。ああそうだ、この声。懐かしい、美しい発音の英語でした。

その後 検索していると、中1中2のレコードもオークションに出されていました。私が一番好きなのは中2の教科書だったので、すべてそろった時は感無量でした。片面15分なので、両面で30分。それぞれ1学年5枚のレコードがあるので、30×5=150分、2時間半も吹き込まれているのです。3学年分で、なんと7時間半!

もったいなくて、ゆっくりと時間をかけて楽しんでいきました。

今回興味を引かれたのは1970年代初めに、コンピューターが登場していたこと。
主人公Vincent(ビンセント)君は、コンピューター教育センターに入学。人類の歴史から、最先端の映像で学びます。今で言うVRって感じですね。
コンピューターの名前はHarry(ハリー)。ビンセントは 彼に「友達になろう」と言い、様々なことを学びます。

しかしたった1人で学び続ける環境にやがてビンセントは疑問を抱くようになり、「学校の方が友達と経験を共有できるから、もっと良い」と父親に言います。父も「同感だ。コンピューターはただの機械(マシーン)で、事実は与えても経験は与えてはくれない。ただの記憶するマシーンだ」と言います。その通りだと思うビンセントは、ハリーに別れを告げに行きます。

「ハリー、今日はさよならを言いに来たんだ」
「なぜ?僕は何か悪いことをした?」
「そうじゃない。君が教えてくれたのは、良いことばかりだ。でも、僕はすべての事実を知らなくてもいいんだ、君に聞けばわかるからね」

沈黙が流れ、ハリーの涙の落ちる音がしました。
「君は僕の最初の友達だった。君を失ったら、僕はどうしたらいい?」
「僕はただの記憶するマシーンだ。僕は人間になりたい」

これを読んだ中3の時はグッときて、ハリーが可哀想でたまりませんでした。私たちの世代にとってはアトムに象徴されるように、ロボットは友達だったからです。でもアメリカでは、コンピューターはただのマシーン。

ビンセントは彼に「ごめん、ハリー。でも僕たちはそれでも友達だよ。君は決して人間にはなれない。でも君は、人間の最高の友達になれるよ。また来るから。」と言い、ハリーも納得したのでした。

今のAIの時代に比べると、なんて人間らしいコンピューターなんでしょうか。もちろんこれはフィクションですが、その時代の価値観が強く表れているように思います。
でもやはり、中学3年生には難し過ぎた気もしますが。(笑)

第861回 「ばね指」

7月26日              中村 覚

「ばね指」というのをご存知でしょうか。写真の薬指のように関節が曲がった状態から動かなくなる症状です。一定の角度までは曲げることはできますが、それ以上は痛いので曲げることができません。つまり げんこつを握ることができないんです。何かの拍子に物をつかもうとした時、「つかめない」のと「痛い」のダブルで不便です。

そして元のフラットな状態(指が伸びた状態)に戻すにも自力ではなかなか難しく、片方の手でリハビリをするようにゆっくりと伸ばしてやる必要があります。この時にも痛みを伴い、それが日を追う毎にだんだんひどくなってきたので とうとう病院へ行かなくては。(なるべくなら行きたくないのですが、痛みにはかないません。)

まずは、受付けをすませ問診票に記入です。その後 看護師さんに症状を詳しく聞かれ、「指が(一定以上)曲がらなくなって、元に戻すにも痛くて痛くて・・・」と目の前で実演。

「(症状は)どれくらい前からですか?」 「1ヶ月ぐらいです。」「なるほど。~で、何が原因で?」と聞かれ、(本当は言いたくなかったので)ちょっと間を置いてから「自分でやりました。」

と言うのも、 昔ヨガを習っている時に、指を1本ずつ 写真のように反らすということをやっていました。手軽で簡単ということもあり、ヨガを止めてからも思い出してはちょくちょく、もう15年になります。1ヶ月程前、映画を観ている時です。手持ちぶさたにまかせ、画面を見ながら いつものように指を反らし始めました。ゆっくり1本ずつ無理なく。右手の5本が終われば左手に移り、また右手に戻りまた左手へと、それはそれは本当に丁寧なことでした。

