第914回 「料理の最後の味付け」

8月1日

先日、ランチに初めてのステーキハウスを予約して次女と訪れました。店に入り「予約していた○○ですが」と言うと、ウエイターはチラッと見て「お好きなところへどうぞ」。

メニューにあった「期間限定 土佐あかうしのステーキ」を頼むと、「それ、売り切れです。期間限定なんで。」ん?それならそう書いてくれればいいのにな。
お祝いなのでちょっと奮発して、フィレステーキのコースを頼みました。

ごく一般的なレタスサラダが来て、その後味噌汁、ごはん、メインのステーキが並びました。期待して一口頂くと、フィレなのに脂が多い?そして、味がほとんどない。付け合わせのもやしとニラも同じです。「おかしいなあ」と思いつつ半分ほど食べたところで隣の席を見ると、ソース皿が来ていないことに気づきました。

「すみません、ソースがないんですが」と言うとウエイターが持ってきたのですが、お詫びの言葉もなく黙ってお皿を置くだけ。さすがに、カチンと来ました。

食べ終わると目の前でお皿の上に、お椀やソース皿をカチャカチャ全部重ねるウエイター。とても4千円のコースの接客ではありません。たまりかねて
「客の目の前でお皿を重ねますか?」
と注意をしたら、憮然として「すみません」と投げやりに言って、やっぱり次女のお皿も同じように目の前で重ねて、下げていきました。

サービス業の研修で、よく顧客の心理グラフを解説します。最初に店に入る時のお客さまの心理状態は、医療などではマイナスから始まり、レストランなどではプラスから始まるのが一般的です。これは、期待値の高低によるものです。
その後サービスの内容によって心理は上下するわけですが、最初にプラスだったとしてもその後のサービスが悪ければ、プラスはゼロに、そしてマイナスにとどんどん下がっていきます。そしてある一線で、クレームに達してしまうのですが、まさに、そういう心境でした。

私たちは最後のコーヒーが来る前に、飲む気をなくして席を立ちました。相変わらず強気のウエイターは、お勘定でも「2千円です」とおつりを渡すだけ。その上私たちが店を出る時、大きなため息をついていました。他にもお客さまはいらっしゃるのに。そのプロ意識のなさには、あきれるばかりでした。

そして先日、また次女と あるカフェに行きました。ネットで見て初めてのお店でしたが、お料理が美味しくて満たされた気持ちになりました。

店主さんもとても感じが良く、お腹の大きな次女に「もうすぐですね」と笑顔で話しかけてくれたのです。その一言で、こちらもとても嬉しい気持ちになりました。
店主さんと話す内に、思いがけない共通点が見つかり話も盛り上がり、店を出る時、次女と「今日はここに来て良かった。美味しかったね」と言い合ったことでした。

コロナ禍も第2波が騒がれる今、誰かと会食できるだけで 有り難いことですね。
また店舗としても一期一会のお客さまとのご縁は大切かとと思いますが、接遇が良ければより美味しく感じるし、悪ければせっかくの料理も美味しくなくなってしまうものです。料理の最後の味付けは、お店の方の接遇だなあとつくづく感じたことでした。

第908回 「オンデマンド授業とソーシャルディスタンス」

6月20日

コロナ禍も次の段階へ進み、「新しい生活様式」の中で、新たな取り組みも進んでいます。オンラインやオンデマンドでの研修も一気に増えてきました。

弊社では今年の大学での講義は、すべてオンデマンド授業になりました。教員の話す内容を映像と音声によってコンテンツ化し、学生は履修科目を一定期間内なら好きな時にネットで視聴して授業を受けられます。しかしなにぶん初めてで急遽始まったシステムのため、不慣れなこともたくさん。

先日は某大学で恒例のビジネスマナー講座を収録したのですが、後日、収録された映像を確認させて頂くと、名刺交換のロールプレイングの音声が数ヶ所聞き取れない所があり、急遽音声のみをボイスレコーダーで収録し直しました。いわゆるアフレコですね。映像の口の動きに合わせて録り直しましたが、やはり映像とのタイミングがすべてピッタリとはいかず、どうしても若干ズレができてしまいました。うーん、難しい。

でも良いこともあり、11回もの講義がたった1回の収録ですんだのは助かりました。ただ400名以上のレポートがいっぺんに返ってくるのではないかと思うと、…どうなるんでしょう?戦々恐々と「その日」を待っています。(笑)

オンライン研修も花盛りです。たとえばNLPの世界的な権威、ロバート・ディルツ博士の4日間(半日)の講座が破格の5万円で受講できるなど、考えられないお得さ!今まで東京への交通費・宿泊費などで数十万円かかっていた費用がゼロで、講座料も一ケタ安くなっているのは地方在住者にとっては本当に有り難いことです。なんだかんだ、7月はオンライン研修を8日間も受講予定です。(笑)

一方、ソーシャルディスタンスを確保して、対面授業が始まったところもあります。こちらでは、学生はマスク、教員はフェイスシールドを付けての授業でした。

フェイスシールドって息苦しくないかなあ?とか不安だったのですが、マスク以上に快適で特に不便なこともなく、ホッとしました。何よりもマスク越しでも、直接学生の皆さんの顔が見られる安心感といったら!!(笑)

新しいシステムが出てくると、それに合わせて工夫も必要になります。失敗も重ねながら新たな刺激を受けていますが、例年通りの学生の皆さんの素直な思いで一杯のレポートを直接手渡してもらえると、こちらもリフレッシュするのでした。

第895回 「頑張れ、就活生!」

3月20日
新型コロナウイルスで、様々な影響が大きく広がっています。企業の業績が急激に悪化し、内定を取り消される大学生も出てきています。

私も例年3月の中頃には面接トレーニングなど大学の就職講座を2日間行いますが、今年は延期となりました。この時期本格化するはずだった会社説明会は軒並み中止や自粛となり、2021年春に新卒採用される大学生はどう就職活動をしたらいいのかわからず困っている人が多いのではないでしょうか。

「コロナ自粛」で業績の悪化により採用活動ができなくなった企業もあるようですが、企業側も頑張っています。感染拡大防止を考慮し少人数で説明会をしたり、ウェブ活用も進んできたようです。

「マイナビ」「リクナビ」などの就職情報サイトでは、動画によるウェブ説明会も見られます。対面で緊張しているリアル説明会と違い、仕事内容の説明など何度も繰り返し見ることができるのが長所ですね。しかし反面、直接人事の担当者とやりとりができず、企業情報が限られた中で志望先を決めなければならないことが課題でしょうか。

今年はグループ面接はやめて個人面接重視にする企業、ウェブ面接を取り入れた企業も多くなっているようです。ウェブ面接の場合、交通費もかからず何社も受けられるわけですから、高知のような地方の学生にも不利にならないと考えられますよね。

こうなってくると断然有利なのが、インターンシップに行った学生です。志望先の企業に行った人はすでにコミュニケーションをとっているわけですから当然ですが、行ったのが志望先の企業でなくても、その体験をいかに語れるかが重要です。希望業種とは違う企業での体験も「そこで何を学べたのか」と捉えることができれば自己PRにつなげられます。

前代未聞の出来事に、みんな不安が大きいのは一緒です。でもその中で、できることはあるはず。コロナの自粛が解禁された時に、企業研究をじっくりやる・自己分析を深めていく実際の店舗に足を運んでみるといったことを地道にやっていた学生は、当然有利になるでしょう。何でもそうですが、目の前にあるネガティブな側面ではなくポジティブな側面を見つけ、行動につなげられる人は強いですから。

就活生の皆さん、大変でしょうが 頑張って下さいね。