第943回 「片付けの心がけ」

2月27日

今朝の新聞の書評で、亀石さんという女性弁護士の方が紹介していらっしゃった、
沖 幸子さん著「ドイツ流 掃除の賢人」という本の記事に心惹かれました。

時間も労力もかけないドイツ流の掃除のコツは「汚れをためないこと」。
付いてすぐの汚れは簡単に取れ、まとまった掃除の時間がいらなくなる、というのに
本当にそうだなあ!と改めて感じ入りました。
私は掃除が苦手なんですが、この心がけ一つで 大きく変わるのでしょうね。

昨年末、10年ほど使ったキッチンのガステーブルがとうとう壊れてしまい、
新しいものを買いました。

CMで見て「きれいだなぁ」と思っていた、五徳(鍋置きの器具)が明るい色のタイプを選びました。「これは使ってるうちに、変色しますよ」とお店の方に言われたのですが、「まあ最初だけでも」と思い。

ガステーブルって大掃除には油汚れで苦労する定番ですが、今のガラス天板は使用後すぐに濡れ布巾で拭くと簡単にきれいになるなど、工夫されています。使った後にさっと拭く心がけを忘れないようにしていれば、きれいに保てるのですね。
もし忘れたら翌日とかでもOKと、ゆるーく心がけています。(笑)

でも五徳って、汚れがこびりつくのよねえ…。と思っていたら
あるハウスメーカーの方に、良いことを教えて頂きました。
「五徳は、食洗機で洗うと簡単ですよ」。
なるほど!目からうろこです。今なら新品だからキレイで大丈夫♪

それからちょくちょく食洗機でラク~に洗っています。
やはり、ラクとこまめなお手入れをどう両立させるかの戦略が大事なんですねぇ。

オーブントースターのパンくずトレイも同じことですね。
以前のものにはアルミホイルを敷いて使ってたのですが、
汚れたら取り替えるのが 結構おっくうになっていました。
買い換えて「毎回お手入れして下さい」との説明書を読んでからは
そう心がけています。写真のように毎回ならパンくずも、わからないほど。

こちらは使用後すぐは熱くてさわれないので、何時間か経ってからです。
でもそうすると忘れてしまうので、朝使ったら夕食のお米を洗う前の
ルーティーンにしようと、心がけています。
こうして、忘却力と心がけとの戦いは続きます(笑)。

第942回 「クラウドファンディングのリターン商品」

2月20日

先月、クラウドファンディングで支援した商品が届きました。クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語です。自分の活動ややりたいことをインターネットのサイトで発信し、それに賛同してくれた人達から広く資金を集める仕組みです。

たとえば新しいテクノロジーを使った商品開発・映画制作や出版・途上国や様々な団体への支援…想いに共感した人や活動を応援したいと思った人が資金を出します。寄付型・投資型・購入型などの種類があり、私は購入型。支援者はお返しとしてモノやサービスでの特典(リターン)を受け取ります。

私が支援したのは、センサー式で自動開閉するゴミ箱です。たまたま見かけて「これ、いいな」と思い、購入したものです。

ジータという名称で大ヒットしているようで、活動の支援金額600万円・支援人数500人、実に目標の6倍も集まったそうです。今ではアマゾンでも1万5千円くらいで売られていますけど。

こんな風に開きます。うちのは大きい45Lのゴミ袋を入れてたっぷり使えます。
台所で使うのに、非接触で衛生的なのがいいなと思いました。

この「購入型」のクラウドファンディングは急成長しているようで、参加型で仲間意識を育み、魅力的なリターン(特典)でファンを獲得できる。よくできているビジネスモデルだと思います。

もう一点、こちらは本当にニッチなものです。

もう、名称すら忘れましたが…(笑)
「こんなモノがあったらいいなあ」と感じた、机の横に取り付ける収納グッズです。

私は腰痛防止で昇降デスクを使っているのですが、動かしたときに机の上の書類などが落ちることがあります。その防止に買ったのですが、案外重宝しています。

まだ商品として一般化されていないものって好奇心が刺激されて、魅力的ですよね。(笑)

ただ、クラウドファンディングのリスクとしては、目標額に達しても資金面や技術面で起案者の当初の見通しが甘かったなどの理由でプロジェクトが完遂されず、支援者にリターンが用意できなかったケースが世界ではあるようです。私もリターンが届くまでの数ヶ月、「本当に大丈夫かなあ」とちょっと心配でした。だからこそ、「来たぁ!」と嬉しかったんですけどね。(笑)

