第997回 「コロナ禍の学生生活」

3月19日

月曜日 追手前高校に行くと「今週は文化祭の予定なんです」と生徒達が忙しく、でも楽しそうに準備していました。心の底から、(良かったなぁ)と思えました。

コロナ社会になって、足かけ3年。文化祭も遠足もことごとく中止で、高知県内のほとんどの高校が修学旅行も行けず、延期してもまた中止だったとか。人生の中でも高校生活の3年間って友達との関係を深めたり、濃密で特別な期間だと思います。生徒達の落胆はどんなに大きかったことでしょうか。

高校に入学したときからマスクで、同級生の素顔を知らない世代。休み時間も話しづらいし、給食は黙食で雑談もできない。行事は次々と中止で部活動も制約だらけ、友達と集まるのもダメと何もかも自粛だし、教室は窓を開け放つからエアコンが使えず、暑くて、寒い。そうした中での、3月の文化祭です。生徒達にとってはどんなにか、心弾む想い出となることでしょう。

それにしても、マスクをはずさないまま 高校生活が終わってしまう学年も出てくるのでしょうか。卒業アルバムで初めて、「あの人、こんな顔してたのか~」なんてことになるの?いやいや 卒業してからの同窓会でも、クラスメートの顔がわからず「誰?」なんてなって、手で口元を隠して初めて「おー!筒井か!」なんてことになるのかもしれません。(笑)

そもそもマスクして出会うから、誰かのことを(良いな)と思い好きになっても、素顔がわからないって かなり恋愛成就のハードル、高くなりそうですよね。もし告白されても「相手の顔を知らないので、返事ができない」なんて悩みも実際あるらしいです。まあ、表面に惑わされにくい、とも言えるかもしれませんが。

美人だとか、イケメン!と思ってたのにマスクを取るとさほどではない「マスク美人」「マスクイケメン」だと、「マスク詐欺」なんて呼ばれてしまうことがあると聞いてビックリ!だからマスクをはずしたとき、相手にガッカリされるのが怖いということで、デートの時に飲食はしない人もいるとか。「顔出しのオンライン授業で初めて本当の顔を知った」なんてこともあり、マスクを取りたくない人が急増しているのに、私も少し困っています。

大学でもオンライン講義で表情などの重要性を体感してもらうため、ペアに分けて「マスクを取ってワークをやってください」と何度も指示したのにはずさない人が何人かいた話を書きましたが、感染が収まっても「マスクをはずしたくない」人が増えているようです。これは日本人特有の現象のようで、欧米では「マスクを着けない権利」が声高に主張されているのをご存じでしょう。文化や思想って、これほど違うんですね。

人間にとっての「顔認識」って本当に大事で、脳はそのために特化されているほど。新たな課題にどう対応したら良いのか、私も今、勉強中です。

第996回 「オンライン講義にて」

3月12日

3月に入り、大学の講義が始まりました。
就職必勝講座、教員養成のための介護等体験事前指導など。まだ新型コロナの第6波が収束できていないこともあり、対面もありますが オンライン講義が多いです。

昨年はオンライン講義でも、オンデマンド(好きなときに見られる、収録した動画配信パターン)ばかりでした。事前収録するため撮り直しがききますし、学生は自分の都合の良いときに何度でも見られるメリットがあります。反面、内容は一方的に語るしかなく、学生とのコミュニケーションが直接取れないのはもどかしい思いでした。

自分自身コロナ禍のセミナーを受講して、特にコミュニケーション関連の講座を組み立てる場合には、相互コミュニケーションが必要不可欠だと感じています。つまり事前収録でなくリアルタイムで講義が進行し、その場で質問をしたり、グループワークができたり様々な交流ができるのが理想的ですよね。やはりコミュニケーションは対面が最高ですが、オンラインでもできるだけ近づけるにはどうしたら良いのか、模索が続きます。

昨日も高知工科大学で、リアルタイムのオンライン講義がありました。全員にカメラをオンにしてもらい、皆さんの顔を見ながら進行していきます。
しかし最初の方でいきなり、パワーポイント画面が動かなくなるトラブルが。まあ機械なんてトラブルはつきもので、お約束みたいなもんです(笑)対処を事務局がしてくれたので助かりました。そしてこういう時、事前に「ダウンロードして印刷しておいてね」と念を押した記入式資料が役立ちます。

昨年はできなかったペアワークを体験してもらいたいと思い、ブレイクアウトルームと呼ばれる少人数にグループ分けして話し合える機能を使いました。全体の人数が40名弱だったので、やりやすかったです。それぞれどんな進行をしているのか、見に行くこともできるので便利。みんな画面越しでもうまくコミュニケーションを取り合っていて、楽しそうに進行していました。何より、受け身にならず主体的に取り組むことができ、発表も笑顔でやってくれ嬉しくなりました。

講師仲間の友人が言っていましたが、オンライン研修を頼まれて講師を引き受けたけれど、ほとんどの受講者は自分のカメラ画像を消し、マイクもミュート(消音)にしているため、聞き手の様子がまったくわからないまま延々と真っ暗な画面に向かって話し続けるのは気が滅入るということでした。その通りだと思います。カメラをオフにされると、そんなつもりはなくてもコミュニケーションを拒絶されているように感じるんですよねぇ。

