第889回 「ローグへの小さな旅②~お食事編」

2月9日

前回に続いて「ホテル・ヴィラサントリーニ」新館のレストラン、「ローグ」のランチリポートです。メニューはコースのみなのですが、電話予約の際に食べられないものを訊いてくれるので、安心して伺えます。

こちらの井原シェフは高知出身で36歳とまだお若いのに、イタリアやフランスの二つ星レストランで修行なさり、イタリアンに和のテイストを組み合わせるのがお得意とか。期待感が高まります。

全面ガラス張りの素晴らしい景色を楽しみつつ、メニューに目をやると…

「ハガツオ 須崎  鰆 須崎 ・・・」

なんと、食材と産地しか書いていません。イタリアンによくある
「○○の■■■■ ~を添えて」みたいな長い料理名がないんです。
余白は新鮮でした。何が出てくるかわからず、ワクワクします。

飲み物は色々とあったのですが、私と中村はお酒が飲めないので
カクテルをノンアルコールでもできます、というのが嬉しかったです。
せっかくなので、こちらのオリジナルカクテルを頼みました。

グラデーションが美しい「仁淀ブルー」(1210円)。
グラスは泡が立つ飲み物専用の気泡が閉じ込められているこだわりのものだそうです。

グラスを傾けると、本当に澄みきった仁淀川を思わせる世界!
非日常の美しさです。サラサラした飲み心地で、お料理を引き立てます。

そして、コースの最初にサプライズが。
「メニューには出ておりませんが、始まりの一品です。」と運ばれてきたのが~

「何、これ!?」ビックリです。
落ち葉に見立てたのは、高知産のほうじ茶の葉。煙も出ています。

サラッと引き抜くと、枝の先には小さな可愛らしい焼き芋が1つ。

これ、中は安納芋、外側は紫芋で作られていて まるごと食べられるんです。
美味しくて、ワクワク。
こんな面白いコースのスタートなんて、シェフは天才的。(笑)

須崎のハガツオとフルーツトマトの一品。フルーツトマトは 県下でも限られた料理人にしか卸さない、なかなか手に入らないものだそうで、確かに甘さだけではない深みがあり、複雑で豊かな味わいでした。

黄身を使ったソースには、シェフが作った木鶏(もっけい)というカツオ節のような、鶏節(とりぶし)が使われています。高知のはちきん地鶏を田野屋塩二郎のにがりに漬け込んでいぶしたもので、ハガツオの後に追いかけるダシの旨みと香りが濃厚です。

次は、須崎の鰆(サワラ)。まるで春の絵画のような一皿です。
高知県産の野菜の上の黄色いカラスミがいい香り。

地牡蠣 須崎」。パスタも香りの魅惑的なこと!
私たち実は牡蠣はあんまり好きじゃないんですけど、プリプリ食感の歯ごたえに初めて牡蠣が美味しいと思い、堪能しました。

そしてメインの「土佐あかうし 土佐嶺北」。嬉しいボリューム♪
赤牛はモモ、ソースは黒皮大根で旨みと辛みが強く、少しピリッとしています。

赤身のヘルシーなお肉は味わいがしっかりしてるけど、柔らかい。
右下の塩は、田野屋塩二郎特製の「赤牛用の特別なもの」だそうです。確かにつけると肉の甘みをより一層引き立ててくれ、堪能させて頂きました。

最後は「リオレ 四万十町窪川」。
リオレはお米のミルク煮込みで、甘みの強い窪川の仁井田米「にこまる」を使っています。お米の研究家の方が「日本一おいしい」と太鼓判を押して下さったお米とか。

ジェラートは高知の蔵元、酔鯨の酒粕を使ったもの。酒粕は苦手だったんですが、
実に美味しい!これだけでも、また食べに来たいと思うほどでした。

カップも斬新。今月はバレンタインということで、最後のコーヒーには金箔ののった生チョコも添えられていました。

ローグのランチは5,500円、ディナーは14,300円(税込み)。
価格も非日常なんですが(笑)、この内容なら納得です。あまりに美味しくて、久しぶりにランチで感動しました。完全予約制ですが、これは予約が取りにくいのでは。

接遇も非常に良く、非日常で浮遊感を感じるほどの豊かさ。
食事だけで旅行した気分になった贅沢ランチでした。ご馳走さまでした。

第888回 「ローグへの小さな旅①」

2月7日

高知県土佐市にある「ホテル・ヴィラサントリーニ」は、ギリシャのサントリーニ島に建つホテルをモチーフにしています。その美しさとエーゲ海リゾート気分が味わえることから、とても人気のあるホテルです。

昨年末に、2階建ての新館が完成し、2階に客室、1階にレストラン「logue(ローグ)」がオープンしたと新聞で読んでから、行きたい思いは募るばかり。(笑)
今回やっと思いが叶ったので、ご紹介しましょう。

