第1010回 「心晴れやかフレンチ、エトネ」

6月18日

前回ご心配をおかけしましたが、やっと来週から長女のデイサービスも再開で、一安心。最近 疲れていた私を心配して、スタッフの中村が高知市万々にあるフレンチレストランを予約してくれました。行ったことがない店なので、コラムにも最適♪それだけで単純な私は、元気百倍に。(笑)

万々商店街の通り沿いにあるフレンチレストラン、「Étonné(エトネ)」。そう言えば次女からも美味しい、と評判は聞いてたのでワクワクです。

今日のランチは満席です、とのお知らせがドアに。評判通りでした。

中は天井が高く、きれいで座席もゆったりと配置されていました。満席だったのでお客様が映ってはと、お店全体の写真は自粛。
今回はカウンター席を予約していましたので、そちらへ座ります。

早速、メニューを拝見。
○鮮魚のポワレ エトネの夏のソース(1800円)
○土佐ポーク肩ロース肉のロースト(1800円)
○ステックフリット
~牛ロース肉のステーキとジャガイモフリット~(2000円)

これに、前菜と食後のドリンクがつきます。コラムに取り上げるなら お肉とお魚を選ぶのがいいんですが、食欲に負けてポークと牛ロース肉に転んじゃいました。(笑)

前菜が来ました。紫キャベツ、ジャガイモ、豚肉のテリーヌ、コショウダイのマリネ。色とりどりできれいです。そして美味しい。メイン料理への期待も高まります。

これは私の土佐ポーク肩ロース。窪川ポークです。色合いがきれいでしょう?お肉は粉をして焼くことでジューシーに仕上げてあり、付け合わせのラタトゥイユ(夏野菜のトマト煮込み)も夏らしく深い味。お肉とからんで楽しめました。

ご飯少なめに頼んだら子供茶碗に軽くくらいの少なさで驚きましたが、はずせないデザートのために、これは正解だと確信しました。(笑)

こちらは中村が奮発した?牛ロース肉のステーキ。でも、ポークと200円しか違いません。見るからに得した気分で、「見ても満足・食べても満足」だそうです。
紫ジャガイモを1個強奪しましたが(笑)、あっさり揚げてあり、特製マヨネーズを付けるとコクが出て二度楽しめました。

デザートは別料金(500円)になりますが、ここは必ず押さえておきたい。初対面なのに、気さくなシェフが色々とカウンター越しにお料理のことを話してくれます。今日ほどカウンター席に座れてラッキーと思えたことはありません。(笑)お料理が二倍美味しくなり、接遇って大事ですね。

中村のデザートは「ヌガーグラッセ」。シェフ曰く「贅沢なアイスクリームですね」。この一言で心を奪われたらしいです。(笑)
泡立てた卵白と生クリームの中に、カラメルをコーティングしたナッツやドライフルーツを入れた冷たいデザートです。「口に入れるとナッツがザクザクして、色んな食感が楽しい」との感想でした。

私のはシェフおすすめ、今日から始めた夏向きさっぱりの「プラムと白ワインゼリーのテリーヌ」。ワインすら飲めないので、シェフのおすすめじゃなかったら絶対に頼まなかったと思いますが、これに魅了されました。

まるでルビーのように綺麗な、透き通った赤、紅のグラデーション。画像では伝わりきれないですが、スマホの待ち受け画面にしたいほどの美しさ!

