第957回 「ひとときの憩い」

6月5日

「ねこぺん日和」というねことペンギンのキャラクターがあります。
私のスマホの待ち受け画面は、この「ねこぺん」のカレンダーなんです。
手に取るときに、ちょっとほっこりします。(笑)

先週 整体に行っていたとき、たまたまスマホを見ていると
「本日ローソンで、ねこぺん日和の一番くじ発売開始!」というニュースを見かけました。ただし販売店は限定とか。急いで調べると、高知市ではそこのすぐ近くのローソンで発売しているとのこと。そりゃあ、行きますよね。(笑)

「一番くじ」とは“はずれなしのキャラクターくじ引き”です。日頃は買わないため「1個700円!?高っ!」と思いつつ、可愛らしい「ねこぺん」を見るとつい引換券を何枚か握ってしまいました。奮発して4枚!ところがレジに行くと「5枚引いて下さい。」あれ?思ったより多く取っていたようです。(笑)

今回の「ねこぺん」の賞品はA B C D E F とあり、トラベル折りたたみバッグ、ランドリーネット、ハンドタオル、ふせんセット、ケーブルクリップ、クリアファイル。そして最後の1枚を引いた人がもらえるラスト賞が、星形クッションでした。

欲しかったB賞、ねこくんのランドリーネットが当たって思わず「ラッキー!」(笑)バランス良く5種類の商品が手に入り、それを入れている袋も可愛くて大満足でした。いくつになっても嬉しいものは嬉しいですもん♪

それにしてもこの「一番くじ」という商品、ビジネスモデルがよくできているなあと感心します。ちょっと高めだけど必ず何らかの賞品が当たり、欲しいものが出るまでついつい買ってしまう。アニメのキャラクターものなどが有名ですよね。

詳しい友人によると、近年この最後にもらえるラスト賞に販売元が力を入れ、良い物を出すようになってから売り切れになるのが早くなったそうです。そう言えば昔は、良い賞品が出てしまって最後は売れ残り…みたいな感じになっていたような。これもアイデアですよねえ。

ちょっと興味を引かれて調べてみると、一番くじは2003年のコンビニ展開によりヒットし、サービス開始から10年で300億円規模に成長。2006年以降のガンダムなどの投入により、ユーザー層を拡大したようで(株)バンダイスピリッツが手がけています。

そもそもコンビニは日本で最も品質管理が厳格な売場のひとつなので、それまでのやり方では通用せず、品質の向上・維持にかなり力を注いだようです。結果、くじの景品にもそれがフィードバックされ、品質向上につながったそうです。

「一番くじ倶楽部」という専用サイトもあり、約280万人が登録しているとか。それによりユーザーの属性や、各商品の満足度調査など、細かく詳細なデータが把握できるわけです。成長の背景には、綿密なマーケティングがあるんですね。

驚いたのは発売日にネットで「ねこぺん日和 くじ」で検索すると、出てきたのは新品の転売商品の数々。私が当てたランドリーネットはなんと12倍の、8500円!?驚きました。

最近は転売目的に購入している人も少なくないようで、「一番くじの転売は稼げる?」みたいなネット記事も。まあ、これもビジネスですし、買いに行けない事情がある人や「高額でも確実に商品が欲しい」人にとってはメリットがあるのでしょう。

四季折々に咲く花々、癒やしをくれるペット、夢をくれる憧れのスター。色々なもので私たちは日々の喜びを得ていますよね。

しかし、時は移ろいます。花は枯れ、ペットもスターもいつかこの世を去ります。
でもキャラクターは人気ある限り不滅なのが、最大の強みかもしれません。
友人の名句です。
「やなせさん 死すとも残る アンパンマン」

第942回 「クラウドファンディングのリターン商品」

2月20日

先月、クラウドファンディングで支援した商品が届きました。クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語です。自分の活動ややりたいことをインターネットのサイトで発信し、それに賛同してくれた人達から広く資金を集める仕組みです。

たとえば新しいテクノロジーを使った商品開発・映画制作や出版・途上国や様々な団体への支援…想いに共感した人や活動を応援したいと思った人が資金を出します。寄付型・投資型・購入型などの種類があり、私は購入型。支援者はお返しとしてモノやサービスでの特典(リターン)を受け取ります。

私が支援したのは、センサー式で自動開閉するゴミ箱です。たまたま見かけて「これ、いいな」と思い、購入したものです。

ジータという名称で大ヒットしているようで、活動の支援金額600万円・支援人数500人、実に目標の6倍も集まったそうです。今ではアマゾンでも1万5千円くらいで売られていますけど。

こんな風に開きます。うちのは大きい45Lのゴミ袋を入れてたっぷり使えます。
台所で使うのに、非接触で衛生的なのがいいなと思いました。

この「購入型」のクラウドファンディングは急成長しているようで、参加型で仲間意識を育み、魅力的なリターン(特典)でファンを獲得できる。よくできているビジネスモデルだと思います。

