第864回 「高知追手前高校① 近代建築」

8月16日

先日、高知県立高知追手前高校の同窓会があり、その前に校内見学ツアーが企画されていました。時計台が大好きな私はもちろん、参加したのでした。

追手前高校は、1931年(昭和6年)に建てられた近代建築です。帝冠様式と言い、西洋建築に日本の城郭風の屋根を載せた時計台を持つ建物で、平洋戦争も昭和の南海大地震もくぐり抜け、もう88年。いまだに高校生達を優しく包み込んでいます。

これはおなじみの時計台を、道路と反対の北側から見たところです。

実は調べてみて驚いたのは、この貴重な近代建築の写真が時計台以外ほとんどネットに載っていないことでした。通常は公開されていないからかもしれませんが、あまりにもったいない。ということで、クリックで大きくしてご覧下さいね。


(以下3枚の写真は「高知追手前高校百年史」より)

追手前高校は、1878年(明治11年)に開校した「高知中学校」が前身で、幾度か名称を変え、1922年(大正11年)に「高知城東中学校」と改称。明治の頃から、時計台がそのシンボルでした。

現校舎は1931年(昭和6年)、旧木造校舎から新しい鉄筋コンクリート造りに建て直されました。卒業生の濱口雄幸(はまぐちおさち)氏が2年前の1929年(昭和4年)に内閣総理大臣になったので、そのお祝いの意味もあったことでしょう。
珍しい、
建築中の写真が残されています。(前の追手筋の狭さにビックリ)

設計監修は武田五一氏(京都帝国大学工学部教授、明治24年卒業生)。施工請負の「東京 間組」社長は小谷清氏(明治25年卒業生)。このほか現場監督や県庁担当者も追手前の出身者が携わっていたそうです。

設計当時はあまりに凝ったので高知県の予算と折り合わず、時計台不要論や市街地移転論まで噴出したそうですが、財政の不足分(今の5億円ほどらしい)を間組の小谷社長が「名誉な仕事だから」と補填するなど、工事関係者の尽力と母校愛により完成したそうです。このお話、心に響きました。

さて、時計台の下、校門をくぐると玄関ファサード(建物の正面)が。

趣のある大理石作りの車寄せです。太い大理石の円柱、天井など、非常に凝ったデザインです。

玄関は、何種類もの大きな大理石で敷き詰められています。

この見事な大理石の柱。なんでも追手前の建物の石は、そのまま標本になるくらい貴重なものだと先生から聞いたことがあります。

玄関ホールに入ったところ。上に吊されている時計は、偶然私たちの卒業時に贈ったものでした。

玄関の方を振り向くと、こんな感じです。

入って右手には、中央階段と、事務室などが続く廊下があります。

ちなみに廊下上部に通っているパイプは、私の在学中にはありませんでした。

こちらは今も現役の事務室受付。書体まで昔っぽくて、ますますノスタルジックです。

玄関ホールにある、中央階段。装飾された木の手すりは昔のままです。
もしかしたら「アンパンマン」の作者、やなせたかしさんも触れたかもしれません。

私たちの在学時は、段も味のある木造だったのですが、そりゃあ90年近くたってるんですから さすがに保たないですよね。

昨年(2018年)が学校創立140周年だったそうで、中央階段の1階から2階までは、記念ギャラリーになっていました。学校博物館ですね。これについては、またご紹介します。

2階のどっしりとした手洗い場も、相当年季が入っています。レトロな雰囲気が、在学時から好きでした。アーチ型の大きな枠は、昔は鏡がはめ込まれていたのでしょう。段状になっているんですよ。

