第982回 「それぞれの時に思いをはせて②~中村時計博物館」

11月27日

前回に続き、南国市の中村時計店本店にある中村時計博物館をご紹介します。それぞれの時計のお話が面白すぎて その世界に魅了され、写真を絞るのも一苦労でした。(笑)

これは珍しい、三角柱型の置き時計。日本のもので製作所は不明、大正時代のものです。一つの機械で、三面の針が同時に動くようになっています。高知県安芸市には有名な「野良時計」がありますが、それもこうした造りになっているそうです。

ところで、掛け時計には2個のゼンマイで動くものが多いそうです。上の文字盤には、横に2つ穴が並んでいますが、左側が「時打ち」、右側が「時間」のためだそう。時打ちとは、音で時刻を知らせる機能です。たとえば2時になったら「ボーン、ボーン」と2つ鐘を打つといったものですね。

高級時計の中には、この穴が3つのものもあります。これは重厚な、ウェストミンスター(チャイム)付き置時計ですが、左が「時打ち」、真ん中が「時間」、右が「チャイム」。チャイムはオルゴールのような仕組みで音が出るもので、代表的な曲が「ウエストミンスター」。学校のチャイムの音といえばわかりやすいですね。

上の時計の裏側のフタを開けたところです。機械の下に撞木(しゅもく)があり、オルゴールのように下の金属棒を叩いて音色を奏でます。その響きは実にきれい!癒やしの音色です。通常は「ウエストミンスター」1曲ですが、凝った造りの時計は3曲くらい奏でられるようです。

こちらはホール・クロックと呼ばれる時計。2mほどある、縦長の大時計です。昔はホテルのロビーなどによく置いてありました。(このコラムでも、東京の学士会館の近代建築でご紹介しています。)

時計の下の鎖についている錘(おもり)は下がるので、ある程度の高さが必要なんだそうです。「大きな古時計」の歌でも有名で、グランドファーザー・クロックとも呼ばれています。

「時計の付いた美しい家具」とも考えられていたそうです。裕福なところでは、この時計を家具の材質やデザインと統一して作らせたとか。「大きな古時計」ではおじいさんが生まれたときに大きなのっぽの時計を買ってきたということですが、これには元になった実話があるようです。

100年以上前のイギリスのホテルを、兄弟が経営していた。ホールには大きな時計があったが、弟が病死するとそれまで正確に動いていた時計が遅れだした。そのすぐ後、兄も世を去ると その時刻に、90年以上動いていた時計は止まってしまった。

それを聞いた作詞家が「おじいさんの時計」という歌をアメリカで1876年に作ったそうで、日本では戦前の1940年にリリースされました。「百年休まずにチクタク、チクタク」とあるように、一週間に1回程度 錘(おもり)を巻き上げることで停電でも止まらず、長期間動くのだとか。しかし錘はこちらのもので1個5~6kgと重く、その負荷が歯車にかかるそうです。だから定期的な手入れが大事なんですね。

その他、懐中時計や腕時計も世界の名品と言われるような時計が数多くあり、時計好きな方は見飽きないことでしょう。

で、私はというと…人生で見てきた身近な時計も、実に面白かったんです。

和室にはたくさんの柱時計と置き時計がありました。

私にとって柱時計は、昭和に亡くなった「おばあちゃんの部屋」の時計です。
ボーン、ボーンと鳴る柱時計を背に和服で微笑むおばあちゃんを思い出し、懐かしさで一杯になりました。

そして、この手前の黒い時計。 昭和40年代初め頃、一家に一個だけこの時計が床の間にありました。小学二年生だったか、時計の勉強で学校に持って行ったら 男子が机にぶつかって落ちて壊れてしまい、とても悲しい思いになったことを思い出しました。

それぞれの時計にそれぞれの時があり、思いをはせることでちょっとした時間旅行をしたような…。色々とノスタルジーに浸れた、貴重なひとときでした。

最後にお土産として、珍しい30分計の砂時計を買いました。デスクワークをするとき、1回30分以上の座りすぎを防ぐため、毎日活用しています。
最後に、中村さんの時計愛あふれる言葉をご紹介させて下さいね。

「当店のお客様はそれぞれに想いを持って時計を直しに足を運んでくださいます。
もちろんそれを修理するのが生業なのですが、
その時に聞いたエピソードを思い出しながら作業を進めるのは楽しい時間で
映画でも観ている様な気分になります。」

中村時計店ホームページ

第981回 「それぞれの時に思いをはせて①」~中村時計博物館

11月19日

南国市後免(ごめん)町に、私設の時計博物館があります。
なんと 3千個ものゼンマイ時計が見られる、「中村時計博物館」です。

平成10年に中村昭弘さんが、町の活性化と時計店の存続をかけて時計店を建て替え、2階に「時計博物館」を設けたそうです。柱時計がある外観からも、時計への深い思いが伝わってきます。

