第880回 「須崎のイタリアン レガーロ」

12月7日              中村 覚

今回は知る人ぞ知る、隠れ家のようなお店を紹介したいと思います。今年の7月オープンですから、まだまだ知る人ぞ知るといったお店なんです。(笑)

須崎市の多ノ郷駅から500メートルほどの場所にあるイタリアン料理レガーロです。一見すると焼肉のお店のように見えますが、その2階です。

焼肉屋さんと共通の入口を入り、右手の階段を登ると御覧のように左に「レガーロ」の看板があります。

中に入ってみましょう。

店内は新しくきれいで、こじんまりとした感じです。

ランチのメニューはご覧の2種類。Aランチはいわゆるパスタランチで、900円。Bランチはパスタにメイン料理付きで、1800円です。私が頼んだのは、Aランチの魚介類の漁師風トマトソースパスタ。200円プラスすれば食後の飲み物とドルチェが付いてきます。

まずは前菜です。食事は味覚で楽しむ前に、まずは視覚で楽しむもの。

~などと人間 柄にもないことは言わないことです。(笑)
いやそれぐらい色とりどりの野菜です。

紫イモはレモン、ハチミツ、白ワインで味付けだったかな?右の紅白2色の大根はフェンネルで、ニンジンはクミンやバター、ブロッコリーはガーリックオイルで~と料理の説明をして下さるのですが、豊富な内容のため私のメモが全然追い付かず…。(違ってたらごめんなさい)

どれもおいしかったのですが、特にニンジンを食べた時の香りが良く、大根にはさっぱりしたお酢が効いていて、食が進む感じがしました。

2色のパンです。私を含め3名でしたので、黄色と薄緑のパンが1人、2個ずつ。黄色のパンはニンジン、緑のパンにはホウレンソウが入っているとのことです。

かわいらしい豚の顔をしたローズマリーや塩とコショウの入ったバターか、机の上に置かれているオイルを付けて食べるのですが、私はバターを付けて食べましたとさ。

いよいよ メイン、魚介類の漁師風トマトソースパスタです。

トマト味だと見た目がもっとトマト・トマトしているのが普通かと思いますが、全くそんなことはなく、パスタによくありがちなギトギトした油っこさもなく、良い意味で裏切ってくれる一品です。アオリイカの旨味を上手に出している感じで、あっさりしていて実に飽きのこないおいしさでした。

こちらは、四万十ポークと原木椎茸の煮込みソースパスタ。友人が頼みました。「味付けは濃すぎず薄すぎず、四万十ポークの味がしっかりして、美味しかった」そうです。どちらも見たときは「ちょっと少なめかな?」と思ったのですが、食べたら満足感がありました。

最後にドルチェです。

バニラアイスと少し苦めの効いたガトーショコラが最後に食事を締めくくってくれ、後味さっぱりといった感じです。

全体的な量のバランスが良いので、「物を残したくない」という方にも安心して 食べてもらえます。12時には、お店は満席になっていました。

本来、イタリアンは味がしっかりしているため、1度食べると、では また1か月後に!とか思うこともありますが、私はここのパスタなら1週間後にでも また食べたいと思いました。日本の風土にはあっさり系が合っているのかもしれません。
「さて、次はいつ来ようか?」と話に花が咲いたのでした。

第858回 「感動の佐川イタリアン 【ダ ゼロ】」

7月6日

先日、中村が「たまたま、通りがかりに見つけました!」ということで、佐川町にあるイタリアンのお店に行ってみました。なんと6月15日にオープンしたばかりだとかで、ウキウキ♪

ところが行ってみると、11時のオープン時にすでに満席でした。改めて次の週に予約をして仕切り直し。自然イタリア料理「da zero」(ダゼロ)、すごい人気です。

兵庫から移住されてきた的場さんというご夫婦が経営なさっています。佐川町は高知市からは車で40分くらいかかりますが、この地域にこんなおいしいイタリアンのお店ができたなんて、ビッグニュースです。

席数は14席くらいでしょうか。こじんまりした感じです。
ランチの波が、一瞬途絶えたときに写した店内です。

パスタランチ1300円、それにメインがついたメインランチが2300円。
あと+800円で土佐赤牛か黒毛和牛のステーキに変更できるとのこと。せっかくなので沢山の情報を上げるために、思い切って土佐赤牛を頼んでみましょう!