この日はたまたま、よさこい祭りの最終日でした。グラウンドには沢山の踊り子さんがいて、すぐ前の追手筋競演場に移動していました。

まだまだご紹介したいものが多過ぎて、まとまりきれません。
追手前高校シリーズ、あと2~3回お付き合い頂ければと思います。

第863回 「TOTAL ENGLISHのレコード盤」

8月9日

以前、私の中学校の英語の教科書「TOTAL ENGLISH」について、第829回のコラム「TOTAL ENGLISHとビンセント君」で取り上げました。思い入れのある教科書が数十年ぶりに手に入ったのが嬉しくて嬉しくて。その後、このコラムを読んで、「私もこの教科書でした。懐かしい!ありがとうございます」という嬉しいメールも頂きました。

もう、あんなに感動する再会はないだろうなあと思っていたら なんと、この教科書を音読したレコード盤が存在していたのです。

たまたま「TOTAL ENGLISH」のキーワードを検索していたら、なんと中学3年用の教科書のレコード盤がオークションに出されていて、驚きました。当時 私たちが学校で英語の音読を聴いたのは、懐かしいオープンリールのテープでした。そのカセット版も売り出されていたようですが、レコード版があったなんて初めて知りました。

たとえいくらでも欲しい!と思ったのですがなぜか競合者はなく(笑)、300円で落とせました。こんなラッキーなことがあるなんて!

レコードプレーヤーがないのでどうしようと思っていたら、頼れる友達が名乗りを上げてくれました。助かったぁ。

「学習レコードの取り扱い方」なる小さな冊子が付いていました。レコード学習の先駆けの時代だったのでしょうか。

「レコードは大変便利なものです。なによりもまず、レコードは『疲れを知らない』ということです。針先を戻してやれば、同じことを何回でも言ってくれます。『もう一度お願いします』と声を出してたのむ必要もありません。ついさっき習ったことでも、何ヶ月も前に習ったことでも、同じ調子でくり返してくれます。」

ホントにねえ。(笑)数十年前のものを同じように聴けるんですもん。

テキストも付いており、教科書の小さなコピーのような感じでした。

CDに録音したものを聴くと、低音でハッキリとした音声が流れてきました。一瞬にして、中学校の教室に戻ったような感覚。ああそうだ、この声。懐かしい、美しい発音の英語でした。

その後 検索していると、中1中2のレコードもオークションに出されていました。私が一番好きなのは中2の教科書だったので、すべてそろった時は感無量でした。片面15分なので、両面で30分。それぞれ1学年5枚のレコードがあるので、30×5=150分、2時間半も吹き込まれているのです。3学年分で、なんと7時間半!

もったいなくて、ゆっくりと時間をかけて楽しんでいきました。

今回興味を引かれたのは1970年代初めに、コンピューターが登場していたこと。
主人公Vincent(ビンセント)君は、コンピューター教育センターに入学。人類の歴史から、最先端の映像で学びます。今で言うVRって感じですね。
コンピューターの名前はHarry(ハリー)。ビンセントは 彼に「友達になろう」と言い、様々なことを学びます。

しかしたった1人で学び続ける環境にやがてビンセントは疑問を抱くようになり、「学校の方が友達と経験を共有できるから、もっと良い」と父親に言います。父も「同感だ。コンピューターはただの機械(マシーン)で、事実は与えても経験は与えてはくれない。ただの記憶するマシーンだ」と言います。その通りだと思うビンセントは、ハリーに別れを告げに行きます。

「ハリー、今日はさよならを言いに来たんだ」
「なぜ?僕は何か悪いことをした?」
「そうじゃない。君が教えてくれたのは、良いことばかりだ。でも、僕はすべての事実を知らなくてもいいんだ、君に聞けばわかるからね」

沈黙が流れ、ハリーの涙の落ちる音がしました。
「君は僕の最初の友達だった。君を失ったら、僕はどうしたらいい?」
「僕はただの記憶するマシーンだ。僕は人間になりたい」

これを読んだ中3の時はグッときて、ハリーが可哀想でたまりませんでした。私たちの世代にとってはアトムに象徴されるように、ロボットは友達だったからです。でもアメリカでは、コンピューターはただのマシーン。