店舗を入って右の階段が、時計博物館への入り口です。入館料は300円。

階段を上がると、四方に様々な時計があります。掛け時計、置き時計、懐中時計、グランドファーザー・クロック…。静かな中、コチコチという時を刻む音だけが響きます。すべてが、整備・調整されているそうです。

「据え置きのものをクロック、身につけるものをウォッチと言います。」なるほど、それは知りませんでした。

ご長男で中村時計店 野市店店長の中村文昭さんがご案内下さいました。とても物腰が柔らかく穏やかな方です。こちらは、おじいさまから三代続く時計屋さんなのだそうです。貴重なものばかりでしたが、ご案内頂いた中で一番心に響いたものからご紹介しますね。

これは、大正時代の精工社(現在のセイコー)の掛け時計。1m20cmはあるでしょうか。昔の土佐一宮駅の駅舎にかけられていた時計のようで、もう120年は経っているそうです。まだ海外から設計図を入手してその図面通りに作り、製品化していた時代の時計だそうです。

「土佐一宮駅が今の駅舎に建て替わる時、駅の近くにある おうどん屋さんに引き取られ。軒先にかけてありました。僕が高校の時 自転車通学だったので、そこを『古い時計があるなぁ』と思いながら通っていたんです。父に話すと見に行って、止まっているのを譲って頂きました。」

「中の機械はオーバーホールして、動くように修理をしました。
当時の技術なので、時計の木枠は全部 当時の職人さんの手彫りです。」

伺っているとなんだか、胸がジンとしました。この時計はここに来られて、本当に運が良かった。今は第三の人生を過ごしているのですね。
それぞれの時計が、人知れずこうした物語を持っているのでしょう。

これは1900年頃(明治後期)の、バイオリン型の掛け時計。日本のものですが、製造会社は不明です。流麗な曲線が、とても優美ですね。長針・短針のデザインも凝っています。黒の漆がバイオリンを連想させ、音色がよく響きます。

これは、世界の各都市の時差を表した時計。「東京」「伯林(ベルリン)」「倫敦(ロンドン)」「巴里(パリ)」はまだしも、「彼得堡」(ペトログラード)に至っては、??…まるでクイズです。(笑)ソ連時代は「レニングラード」と言われ、現在は「サンクトペテルブルク」となっているロシアの都市です。

アメリカ、アンソニア社の『涙の雫(しずく)」。明治初期のものです。上から両脇に垂れ下がった部分が涙の雫に見えることからつけられた名前で、柔らかな曲線が印象的です。実用品と言うより、調度品ですね。

右側の3つの掛け時計はイギリス製で、1950年頃のもの。クルミ材を使った優雅なスタイルは、ヨーロッパならではだそうです。楽器と同じ材質を使うことで、音の響きが良くなると教えて頂きました。ドイツのクロック産業の伝統は有名だそうですが、イギリス・フランスも掛け時計・置き時計は古い歴史があるのだとか。

文字盤も興味深いものです。時計の初期はローマ数字(ⅤとかⅩとか)だったのが、今のようなアラビア数字に変わっていったのだそうですが、昔はもっとフニャッとした書き方だったりしたそうです。写真左端の時計の解説文は面白いですよ!

「ドイツで作られた飾り柱付きの掛け時計の中でも、この時計ほど個性の強いものはない。優雅とは、およそかけ離れたスタイルと『おどろおどろ』した文字盤の文字、文字盤のホーローの色も変わっている。1955年 ドイツ製」。

「おどろおどろ」って…。確かに、そう見えて来ますけど。
金田一耕助の映画にでも出て来そう。(笑)

さてさて、もっとご紹介したい時計がたくさんあるのですが、長くなりました。
続きは、また次回といたしましょう。

中村時計博物館
高知県南国市後免町1丁目5-26
電話:088-864-2458

第977回 【「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へよう こそ】~高知県立文学館

10月23日

昭和世代の私たちにとって、駄菓子屋は郷愁を誘う 特別な空間です。
そのタイトルから興味を引かれ、NHK教育テレビのアニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の世界観が好きになりました。ちょうど今、高知県立文学館で企画展【「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へようこそ】が開かれています。

子どもから大人までが虜になってしまう児童書「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」。
幸運な人だけがたどり着ける、ふしぎな銭天堂の店主・紅子が勧める駄菓子は、「釣り鯛焼き」「おもてなしティー」など、その人にピッタリのもの。でも食べ方や使い方を間違えると、幸運か不幸か大きく運命が違ってしまう展開に惹きつけられます。シリーズ累計350万部突破の人気シリーズです。

こちらの展覧会は、なんと全国初!高知県立文学館が独自に企画し、一年間かけて準備し、開催されているのです。すごいぞ、高知県立文学館!元々が児童書ということもあり楽しくわかりやすく、でも「さすが文学館」との深みも感じられるものでした。

