第986回 「2021年をふり返って」

12月26日

皆さんにとって、この一年はいかがでしたか?
昨年に続き、今年も新型コロナや豪雨災害など自然の脅威に振り回され続け、大変だった2021年も残りわずかとなりました。

1年遅れた 東京2020オリンピック・パラリンピックでしたが、
「本当にやるの!?この状況で?」と半信半疑でした。

確かに金メダルは27個と量産されましたし、選手の皆さんの活躍は目を見張るものがありました。が…政府が国民の命や健康よりも、国際的なスポーツの祭典を優先したことに違和感を持たれた方々も多かったと思います。そしてその報道も全般的に腰が引けていたことが、ともかく残念でした。

また専門家も予想しなかった 心理的な緩みの影響でコロナが爆発的に感染拡大し、8月の第5波では医療崩壊、「自宅療養」というそれまで想像だにしなかった危機が、身近で起こる恐怖を味わいました。

しかしワクチン接種が進んだ効果なのか、その後は比較的感染が抑えられていました。ただ年末になってオミクロン株が市中感染し始め、今後どうなるのか予断を許しません。なんとかしのいで欲しいと願うばかりです。

長引くコロナ禍により経済は低迷し、なじみのお店が閉店するという新聞記事に、
何度「え、あのお店も!?」と心を痛めたことでしょう。人口の少ない地方では、厳しさはなおさらです。

研修業も、オンラインに置き換わったりなんとか生き残りを模索している状況ですが、そろそろ対面の研修(講義)に戻れないと、若い世代のコミュニケーション力の低下や心理的ストレスが非常に心配です。

「顔パンツ」という言葉をご存じでしょうか?
「いまやマスクは下着と同じで、付けないと恥ずかしくて外出できない」らしく。

マスクは、顔の大部分を覆い隠してしまい、コミュニケーションがとりにくくなります。ところが日本の若者の多くが「新型コロナが落ち着いても、マスク着用を続けたい」と考えているというのです。その理由は「マスクをしないと空気が汚く感じる」とか、あるいは…

「マスクをすると顔を隠せる」
「顔を見られるのが怖い」
「表情を読まれたくない」
「マスクがないと、恥ずかしくて街を歩けない」…

やめようとしてもマスクをやめられない、外すと不安が強くなるといった場合。
こうなると、もはや「マスク依存症」です。マスクは、他人との関わりを拒絶しているかのような印象になることもあるので、孤立を招く一因になってもおかしくありません。(もちろんマスクをしていても、普通にコミュニケーションがとれれば大丈夫)
コロナが原因で、こういった新たな問題も起きているのですね。

今年の明るかった話題と言えば、ヒットしたアニメ映画「竜とそばかすの姫」。
高知県の仁淀川や鏡川と言った美しい川のある風景が、癒やしを与えてくれました。
「聖地」となった越知町の浅尾沈下橋は、ファンの巡礼地として活気づいています。
仁淀川は本当に透明度が高くて綺麗なので、多くの方が喜んでくださっているようで嬉しい限りです。これが続いていくと良いなぁ。

最後に。個人的には、3年間続けた高知新聞の新聞と読者委員を無事卒業できたことが感慨深かったです。毎回テーマ発表のたびに悩み、オーテピアに出かけ、試験勉強する高校生の気分を数十年ぶりに味わいました(笑)。

新聞のお仕事に携わらせて頂けたことで、報道機関の使命、役割や社会的視点について、深く気づきを頂けた貴重な機会でした。いくつになっても、学べることって素敵ですね。とても感謝しています。

さて、来年はどんな学びが待っているのでしょうか?(笑)
願わくば、たくさん笑える幸せが世の中にあふれますように。

来週はお正月ですので、コラムはお休みさせて頂きます。
では皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

第979回 「ネットの功罪」

11月6日

先日のことです。ある仕事を依頼したいと、ネット検索でA社の電話番号を探しました。ところが「A社」の企業名を入れると、関連するキーワードが自動で追加表示される機能で「A社 倒産」と出たのです。えっ、倒産!?そんな、本当なの!?仕事ぶりに定評がある企業で他の選択肢は考えていなかったため、かなり動揺しました。

気を静めて、その検索ワードを調べましたが、具体的な情報は出ていません。これはデマなのでは?と思い、A社のホームページを開きました。調べてみると、ブログの最新記事は、9月でした。今は11月なので…うーん、微妙。もっと最近のものがあったら安心できるのに。かと言って知り合いの経営者に「A社、倒産ってキーワード検索が出たんだけど、何か知ってる?」と聞くのはブレーキがかかります。風評被害にもつながりかねませんから。

1973年(昭和48年)に電車内の女子学生同士の冗談から企業の誤った噂が広がり、取り付け騒ぎが発生した豊川信用金庫事件が頭をよぎります。まして今は、SNSの時代。下手にそういったワードを打ち込んでいけば、根も葉もないことが広がりかねません。

たとえば「○○社 ブラック企業」「××社 詐欺」などのワードをわざと打ち込み、その企業名で検索したときに関連ワードが出るように誘導したり、多くの人を扇動することがあるようです。また、似た名前の企業と勘違いされて叩かれた事例もありますし、間違った憶測が元で、攻撃を受ける場合もあるでしょう。こうしたことは、今やどの企業にも起こりえるリスクだと痛感しました。それで、まったく知らないうちに企業評価が地に落ちてしまう…。考えると、ゾッとしました。

検索して 関連ワードが出てくると、より目当てのものを探しやすくなったりするので、確かに便利です。でも悪質な関連ワードが出てくると、場合によっては会社が損害を受ける恐れもあるわけです。こういったリスクに対して、何か手立てはあるのでしょうか?

