第872回 3つの「まぁしょーがないか」の話。

10月11日                中村 覚

もう始めて10年以上になる講義が、この時期にあります。先週の金曜日にその第1回目が終了しました。次週の打ち合わせをすませ、外に出た時には既に辺りは薄暗くなっていました。

駐車場の車に行きドアを開けようと取っ手を握ると「にゅっ」と妙な感触があり、とっさに手を放すと足元にカメムシが落ちました。どうも取っ手の裏側に潜んでいたみたいです。圧死したわけではないでしょうに、カメムシは死んだふり。握った右手を嗅ごうものなら鼻の寿命が縮むってもんです。

「まぁしょーがないか。 取っ手の裏側にいたわけだし。」車に乗り込むと、密室に臭いが充満しています。

これは事故みたいなもので、とにかくしょーがない。どこの世界に、取っ手の裏側をいちいち確認する人がいるでしょうか? 事故以外に考えられません。 以前、半年の内に2度も一時停止違反で捕まり、次 違反したらアウト!という窮地に立たされましたが、あの時と同じです。

次の日です。講義中に受講生に書いてもらったレポートのご質問を、お答えするために種類別に分けてパソコンに打ち込みます。今年の質問の内容は 松葉杖をついて15年程になる私の日常生活についてがほとんどです。「どういった事に不便さを感じますか」ということを、受講生がそれぞれの言葉で書いてくれています。

そんな中、「難病を患っている中で、一番何が大変ですか?」というご質問がありました。講義の中で「足、腰に力が入りづらく松葉杖で~」と申し上げていますので、20代の元気いっぱいの世代からすれば、私は難病ということになるみたいです。しかし私の中では 自分以上に大変な状態にある方はいくらでもいらっしゃるので、自分で「難病」と言うのはおこがましいだろうと・・・。

しかし、おかしなもので そう言われれば、ちょっと立ち止まり 普段見慣れた景色(日常)を一度見直してみるかと、そんな空気が一瞬 流れます。他者から自分がどう見られているのか?解釈というのは自分と人様ではこんなにも違うものなのかと、今さらながら再確認です。 ~でも、「まぁしょーがないか。 人は人。自分は自分。」

たくさんの質問をどんどん打ち込みますから この質問が終われば 次の質問。「なんびょう」と打ち込み、変換キーを押すと「何秒」と表示され、パソコンにしてみれば使用頻度に従っただけでしょうが、「ふざけてるのか?」つい笑ってしまいました。 こんなふうに悩んでも仕方ないことは、ちょっとトボけてやり過ごそう、みたいな。(笑)

ところで、こういった大量の入力をする時は、だいたいイヤホンで音楽を聞きながら打ち込みます。その方が疲れにくい気がするからです。~で、しばらく前から イヤホンが壊れていたことを思い出し、外出先で打ち込みをしていたので、その足ですぐに買いに行きました。前回 使っていた物よりはちょっと良いヤツをと思い、買ったのがこちら。

ところが、あれ? あれ? いざ聴こうとしたらパソコンのイヤホン端子に差し込むプラグがありません!

左のイヤホンのように本来はプラグがあるはずなのですが・・・?

得体のしれないイヤホン。店に引き返し、プラグ付きのイヤホンに替えさせてもらえないかと聞くと「こちらの商品はワイヤレスイヤホンと明記されていますし、なによりも一度開封した商品は返品不可です。」

いや、ごもっとも! スマホ対応のイヤホンだったみたいです。(スマホは持っていません。) 妙に聞こえるかもしれませんが、購入する時にはパッケージの側面にデカデカと書いてある「ワイヤレスイヤホン」が見えていなかったのです。

買った後に浮き出たのでしょう。だとしても、やっぱり開封したのが一番の痛手。浦島太郎も玉手箱を開けてなければ返品できたはず。(笑)

「まぁしょーがないか。 開けたんだから。」

2日間の内に起こった、3つの「まぁしょーがないか」の話でした。

第871回 「同志社大学は、近代建築のドリームランド」

10月5日

前回書きましたが、京都の会合に行った際、たまたまホテルに近かった同志社大学に近代建築があると知り、行って来ました。ちょうど連休中だったのでほとんど人影もないキャパスで、素晴らしい建築を堪能させて頂きました。

同志社は、明治8年(1875)新島襄によって英学校が創立され、その後大学に発展しました。京都の中心である京都御所の北側に位置します。京都は戦火を免れたため近代建築が多く残っていますが、とりわけここには国の指定重要文化財が沢山あり、まるで近代建築のドリームランドのようでした。

同志社大学では、建築に独自の名前が付いています。校門近くのこちらは、彰栄館。時計台のある建物で、国の指定重要文化財です。

京都市内でも現存する最古の煉瓦建築だそうで、明治17年(1884)、ダニエル・クロスビー・グリーンによる設計です。グリーンは宣教師として来日し、明治15年から同志社に赴任して建築に携わった建築家です。

緑が映え、135年もたつようには見えない美しさに見惚れます。現在は庶務課として使われているようです。

その東側には、同じく国の重要文化財の礼拝堂(チャペル)があります。彰栄館と同じ、グリーンの設計により明治19年(1886)に建築されたものです。残念ながら、どちらの建物も中には入れませんでした。

こちらはその東側にあるハリス理化学館。国の重要文化財です。A.Hハンセルの設計で、明治23年(1890)に、アメリカの実業家 J.N.ハリス氏からの寄付により建てられたものです。現在は同志社ギャラリーになっており、無料で見学できます。

