第884回 「気分上々」

1月10日              中村 覚

令和2年が始まりました。
皆さま、本年もどうぞよろしくお願い致します。

毎年、年明けは初々しく感じるものです。部屋のカレンダーやダイアリーが新しくなり、気持ちも一新。 初詣やおせち料理など、年に一度のこの特別な感覚は、やっぱり気持ちが揚々とします。

毎年、正月は県外で働いている中学からの同級生が帰ってきます。今年もドライブをしながら最近の話から学生の時の昔話に花を咲かせました。そんな中、テレビで知った言葉がとても良かったから覚えたと、友人が言うのです。

「これまでが これからを 作るのではなく~」 さあ 中村、この後に続く言葉は何だと思う?とクイズ形式で聞かれました。 でも私には全くわからず・・・
答えは 「これからが これまでを作る。」でした。 最初から言うと

「これまでが これからを 作るのではなく、これからが これまでを作る。」

んぅ~、良い表現だなあと思い、忘れないようにその場でゆっくりと確認を取りながら復唱しました。(笑)

過去に起こった失敗や後悔と思われる出来事も、これからの体験や物の考え方次第で、活かすことができる! 昔は30点と思っていた事柄も、考え方が変われば75点ぐらいにはなるでしょう! みたいな。(笑)

まさに新年にふさわしい言葉だと思ったのです。教えてくれてありがとう!と素直に言いたいですが、面と向かっては無理ですね。(笑)

次は友人の子供の話です。この子は天性の明るさを持つ小学2年生の男の子です。とにかくこの子が居ると場の雰囲気がグイーンッと引き揚げられ、まさにエネルギー増幅器。テレビで見たことや買い物、家での出来事などを両手に花束いっぱいのように次から次へと話してくれます。エンドレスですから 頃合いを見て、父親(私の友人)が「少しは休んだらどう?」と言っても、そんなのはどこ吹く風です。

おおかた2時間近く話した頃でしょうか。みんなで食事をして小腹もはり、ここらでちょっと休憩かな? という雰囲気になった時、この子がボソッと呟きました。
「あぁ 楽しくて仕方なぃ。」

何 それ? こんな独り言・・・。 今まで考えた事もなかった。

トーン低めの「あぁ 楽しくて仕方なぃ。」

大人で言うところの、ここらでちょっと一服、休憩「ふぅ~」。 そんな感じで、こんなこと 言う? 素晴らしい!(笑)
このセリフは良いなぁ。 マネしましょ。

えっ?毎日が子供みたいにそんなに楽しいのかですって? いえいえ。

子供とはやっぱり事情が違いますから、そこは気概か何かでウヤムヤにして乗り切ります。そして ちょっとした合間に ウソでもボソっと「あぁ 楽しくて仕方なぃ。」

繰り返すうちに 和んでくるに違いありません。(笑)

本年も皆さまにとって より良い年でありますように。

第883回 「交流分析士2級講座、終了しました」

12月30日

半年にわたって開催してきた交流分析士2級講座が先週、無事終了しました。
受講生の皆さんとの記念の一枚です。各方面のリーダーの方々が多く、お忙しい合間を縫っての学びの姿勢には私たちもいい刺激を頂きました。本当に、ありがとうございました。

前列の左から3人がスタッフです。左端の宮本さんは受付として様々な心遣いで講座を支え助けてくれ、感謝でした。その右隣の竹村さんは、私のインストラクターの頼もしい同期です。2人で6回の講座を半々で担当してきました。

竹村さんの講座はいつもホワイトボードにツールがたくさん貼られ、初めて交流分析を学ばれる方でもとてもわかりやすいのです。広告のプロなので、視覚に訴えるのに非常に長けています。毎回「さすが、竹村さん!」と感服し、お手本にしています。

今年の受講生の皆さんは最初からオープンに事例などを自己開示をして下さり、ありがたかったです。そうしないといけないわけではありませんが、心を扱う講座なので そうして頂けると関係性が築けて交流も活発になり、結果、より学びを深めることができるからです。