半割りのプラムが皮ごとパズルのようにぎっしりと詰まり、極力熱を加えず作ったという皮を含む自然な甘みがどこまでも上品。周りにはエルダーフラワーというハーブを入れたキャラメルソースが敷いてあり、ほのかな苦みとプラムの甘みが絶妙です。芸術品のようなデザートでした。

カウンターの上には、フランスアルザス地方の陶器や鍋がディスプレイされています。

可愛らしくて、ホントにおしゃれですね。左の鍋には鶏を1羽入れて、パン生地で密封して焼いたりするらしいです。聞くからに、美味しそう♪

そういえば店名の「エトネ」って「驚きっていう意味なんです」とシェフがおっしゃってました。確かに運ばれるごとに「わぁ!」「美味しい」と驚きがあり、そして食べる喜びに包まれる。予約がなかなか取れないレストランは、やはり納得のお店とシェフでした。
(火曜と水曜がお休みですので、お気を付けて。)

第963回 「緑の中のラーメン・カフェ~金次郎」

7月17日

夏ですねえ。まるで夏休みの絵日記のような入道雲が呼んでいるみたいです。(笑)
幡多に仕事に行ったとき、いつものイタリアン「ポモドーロ」がお休みでどうしよう、と思ったら「そう言えば宿毛市に美味しいラーメンがあるらしい」と思い出し、行きました。

高速道路も宿毛市和田まで延伸していますが、地図で見たらお店のある二ノ宮地区まで道路が新しくできていて、高知市から2時間半ほどで行けました。

「お店はどこ?この辺りのハズなんだけど…」と探すと、左手にありました!
これは見落としますよね。ちょっと森の中に入っていく感覚です。(笑)
駐車場は2軒東を、左手に上がった場所です。

入り口の階段は、枕木です。 雨の日は すべるのでご用心。

二ノ宮地区にある「金次郎」。
実は看板に小さく「二ノ宮」と入っているためか、ネットのブログ記事もフルネームだったりしますが、「二ノ宮金次郎」ではなく、「金次郎」が正解とのこと。

2016年のオープンらしいですが、すっかり人気店で  宿毛では珍しい行列が。(笑)
そのため、居心地良さそうな椅子が20人分くらい設けられています。

お店は11時からですが 11時半前には満席で、緑の中で待ち時間を過ごします。

いざ、入店!お客さまがいらっしゃるので全体は写せませんが、
南の窓からは夏の緑がしたたるようで、実に綺麗です。

メニューは定番の醤油・塩・味噌に加えて 担々麺、上海まぜそば、サンラータンメン…と様々。え?トマトとチーズの味噌ラーメン?パンダラーメンって何!?(笑)

パンダラーメンはお揚げが入ったあっさり味で、味噌ラーメンはベジタブルポタージュスープだとか。「当店の出汁はは真折昆布と5種類のお魚の一番出汁のみ使用しております」って、健康志向♪高知では珍しい、化学調味料抜きのオーガニックなラーメン店なんですね。ではまず、ベーシックな塩から行きましょう!

塩ラーメン(700円)が来ました。お箸も上品に包まれています。
トッピングは固ゆで卵、チャーシュー1枚、メンマ、水菜、トマトと紫タマネギ。
麺は細麺のストレートで、一口食べると…

わ、出汁の香りとうまみがすごい!まるで味の強いお澄ましを飲んでいるような…。
サッパリしているので、これは毎日食べられそうな美味しさ♪
紫タマネギのみじん切りが、味の良いアクセントになっています。

ちなみに「特製 塩ラーメン」(950円)だと、チャーシューと煮卵が増量。
別皿に盛られてくるのが上品で、味のバランスも損ないません。

チャーシューも個性的で、薄くてあっさり味、でも美味しい。
隣の女性陣は追加トッピングしてました。わかるわ~!(笑)

中村は「トマトとチーズの味噌ラーメン」、(850円)人気らしいです。
グリーンとトマトスープの赤のコントラストが綺麗ですね。

味が予想つかなかったのですが、「まろやかでコクがあって美味しい!」
「ちょっとエキゾチックで、まるでパスタをラーメンで食べてるような感じ」と。
麺を食べた後は、スープを楽しむ時間に早変わりです。

「スープを飲み干しても罪悪感がないって、いいですねぇ~」と完食。(笑)
どれも麺の器がとてもきれいで、ラーメン店と言うよりもカフェ、の方がぴったり来ます。勝手にラーメン・カフェとネーミング。(笑)

もう一品、これは「冷やし中華」(900円)、数量限定です。

レンコン、アボカド、ゴーヤ、鶏肉、トマト、グレープフルーツ(ルビー)、ブルーベリーが厚切りで色とりどり。その美しいことと言ったら!

