第930回 「マスクと表情、その影響」

11月21日

「えぇ~!ここまで笑わないと、わからないの!?」
看護学校でマスクを付けたまま、真顔から笑顔に変えるワークをしたときの学生達の反応です。マスクの下で、大きく口を開けた満面の笑顔になって初めて、友人が「笑顔に見える」と認定したことに みんなショックを受けていました。

マスクの下が満面の笑顔の手前でも 相手が「笑顔」だと認識してもらえた人は、90人中わずか3~4人。大笑いレベルの笑顔でないと、笑顔には見えなかったのです。笑顔についての認識が自分と他人からでは大きく違うのだと、腑に落ちたようでした。

顔の中で一番大きく動くパーツが口です。だからこそ、口元を隠されると相手の表情が見え辛く、感情を読み取るコミュニケーションが取りにくくなるのですよね。

11月12日のNHKの朝のニュース「おはよう日本」でも、特集でマスク生活での子ども達への負の影響について取り上げられていました。

保育士が子ども達に「良かったね」「えらかったね」と声かけをしても、意志が伝わらない。じーっとは見ているがマスクでこちらの口元が見えないので、すぐに反応が返らない、共感が感じにくいというのです。これでは信頼関係が築きにくいので、顔が見えるフェイスシールドに替えてコミュニケーションを取っている、と。

ヒトの脳と心の発達の研究者 京都大学・明和政子教授によると、生まれてから1歳までの赤ちゃんは特に、接し方に注意が必要だそうです。

喜怒哀楽の「顔」を学ぶ赤ちゃんは、色々な人の顔やその動きを見て表情を学ぶわけで、目・鼻・口の3点がそろって「これは顔だ」という認識がされるそうです。その後数ヶ月かけて喜怒哀楽の顔を学習していくのだとか。

すると、感染を恐れるあまり家族がずっとマスクをしていると その学びができずに、「顔」の認識が阻害されることにならないでしょうか?

明和教授によると「顔と表情を区別する能力が土台にあり、その上に相手の気持ちを理解する能力が育っていく」ということでした。顔の認識ができないと共感力に影響が出る、しかもそれがわかるのは何年も経ってからで、その教育の大変さを考えると、多くの親ごさんに知って頂きたい大切なことだと感じました。

小学校でもマスクをしているため、友達同士で顔を向き合い学んだり 助け合いができなくなり、トラブルなどコミュニケーションに苦労する場面が増えていると報じられていました。

私は昔演劇をやっていたこともあり、たまに中村から「筒井さん、そのリアクション、外国人みたいですよ」と注意か賞賛かわからない指摘を受けるのですが(笑)、感情をジェスチャーやボディランゲージなどで豊かに伝えることは、今こそ大事ですね。
自信を持って、精進します!(笑)

第929回 「高速道路、降り間違いトラブル」

11月14日

先日、この時期恒例の香川県の看護学校のお仕事に行くよう、高速道路を走っていた時のことです。いつも中村が運転してくれているのですが、もう10年近く通っている慣れた道なのに、途中のサービスエリアに入ろうとして間違って出口に侵入してしまいました。

こういう場合、仕方がない。一旦高速料金を精算し、再び入るしかないだろうなあと思ったその時、目に入ってきた看板が。

「降りるIC(インターチェンジ)を間違えた車 待機場所」
えっ、それってまさに今、私たちの状態じゃない!

出口のインターホンで「すみません、実は降りるインターを間違えてしまいました」と伝えたところ、「左側にある待機場所でお待ちください」とのこと。

やがて職員さんが出てきてくれて、車両ナンバーをチェックし、写真に撮りました。
(なんでだろう?)と不思議に思ったのですが、職員さんは
「一旦出て、安全な場所でテンカイしてください。」
(テンカイ?ああ、転回…Uターンのことか)
「インター入り口の、左側のレーンに入って下さい。その際、通行券は取らないで紫色の機械の赤いボタンを押してください」