旬野菜の一皿。「佐川町のトマトハウスナカムラさんのマトを使った冷製スープ」は、ガツン!と来ました。濃厚なトマトの甘みと酸味、そしてほのかな苦味が、ものすごく深い滋味を感じさせます。味付けはオリーブオイルと塩だけだそうですが、最初から全力投球って感じ。まるで宇宙船の椅子のような、後ろが立ったお皿も珍しいものでした。

前菜のお皿、クリアすぎて浮いてるみたい。左手手前から、サワラの燻製とスモモのソース、反時計回りに土佐久礼の有機野菜こどもピーマンとアンチョビ、焼きナスのマリネ、奥にはイタリア産生ハムとマンゴー、真ん中が土佐ジローのフリッタータ(卵焼き)。それぞれの素材の味が濃く、その良さが伝わる味でした。

パスタは2種類から選びます。この日は「イワシとおかわかめのパスタ」、「四万十豚のもも肉と豆を使ったパスタ」。「イワシとおかわかめのパスタ」、おかわかめは栄養たっぷりのスーパー野菜です。パスタもあっさりしてて、いくらでも食べられそう♪

四万十豚のパスタは、四万十豚やチーズの薫りがすごい!写真に写せないのが残念。豚のもも肉を白ワインでじっくり煮込んでいるそうですが、アニスというハーブと白ワインが豚肉をあっさりとした旨みに変えています。

そして、圧倒されたのが土佐赤牛のステーキでした。もものランプ肉が使われています。下のグリーンのソースは焼きピーマンのソース、上にかかっているのはマルサラワインという甘口のワインのソースです。

一口食べて、「なにこれ!?こんなに美味しい土佐赤牛、初めて!」
厚みがあって噛みごたえもある、でも柔らかくて食べやすい。絶妙です。赤牛ってサシが少ない赤身の肉質なので、どうしても固くなりやすいと思うんですが。

焼きピーマンのソースは濃厚で、まろやかなのにかすかな苦みが 味に更なる深みと広がりを出していると感じました。いや~、土佐赤牛を頼んで良かった!これ、大人だけに許される味です。絶品! 県外の友人を連れて来たい。

聞けば、知る人ぞ知る越知町の松田精肉店のお肉だとか。越知町内の自社の牧場で育てた牛らしく、「生産者の顔が見える食材」にこだわるシェフらしいセレクトです。松田さんは「お肉をかみしめるごとに出てくるミルキーさをめざしている」そうで、シェフは「それを伺っているので、肉の良さを生かすようにしています」とのことでした。

最後のドルチェのチーズケーキ。甘みを抑えた味わいは、最後まで心をわしづかみにして離しません。自然に話題は、「次はいつ、ここに来る?」とスケジュール帳を見ることに。

高知市からは少し遠いので、満席だとがっかりしますよね。予約をお勧めします。
定休日は火曜・水曜だそうですよ。

第855回 「大月のイタリアン ピノッキオ」

6月16日

夏の初めを感じさせるこの時期、四万十市での仕事のついでに大月町まで足を伸ばしました。大好きな柏島はあいにくの天気のため、予定変更。大月町役場のすぐ北の方にある「イタリアンレストラン ピノッキオ&力豚(りきぶた)バル」へ立ち寄りました。

外観がさりげなくて、最初はうっかり通り過ぎてしまいました。昼はイタリアンで、夜は力豚バルをしているそうです。

中に入るとこんな感じで、4つのテーブルに分かれて居心地良い雰囲気でした。うん、気軽にイタリアンが楽しめそう。「さて」とメニューを見て、ビックリ!

21種類ものスパゲッティが写真付きで紹介されていて、久しぶりに何にするか、真剣に悩みました!ヤリイカのペペロンチーノか自家製ベーコンのペペロンチーノか。大月産・松本さん家のプレミアムウインナーもいいなあ~。ピッツアも捨てがたい。

ここのランチ、平日はパスタ・ピッツア・肉料理に、サラダとパンとドリンクがつくとか。それはお得!ドルチェもプラス100円だそうで、もちろん付けちゃいました♪

メニューに注文を受けてから調理を始めるので、それなりの時間がかかりますと書かれていました。安全で美味しいものを食べるためには、大事なことですよね。納得。

こちらは「自家製ベーコンのペペロンチーノ」(1200円)。このベーコンは力豚という地元大月町のブランド豚なんです。出荷時に冷凍していないので甘みがあり、ベーコンは柔らかくて香りがすごい!いっぺんでファンになりました。

魚貝のスパゲッティ(1200円)。魚介類のスープがた~っぷりです。大月は海の町ですからもう、これは約束された美味しさです。こちらのスパゲッティは1人前が200gと多めなのでしっかりと堪能できますし、「少なめで」とお願いもできるし、友達同士でわいわいシェアするのも楽しいですね♪

たらこと青シソのクリーム(1000円)。ふんわりした柔らかさで、不思議なことにクリームなのにしつこくない。次々に手を伸ばしたくなるお味でした。

最後のドルチェ。大人のプリンと白ごまのブラマンジェ。プリンは甘さ控えめ、白ごまのブラマンジェはコクがあって美味しかった~。

大月町は 高知市から車で3時間くらいかかるので気軽に行けるわけではありませんが、だからこそ次はいつ行けるかなぁと心密かに楽しみにできる、そんなお店でした。