第965回 「金魚アートの世界~深堀隆介展」

7月31日

テレビではオリンピックの熱戦が続いていますが、暑い夏、目にも涼やかな世界を見に行こうと高知県立美術館に 深堀隆介展 “金魚鉢、地球鉢” を見に行きました。

深堀隆介さんは、手描きの金魚を立体アートに高められた現代美術家です。
以前にテレビで見て、ずっと本物を見たいと願っていた作品群。
全国5カ所の巡回展だそうですが、まさか高知で見られるなんて!
まるで夏休みのお祭りに出かける気分です。

ポスターに「本物?いいえ、手描きです」とありますが、
この金魚の表情、ヒレのなびき方、花びらの質感まで 本物を超えた永遠です。

制作工程は、透明の樹脂を器に流し込み、固まったらアクリル絵の具で金魚を断面的に描き、また樹脂を流して固めて絵を描き…と何度もくり返すことで、本物そっくりのリアルな金魚の世界が生まれるのだとか。

会場には2000年代初頭の作品「金魚酒」から、日常の器、タンス、和傘に泳ぐ金魚、最新の大作まで様々な金魚アートに出会え、魅了されました。

ここは会場で唯一、撮影が許されている場所です。

「金魚すくい」はテレビニュースで深堀さんが、制作に行き詰まり
アーティストを辞めようとした時「部屋にいた金魚に魅了され、救ってもらった」
とご自分にとっての深い意味合いを語っていらっしゃいました。

コロナ禍で夏祭りも中止ばかりですから、ここを見た子どもが素直に
「きれい!」と目を輝かせていたのは、見ていても嬉しかったです。

この金魚の躍動感。一瞬が切り取られています。

そしてこの表情。
まさに生きているとしか思えません…。

酔いしれて会場を出ると、開催されたばかりだったのでグッズが沢山ありました。
そりゃあ、欲しくなりますよねぇ。(笑)

左上から、ブックカバー、クリアファイル、チケットケース。
手前の2枚は、マルチクロスです。

500円のガシャポンで当たったキーホルダー。
これもちゃんと立体的に見えるところが、さすがです。(笑)

このチケットケース、ぜひクリックして御覧下さい。芸術品です。
もったいなくって使えません。(笑)

実は小さな子どもの上履きに金魚が泳いでいる作品があり、不思議に思っていました。
後日 深堀さんのホームページを見てみると「水底の花」というコラムがあり、
(震災を思わせる)水がすべて奪い去ったこと、
「でもあなた達のことは決して忘れない」というメッセージだったと知りました。

深い精神世界にもつながっているからこその、綺麗なだけではない世界観なのだと知りました。ぜひ、多くの方々に御覧頂ければと思っています。

第961回 「安田町の名建築③~旧柏原邸・後編」

7月3日

知られざる安田町の名建築をご紹介してきたシリーズ、
最終回は旧柏原邸のメインの和室です。

見取り図の②,③,④,⑤あたりをご紹介していきましょう。

南の和室④から見た和室②③④⑤です。L字型になっています。

和室②には、南に上品な障子があります。
押し入れや物入れがあり、昭和22年頃には子ども部屋として使われていたそうです。

和室③は和室②と和室④の間の6畳間の居室です。
押し入れの上には、今ではめったに見かけなくなった神棚があります。

ガラス扉の向こうに七社(7枚扉の神棚)が並んでおり、中にたくさん
お札が納められています。最近では神棚を知らない人も増えているため、
「これは何ですか?」と聞かれることも多いそうです。

西の和室④との境の上部には、技巧を凝らしたケヤキの欄間が見事です。
和室④と共に、内縁と濡れ縁が設けられています。

そして一番格式が高い、和室④。北側の和室⑤と続き間座敷になっています。
客間として作られた、格調高い書院造りです。
(書院とは書斎で、書院を建物の中心にした武家住宅の形式が書院造りです。)