写真を見せながら、丁寧に説明してくださいました。
お礼を言って一度インター出口から降りて、気がつきました。

なるほど、このまま逃げちゃう人もいるかもしれない、だからこそのナバーチェックや写真なのか、と納得。

Uターンをして入り口に戻ってきました。

赤いボタンを押して「すみません、先ほどの~」と説明をすると、ゲートが開いて通してもらえました。

そして無事、本線に合流。時間にゆとりを持って出かけたため、遅れは気にならなかったのが幸いでした。料金も、予定通りで助かりました。

調べてみると高速道路で、「出口を通り過ぎてしまったら 行き先を間違えてしまったら」という対処法のサイトを見つけました。「高速道路上でのUターンやバックは、絶対にしないで下さい」との注意喚起と、ちゃんとそのための対処法があるのです。

最近、高速道路で出口を間違って侵入してしまい、そこから逆走するといったトラブルが相次いでいます。重大事故につながりかねませんが、一瞬動揺して、車を止めたりすることもあり得ます。

こうしたシステムがきちんとあるんだと知っていれば、あせって逆走する必要はないですよね。思いがけないトラブルから、また良い学びを頂けたのでした。

第928回 「塗ってしまえ!」

11月7日         中村 覚

難しい話を難しく話されて、ますますわからなくなるってこと、ありませんか?でも不思議と難解であればあるほど高尚なものに思えて、さっぱりわからないのにありがたく感じてしまう。「大先生のお話はなかなか難しゅうございますなぁ。」

これって、音楽や絵画、読書、芸能にも通じるのではないでしょうか。時間をおき、頭の中で咀嚼し直し わからないまま余韻を楽しむ。それを繰り返す内に いつしか深淵に…、趣味の世界では理想とするところです。

ところが、実生活ではそんな悠長なことはやってられません。
簡潔に、誰にでもわかるように!
そういったことの最たるものが、この道路かなと。
「塗ってしまえ!」

青く塗られた右折車線。実はこの道路ができた当初は塗られておらず、ただの3車線でした。通るたびに「この道、わかりにくいなぁ。いつも通る人はいいけど、ちょっと危ないなぁ」と思ったものです。それから何年か経った頃、写真のように右折車線だけ青く塗られ これには うなりました。「この手があったか、なんと わかりやすいっ!」
「塗る」というシンプル過ぎる解決策、思い付きもしませんでした。(驚)

ファーストフード店でのドライブスルーは周知のとおりですが、こちらは道の駅のドライブスルーです。店への出入口となっている広々とした通路ですので、このようにしっかり緑で塗ってくれていると、「ドライブスルー、ご利用の方はこちらへ!」と一目瞭然です。大きな看板に活字表記するより効果てきめんかと思います。

最後に、近所にある毎日が正月の横断歩道です。(笑)ウソです。

これほど目を引く横断歩道へと様変わり!
近くに中学や高校もあり、車の交通量も多いということで 注意喚起のために紅白にしたのでしょう。やはり赤はパッと目に入って来ますね。この写真を撮る時も 車の往来はひっきりなしでした。

全国道路標識表示業協会という組織があるようで、ネット資料によると路面のカラー化の効果をこのように書いていました。

・識別性
色の区別しやすさであり、異なる色を隣接させるとその境目で著しい対比が生じ、 境界線付近は色の属性がより強調された縁辺対比として知覚される。

さすが専門の資料で、わかりにくい用語が…。(汗)
要するに「違う色を隣り合わせることで色の特性が強くなり、周りと区別しやすくなる」ということでしょうか。確かに道路のグレーと青、赤、緑などの色の対比は視覚に訴える効果が高いですよね。

こうした色の解決策を考えた人は本当にスゴいなと思います。みんなにわかりやすく、効果てきめんで予算はかけない。私の感覚だと どうしても「道路は塗っちゃいかんだろう。」公共物への落書きはダメだと教わったもので。(笑)

ドライバーとしては、カラー塗装された道路は危険箇所だろうと意識して、より安全運転を心がけることが大切ですね。心します。