第949回 「遊び心と心遣い」

4月9日          中村 覚

「中村、これ、あげる」そう言われて出されたのがこちら。

絵柄が面白いと思い、「あぁ、ありがとう」とつい即答です。(笑)
「中身、見て」と言われ、「?」と思いつつも底の部分をスライドさせるとジャラジャラと小銭が…。

「この間のお昼代。」そう言われれば、すっかり忘れていましたが、立て替えていたような。何百何十何円まできっちりと入っています。数字が細かいだけにこういった形で渡されて意表を突かれました。(笑)

聞けば、入れ物自体を気に入って、「いつかどっかで使えないかな?」とまとめて数個買っていたとのこと。貸し借りなし!ということで1円の単位までちゃんと計算をして、というのはよくある話ですが、その代金が封筒に入っているのか、ビニール袋か、はたまたそのままなのか…。
今回、すっかりやられました。(笑)

そう言えば、数年前のある日のこと。ドライブの途中でアンティークショップを見かけました。これまで全然気が付かなかったので、どうも新しくオープンしたに違いないと思い、中に入ってバケツかなんかを買ったと記憶しています。

レジをすませ、店を出て歩いていると、後ろからオーナーさんが来て「これ、おまけです」と。その時、もらったのがこちら。

古い50円玉です。写真をご覧になって懐かしいと思われる方もいらっしゃると思います。でも私はこの時が初見だったのでちょっと珍しかったのです。

今の50円玉との比較です。(右が今の50円。)
昔の物が一回り大きいです。

裏面。菊の花の中心がくりぬかれています。この構図は今でも斬新かと。

飛び切り珍しい物を頂いてしまうと気が引けてしまいますが、「おまけ」と言われてもらった50円玉。オーナーさんの気持ちと遊び心が今も印象深く残っています。
相手の方の心遣いがちょっとした物を通して表現されていると、こちらの気持ちもくすぐられます。

もちろん一概に「物」で表現しなくても相手への心遣いは色々とできるものです。相手に優しい言葉で接する、優しい眼差しで接する、席を譲るなど、物がなくても相手に少しでも喜んでもらうことができますよね。これはこれで素晴らしく、おそらくナンバー1。

そして目に見えて触れられるちょっとした物を通じてのやり取りも、遊び心が広がりお得な気がします。

第948回 「鉛筆」

4月2日           中村 覚

オークションで見かけて、つい買ってしまったのがこれらの古い鉛筆です。

今の時代とは違うケースの絵柄が良かったからです。全て未使用品ですので、きれいな鉛筆がそのまま入っています。3つとも同じ出品者からの物で1つが200円。送料を入れても1000円かからず、そのことも嬉しさの一因でした。

「レトロ・鉛筆」などで検索をかけるとたくさんの品が出てきます。でも実際に鉛筆を使うわけではなくただの観賞用ですので、あまり高価な物に手を出してはいけません。(笑)自分に「しばり」をかけつつ色々探している内に王様級の品を見つけました。

それがこちら。

いかがでしょう、この重厚感。たかが鉛筆、されど鉛筆、これぞ鉛筆。有名なトンボ鉛筆です。これまで何度となく見たことはあったのですが、今回パッケージのデザインを改めてちゃんと見てみると、素晴らしい!

しかもこれ、アマゾンで340円。こんな素敵なデザインの物が「実は、今でも買える!」
一気にお熱が上がり、その流れのままアマゾンに勧められて購入したのが、こちら。

「トンボ鉛筆8900番70周年限定セット」と銘打ち2019年に発売されたカンペンケースで、中にはHBの鉛筆が6本。この8900番のオリーブ色の軸と黄色のパッケージは、1948年から現在まで ほとんど変わっていないとのことです。

カンペンケースはビニール製やプラスチック製品ではないので、末永く使えるところも嬉しいです。2年も前に発売された限定品をしっかり紹介してくれて、ちゃんとそれを売ってくれる!ありがとう、アマゾン。(笑)

ところで、「鉛筆」にまつわる思い出は世代によってまちまちでしょう。私の記憶では小学校の低学年までは鉛筆を使っていましたが(そう指導されていたと思います。)高学年になると便利なシャーペンを知ります。しかし担任の先生は「(基本的には)シャーペンはダメですよ」と。でもそうは言いつつ日頃は黙認してくれていて~、テストの時になると「しっかり鉛筆で書くように。」そんな記憶があります。

そして他愛もないことですが、今でもしっかり覚えているのは、鉛筆の端を持って上下にプラプラ揺らすと、硬いはずの鉛筆が「ふにゃふにゃ」に見えるという、あの目の錯覚です。(笑)

こんな感じで揺らすのですが、「ふにゃふにゃ感」は写真に撮ることはできません。が、「念ずれば通ず。」 色んな鉛筆で何度か試すうちに「おおぉっ!」

更に、集中力を高めると、束にした鉛筆もこの通り!