ハリス氏は新島襄の理化学教育に対する熱意に賛同し、同志社へ当時10万ドルを寄付。その一部がハリス理化学館建設にあてられ、理化学の教室となりました。当時は、教育だけでなく外へ向けた研究施設でもあったそうです。

建物正面の入り口の上にある文字盤には「18  SCIENSE  89」と刻まれ、

建物の基礎にも「明治二十二年 A.C.1889」と刻まれています。(ギャラリーの年表とは1年違いますが、定礎が作られた時期と竣工で違うのかもしれませんね。)

1階は同志社の歴史などの常設展があり、2階では企画展が行われていました。

中央階段。黒光りする木製の階段と手すりの曲線が美しく、どっしりとした存在感を放っています。

当初は八角形の天文台もあったそうですが、明治24年の濃尾大地震により安全性が危ぶまれ、明治26年に撤去されたとか。現在はらせん階段だけが残されています。

こちらはクラーク記念館。同じく、国の重要文化財です。アメリカの資産家B.W.クラーク夫妻が、27歳でこの世を去った息子のためにと、寄付により建てられました。

明治27年(1894)に開館、設計はリヒャルド・ゼール。ドイツの建築家なので、建物はドイツ風のネオ・ゴシック・スタイルです。

ダークブラウンの尖塔が印象的ですね。

当初は神学教育と研究のための「クラーク神学館」でしたが、新しい神学館の完成により、今の「クラーク記念館」となりました。残念ながら、こちらも見学はできませんでした。

ガッシリとしているけれど、美しい。張り出し窓の陰影が印象的です。

同志社大学の近代建築はまだいくつもありますし、お隣の同志社女子大学にもあるので、ご興味のある方は近くに行った折に見学なさってはいかがでしょうか?

こんな素晴らしい環境で学べている学生さんたちは、幸せですねぇ。

第870回「交流分析で 初秋の京都へ」

9月28日

先週末は交流分析の年次大会があり、「台風は大丈夫かな…」と一抹の心配をしつつ飛行機で京都に向かったのでした。考えてみれば 京都は20代の前半以来、数十年ぶりでした。

会場のKBSホールは400名の参加者で一杯。南アフリカからいらっしゃった、カレン・プラット先生のご講演で、最新の交流分析の勉強をしてきました。大会の後も、「交流分析とコーチング」というテーマでカレン先生の2日間のワークショップに参加しました。

カレン先生は愛情深く、民主的で、知性あふれる素晴らしい方でした。早速来月の交流分析士2級講座に反映できるワークもあり、改めて深い学びとなったことに感謝でした。

夜の交流パーティーでは、さすが京都!芸妓さんと舞妓さんが歓迎の踊りを舞って下さいました。とても華やかな宴でした。

滞在したホテルは、たまたま京都御所の真ん前の平安ホテルでした。そのため大会の開始前に御所へ行こうかと思ったのですが、駅からの道順を確認するためグーグルストリートビューを見ていると

偶然、画面に映った近代建築に目が吸い寄せられました。
「え、これはどこ!?」
調べてみると、御所の隣にある同志社大学。知らなかったのですが、ここは近代建築の宝庫でした。駆け足で撮影に行ったので、また後日ご紹介します

台風も無事に通り過ぎた最終日、お昼に目の前の御所へ参加者の方にご案内頂きました。

実は門を入ってすぐの所に、無料休憩所とレストランがあったのです。レストラン檜垣茶寮という所でした。そこで見かけた「御所車御膳」に目が釘付けに。

ご覧下さい、まさにインスタ映えするビジュアル!1500円と手が届くお値段も嬉しい。メインを魚、蒸し京都赤鶏、京都ぽーくのヒレカツ、和牛米麹糖蜜煮から選べるシステムもまた、嬉しい♪

フタを開けるとこんな感じでした。これは和牛米麹糖蜜煮です。

上品な、フクロダケのお吸い物。お箸には菊のご紋が入っています。

さて、宿泊していた平安ホテルのお庭は、公家屋敷の庭園として江戸時代に造られました。中央の池の周囲を回遊できるようになっています。

庭園の中央の池には石橋が架かり、滝が流れ落ち築山をもうけ、四阿(あずまや)と神社を配し、周辺との調和を保っています。

きっと、江戸時代からこの景色は変わっていないのでしょう。
ゆったりと散策すると、時の流れを忘れてしまう気がしました。

せっかく京都に来たのだからと、交流分析仲間が湯葉のお店を予約してくれました。とてもヘルシーで、それでいて満足感を覚えるコースでした。

全部ご紹介できませんが、秋刀魚があったりと いかにも初秋の京都らしさを感じられました。

最後に。ホテルのお店「ひとしほ」で見かけ、一目惚れした品を帰りに買おうと思っていたら忘れてしまい、電話して届けて頂いた(笑)ものをご覧下さい。

平安ホテル特製の「金彩杉化粧箱」です。京の杉箱に金彩友禅師が一つ一つ手描きで仕上げたものです。いかにも京都らしい美しさでしょう?

山田さんという職人さんと直接お話ししたのですが「漆塗りの箱などの高級品でなく、日常使いの杉箱でお求めやすく使いやすいものをご提供したい」という思いを込めた商品とのことでした。大切に使わせて頂きます。

沢山の思い出ができた京都の大会でした。
出逢って下さった沢山の皆さま、ありがとうございました。