第859回 「足摺① 大岩の巨石」

7月9日

高知県最南端の土佐清水市足摺岬では、古代巨石文化の跡ではないかと言われている「唐人駄馬」が非常に有名です。パワースポットとも言われるようになり、その神秘的な光景を見ようと県内外から、たくさんの観光客が訪れるようになりました。

私にとって足摺は、小学2年生の頃から毎夏 遊びに行っていた懐かしい場所でもあります。実は足摺は唐人駄馬以外にも印象的な巨石があるんですが、意外にネットにもほとんど載っていません。せっかくですので、ご紹介しましょう。

足摺スカイラインの終点から西に300mくらいに、その名も「大岩」というバス停があります。

そこには…

「灘の大岩」と呼ばれる巨岩があります。この大岩の近くに毎年遊びに行っていたこともあり、私には昔から慣れ親しんだスポットなんです。

てっぺんは、二階建ての屋根よりも高いのです。10m以上はあるんじゃないでしょうか。

この大岩には上れませんが、左の小道をずうっと上っていくとその上に太平洋が一望できる岩があり、そこは昔「日和見の岩」と呼ばれていたようです。(私と足摺の幼なじみは、そこも「大岩」と呼んでいましたが)
「ふるさと足摺」(昭和60年、発行所 土佐清水市足摺岬区長場)という本には、次のような一文が載っています。

県道から段々畑を登ること約百メートル、樹林に入ったところに山肌に突き出した大きな花崗岩があります。約10度の傾斜を保ち、上は6畳敷き程の平らな広さがあります。土地の人たちは、この岩を「日和見(ひよりみ)の岩」と呼んでいます。

この石からの景観は格別に素晴らしいものです。東は足摺岬の燈台、西はウスバエから遠く沖の島まで展望することができます。(中略)古老の話によりますと
“昔から日没時に、あの岩の上に登り、天候の観察を行っていたのでその名が付いた”といいます。

私も、子供の頃から眺めの良いこの岩が大好きで、よく上っていました。これはその景色を再現したいと、今から35年ほど前に撮った写真です。(クリックすると拡大します)

1984年頃。昔は遠くの岩礁まで、こんなにスッキリと見えてたんですよ。
岩の上の広さは、この下の写真くらいありました。
(もっと真面目に撮っておけば良かった…笑)

今年、どうしてもここからの景色を久しぶりに見てみたくて行ったのですが、道は荒れてほぼ廃道状態で、上るのに一苦労しました。何よりせっかく上ったのに、目の前や眼下の木々が茂りすぎていたのです。

2019年の同じ場所の写真。景色がほとんど見えなくなっているのです。ショック!
足下の岩にもびっしりとツタが生えていて、上がれるものではありませんでした。

手入れをしなくなると、こんなにも変わり果てるのですね。残念無念。

足摺岬一帯は国立公園に指定されているので、木々を切ることができないと聞いたことがあります。ここも整備すれば絶好の観光スポットになるでしょうが、あえてそうせずに埋もれさせておく方がいいのでしょうか…。

第856回 「ジョンマン・スピリッツ」

6月22日

今、高知では世界を股にかけ波瀾万丈の生涯を送ったジョン万次郎を大河ドラマに!という気運が高まっています。土佐清水市にあるジョン万次郎資料館もリニューアルされたということで、生家と資料館を訪ねてみました。

この日はあいにくの雨。初めて訪れた土佐清水市中浜は、足摺岬の西北5kmくらいの場所にあります。高知市からは車で3時間ほどの、小さな漁村です。

生家は、この「中浜万次郎生家」の看板が立っていないと、まずわかりません。ここからは矢印の通りに、細い路地を抜けて100mほど北に歩きます。

着きました。かやぶき屋根の万次郎生家の復元家屋です。

当時、貧しかった漁師の家はこういう感じだったのでしょうね。

そうそう、昔の家って土間があってこんなだったよなあと、雨音を聞きながら懐かしく思えました。とても雰囲気があります。

さて、せっかくなので車で15分ほどの「ジョン万次郎資料館」にも行ってみましょう。以前の展示とは、かなり変わっていました。

漁師の次男だった万次郎は9歳の時に父を亡くし、天保12年(1841)14歳の時 漁に出て遭難し、九死に一生を得て現在の鳥島に漂着。143日間も無人島で過酷なサバイバル生活をし、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助されました。

