第1042回 「令和のおひなさま事情」

2月4日

え、2月なのに「おひなさま」?ずいぶん気が早いと思われるかもしれませんね(笑)
はい、時期的にはその通りです。実は次女に女の子が生まれまして、「おひな様を買いに行くから、一緒に行ってくれる?」(=買ってくれる?の同義語・笑)ということで先日、人形店に30数年ぶりに伺ったのでした。

私が子どもの頃のおひなさまは、5段飾りとか7段飾りの大きなものでした。次女のおひな様は3段飾りでしたが、広げてみると結構大きく、でもいっぺんに華やかになるのが、娘達も私も嬉しかったものです。

店内はあちらもこちらも見事なおひなさまが並んでいて、その雅な世界観にうっとりとします。「今日は平日なので空いていて良かったですね。ゆっくりごらん頂けますので」という店主らしき男性の方に、色々と解説を伺っていきます。

目についたのは、親王飾りの多さです。

親王飾りとは、お内裏様とお雛様のペアのみの飾り付けです。住宅事情からでしょうか、今では8割 ほどが親王飾りを選ぶそうで驚きました。そしてこのように、下に豪華な収納箱付きというものも多かったです。

親王飾りならではの「立ちびな」も多く見られました。こちらは今上天皇と雅子皇后陛下のご即位の時のお衣裳のおひなさまです。立ちびなは、十二単が引き立って美しいですね。

あと、こういうケース飾りも多くなっていました。コンパクトで収納も簡単なため、次女も最初はこのタイプを買おうと思っていたようです。

ただお店の方がおっしゃるには、「がっちりと固定されているので、後で別の所に飾りたいと思ったときに、それができないです」とのことでした。そんな機会あるのかな?と考えてみると…

思い出しました!次女の結婚の時に、おひな様と一緒に写真の前撮りをしたことを。次女も「じゃあやっぱりおひな様を娘が持てるようにしたい」と予定を変更。

この人のおひなさまなんですが、本人はまったくこだわりがないようで。そりゃそうです(笑)

やっと候補を3つから2つに絞り込んだのですが、最後の決定がかなり難しく、悩んでいるとお店の方が「やはり、顔で選んで頂いた方が」とのこと。次女がふと思いついて、「じゃあ、おひなさまを2つ並べてもらえますか?」とお願いしました。

並べてみると、一目で顔立ちが違うのがわかりました!そして、私たちの好きな顔立ちは「右やね」と意見が一致。こうして1時間以上かかり、やっとおひな様が決定しました♪

以前は高知ではなかった、つるしびなが可愛らしくて目を引きました。写真のウサギは目が赤いので、魔除けにもなるとか。

今、おひなさまは年末・年始で遠くから家族が集まる時期から、お買い求めのお客さまがいらっしゃるのだそうです。確かに量産品を除けば、ほとんどの人形が手作りなため、早ければそれだけ品物の選択肢が多くなるからでしょうね。知りませんでした。

「すべての子どもが健やかに育ちますように」と願いつつ、雅な世界を後にしたのでした。

第1041回 「コンステレーション」

1月28日         中村 覚

去年の夏、畑でのこと。自由奔放に伸びに伸びたカヤなど雑草を刈っている時です。急に頭のてっぺんがチクッ!チクッ!と痛み始めました。雑草に混じり野ばらも生えていたので、ちょうどバラが頭皮に当たって痛いなと…。

~にしても、かなり痛いと思っていると「ブゥ~ンッ」と耳元で音が。初めて蜂だとわかりました。知らない内に刺されていたことも。(笑)
こうなると痛さも何割か増して、怖さも出てきます。 バッとその場から
一目散に逃げることが大事ですが、それができない分、恐怖心もアップ。

嫌がらせのように耳元で飛び続ける蜂を手で追っ払いながら少しずつ移動するのですが、ついてきます。夏場だったので半袖。頭の次はむき出しの腕です。左腕も刺されました。まるで蚊が腕に止まるように、蜂が腕に止まり、ブスッ!ギャァ~。みたいな(笑) でも痛い、痛いとやっている内に蜂はいなくなりました。もし大群で来られていたらと考えるだけでゾッとします。
で、何のことはありません。とにかく、初めて刺されて痛かったという話です。

それから4ヵ月ぐらいして、道の駅でたまたまこんな物を見つけました。
(※虫が苦手な方はご注意下さい)