今後は、こういったリスクから支援者を守る制度の整備もされるようになることでしょう。そして多様な購入型がもっと増えていくのではないでしょうか。

第941回 「チョコレート2題」

2月13日

明日はバレンタインデー。最近ご縁があったチョコレートの中で、これは面白いなと思ったものを2つ、ご紹介しましょう。

このとても絵になるチョコは、佐川町の「ポワリエ・ショコラ」というチョコレート工房のもので、私の一押しです。2018年に神奈川県から移住なさった姉妹が立ち上げた若い会社だそうです。ベルギー、フランス、東京で修行された後 高知の食材のおいしさに驚き、「この食材ならもっと美味しいチョコが作れる」と確信したのだとか。私もたまたま頂いて、その繊細な美味しさに驚きました。

まず最初、その材料が意外でした。ジンジャー(ショウガ)はまだわかるけど、佐川の紅茶?トリュフ塩?青ノリとピンクペッパー!?頭の中は「?」だらけです。

例えば「土佐ジンジャーチョコレート」は、佐川町の畑で採れたショウガをその日のうちに加工し、じっくり煮込むんだそうです。ゆっくりと自然乾燥させできたジンジャーコンフィを、ビターチョコレートとキャラメルチョコレートでコーティング。これを口の中に入れてみると…

うわぁ最高!なんて美味しさ!素材のジンジャーが上品なお菓子になっている驚き、まろやかなカカオと、こんなにも合うの!?感動。

ホワイトチョコに青ノリとピンクペッパーをトッピングした、真ん中のチョコも決して奇をてらった味ではなく、青ノリの香りをまず感じ、その後甘すぎないマイルドなホワイトチョコにコショウのスパイシーさが溶け合う。とても洗練された味です。上質で芳醇で、驚かされることばかりでした。また、明日でも食べたいチョコです。

さて一方、こちらは浜辺のベンチ。無造作に置かれているのは…

なんと、あの「月刊ムー」とのコラボレーションチョコレートです!!
偶然ネットで見つけて、買わずにはいられませんでした(笑)

これは、広島県尾道市にあるチョコレート工場「ウシオチョコラトル」のものです。石川県の住職「高野誠鮮」氏に 自然栽培米を御祈祷して頂いたものをポン菓子にし、能登の揚げ浜式の塩とグァテマラのチョコレートに混ぜ込んでいるそうです。(謎)

ミステリアスな雰囲気が、バックの海とよく合うでしょ。(笑)

「ウシオチョコラトル」は世界中のカカオ農園を回って豆を買い付け、こだわって作っているそうです。タンザニア、グァテマラ、ガーナ、ハイチ、ベトナム…。それぞれの豆の味と産地ごとの個性を生かし、「カカオと砂糖、以上!」で作られた「脳天直撃チョコレート」!(ホームページより)

上は、「ハイチ」。ハイチ産の豆を使っています。包み紙も含め、オンリーワンのセンスがまるで閃光のように光っています。(下はお手紙のイラスト)

「ウシオチョコラトル」のチョコレートは、なぜか六角形なんです。
この辺も、ミステリアスですねえ♪

「ムー」チョコレートは、食べた途端、まるで雷に打たれたよう!ともかく、ガツンと強烈な味でした。砂糖と米・塩以外に混ぜ物をしていないため、グァテマラ産のカカオ豆の主張が半端じゃありません。これは食べたことがない味!これでもかとカカオ豆が押し寄せてきます。

それに比べると「ハイチ」は、もっとマイルドでした。これはカカオ豆と砂糖だけなのに!グァテマラ産の豆とハイチ産の豆の味は、こんなにも違うのかと驚きでした。勉強になりました。

最後に。嬉しいメッセージカードが添えられていました。

「筒井典子様
ご注文ありがとうございます!
ムーチョコレートはご祈祷されたお米が入っているので
召し上がられて不思議体験をされましたら、ぜひお知らせください!
ウシオチョコラトル 〇〇」

作り手の方のこういう気持ち、すごく嬉しいです。たいした価格買ってないのに。
…これ、大事にとっておこうっと。(笑)