まず、悪質な関連ワードを速やかに削除依頼して、被害を最小限に食い止める必要があると思います。Yahooの場合、「問題となる検索結果に関する情報提供フォーム」がサイト上に用意されているようで、削除理由を作成し削除依頼をするようです。
Googleの場合、Googleのガイドラインに反している・違法なキーワードである・ページの所有者が削除リクエストを出した、という3つの基準をもとにして削除するようです。

しかし今では世界中の人々が、検索エンジンサービスを利用しています。個別の要望で関連キーワードを削除するような操作は、公平性の観点から認められないという姿勢があり、そう簡単ではないようです。こうしたことに疎い私は考えるだけでクラクラしてしまいますが、ネット炎上が拡散する前に、Webリスク防衛として個人・法人ともに対応するビジネスもあるようです。

結局私は、共に所属する組織の長からA社の社長をご紹介頂き、直接お会いすることにしました。とりあえず弊社は、愚直に週1回のコラム更新を続けていこうと思った出来事でした。

第973回 「新聞と読者委員」こぼれ話

9月24日

先日、高知新聞の「新聞と読者委員会」がありました。春と秋の新聞週間に、読者委員に意見を聞くといった会です。このほど任期の3年間を無事終えることができ、ずしっ!と重かった肩の荷がようやく下りました。

思えば3年前、ご依頼を頂いたときには「私なんかで役目が果たせるのだろうか?」と、非常に不安になったものです。高知新聞は物心ついたときからずっと愛読していますが、私には論じるほどの力はないし、ともかく勉強して役目を果たさなければと必死でした。

春は出されたテーマに沿って、1200字、原稿用紙3枚程度の原稿を書きます。昨年、2020年春のテーマは 新型コロナ下での「新聞と危機管理」という難しいものでした。報道のあり方も含めて新聞と危機管理について書くわけですが、そもそも専門分野ではなく、コロナの状況も日々変わり情報収集と分析で、もう大変!
トイレットペーパー争奪戦が起こり、店頭からモノが消え、コロナショックに陥っていた時期でした。記事の締め切りは3月末でしたが、日々状況が変わるので 原稿が古くなり、胃が痛む思いで ほぼ毎日原稿を書き直していました。

ここで、新聞の大きなハードルを思い知ります。タイムラグです。コロナ下で日々状況が変わるのに、原稿を出してから掲載されるのは10日以上も後。その時点で社会状況がどう変わるのか、まったく不明なのです。案の定、掲載された4月8日は、前日7日に初めて緊急事態宣言が出された、大きな転換点でした。読者の皆さまはそんなに前の時点で原稿を書いていることをご存じないので、現状と合っていない原稿だと「おかしい」となってしまいかねず…。書き方にあれほど苦労したことはありませんでした。

そして秋の委員会は、委員と新聞社の管理職の方々10名ほどで行われます。事前に3つほどテーマが決められ、その報道についての意見を述べていきます。これも毎回、テーマの記事を再読し、事前勉強をしないといけません。頭のいい人なら、すぐに的確な意見を言えるんだろうなぁ~とため息をつきつつ、安倍政権の総括やコロナ対応、オリンピックなどの紙面を見返します。オーテピアに行くと、様々な新聞の今年分が読めるので、とても助けられました。

委員会ではテーマごとに川村さんと福田さんと私の3人の委員が意見を述べていき、新聞社側がそれに答えたり、質問をしたり、論を膨らませたりします。その様子を若手の記者さんが同席し、取材します。それぞれの委員によって視点が違い、川村さんはIT関係に強く、福田さんは大学の視点。じゃあ私は?年齢的にも、社会全般から見てなのかなぁ~と悩みつつ、まとめていました。

後日、ゲラと呼ばれる新聞紙面のレイアウトにした校正刷りを送って頂き、原稿をチェックします。数時間もの話を簡潔にまとめると、新聞記者目線ではこうなるのかと勉強になりました。

原稿を練り上げるのと違って、座談会はどこを切り取られるのかわかりません。その場でのやりとりも 全体を俯瞰しつつ、臨機応変に答えていくのが難しくて。しかもそれらが紙面として残るので、やり甲斐はありますが大変でもありました。それでも色々な方に「筒井さん、新聞 読みましたよ!」とお声がけ頂けると嬉しくて、とても励みになりました。

日々、多くの記事を休みなく出し続けていらっしゃる新聞社の方々を改めて「すごい!」と感じずにいられません。お陰さまで、長年の憧れだった高知新聞に関わらせて頂けたのは、本当に光栄でした。紙面をお読み下さった皆さま、高知新聞社の方々、本当にありがとうございました。