瓶詰めにされている中身は蜂です。

「世界最大の蜂」と書いた紙を瓶の頭にくくりつけての販売。蜂の名前や説明などは一切なく、それでいて「世界最大~」とは大きく出たなぁと(笑)
でもこういうノリは好きだし、数ヵ月前、刺されたしなぁ~。
(もちろん、自分を刺した蜂はもっともっと小さかったですが)

まっ、買っておくかと。家に帰り測ってみると大きさは約5㎝。やっぱり確かに大きい。大きいから珍しい。でも机の上に置いてもしょっちゅう見る物でもないですが(笑)刺されていなければ買わなかった代物です。

ふり返ってみると、
・蜂に刺された事は単に「痛かった事」で終わりです。
・瓶詰めの蜂も、これ一品だけだと特に書くようなことでもないかと。
・でもこれらをくっつけて、こうやって取り上げてみる。

このように点と点をつないで意味付けをすることを、
心理学で「コンステレーション」というようです。

コンステレーションは英語で「星座」の意味。転じて点と線で連なるものを表現する言葉として用いるとのことです。 1つ1つの事柄や状況は何の意味も関係性もありませんが、それらが結びつき ある意味を示す時がある。そう気付くことを、コンステレーションを感じるというのだそうです。

この考え方が良いなと思ったのは、自分で好きなように勝手に意味付けや解釈をするということです。正解か否かがゴールではない!(笑)

人それぞれの考え方なんて、ほぼ思い込みのようなものですから、
良い思い込みの方法として、コンステレーション、面白いと思いました。

第1040回 「堀内 佳さんとのご縁」

1月21日

先日、貴重な体験をさせて頂きました。高知放送で30年以上ラジオパーソナリティをなさっている、シンガーソングライター 堀内佳さんの番組「堀内佳の気まぐれターンテーブル」で、ゲストとしてお招き頂いたのです。

高知市内の、とあるスタジオにお伺いしました。副調整室の様々な機械の横を通り抜け、奥のスタジオにお邪魔します。

堀内佳さんは四万十市生まれで、高知では有名なシンガーソングライターです。命や人権からラブソングまで幅広いテーマで、学校関係を中心に国内・海外と、ギター弾き語りコンサートを続けていらっしゃいます。

私の二人の娘も学生時代、それぞれの学校で堀内さんのコンサートを体験していますが、次女は中学生の時、学校コンサートで堀内さんの歌「2匹の犬」に心打たれ、「友達と泣いたわ~」と話していました。

実は『追手前伝説』が出版されたばかりの昨年11月、Facebookで堀内さんが本にエールを送る投稿をなさっていて、それがきっかけでご縁ができたのです。

私もはるか昔、NHKでニュースキャスターをしていたことがありますが、驚いたのは堀内さんの高い才能です。相手を緊張させないためでしょう、打ち合わせを一切しないのに 自然なお話で色々と引き出してくださるのはもちろん、あれこれと自由に話を広げても時計も見ずに時間ピッタリに納めるのには、神業かと驚きました!

2回に分けて、『追手前伝説』の裏話を初公開しちゃいましたが、堀内さんと楽しくお話させて頂くうちに あっという間に時間が過ぎました。豊かな感性や配慮でのお話し上手なだけでなく、展開や構成など冷静に判断なさる論理性も高い方で、そこにも感銘を受けました。

それは きっとこれまで堀内さんが歩まれた視覚障害という運命と共に、磨かれた力なのだろうと推察します。そういう大きな命題があるからこそ、人生に向き合う力と人間力が磨かれることは、スタッフの中村や様々な方々を通じて学ばせて頂いたことでもあります。

堀内さんが手元に置かれているのは、点字ディスプレイという機器です。
昔は紙で点字を打っていましたが、今やパソコンと接続すると画面上に出ている文字データを点字で表示でき、単体でも点字データ、テキストデータの読み書きができるようです。紙で読むよりディスプレイ上の点字の方が読みやすいとか。点字だけでなく音楽や朗読の再生、録音などもできるそうで、すごい!パソコンと同じような感じでしょうか、科学の進歩が嬉しいです。

私は医療系の専門学校で授業をしているため、こういう実際に使われている機器を教えて頂けるのは、とても勉強になります。

番組「堀内佳の気まぐれターンテーブル」は、月曜日から金曜日の13:15~13:25 。私の回は、来週の26日(木)・27日(金)です。

実はグランドソフトボールの高知県代表選手もなさっている堀内さん。体の鍛練も、見習わなければ…(笑)堀内さんの、人としてのカッコイイ生き方を間近で見せて頂けて、貴重な体験でした。堀内さん、本当にありがとうございました。