どの部位もそうだと思いますが、徐々にほぐしてやれば関節の可動域は広がりますので、途中から(可動域の)限界ってどのあたりかなと いつもよりちょっと弾んだんですね。気分も良くなり、痛みなどあるはずもありません。指の関節部分から精神高揚剤でも出ているのではないかと思えるほどに、かなり反っていたと思います。この頃には映画よりもこっちの方が面白くなっていましたが、この日は何事もなく終わりました。

それから3日ほどして右手の薬指の動きに違和感が出て それから数日後、痛みも出始めた頃 薬指が「もう無理です。限界です。」

「どうした? 一体 何があった!」日数にひらきがあったため、すぐには原因がわからず、後になってから「映画を観ながら念入りに反らしている時に、無理なら無理となんで言わなかった?あの時は文句一つ言わなかったじゃないか!」

ほとんど動かない痛む薬指を見ながら
「…自分で やったかあぁ。」
説明を聞いた看護師さんも笑顔でニッコリ。

いよいよ 先生の診察が始まり とりあえずレントゲン。パシャリと2枚。骨には異常なし。セーフ! 治療にステロイド入りの注射。これがアウト!手の平への注射は医療の禁じ手ではないかと思える程の激痛。 1回打って症状が改善しなければ3回、4回と1ヶ月毎に数回打つのが基本とのこと。それでも治らない時は切る。 指の腱の動きを邪魔している炎症部分をスパッとすっきり。

切られても良い! その方がマシだと思えてくるのは 注射の副作用。(笑)

注射をしてからそろそろ半月が経ちます。痛みは半分ほどになりましたが、まだまだ、しっかり握ることができません。
「体は無理が効かない」と言いますが、その時は何も言わず 後になって無理だと言うのですから 扱いづらいです。

これを考えると、生活や仕事面ですぐに愚痴や弱音を吐くことは、「現状を好ましく思っていない」とちゃんと信号を出しているようなものですから、こっちの方が後々大事に至らずにすむようにも思うのですが…。どっちもどっちでしょうか。(笑)

第854回 「とくし丸のお得意さん」

6月8日

皆さん、「とくし丸」をご存じですよね。そう、あの移動スーパーのとくし丸です。

先月TBSの番組でも取り上げられていましたが、スーパーの超大型化と郊外化で、近所のスーパーが撤退し、日常の買い物に不自由している人たちが増えてきています。今や買い物困難者は全国で825万人もいて、その救世主になっているのが移動スーパーです。近隣にスーパーがない地区や山間部の高齢者など、買い物に行くのが難しい人たちの家を一軒一軒まわる対面販売スタイルは、ありがたいサービスでしょう。

中でも「買い物困難者のニーズに100%応える」ということで、全国売り上げナンバー1の移動スーパー販売員、高知のとくし丸の谷平さんという方が密着取材を受けていました。「ご年配の方は、あまりたくさんは食べられないから、本当にいいものをだけをちょっと食べる」ということで食品は小さめサイズを選ぶとか、買い物代行もするとか、お客さんの誕生日プレゼントまで!実に細やかな心配りでサービスを行っているのが印象的でした。

そして、実は非常に身近にとくし丸のお得意さんがいるのです。

ジャーン、久々の登場、長女の涼歌(すずか)です。32歳になりました。
実は通っているデイサービスの近くに毎週火曜日 とくし丸が来るので、買い物に行くのが彼女の楽しみなのです♪

ご近所の方もいらっしゃっています。常連さんなんでしょうね。

涼歌にとってとくし丸がいいのは、来てくれるのはもちろんですが
「商品が選びやすい品数で、車椅子でも見やすい目線だから」ということでした。確かに、大きなスーパーだと商品が多すぎて かえって選びにくいのでしょうね。そういうことって多分、少なからぬ高齢者の方も同じかもと思いました。

世はネットショッピングが花盛りですが、買い物って、実際に商品を見て感じたりさわったり迷ったり選んだりするのが、日常のちょっとした楽しみでもありますものね。

ちなみに涼歌がこの日に買ったのは、
牛乳、野菜ジュース、アップルパイ、おつまみのイカソウメン。(笑)
ニコニコでした♪

商品仕入れは地域のスーパーから行っているそうで、冷蔵庫付きの軽トラックには生鮮食品も含め、何と400品目以上を積んでいるそうです。また、買い物だけに止まらず、スタッフは地域の「見守り隊」としての役目も目指しているそうです。

地域の高齢化や運転免許の返納に伴い、移動スーパーはこれからますます なくてはならないサービスになっていくことでしょう。