ビンセントは彼に「ごめん、ハリー。でも僕たちはそれでも友達だよ。君は決して人間にはなれない。でも君は、人間の最高の友達になれるよ。また来るから。」と言い、ハリーも納得したのでした。

今のAIの時代に比べると、なんて人間らしいコンピューターなんでしょうか。もちろんこれはフィクションですが、その時代の価値観が強く表れているように思います。
でもやはり、中学3年生には難し過ぎた気もしますが。(笑)

第862回 「足摺② 穴場スポット」

8月2日

本格的な暑い夏になりました。暑いのは嫌ですが、なんで夏ってこんなに心を浮き立たせるんでしょうね。

上の写真は、土佐清水市足摺岬の鵜ノ岬展望台からの景色です。足摺岬から西へ3kmほどの所にあります。太平洋の青が印象的でしょう?足摺は灯台や唐人駄馬、お寺が有名ですが、あまり知られていない足摺の穴場スポットをご紹介しましょう。

鵜ノ岬から東へ500m、松尾という小さな漁港です。(県道27号線から、かなり急カーブがある細い道を下ってきますので、運転が苦手な方はご用心。)

ここに「海老洞」と呼ばれる洞穴があります。そんなに大きくはないのですが…

水がとてもきれいな、神秘的な青色をしているんです。川と海の水が混じった汽水域が関係してるんでしょうか?雨の後だったので、ベストな状態ではなかったと思いますが、それでもこの美しさ。木の根っこからしたたり落ちる水が水紋を作り、時の流れがゆったりしている感じです。

松尾漁港への途中の道には、国の天然記念物のアコウの巨木があります。大正13年に指定され、樹高25m、樹齢300年だそうで、うっそうと茂って昼でも薄暗い感じです。アコウは親木に寄生して気根を垂らし、最終的には親木を覆い尽くして枯死させてしまうため 別名、絞め殺しの木とも言われるそうです。

うっそうと草が茂る細い道を歩いて海岸に下りていくともう一つ、「石抱きアコウ」と呼ばれる木があります。こちらはさほど大きくありませんが、これも一見の価値があります。

どうですか?海岸の大きな石を巻き込んで成長したものですが、ちょっと魔界の木、みたいな感じしません?近くで見ると迫力があります。
え、そうでもないですか?

では、こちらをどうぞ。

中村はこれらの写真を見て「ホラー映画より怖い」と言っていました。
まあ、夏なのでお許しを。(笑)

松尾集落から車で東に数分東へ走ると、「足摺パシフィックホテル」があります。そこの駐車場には、およそホテル前には似つかわしくない巨石が鎮座しています。
残念ながらホテルのホームページを見てもいわれはわかりませんが、この辺りには以前ご紹介した大岩があったりするので、巨石が多いのでしょう。

その足摺パシフィックホテルから東へ数分、下に降りていく道の突き当たりに伊佐漁港があります。

写真の左上、漁港のすぐ近くに、海面から出ている面白い岩があるのです。
地元で「スズメ碆(はえ)」と呼ばれていると最近知りました。

昔から、この岩の割れ目にスズメがたくさん巣を作っていたとか。昭和の時代に、スズメの子をとろうとして落ちた人もいたそうです。

私が小学生の頃、画家でもある地元のおじさんとこの岩を写生したことを覚えています。半世紀たっても変わらない景色に嬉しくなりました。ここは、上の写真の角度からしか見てなかったんですが…

横から見ると、なんだか戦艦っぽく見えることに最近、気づきました。ちなみに、グーグルマップで真上から見ると、三角形なんですよ。本当に船みたいです。

あと有名な白山洞門など、今さらですがこの辺りは洞穴がすごく多いのです。波も荒く、岩質もあるんでしょうが、洞穴マップとか作れば面白いかもしれませんね。

松尾漁港(下)にも、大小の洞穴が並んでいました。

足摺には、まだまだお宝がたくさん眠っています。
どこか神秘的な土地の力を感じずにはいられませんでした。