ウィリアム・ホイットフィールド船長との出会いにより、日本人として初めてアメリカに渡りジョン・マンと呼ばれ、アメリカの英語・数学・航海術・造船技術など高度な教育を受けさせてもらえたのは幸運でした。

その後捕鯨船の副船長として大活躍していましたが、母に会いたい一心でゴールドラッシュの金鉱堀で わずか70日余りで600ドル貯め、嘉永4年(1851)に厳しい鎖国の中を帰国しました。

琉球、薩摩、長崎、土佐藩で2年近くの取り調べの後、やっとの思いで母と再会。これは万次郎の帰国の足跡を矢印で書いているのですが、あの時代にこんなにもグローバルに動き回った日本人はいなかったですからねえ。

その後、江戸城下の旗本に抜擢され、中浜万次郎と名乗ります。その頃幕府はペリー来航により、アメリカの情報を必要としていた背景があるでしょう。
万延元年(1860年)万次郎は通訳として、勝海舟や福沢諭吉らと共に咸臨丸で渡米しました。元船乗りですから、事実上の艦長として大活躍したそうです。

明治になると今の東京大学の前身開成学校で教壇に立つなど、明治維新前後の激動期に日米交流の架け橋となったスケールの大きさが魅力の人です。

万次郎直筆のアルファベットの複製。Zの後にもう一字あるのは、何だと思いますか?「&」なんです。「アン」と書かれています。

これも面白かった!「ナンブア」number:数、「ボック」book:本はなんとなくわかりますね。では「グーリーデイ シャア」は?
Good day sir. 和訳が傑作ですよ!「よきひでござる。」時代を感じます。(笑)

運命に翻弄されたかに見える万次郎こそ、まさに神の采配を感じざるを得ません。時間をかけていろいろな展示を見て回り、まるで「ジョン万次郎」という一本の映画を見終わった気分になりました。展示の最後には・・・

この一言が、ズーンと胸に迫ってきました。
「決してあきらめてはいけない」。
世界中でサバイバル生活を送った、万次郎らしい一言ですね。そしてそれが、運命を自分でプラスに転換した彼自身の力ではなかったかと思います。

外に出ると、雨が一転、良いお天気に!
太平洋に続く海と空の青が、目に飛び込んできました。

資料館近くの「万次郎少年像」は必見です。背景は波しぶきでしょうか。すごい躍動感の銅像で、見る方向により印象が違います。これは左横からで、右の先頭が万次郎です。

「決してあきらめてはいけない」。
不撓不屈の精神は、ジョンマン・スピリッツとも言われます。そうした万次郎の思いと生き方は、今も多くの人を勇気づけてくれています。

第845回 「家地川公園の桜」

4月6日

3月末 東京で桜の開花宣言が出て数日の頃、お花見で有名な中目黒でポジティブ心理学の勉強会があり、そびえ立つビルに咲き始めの桜がきれいでした。

その後高知でも開花宣言が出て、4月初め 新人研修の合間に四万十町の家地川公園の桜を見に行ってきました。高知市からは車で1時間半くらいでしょうか。

すごく有名なスポットというわけではないのですが、四万十川が流れる山間に約300本の桜が美しいと聞き、初めて行ってみました。

家地川ダムのほとりの公園です。ダムと言っても高低差はそんなにありません。
湖のような、穏やかに楽しめる桜スポットです。

桜並木も、こういう足下が緑地の所は少なくなっていますが、やはりコントラストがきれいですねえ。

ここはダムの上からの景色も楽しめます。
道路からそのままつながっているので、小さな子ども連れでも大丈夫です。

桜の木の枝目線で見る、花の海。その美しさに見惚れます。

平日だったのでお客さんは少なめでしたが、桜の下でのお弁当風景は和やかでした。子ども連れのご家族、高齢者グループなどが多かったです。

飛行機雲も、絵になる感じでした。

たまたまこの時ドローンで空撮していた方々を見かけました。
その後に見るとYOU TUBEにアップされていましたので、
空からの桜を楽しみたい方はこちらをどうぞ。

おまけで、夕暮れの桜のイメージ写真です。
カメラの設定を変えてみると、こんなこともできちゃいます。
桜はやはり綺麗で、花の中でも別格だと感じたのでした。