第897回 「言葉の加減乗除」

4月5日

実は知り合いで、ちょっと苦手な人がいます。とても頭が良く、バリバリ仕事ができ、偉ぶらなくて前向きで笑顔が多くリーダーシップもある女性です。「私はこう思う」ということもハッキリ言える方です。そんな素敵な方なのに、なぜ?

なんと言うか…子どものように自由過ぎる発言をするんですね。
あるセミナーで知り合い、その後彼女からフェイスブックで友達申請を受けました。「ありがとうございます、よろしくお願いします。」というメッセージを送ったら、「ごめんなさい、間違って押したみたいです!意図してなかったので気にせずはずしてくださーい!」というお返事が…。「え?」と戸惑いました。

こういう場合、間違って押しても「意図してなかったのではずして」とマイナスの言葉は言わず、大人の対応でプラスの言葉を足して「今後とも~」みたいなことに一般的にはなると思うのです。(正直だけど、失礼な人だな)という印象は、その後も彼女の相手への配慮が見えない部分が気になりだし、苦手意識に変わりました。

思ったまま100%言っていいのは子どもだけで、大人はやはり考えて言葉を足したり引いたりしなければと思う私の価値観が、苦手意識に変えているのでしょう。

言葉を足すのは「すみませんが」など簡単にできても、いらないことを言わないなど、うまく言葉を引くのは難しい気がします。要点は伝わらないと意味がないですし、これができるのって…往年の高倉健さんでしょうか?(笑)

ここで面白いなあ、と感じました。
足すとか引くとか、計算みたいと思ったのです。
じゃあ、「かける」は?

そのまんま、「言葉をかける」!と思いついて、笑顔になりました。
言葉がけって人間関係作りには大切ですよね。「おはよう」「元気だった?」なんてあいさつの一言でも、言葉をかけてもらえると嬉しいものです。

では「割る」は?これは難しい、と考えていると横で中村が
「まあまあ、と割って入るのは?」
うーん、確かにそれもあるけど。(笑)
あ、「言葉を割り引く」って言いますね。「あの人の言うことは、少し割り引いて考えなきゃ」とか、物事を内輪に見積もることを言いますよね。

足す、引く、かける、割るを加減乗除(かげんじょうじょ)と言いますが、
言葉もこの加減乗除って大切なんだなあ、と思ったことでした。

第896回 「鳩を放つ少年」

3月27日                 中村 覚

最近、デアゴスティーニから発売されている「仮面ライダー DVD コレクション」を観ていると、当時の社会の様子がそのまま映っています。登場人物のバックにさりげなく映る街並みや角ばったラインの車、 まだまだたくさんあった木造住宅。高度成長期の地方都市の様子なども。ヒーローの活躍よりもこういった映像を観られることが面白かったりします。

あるエピソードで、地方の田舎町に住む少年が事件に巻き込まれます。「これは悪の秘密組織ショッカーの仕業に違いない」と考え、東京にあるライダー少年隊の本部に連絡をします。「ショッカーの怪人現る。至急 来てください」と要点のみを記した小さなメモを鳩の足に括り付けて、空に向かって伝書鳩を放つのです。

私はDVDを観ながら てっきりライダー少年隊の本部には「電話連絡」するものだとばかり思っていたので、鳩を飛ばしたのには驚きました。私は昭和52年生まれで、 仮面ライダーの放送開始は昭和46年ですから、時代背景を考えてもすでに個々の家に電話はあったはずです。「電話が早いのに。」と思ったのです。

後日、私よりも年齢が上の当時を知る人と、雑談の最中にこの話を聞いてもらいました。すると 「当時は県外に電話をすると通常よりも通話料が高かったんだよ。そもそも電話はお金がかかるもの。遠くの人との交流は文通が普通で、ペンフレンドも この時代のこと。近所で伝書鳩を飼っている家もあった。」と教えてもらいました。

こういった時代背景ですから、子供がおいそれと県外に電話をするというのは一般的ではなかったのでしょう。だから伝書鳩だったわけです。(笑)

この話がきっかけで、これまで自分自身が経験した電話に関する思い出がよみがえりました。そう言えば 小学校の時分、夜の20時(?)を過ぎたら少しでも通話料が安くなるからと、その時間を待って親が県外の親戚に電話をしていたこと。高校を出て県外で暮らすことが決まった時に、義理の姉のお父さんからテレホンカードを束でもらって嬉しかったこと。県外から実家などに電話をするとカードの度数も瞬く間になくなり、使いきった後は現金です。公衆電話にリズミカルに100円玉を入れ続けて沖縄の友人と一度だけしゃべったこともありました。確かに通話料は高かったという、これらの忘れていた事実。