理論と共にワークもたくさんやって頂きました。自分の心と向き合い分析をするので、色々と考える場面も多くなります。

「自分の子育てをふり返りもっとこうしたら良かったと思い、帰って子どもを抱きしめました」「色んな意味で、目に見えるものの見方が変わった半年でした」という嬉しいお声も頂きました。大人になって過去をふり返り、心の成長や人育てにつなげられる交流分析は、やはり素敵だなと感じます。

ただ講座を開催できるのはありがたいことなのですが、大学や企業研修のスケジュールを考えると こうした半年間の連続講座は負担が大きく、年間1つに絞るべきだろうと思います。3年前と昨年はLABプロファイル、そして今年は交流分析の講座をやってきましたが、さあ来年は、何をやろうかな?

この2級講座を終えると、日本交流分析協会の「交流分析士2級」の資格試験を受けることができます。試験は1月ですが、無事に終われば受講生の皆さん主催の打ち上げがあります。頑張ってね!


さて、Weekly-N を今年もお読み下さいまして、ありがとうございました。
次回のコラムは1回お休みを頂き、1月12日頃となります。
では皆さま、良いお年をお迎え下さいませ。

第882回 「ハーバードの人生を変える授業」で幸せを学ぶ

12月21日

先週末は今年の締めくくりにふさわしい日間を過ごしました。ハーバード大学で1400名の学生が殺到した伝説のタル・ベン・シャハー博士の「家庭からビジネス、社会まで、コミュニティにおけるWell-Being(幸福)を最大化する」ワークショップが行われたのです。

第847回 「ポジティブ心理学、夢の共演」でご紹介しましたが、4月に東京でポジティブ心理学の創始者セリグマン博士とディーナー博士やタル・ベン・シャハー博士など豪華講師陣の世界初・夢の共演がありました。

その際のタル博士のレクチャーは特に素晴らしく、また伺いたいと熱望していたので「タル博士のセミナーが受講できるなら!」と師走にもかかわらず幸せになるための学びを深めに行ったのでした。

「成功したスターが、なぜ麻薬に走るのか?」という投げかけをなさり、
「ほとんどの人は成功したら幸せになれると思っていますが、そうではありません。正しくは、幸せが成功をもたらすのです。ほんの少しでも幸せのレベルを上げることが、意欲向上や創造性を豊かにするのです」と。

逆説的ですが、なるほどと思いました。
では、どうすれば幸せのレベルを上げられるのでしょうか?

博士は日本文化の器の「金継ぎ(きんつぎ)」という技法を、幸せの本質に例えられていました。割れた焼きものを漆で接着し、繕った部分に金を装飾する修理方法です。幸せもバラバラのパーツをつなぎ合わせると、ホールネス(全体性)になる、と。

そのための「SPIRE」モデルとして 幸せの5つの要素、 スピリチュアル・身体・知性・人間関係・感情を丁寧に解説してくださいました。これらをベースに、ペアワークもたくさん行い、落とし込んでいきました。

「幸せの基礎は、不幸を抱きしめること」との言葉は、人生における大きな示唆です。悲しみ、辛さなどのネガティブ感情を取り除くのではなく、受容するのが幸せに向かうにはとても大事だということを再確認しました。

午後にはパネルセッションもあったのですが、「良い人ほど幸せだ」と慶應義塾大学の前野教授がおっしゃったことが印象に残りました。

幸せと性格は比例するというのです。人間性を磨くことが幸せな人生を創ることにつながると信じているため背中を押してもらえたようで、嬉しい言葉でした。

2日目にタル・ベン・シャ・ハー博士は1時間かけて受講者からの質問に、すべて丁寧に誠実にお答えになりました。最後はスタンディングオベーションで拍手が鳴り止まず、博士も幸せそうに微笑んでいらっしゃいました。

「幸せと性格は比例する」という言葉と重なり、私もこのように生きていこうと心動かされた貴重な時間でした。