このおしゃれなエントランスで結婚写真を撮るのが憧れ、という高知女子は多いのです。門には、こんなお知らせが出ていました。

「これより先は、ご予約のお客様以外の方は立ち入りをご遠慮下さいますようお願い申し上げます。」こう書いておかないと困るくらい、ホテルを撮りたい観光客が多いのでしょうね。

レストランの利用客も前日までの予約制ですのでここをくぐるわけですが、最初は「門は閉まってるし…?」と入り口がわかりませんでした。(笑)

フロントへ続く下への階段の右に、新しい通路ができています。ここを進んで行きます。

矢印に従って、真っ白なゆるやかな階段を上ります。

ふり返ると、青い空と海、そして以前のレストランの青いドーム屋根が見えます。なんてきれいな景色!そして、前を向くと…

新館「ホテル・ヴィラサントリーニ ローグ」が見えてきます。

来たこともないエーゲ海に来たような、ちょっとした旅行気分に!(笑)

ロビーを抜け、まるでバーのような雰囲気あるドアをくぐると…

眼下には太平洋の一大パノラマ!壮観です。
テーブルは5卓並んでいますが、奥の方のお客様が写らないよう全体は撮りませんでした。

スタッフの中村と一緒に。ここからは、高知県の湾曲した海岸線が一目瞭然です。山の上で標高が高いので、海の表情がより豊かに見られます。

ここから、肝心のお食事ですが…長くなってしまいました。
ごめんなさい。お料理については、また次回にご紹介しましょう!
どうぞお楽しみに♪

第871回 「同志社大学は、近代建築のドリームランド」

10月5日

前回書きましたが、京都の会合に行った際、たまたまホテルに近かった同志社大学に近代建築があると知り、行って来ました。ちょうど連休中だったのでほとんど人影もないキャパスで、素晴らしい建築を堪能させて頂きました。

同志社は、明治8年(1875)新島襄によって英学校が創立され、その後大学に発展しました。京都の中心である京都御所の北側に位置します。京都は戦火を免れたため近代建築が多く残っていますが、とりわけここには国の指定重要文化財が沢山あり、まるで近代建築のドリームランドのようでした。

同志社大学では、建築に独自の名前が付いています。校門近くのこちらは、彰栄館。時計台のある建物で、国の指定重要文化財です。

京都市内でも現存する最古の煉瓦建築だそうで、明治17年(1884)、ダニエル・クロスビー・グリーンによる設計です。グリーンは宣教師として来日し、明治15年から同志社に赴任して建築に携わった建築家です。

緑が映え、135年もたつようには見えない美しさに見惚れます。現在は庶務課として使われているようです。

その東側には、同じく国の重要文化財の礼拝堂(チャペル)があります。彰栄館と同じ、グリーンの設計により明治19年(1886)に建築されたものです。残念ながら、どちらの建物も中には入れませんでした。

こちらはその東側にあるハリス理化学館。国の重要文化財です。A.Hハンセルの設計で、明治23年(1890)に、アメリカの実業家 J.N.ハリス氏からの寄付により建てられたものです。現在は同志社ギャラリーになっており、無料で見学できます。

ハリス氏は新島襄の理化学教育に対する熱意に賛同し、同志社へ当時10万ドルを寄付。その一部がハリス理化学館建設にあてられ、理化学の教室となりました。当時は、教育だけでなく外へ向けた研究施設でもあったそうです。

建物正面の入り口の上にある文字盤には「18  SCIENSE  89」と刻まれ、

建物の基礎にも「明治二十二年 A.C.1889」と刻まれています。(ギャラリーの年表とは1年違いますが、定礎が作られた時期と竣工で違うのかもしれませんね。)

1階は同志社の歴史などの常設展があり、2階では企画展が行われていました。

中央階段。黒光りする木製の階段と手すりの曲線が美しく、どっしりとした存在感を放っています。

当初は八角形の天文台もあったそうですが、明治24年の濃尾大地震により安全性が危ぶまれ、明治26年に撤去されたとか。現在はらせん階段だけが残されています。

こちらはクラーク記念館。同じく、国の重要文化財です。アメリカの資産家B.W.クラーク夫妻が、27歳でこの世を去った息子のためにと、寄付により建てられました。

明治27年(1894)に開館、設計はリヒャルド・ゼール。ドイツの建築家なので、建物はドイツ風のネオ・ゴシック・スタイルです。

ダークブラウンの尖塔が印象的ですね。

当初は神学教育と研究のための「クラーク神学館」でしたが、新しい神学館の完成により、今の「クラーク記念館」となりました。残念ながら、こちらも見学はできませんでした。

ガッシリとしているけれど、美しい。張り出し窓の陰影が印象的です。

同志社大学の近代建築はまだいくつもありますし、お隣の同志社女子大学にもあるので、ご興味のある方は近くに行った折に見学なさってはいかがでしょうか?

こんな素晴らしい環境で学べている学生さんたちは、幸せですねぇ。