もう一点、こちらは本当にニッチなものです。

もう、名称すら忘れましたが…(笑)
「こんなモノがあったらいいなあ」と感じた、机の横に取り付ける収納グッズです。

私は腰痛防止で昇降デスクを使っているのですが、動かしたときに机の上の書類などが落ちることがあります。その防止に買ったのですが、案外重宝しています。

まだ商品として一般化されていないものって好奇心が刺激されて、魅力的ですよね。(笑)

ただ、クラウドファンディングのリスクとしては、目標額に達しても資金面や技術面で起案者の当初の見通しが甘かったなどの理由でプロジェクトが完遂されず、支援者にリターンが用意できなかったケースが世界ではあるようです。私もリターンが届くまでの数ヶ月、「本当に大丈夫かなあ」とちょっと心配でした。だからこそ、「来たぁ!」と嬉しかったんですけどね。(笑)

今後は、こういったリスクから支援者を守る制度の整備もされるようになることでしょう。そして多様な購入型がもっと増えていくのではないでしょうか。

第938回 「高知新聞リニューアルに思う」

1月23日

私の生活に、新聞は長年寄り添ってくれています。以前は全国紙、日経新聞、高知新聞の3紙を取っていましたが、数年前から全国紙と高知新聞の2紙に絞って購読しています。

購読なさっている方々はご存じの通り、2021年の今年から高知新聞が大きく変わりました。まず、長年高知市近辺で配達されていた夕刊が、廃止になりました。
新聞を読み始めた小学生の頃は 薄くて親しみやすい夕刊に、より親近感を持っていたものです。残念ですが新聞の購読者数が大きく減少した現在、止めようのない流れなのでしょう。

なじみの夕方の新聞配達の光景はもう二度と見られないし、夕方にポストに行く習慣も、空の郵便箱に「そうか、もう夕刊はないのか」と寂しさを感じてしまう。投稿欄からもそういった文章を見かけ、夕刊ロスを感じた方々は少なくないと思います。

さて、紙面刷新された高知新聞の朝刊。大きな特徴は、これまで社会面が載っていた最後のテレビ欄の裏から4面で、県内のニュースだけをカラー掲載していることでしょう。一方で全国ニュースは2面から、とニュースを二分しました。どうやら高知新聞は「超地元密着型ニュースペーパー」を目指すようです。

実際1月に入り、地元情報は「こうちワイド」という赤い帯のついた4面にまとめられ、これまでよりも地域での話題が多くなったように思います。あとは新聞ならではの、地域面での読み応えのある連載記事も欲しいなあ。
ちなみに、朝刊には文庫本1冊分の情報が入っているんですって!

いくらネット情報が全盛の時代になっても、災害や感染症など地元生活密着情報で信頼度の高いものを継続的に、というと難しい。特に昨年コロナ禍で痛切に感じたことは「ネットには 東京などの首都圏情報はあふれているけれど、そうではなく地元の詳しく正確な情報や状況報道が欲しい!見出し程度の浅い情報ではなく、背景なども掘り下げた深い情報も欲しい」ということでした。

1月23日現在も 11都府県に緊急事態宣言が出され、全国ネットのテレビではコロナのニュースが圧倒的に多い現状です。しかし高知県では22日、コロナの感染症対応の目安を「特別警戒」から「警戒」に引き下げました。会食を「4人以下で2時間以内」とする要請などは2月7日まで維持するようですが、12月に全国に先駆けて来た第三波をなんとか乗り切れたのではないか?とやっと希望が見えたところです。当然、現在での課題は全国と比べると大きく違うわけで、その情報発信も高知新聞に踏ん張って欲しいところです。

***********************************

ちなみに、私が50年ほど高知新聞を読んできた中で一番衝撃を受けた連載記事は1990年代?の「流転 その罪誰が償うか」でした。
精神的外傷を負った元七三一部隊員の戦中・息を潜めて生きざるを得なかった戦後を克明に描き話題となり、日本ジャーナリスト会議賞を受賞した連載です。旧満州でペストや赤痢菌などを使いマルタ(外国人捕虜)に人体実験をした経緯を克明に綴った回はあまりにショッキングで、しばらく頭にこびりついて離れなかったほどでした。今なら表現の規制で、とても書けない記事です。しかしそれこそが戦争の 心をえぐる重い重い現実なのだと、戦後世代の私も痛感したものです。

実は今月初めから高知新聞の全国ニュース社会面で、【「悪魔の飽食」の記録】という連載が12回掲載されました。「悪魔の飽食」は1981年に発刊されたベストセラーで、作家の森村誠一さんのノンフィクション作品です。当時知られていなかった旧七三一部隊のことを、100人以上の当事者からの徹底的な聞き取りと覚悟を決めた元隊員たちによる告白で 世に知らしめた、重い一冊です。その時、森村さんと一緒に取材した下里さんという記者さんが84歳になった今「日本がした戦争の正体を知ってほしい」「悪魔をよみがえられせてはいけない」と高知新聞の取材に応じたのでした。

こういった記事は今のご時世、大変難しいことと拝察します。それだけに、高知新聞の記者さん、下里さんの気骨と、重すぎる事実とも向き合うジャーナリズムのあるべき姿を考えずにはいられない、貴重な連載でした。