第973回 「新聞と読者委員」こぼれ話

9月24日

先日、高知新聞の「新聞と読者委員会」がありました。春と秋の新聞週間に、読者委員に意見を聞くといった会です。このほど任期の3年間を無事終えることができ、ずしっ!と重かった肩の荷がようやく下りました。

思えば3年前、ご依頼を頂いたときには「私なんかで役目が果たせるのだろうか?」と、非常に不安になったものです。高知新聞は物心ついたときからずっと愛読していますが、私には論じるほどの力はないし、ともかく勉強して役目を果たさなければと必死でした。

春は出されたテーマに沿って、1200字、原稿用紙3枚程度の原稿を書きます。昨年、2020年春のテーマは 新型コロナ下での「新聞と危機管理」という難しいものでした。報道のあり方も含めて新聞と危機管理について書くわけですが、そもそも専門分野ではなく、コロナの状況も日々変わり情報収集と分析で、もう大変!
トイレットペーパー争奪戦が起こり、店頭からモノが消え、コロナショックに陥っていた時期でした。記事の締め切りは3月末でしたが、日々状況が変わるので 原稿が古くなり、胃が痛む思いで ほぼ毎日原稿を書き直していました。

ここで、新聞の大きなハードルを思い知ります。タイムラグです。コロナ下で日々状況が変わるのに、原稿を出してから掲載されるのは10日以上も後。その時点で社会状況がどう変わるのか、まったく不明なのです。案の定、掲載された4月8日は、前日7日に初めて緊急事態宣言が出された、大きな転換点でした。読者の皆さまはそんなに前の時点で原稿を書いていることをご存じないので、現状と合っていない原稿だと「おかしい」となってしまいかねず…。書き方にあれほど苦労したことはありませんでした。

そして秋の委員会は、委員と新聞社の管理職の方々10名ほどで行われます。事前に3つほどテーマが決められ、その報道についての意見を述べていきます。これも毎回、テーマの記事を再読し、事前勉強をしないといけません。頭のいい人なら、すぐに的確な意見を言えるんだろうなぁ~とため息をつきつつ、安倍政権の総括やコロナ対応、オリンピックなどの紙面を見返します。オーテピアに行くと、様々な新聞の今年分が読めるので、とても助けられました。

委員会ではテーマごとに川村さんと福田さんと私の3人の委員が意見を述べていき、新聞社側がそれに答えたり、質問をしたり、論を膨らませたりします。その様子を若手の記者さんが同席し、取材します。それぞれの委員によって視点が違い、川村さんはIT関係に強く、福田さんは大学の視点。じゃあ私は?年齢的にも、社会全般から見てなのかなぁ~と悩みつつ、まとめていました。

後日、ゲラと呼ばれる新聞紙面のレイアウトにした校正刷りを送って頂き、原稿をチェックします。数時間もの話を簡潔にまとめると、新聞記者目線ではこうなるのかと勉強になりました。

原稿を練り上げるのと違って、座談会はどこを切り取られるのかわかりません。その場でのやりとりも 全体を俯瞰しつつ、臨機応変に答えていくのが難しくて。しかもそれらが紙面として残るので、やり甲斐はありますが大変でもありました。それでも色々な方に「筒井さん、新聞 読みましたよ!」とお声がけ頂けると嬉しくて、とても励みになりました。

日々、多くの記事を休みなく出し続けていらっしゃる新聞社の方々を改めて「すごい!」と感じずにいられません。お陰さまで、長年の憧れだった高知新聞に関わらせて頂けたのは、本当に光栄でした。紙面をお読み下さった皆さま、高知新聞社の方々、本当にありがとうございました。

第957回 「ひとときの憩い」

6月5日

「ねこぺん日和」というねことペンギンのキャラクターがあります。
私のスマホの待ち受け画面は、この「ねこぺん」のカレンダーなんです。
手に取るときに、ちょっとほっこりします。(笑)

先週 整体に行っていたとき、たまたまスマホを見ていると
「本日ローソンで、ねこぺん日和の一番くじ発売開始!」というニュースを見かけました。ただし販売店は限定とか。急いで調べると、高知市ではそこのすぐ近くのローソンで発売しているとのこと。そりゃあ、行きますよね。(笑)

「一番くじ」とは“はずれなしのキャラクターくじ引き”です。日頃は買わないため「1個700円!?高っ!」と思いつつ、可愛らしい「ねこぺん」を見るとつい引換券を何枚か握ってしまいました。奮発して4枚!ところがレジに行くと「5枚引いて下さい。」あれ?思ったより多く取っていたようです。(笑)

今回の「ねこぺん」の賞品はA B C D E F とあり、トラベル折りたたみバッグ、ランドリーネット、ハンドタオル、ふせんセット、ケーブルクリップ、クリアファイル。そして最後の1枚を引いた人がもらえるラスト賞が、星形クッションでした。

