第1009回 「コロナの影響」

6月11日

長女がお世話になっているデイサービスAが、コロナの影響で中止となりました。
ここはスタッフ2人体制の送迎なので、私が仕事中でも母が家を開けて、スタッフの方々が車いすの長女を室内に連れて行ってくださいます。そのため長時間の研修は週に2日のAの通所日に集中させているので、さあ大変!とりあえず今週、どうしよう?

ダメで元々、もう1カ所通っているデイサービスBの相談支援員さんに相談したところ「今週だけ」という特例でお願いできることになりました。ありがたい!とホッとしましたが、すぐに来週は、どうしよう?となります。あ、姑の手術は来週だった。入院と手術の日はデイサービスBだからなんとかなるけど、退院日はデイサービスAの日だと思い出し、義妹にお願いして、1つクリア。…そして来週の研修日は、どうしよう?

思えば入った研修を替わって頂いたのは唯一、もう25年も前の父の葬儀の日だけでした。うちのような小さな事務所はなかなか代わりがききませんので、長年なんとかやってこられたことの方が奇跡的とも言えます。そして無情にも、デイサービスAからは「無期限活動中止」の連絡が入りました。あぁ。

人生って、方程式を解いて行くみたいだなと思います。簡単なものから初めて、次第に難しくなる。解いても解いても、次の問題が立ちはだかります。
でも、わかってはいるんです。家族がコロナにかかった、あの日々よりはマシだと。だから、文句は言えませんね。(笑)

昨日伺ったある医療系専門学校の初回の授業で「障害ケース・スタディ」として中村と障害を持った当事者の思いや、障害児を持った親の心理の話をしたのですが、学生の皆さんの素直で前向きな感想にずいぶん力を頂きました。

心理学で学んだ「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」という言葉を紹介すると 大勢の学生さんが心を動かされたと書いてくれたのですが、それを読むと逆にまた自分も励まされるのです。本当に、人は人に支えられていると実感しています。

この状況も、きっとなんとかなるはず!
そう信じ 希望を持って、一歩ずつ進もうと改めて思います。

第1008回 「ビジネスでの感謝」

6月4日

新型コロナの新規感染者数が落ち着いてきたこともあるのか、秋以降の研修ご依頼が増え「その月はもう一杯で…」とお話しすることまで起きてきました。こんなこと、3年ぶりくらいでしょうか。長かったトンネルを出られるのかはわかりませんが、本当にありがたいことだなぁと感じています。

最近お気に入りのドラマに、アメリカの「グッド・ワイフ」という女性弁護士が活躍する法廷ものがあります。いつも感心するのは、主人公たちが次々と展開する難しい局面の対応に、感情を揺らされながらも理性的にテキパキと対処していく小気味よさ。自分もこうありたいな~と憧れつつ、引き込まれています。

先日、思いがけないことが起きました。数回の研修をご要望のA社の方が、打ち合わせのスケジュールとは違う日を勘違いで研修予定表に組んでこられたのです。元のスケジュールで組み直して頂ければ良かったのですが、それができなくなっているということで、私も瞬間、どうしよう?と思いました。

こういう時は「誰がしたのか」(Who)や「なぜこうなったのか」(Why)ではなく、ともかく「何をするか」(What)に集中することかなと思います。
代替案として、2日前にやはり数回の研修スケジュールを組んだばかりのB社に頼んでみよう!と思いました。しかし、時間が遅かったためB社のご担当の方はもういらっしゃらず、メールでご相談をお願いし、その日は終了。それ以上はくよくよ考えないようにしました。できることは頑張るが、できないことは天に任せる感じです。

翌朝、B社のご担当の方に電話を入れると、快く「まだ日程は変更可能なので大丈夫ですよ」とのこと。「ありがとうございます!」と心から安堵しました。お礼を言って代わりのスケジュールをお伝えし、視覚でも確認できるようメールでお礼と代替日程を送りました。そのあとA社の方に電話すると、とても喜んで頂けました。

ここまでは、よくある話です。実はその後、B社のご担当の方がくださったメールの文面に、私は心を打たれたのです。

先程はお電話をいただきありがとうございました。
昨日、筒井先生がご連絡をくださった時には退室していて、
お返事が本日になりまして申し訳ございません。
ご心配のお時間が長くなってしまいました。

業務ご多用のところ、お時間を作ってくださりお礼申し上げます。

いやいや、ご迷惑をおかけしたのはこちらなのに、この完璧な心遣い!
「ご心配のお時間が長くなってしまいました。」なんてフレーズ、なかなか書けるものではありません。日頃から気遣いのレベルが高い方だなぁとは思っていましたが、今回のことで、なお一層 温かい感謝の気持ちで一杯になりました。

どちらもお仕事、精一杯頑張りますね!!

第1003回 「違う分野の面白さ」

4月29日

雨の休日。コラムのテーマを考えつつ、「TOP POINT」に手を伸ばします。

この本を教えてもらってから、もう20年は経つでしょうか。TOP POINTは簡単に言うと、新刊ビジネス書の要約本です。毎月数多く出版されるビジネス関連の書籍の中から、「一読の価値ある新刊書」を10冊厳選し、1冊当たり4ページに要約しているものです。

その分野は政治、経済、学術から哲学、心理学、宗教学に至るまで実に多様で、経営者が多く読んでいるのも、うなずけます。自分では絶対選ばない分野の本を垣間見ることができるのが魅力。これを読んで「面白そう」と思い買った本は数多くありますが、また要約が まさに達人技。1冊読んでも、残るのは結局 要約部分ということが多いのに感心します。ちなみに中村も同じ本を取っていて、二人であれこれ議論?することも。(笑)

最近の中で面白かったのは、AIの分野の本です。「ロボットと人間」「ブレインテックの衝撃」「脳と人工知能をつないだら、人間の能力はどこまで拡張できるのか」…。
中でも「ブレインテックの衝撃」は機械と脳を融合させ、直接情報をやりとりする技術の最前線が書かれていて、まさに衝撃でした。たとえば、念じるだけでスマホを操作することができるようになるかもしれないのです。

片腕を失った退役軍人が「ルーク・アーム」と呼ばれる最先端のロボット義手を付けた話も書かれていました。義手でグラスを持ち上げて水を飲めたとか、何か触ったりつかんだりすると情報が脳にフィードバックされ、その感触を得られるようになったとか。なんと この義手で、ロック・クライミングをした人までいるそうですが、今はここまで来ているんだなあと驚嘆するしかありません。

自分に置き換えて考えると小さなことですが、 私はかなりの近視で、コンタクトレンズに長くお世話になっています。50代になってからは老眼・近眼兼用レンズができて すごく助かっていますが、ここ1年ほどで急激に右目の視力が落ちてきました。年齢的に白内障も進んでいるようで、もう少ししたら眼内レンズを入れる手術をしないといけないんだろうなあと覚悟はしています。

でもレンズの性能が飛躍的に高まっている今、きっと手術をすると驚くほど世界が鮮明になるんだろうと思うと、それも悪くないと思えます。むしろ、ちょっと期待しているかも。(笑)

小学生の頃に見た石ノ森章太郎のマンガ「サイボーグ009」は、主人公の少年が最強の兵士=兵器であるサイボーグに改造されてしまった話ですが、それが今や現実のものになりつつあります。その進化スピードは「事実は小説よりも奇なり」のようですが、より良い世界につなげて欲しいものです。
決して、兵器には使うことがないように。