「太陽にほえろ」で石原裕次郎が車に取り付けてある電話で話す様は、それだけでカッコ良く 限られた人にだけ許される贅沢のようにも映りました。今、見たらカッコ悪いだろうな。ごっつい受話器、持って。(笑)

私が子供の時でも こんな感じですから、人と連絡を取り合う時の感覚は、今の時代とは雲泥の差があったのでしょう。「便りのないのは良い便り」と昔は言ったようです。遠方の知り合いからしばらく何の連絡もない場合、悪い知らせがあるわけでもないから、「あいつも遠くの地で無事に過ごしていることだろうよ」と。(笑)

最近は、通話料という覚悟もないまま(笑)、県外にもかけ放題です。昔は県外への敷居は高かった。今では「圏外」があるのみです。

第894回 「袖振り合うも多生の縁」

3月13日

これ、何の変哲もないただの缶コーヒーです。実は母親が月曜日の10時過ぎに、見ず知らずの小学生の男の子2人組から もらったものです。「知らない人から物はもらわないように」と、あれほど言ってあるのに。(笑)

母親が車庫前を掃除していた時です。
「これ(缶コーヒー)、間違って買ってしまったので、飲んでもらえませんか?」
「あら? ありがとう~ね。」 こんな具合だったようです。

「とても礼儀正しい子で、感じが良かったので つい もらってしまった」と言うのです。うちから100m程離れた所に自動販売機があるので、多分そこで買った物ではないかと思います。近所の子供かもしれませんが、団地の中でも通りが1本違うと全く知らないということもあるので 実際のところ どこから来た子かもわかりません。(笑)

本来なら平日のこういった時間帯に生徒がウロウロしていることはありませんが、コロナ騒動で休校になっているため、こんなこともあるんですね。

外出や店に行くことを控え、日常の行動範囲も自粛モードになりがちですが、生活品を買うスーパーへは行かないわけにもいかず…。
先週末、イオンに行った時のことです。専門店街で買い物をしてレジの列に並ぼうとした際に、私の斜め前に20代後半の男性が立っていました。「この人は、そこにたまたま立っているだけなのか? それとも レジに並んでいるのか?」どっちかわからなかったので、どうぞと手で前を示しました。

男性は笑顔で軽く会釈をして そのまま列に加わりましたので、自然な感じからすると、どうも最初から並んでいたみたい。気が付かなかったら、私は知らない内に割り込むことになっていました。

その後、レジを済ませ これから食品売り場に行って…と、次のことを考えながら通路を歩いていると、先程の男性が寄ってきて「これ、よかったら使いませんか?」とイオンの5%引きの券を渡してくれました。

男性いわく「(自分は)県外の人間で、(もう帰るため)使いませんので」とのことで、どうも私がレジを終えるのを待ってくれていたようです。ちょっとびっくりしましたが その気持ちが嬉しかったので、「あぁ… ありがとうございます」と頂きました。

「袖振り合うも多生の縁」を実感する出来事でした。

最後にもう一つ。3月の初め、冷たい雨がしとしと降る日のことでした。用事をすませ店を出て、駐車場に停めてある車まで約10m。濡れたくはないですが傘を差しての松葉杖となるとバランスが不安定になるのでめったなことでは差しません。

まぁちょっとの間しかたないか、と濡れて歩いていると「どこまで行かれますか?」と後ろから傘を差しかけてもらいました。びっくりしてふり返ると赤ちゃんをだっこしたお母さんだったので重ねてビックリ!赤ちゃんのことを考えると寒い外から一刻も早くお店に入るか、車に乗り込むかを優先したいはずなのに、見ず知らずの私に…。本当にありがたいことです。

心底 ビックリしたので、すぐに言葉が出ず、ヘンな間がありつつも、「ありがとうございます。あの車です~」と数m先にある車を指差しました。恐縮しながら、横並びになって歩いてもらいました。車に乗り込む際にも もちろんお礼を言いましたが、その後 エンジンをかけてからも「あの人、赤ちゃんをだっこしていたのに…。 スゴい良い人やったなぁ。」と頭の中がそればっかりでした。

サポートして頂いたこともありがたかったのですが、コロナ騒動でギスギスしたご時世に、こうした心温まる出逢いに気持ちが自然にほぐされたことでした。