スープはさらさらしたごまだれで、麺はもっちりと太めの全粒粉。
食べ応えアリだけどヘルシーなので、もたれない感じです。
また、明日も来たい(笑)。地元の方、いいなあ~。

皆さんが席を立った一瞬。たまたまお隣さんは、神戸からの方だったようです。
これから夏休みになるので、ますます混み合うんでしょうね。

2世代のご家族が総出で、お客さまへのしつらえ(準備)、食器、笑顔と宿毛らしい
心のこもった対応をして下さったのが印象的でした。ご馳走様でした。

「金次郎」さんのFace Book はこちらです。

第951回 「味も心遣いもやさしい 衣ケ島食堂」

4月22日

早いもので次女の赤ちゃんも8か月になり、子連れで動けるくらいになってきました。
そこで、高知市横浜にある親子連れに優しく美味しいランチを頂けるという「衣ケ島食堂」さんに行ってみました。

横浜トンネルを抜け、ローソンのある信号を左折し細い道を100mほど入ると、右手に駐車場があります。車を止め、道を右に曲がって2軒目の白いお家が…

衣ケ島食堂です。立派に張り出した松の枝に、「素朴な昼ごはん 衣ケ島食堂」という藍染めの旗が吊されています。

昭和の立派な民家の建築を、うまく活用しています。
玄関をくぐって左手に行くと…

高い天井と内廊下、その右手に大広間が。
懐かしい大伯父さんの家にお邪魔したような、昭和の家の作りです。

広い和室にはいくつかのテーブルと、カウンターがあります。
一番右手には…

ガラス障子で区切られた親子連れで利用しやすい、6畳の座敷が。
なんと部屋の隅にはベビーベッドまで置いてあり、至れり尽くせりです。

本日のごはんは、お吸い物と惣菜付きで 1250円。
炊き込みご飯を2種類から選びます。

この日は「日高昆布で、ふきとあさりの炊き込みご飯」か
「羅臼昆布で、たけのことしらすの炊き込みご飯」です。

こちらは次女の「ふきとあさり」。
おかずはトマトのジュレ、玉子焼きの揚げだし風、豆腐に海老とわらびの餡かけ、イタドリと人参とひじきの炒め煮?だったかな。説明してくださったのですが、覚えきれませんでした。(笑)

こちらは私の「たけのことしらす」。
どちらも昆布だしが素晴らしく利いていて、味が深いのです。
春の食材を使っているので、口の中にもぱあっと春が広がる感じです。

私のは羅臼昆布のだしでしたが、日高昆布に比べて味(うまみ)が強い感じがしました。

出して頂いた冷茶はキシマメ茶とハブ茶が半々と言うことで ほのかな甘みがあり、薄味のお料理を引き立たせます。

最後に、熱々のおだしをかけてお茶漬けにして頂きます。
丁寧に作られたごはんはどれもが優しく、体に染みていくようです。

せっかくなので、デザートも頼みました。次女は土佐の和紅茶、
私は「森木萃香園さんおすすめの煎茶」(どちらも450円)とあずきのチーズケーキ。

本格的な煎茶のセットも、いいですねえ。
とてもお茶が美味しく感じられました。

あずきのチーズケーキは、しっとりしていて和のテイストがあり、こちらも美味しかったです。

ちなみにこの部屋にはこんなにも子供用チェアや乗り物がそろっていました。
右端のアンパンマン号、試乗の後思わず買ってしまいました。(笑)
高齢者の方用の椅子もあり 本当に顧客目線での心遣いが感じられて、ほのぼのとした気持ちになりました。

今の時期、こうして出かけられること自体が 何より有り難いことと感謝です。