最後には、こんな感じに。(笑)

実はこれ、曲がる鉛筆なんです。「くねくね鉛筆」で検索すると出てくる、名前の通り、くねくねの鉛筆です。面白そうと思い購入しましたが、一直線に伸ばした普通の状態でも書きづらく、エンターテインメントとしての鉛筆かなと。(笑)

ところで、近年、子供達の字を書く時の筆圧が弱っていて、そのためにBや2Bを使う学校が増えているようです。昔であれば小学校で使用する鉛筆と言えばHBでした。濃いBなどは硬筆の時間しか使わず、しかも書いた字の上を手でこすろうものなら、すぐに汚くなって…。

今では鉛筆の売り上げのトップは2Bです。HBのシェアはかなり低下しているとのこと。子供の筆圧と脳の発育には関連があり、筆圧の低下を危惧するという意見もありますが、厳密にどの程度の影響が?というのはなかなか難しいと思います。でもより簡単に、より便利に、否応なくそういう流れに沿っていくものなのでしょう。

公的な文章を手書きで~など もうすでに考えられず、液晶画面にタッチペンや指で気軽にメモする時代です。一般的には筆記用具は、後から見返す、確認するためにメモを取るためのツールです。しかし今では書き留めておく以外にも音声や画像、動画で簡単に記録を残せます。

時代の流れを全肯定するわけではありませんが、数十年もたてば、鉛筆はレトロな文具の代表格かもしれません。

第945回 「トラブル多発!高知南国道路開通①」

3月13日

先月2月27日に高知東部自動車道「高知南国道路」が、めでたく開通となりました。これで高速の入り口 高知IC(インターチェンジ)と高知龍馬空港、高知新港が およそ30年かけて一つの道路で直結されました。
ところが、新設された高知中央ICや高知ICで誤進入が多発しているのです。

その数、開通5日間で178件!高速道路ですから事故につながる恐れもあり、これはもう「勘違いした人がいる」レベルではなく、明らかに問題があると思えます。

起こっている運転ミスは、次の3つです。
①高知ICから空港(室戸)方面に向かおうとして、誤進入。
実は高知ICから、東の空港方面に直結で向かうことはできません。
料金所をくぐれば逆走できず、最低でも高知自動車道を一区画走る必要があります。

②空港方面から高知市街地に行くのに、高知中央ICで下りなかった。
そのまま高知ICの料金所に進まなければいけなくなり、そこからも一般道に下りられません。これも最低でも高速道を一区画走る必要があります。

③高知中央ICは、高松・須崎方面に向かう高知自動車道方面と、空港方面では入り口が違う。
間違うと、正反対の方向にしか行けません。南向きの空港方面に行こうとしているのに、北向きの高知自動車道に乗らざるを得ない、という痛恨のミスを生みます。
これらは、詳しくお伝えしないとわかりにくいと思います。

①高知ICから空港方面に向かおうとして、誤進入。
実はこれ、私も間違った思い込みがありました。「今回の開通で、北環状線から高知IC、そこから空港方面に直結で向かえる!」と。大間違いでした。

実際に走ると高知ICには、空港方面に向かう「高知南国道路」の表示は出ていません。これが逆に誤進入を生んでいるのではないでしょうか。標識の所に「高知道」の反対方面に「一宮・五台山・空港」や「高知南国道路」を付け足してくれれば良かったのに。「標識にないけど、右かな?」と進むと、いつも通りトンネルをくぐり…

こうなります。右側の、フェンスで区切られているのが「高知南国道路」です。空港方面に行きたければ このまま2kmほど直進すると高知中央ICに着き、そこから高速に入るのが正しいアクセスです。

知らないと さっきの分岐点で高知ICの料金所に入ってしまい、インターホンで
「高知南国道路に行きたいんですが」
「ここからは行けないですよ」
「ええーっ!?」となるのでしょう。
もっともこういう間違った場合には申し出れば、救済措置として高知道の南国ICまでの往復料金を無料にしてくれるようです。

ちなみに、高速道路から高知南国道路へはどうつながっているかというと…

高松あるいは四万十市方面から高知インターに下りてくると、料金所からはこういう看板が見えます。

室戸・空港方面に向かう「高知東部道」は右(高知市街は左)という看板ができています。

料金所を出て、すぐに右の道を選んで侵入します。
路面に「←高知東部道路」と書いてありました。

 

そのまま、南に進んで行きます。4kmほどで、高知中央ICです。

すみません。3つの問題のうち1つしか取り上げていないのに、この長さになってしまいました。仕方ありません。残り2つは、次回にご紹介しますね。