講義が終わるとチャット機能を使って、その場で簡単に感想を送ってもらいます。
昨日は驚いたことに、何人もの学生さんが「筒井先生」「中村さん」と名前を書いて感想を記してくれていました。初めての講義でわざわざ名前を書いてくれるのは親近感の表れで、有り難いことでした。

「ロールプレイングで体験できたのが良かった」「今までにない体験ができました」「実際に話すことの難しさを事前に体験することができたおかげで、どんなことを勉強して挑むべきか具体的に目に見ることができた」と特にペアワークが好評でした。また「マナーについてしっかり学習する機会は今まであまりなかったので、注意点や初めて知ることが多くてとても勉強になりました」といった感想も最近増えています。今は家庭で、あまりマナーについて教えられていないからでしょうか。コロナ禍でコミュニケーションが取りにくくなっている現状で「介護等体験で最も不安だったコミュニケーションについての講義だったので、とてもためになりました」という声もありました。

気になった点としては、マスクで顔が隠れることで、非言語コミュニケーション(表情、態度など言葉以外のコミュニケーション)が阻害され感情が読み取りにくくなることに触れて、(オンラインなので)「マスクを取ってワークをやってください」と指示したのですが、数名着けたままでした。感染予防ではなく、マスク自体をはずしたくないのでしょう。今後の課題と感じました。

「もし、介護実習がなくてもこの経験を生かして頑張りたいと思います」と前向きな思いを書いてくれた人もいました。予定は、あくまでも未定です。未来がどう動いても それを乗り越えて力にしていってもらえたら、こんな嬉しいことはありません。

第990回 「人によって癒やされる」

1月29日

このところ、勘違いで小さなミスを2度してしまい 先方にご迷惑をかけ、「あぁ、自分はダメだなあ」と少し落ち込んでおりました。1回なら「まあ、そういうこともあるさ!」と思うのですが、1週間以内に続けて起こると、さすがにねぇ。年かなぁ、と少し弱気に。

ある朝、庭に水やりをしていると通りかかった女性が「以前通ったら、可愛い赤い実が一杯なっていた。あれは何というのですか?」と話しかけてくださいました。

庭の花は、たまに来る母が植えていますので、私はうろ覚え。(笑)
「え~と、フウセンカズラだと思います…」と答えると、「本当に可愛らしかった」とおっしゃるので「良かったら種が残っていると思いますので、どうぞ」と枯れた実をちぎって5~6個差し上げると、とても喜んで下さいました。

そんなささいなことで、心が和みました。
人に優しくされると嬉しいのはもちろんなんですが、人に優しくできると、それで
自分が癒やされるのだなあと実感しました。

後日、それを植えた86歳の母に聞くと「あれは、オキナワスズメウリ」と即答。
え、間違っちゃった!琉球オモチャウリとも言うそうです。確かにおもちゃっぽいし。
「お母さん、すぐに名前が出てくるってすごいね」と感心すると、「褒めてもらえた♪」と嬉しそうに解説が続きます。(大体、話が長いんです・笑)

「一年草だから、種をあげたら芽が出る。あれ、ちょっと珍しいと思って取り寄せて植えたのよ。あれよりも大きいカラスウリっていうのもあるけどね。オキナワスズメウリはそれよりも小さくて、赤い筋が目立って可愛いよねえ。」

確かに、よく下校途中の小学生が「これ、何~?」と興味を引かれ、中には「ちょうだい!」という無邪気な子もいます。見た目が小さなスイカみたいなので、興味を引かれるんでしょうね。(笑)「どうぞ!」と笑って言うと、喜んで持って帰ります。

また後日です。オンラインセミナーの後、ある会社の社長からメールを頂きました。「筒井さんの笑顔を画面で見て、励みになりました。実はコロナの荒波と厳しい経営に追われ、ギスギスした雰囲気になり批判も多く、満身創痍です…」と。今まで泣き言を伺ったことのない方でしたので、とても驚きました。

自分自身も落ち込んだ後でしたので、心の痛みがとてもよくわかりました。
その方は、強いリーダーです。ですから、主体的な強い言葉を選んで
「あなただからこそ、この波乱の時期を任されたのだと思います。それが、あなたの使命ではないでしょうか。もう少し、頑張ってみてください。応援しています」と、エールを送りました。非常に喜んで下さり、私も癒やしを頂けました。

それで、つくづく感じました。リーダーの孤独と大変さを。
このコロナ禍の大変な時期に、リーダーシップをとっている組織の長のみなさま。(戦前・戦後の時代を生き抜いてこられた方々以外)今のリーダーの皆さまは、今までほとんどの人が経験したことのないような苦難のまっただ中にいらっしゃると思います。本当に、お疲れさまです。敬意を表します。

そして組織を支えていらっしゃる社員の皆さん。大変な時期を運営するリーダーの方々に、笑顔とほんの少しのねぎらいを、(たまにでいいので)送ってあげてはいかがでしょうか?