まず2階の入り口には、銭天堂の店主、紅子さんの等身大パネルが。
紅子さん、身長高すぎ!アニメでも登場人物と比較して、身長180cm以上ではと予想されます。駄菓子屋の店主と言えば、こじんまりしたおばあさんというイメージを覆す恰幅の良さ。(笑)

一歩足を進めると、そこは黄昏時のレトロな路地裏。その奥に、銭天堂が見えます。
(写真はクリックで大きくなります。)この看板たちも昭和のテイストで、凝ったデザインで実にイイですね。そして 店の奥には…紅子さんが。

「いらっしゃいまし。ここは銭天堂。幸運な人だけが見つけられる店でござんす。お客さまのおのぞみ、この紅子さんがきっとかなえてさしあげましょう。」
紅子さんのセリフに、自分も物語の登場人物になった気分に。(笑)

会場には、ふしぎな駄菓子の再現展示や「たたりめ堂」のよどみを初めとするフォトスポット、金色の招き猫たち、作者の廣嶋玲子先生からのメッセージ、作画のjyajya先生の貴重な下絵、この展示のために書き下ろされたイラスト、「銭天堂ふしぎ手帳」がもらえるスタンプラリーなど、盛りだくさん。作者の廣嶋先生も、意気込みが伝わる企画書に胸を熱くなさったようです。

でもやっぱり、まず惹きつけられるのは 作品に登場する夢の駄菓子ですよね。それらが実際に目の前に、ランキング形式で紹介されています。
第1位は、こちら!

「ドクターラムネキット」。具合の悪いお母さんに元気になって欲しくて、5歳の女の子は銭天堂でこのキットを買います。白衣を着てしゃべるメガネをかけると患者の悪いところがわかり、お薬ラムネをあげるとお母さんの病気が治ります。もっと人を助けようと町に出る女の子に、悪意の手が…。事件を乗り越えて女の子がお医者さんをめざすラストは、感動的でした。

これも好きな、第3位の「虹色水あめ」。絵を学ぶ女子高生は友達との間で才能や人間関係に悩んでいたのですが、これを食べると友達も、心が鮮やかに晴れやかになっていきます。しかし…。

この展示は大人目線の角度で見ると、虹色水あめの色が、くすんでいますよね。
しかし、子どもの目線に低くなってみると…

ご覧下さい、鮮やかな色合いになるんです!これって狙っていたのかな?
何枚も写真を撮っていて偶然見つけられたので、とっても幸せな気分になれました。(笑)
そして私が一番「深い」と感じたのは、こちらのコーナーです。

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の作品の中で象徴的ともいえるのが登場人物の【選択】。
私たちは登場人物とともに物語を楽しみながら、「自分だったらどうするか」「自分はどの駄菓子が欲しいか」と思考をめぐらし、行動次第で運命は変わることや、思わぬ自分の願望などを発見していくことができます。

会場では「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」を①価値観、②神秘性、③無私(私欲のないこと)、④洒落、⑤欲望、⑥選択、⑦本当の望み、と7つのテーマに分けてご紹介しています。たとえば【価値観】。

ものごとを考えるとき、何を基準にして何を大切に思うか。それは、人それぞれ。(中略)登場人物の自分の価値観と似ている部分を発見して、共にワクワクできるのがこの作品の素晴らしさ。共感へと意識が転じる瞬間です。

この看板を「くるりと回して考えよう」

他人の評価が気になるあなたへ あなたなら、どれを選びますか?

聞き耳グミ 食べるとひそひそ話がふつうの大きさの音で聞こえるようになる。
見定メーター 相手にメーターを向けると自分との相性が一目でわかる。
悪魔あめ 自分に悪意を持つ人間が悪魔の姿に見えるあめ。

これって、今の子ども達にはすごく欲しいものでしょうね。
会場の館長のごあいさつ文にも、こうあります。

作品の魅力として注目したいのが「運も不運も紙一重」「幸運になるか不幸になるかはその人次第」という、登場人物の選択によって運が分かれる点です。(中略)これは「自分で考え、選択することの大切さ」を語りかけてくれる児童文学の根幹を成すものであり、「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズは子ども達の想像力を育み、一つの価値観が必ずしも正しいとは限らないという多様性を教えてくれる作品といえます。

子ども達がこれから人生を力強く生きていくため、とても大切なことですよね。私も教育現場で若い世代の自己肯定感の低さや自己決定できない悩みをよく聴くので、これらに強く共感したことでした。

最後に。こうした展示では著作権の関係で撮影禁止ということが多いのですが、こちらでは原画はダメですが「撮影OK」のスポットがいくつもあり、子ども達も喜ぶだろうなぁと感じました。

寂しさを癒やしてくれる友だちが現れ、一緒に楽しいティータイムを過ごせる「おもてなしティー」の撮影スポット。誰かと座って写真を撮るのもお勧めです♪