第897回 「言葉の加減乗除」

4月5日

実は知り合いで、ちょっと苦手な人がいます。とても頭が良く、バリバリ仕事ができ、偉ぶらなくて前向きで笑顔が多くリーダーシップもある女性です。「私はこう思う」ということもハッキリ言える方です。そんな素敵な方なのに、なぜ?

なんと言うか…子どものように自由過ぎる発言をするんですね。
あるセミナーで知り合い、その後彼女からフェイスブックで友達申請を受けました。「ありがとうございます、よろしくお願いします。」というメッセージを送ったら、「ごめんなさい、間違って押したみたいです!意図してなかったので気にせずはずしてくださーい!」というお返事が…。「え?」と戸惑いました。

こういう場合、間違って押しても「意図してなかったのではずして」とマイナスの言葉は言わず、大人の対応でプラスの言葉を足して「今後とも~」みたいなことに一般的にはなると思うのです。(正直だけど、失礼な人だな)という印象は、その後も彼女の相手への配慮が見えない部分が気になりだし、苦手意識に変わりました。

思ったまま100%言っていいのは子どもだけで、大人はやはり考えて言葉を足したり引いたりしなければと思う私の価値観が、苦手意識に変えているのでしょう。

言葉を足すのは「すみませんが」など簡単にできても、いらないことを言わないなど、うまく言葉を引くのは難しい気がします。要点は伝わらないと意味がないですし、これができるのって…往年の高倉健さんでしょうか?(笑)

ここで面白いなあ、と感じました。
足すとか引くとか、計算みたいと思ったのです。
じゃあ、「かける」は?

そのまんま、「言葉をかける」!と思いついて、笑顔になりました。
言葉がけって人間関係作りには大切ですよね。「おはよう」「元気だった?」なんてあいさつの一言でも、言葉をかけてもらえると嬉しいものです。

では「割る」は?これは難しい、と考えていると横で中村が
「まあまあ、と割って入るのは?」
うーん、確かにそれもあるけど。(笑)
あ、「言葉を割り引く」って言いますね。「あの人の言うことは、少し割り引いて考えなきゃ」とか、物事を内輪に見積もることを言いますよね。

足す、引く、かける、割るを加減乗除(かげんじょうじょ)と言いますが、
言葉もこの加減乗除って大切なんだなあ、と思ったことでした。

第896回 「鳩を放つ少年」

3月27日                 中村 覚

最近、デアゴスティーニから発売されている「仮面ライダー DVD コレクション」を観ていると、当時の社会の様子がそのまま映っています。登場人物のバックにさりげなく映る街並みや角ばったラインの車、 まだまだたくさんあった木造住宅。高度成長期の地方都市の様子なども。ヒーローの活躍よりもこういった映像を観られることが面白かったりします。

あるエピソードで、地方の田舎町に住む少年が事件に巻き込まれます。「これは悪の秘密組織ショッカーの仕業に違いない」と考え、東京にあるライダー少年隊の本部に連絡をします。「ショッカーの怪人現る。至急 来てください」と要点のみを記した小さなメモを鳩の足に括り付けて、空に向かって伝書鳩を放つのです。

私はDVDを観ながら てっきりライダー少年隊の本部には「電話連絡」するものだとばかり思っていたので、鳩を飛ばしたのには驚きました。私は昭和52年生まれで、 仮面ライダーの放送開始は昭和46年ですから、時代背景を考えてもすでに個々の家に電話はあったはずです。「電話が早いのに。」と思ったのです。

後日、私よりも年齢が上の当時を知る人と、雑談の最中にこの話を聞いてもらいました。すると 「当時は県外に電話をすると通常よりも通話料が高かったんだよ。そもそも電話はお金がかかるもの。遠くの人との交流は文通が普通で、ペンフレンドも この時代のこと。近所で伝書鳩を飼っている家もあった。」と教えてもらいました。

こういった時代背景ですから、子供がおいそれと県外に電話をするというのは一般的ではなかったのでしょう。だから伝書鳩だったわけです。(笑)

この話がきっかけで、これまで自分自身が経験した電話に関する思い出がよみがえりました。そう言えば 小学校の時分、夜の20時(?)を過ぎたら少しでも通話料が安くなるからと、その時間を待って親が県外の親戚に電話をしていたこと。高校を出て県外で暮らすことが決まった時に、義理の姉のお父さんからテレホンカードを束でもらって嬉しかったこと。県外から実家などに電話をするとカードの度数も瞬く間になくなり、使いきった後は現金です。公衆電話にリズミカルに100円玉を入れ続けて沖縄の友人と一度だけしゃべったこともありました。確かに通話料は高かったという、これらの忘れていた事実。

「太陽にほえろ」で石原裕次郎が車に取り付けてある電話で話す様は、それだけでカッコ良く 限られた人にだけ許される贅沢のようにも映りました。今、見たらカッコ悪いだろうな。ごっつい受話器、持って。(笑)

私が子供の時でも こんな感じですから、人と連絡を取り合う時の感覚は、今の時代とは雲泥の差があったのでしょう。「便りのないのは良い便り」と昔は言ったようです。遠方の知り合いからしばらく何の連絡もない場合、悪い知らせがあるわけでもないから、「あいつも遠くの地で無事に過ごしていることだろうよ」と。(笑)

最近は、通話料という覚悟もないまま(笑)、県外にもかけ放題です。昔は県外への敷居は高かった。今では「圏外」があるのみです。

第895回 「頑張れ、就活生!」

3月20日
新型コロナウイルスで、様々な影響が大きく広がっています。企業の業績が急激に悪化し、内定を取り消される大学生も出てきています。

私も例年3月の中頃には面接トレーニングなど大学の就職講座を2日間行いますが、今年は延期となりました。この時期本格化するはずだった会社説明会は軒並み中止や自粛となり、2021年春に新卒採用される大学生はどう就職活動をしたらいいのかわからず困っている人が多いのではないでしょうか。

「コロナ自粛」で業績の悪化により採用活動ができなくなった企業もあるようですが、企業側も頑張っています。感染拡大防止を考慮し少人数で説明会をしたり、ウェブ活用も進んできたようです。

「マイナビ」「リクナビ」などの就職情報サイトでは、動画によるウェブ説明会も見られます。対面で緊張しているリアル説明会と違い、仕事内容の説明など何度も繰り返し見ることができるのが長所ですね。しかし反面、直接人事の担当者とやりとりができず、企業情報が限られた中で志望先を決めなければならないことが課題でしょうか。

今年はグループ面接はやめて個人面接重視にする企業、ウェブ面接を取り入れた企業も多くなっているようです。ウェブ面接の場合、交通費もかからず何社も受けられるわけですから、高知のような地方の学生にも不利にならないと考えられますよね。

こうなってくると断然有利なのが、インターンシップに行った学生です。志望先の企業に行った人はすでにコミュニケーションをとっているわけですから当然ですが、行ったのが志望先の企業でなくても、その体験をいかに語れるかが重要です。希望業種とは違う企業での体験も「そこで何を学べたのか」と捉えることができれば自己PRにつなげられます。

前代未聞の出来事に、みんな不安が大きいのは一緒です。でもその中で、できることはあるはず。コロナの自粛が解禁された時に、企業研究をじっくりやる・自己分析を深めていく実際の店舗に足を運んでみるといったことを地道にやっていた学生は、当然有利になるでしょう。何でもそうですが、目の前にあるネガティブな側面ではなくポジティブな側面を見つけ、行動につなげられる人は強いですから。

就活生の皆さん、大変でしょうが 頑張って下さいね。