左端の書院、床の間、床脇(床の間の隣の部分)に違い棚、
天袋(違い棚の上の戸棚)のある座敷飾り。
なんだか社会の教科書に出てきそうな造りですね。

しかもご覧のように、床板と床の間の垂れ壁が二段構えとなっています。
また床の間と床脇の間や書院の上にも、欄間がはめ込まれています。

松竹梅、鳳凰、水鳥や鯉など,欄間だけでも数多く、見応えがありますよ。

和室⑤の床脇の天袋には、絵師の落款(らっかん)と「昭和」
「癸酉(みずのととり)」「壱月(いちがつ)」の墨書きがあります。
干支を調べると昭和8年が「癸酉」だったため、絵は昭和8年1月に完成したものとわかり、そこから柏原邸が建てられたのが昭和7年とわかったようです。

内縁と濡れ縁は、広いガラス戸で仕切られています。
大正ガラス越しに眺める庭の景色も味わい深いものです。

高知の強い日差しや雨風から、深い軒先が家を守っています。

おまけです。中央から上に伸びる柱の根本から出ている釘(クギ)、
何だかわかりますか?

実は昔、これに蚊帳(かや)をつっていたんですね。
蚊帳とは、夏場 蚊や小さい虫が入ってこれないように張る網のような布のことです。
修復の時に何かわからず、ほとんど抜かれてしまったとかで、ご案内くださった女性が残念がっていらっしゃいました。時代が変わるとはそういうことなのだなと感じました。

私は和風建築はわからないのですが、見るだけで良い勉強になりました。
1時間以上も丁寧にご案内下さった優しい職員さんには、ただ感謝です。
コロナ禍の今、ゆったりと名建築を味わえたぜいたくな時間でした。

第947回 「トラブル回避へ 高知南国道路開通③」

3月27日

思いがけず3回シリーズになってしまった高知南国道路。

①高知ICから空港(室戸)方面に向かおうとして、誤進入。
②空港方面から高知市街地に行くのに、高知中央ICで下りなかったケース多発。

今回は最後の課題について取り上げます。

③高知中央ICは、高松・須崎方面に向かう高知自動車道方面と、高知龍馬空港方面では入り口が違う。

高速道路では進入してから分岐点で進行方向に分かれることが多いのですが、

高知中央ICでは入り口を間違うと目的の方向に行けません。知らないと空港までちょっとドライブ、のはずが反対方向の高知ICに誘導され、有料道路を通る羽目に…。

簡単ですが、下の図をご覧下さい。

まず、(A)の入り口。高知IC方面から2kmほど南進すると、室戸(空港)方面に行ける高知中央ICの進入路に来ます。

ここを、左折すると…

空港方面行きの高知南国道路に合流できます。こちらは無料。

下の写真は、同じ入り口(A)の反対車線から右折する進入路です。

道路を緑で色分けし、「室戸方面入口」と書いてあります。
これはわかりやすいですね!

もう一つは、北の高知道方面に向かう(B)の入り口です。

大津バイパスからの進入路です。電光掲示板には「高知東部道通行車は高知ICでは出られません」と出ています。「高知ICでは出られません」と標識の根本に追加の看板も設置されました。

進入路の風景は(A)も(B)も同じようなものですから、気をつけないといけないですね。ここからは有料道路になるわけです。

事故防止のため、土佐国道事務所も相当数の看板を追加設置して注意喚起していましたが、運転中でも何か考え事をしたり、夜間や雨で標識が見えにくかったりすることはよくあります。それに道に不案内な県外の方だっていらっしゃるでしょう。

しかし そもそも高知ICから高知南国道路にそのままアクセスできれば、お話ししてきた課題もなかったのではと思うのですが、なぜこういう構造になったのでしょう。用地買収がうまくいかなかったのでしょうか?それとも、山が多くて難工事になるから?
情報を知り理解できたら、より納得できるかと思います。

高速道の誤進入は一歩間違えれば大事故につながります。私たちも心して、ちょっと複雑な高速道を制覇していく必要がありそうですね。