欲しかったB賞、ねこくんのランドリーネットが当たって思わず「ラッキー!」(笑)バランス良く5種類の商品が手に入り、それを入れている袋も可愛くて大満足でした。いくつになっても嬉しいものは嬉しいですもん♪

それにしてもこの「一番くじ」という商品、ビジネスモデルがよくできているなあと感心します。ちょっと高めだけど必ず何らかの賞品が当たり、欲しいものが出るまでついつい買ってしまう。アニメのキャラクターものなどが有名ですよね。

詳しい友人によると、近年この最後にもらえるラスト賞に販売元が力を入れ、良い物を出すようになってから売り切れになるのが早くなったそうです。そう言えば昔は、良い賞品が出てしまって最後は売れ残り…みたいな感じになっていたような。これもアイデアですよねえ。

ちょっと興味を引かれて調べてみると、一番くじは2003年のコンビニ展開によりヒットし、サービス開始から10年で300億円規模に成長。2006年以降のガンダムなどの投入により、ユーザー層を拡大したようで(株)バンダイスピリッツが手がけています。

そもそもコンビニは日本で最も品質管理が厳格な売場のひとつなので、それまでのやり方では通用せず、品質の向上・維持にかなり力を注いだようです。結果、くじの景品にもそれがフィードバックされ、品質向上につながったそうです。

「一番くじ倶楽部」という専用サイトもあり、約280万人が登録しているとか。それによりユーザーの属性や、各商品の満足度調査など、細かく詳細なデータが把握できるわけです。成長の背景には、綿密なマーケティングがあるんですね。

驚いたのは発売日にネットで「ねこぺん日和 くじ」で検索すると、出てきたのは新品の転売商品の数々。私が当てたランドリーネットはなんと12倍の、8500円!?驚きました。

最近は転売目的に購入している人も少なくないようで、「一番くじの転売は稼げる?」みたいなネット記事も。まあ、これもビジネスですし、買いに行けない事情がある人や「高額でも確実に商品が欲しい」人にとってはメリットがあるのでしょう。

四季折々に咲く花々、癒やしをくれるペット、夢をくれる憧れのスター。色々なもので私たちは日々の喜びを得ていますよね。

しかし、時は移ろいます。花は枯れ、ペットもスターもいつかこの世を去ります。
でもキャラクターは人気ある限り不滅なのが、最大の強みかもしれません。
友人の名句です。
「やなせさん 死すとも残る アンパンマン」

第942回 「クラウドファンディングのリターン商品」

2月20日

先月、クラウドファンディングで支援した商品が届きました。クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語です。自分の活動ややりたいことをインターネットのサイトで発信し、それに賛同してくれた人達から広く資金を集める仕組みです。

たとえば新しいテクノロジーを使った商品開発・映画制作や出版・途上国や様々な団体への支援…想いに共感した人や活動を応援したいと思った人が資金を出します。寄付型・投資型・購入型などの種類があり、私は購入型。支援者はお返しとしてモノやサービスでの特典(リターン)を受け取ります。

私が支援したのは、センサー式で自動開閉するゴミ箱です。たまたま見かけて「これ、いいな」と思い、購入したものです。

ジータという名称で大ヒットしているようで、活動の支援金額600万円・支援人数500人、実に目標の6倍も集まったそうです。今ではアマゾンでも1万5千円くらいで売られていますけど。

こんな風に開きます。うちのは大きい45Lのゴミ袋を入れてたっぷり使えます。
台所で使うのに、非接触で衛生的なのがいいなと思いました。

この「購入型」のクラウドファンディングは急成長しているようで、参加型で仲間意識を育み、魅力的なリターン(特典)でファンを獲得できる。よくできているビジネスモデルだと思います。

もう一点、こちらは本当にニッチなものです。

もう、名称すら忘れましたが…(笑)
「こんなモノがあったらいいなあ」と感じた、机の横に取り付ける収納グッズです。

私は腰痛防止で昇降デスクを使っているのですが、動かしたときに机の上の書類などが落ちることがあります。その防止に買ったのですが、案外重宝しています。

まだ商品として一般化されていないものって好奇心が刺激されて、魅力的ですよね。(笑)

ただ、クラウドファンディングのリスクとしては、目標額に達しても資金面や技術面で起案者の当初の見通しが甘かったなどの理由でプロジェクトが完遂されず、支援者にリターンが用意できなかったケースが世界ではあるようです。私もリターンが届くまでの数ヶ月、「本当に大丈夫かなあ」とちょっと心配でした。だからこそ、「来たぁ!」と嬉しかったんですけどね。(笑)

今後は、こういったリスクから支援者を守る制度の整備もされるようになることでしょう。そして多様な購入型がもっと増えていくのではないでしょうか。