第873回 「治水対策」

10月19日

12日から13日にかけて台風19号で被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。どうか温かい場所で、ゆっくりとお休みになれる日々が早く戻りますように。

スーパー台風と言われた19号の被害は東日本で本当に大きく、国土交通省によると、台風19号により決壊した堤防の数は全国で、130カ所にのぼったとか。連日NHKでは大きく時間を割いて関連ニュースを伝えています。たびたび豪雨に襲われている高知県でも、人ごとではなく、心が痛くなります。

東京都内では下水管の排水能力は1時間に50ミリ。降雨量が多い高知市の場合は77ミリですが、近年多発している時間雨量100ミリ超えの場合には、とうてい追いつきません。温暖化の影響もあり、今後ますます豪雨がひどくなることを考えると、不安になります。

(写真は2014年の高知市浸水時)

今回の規格外とも言える降水量には、「地下神殿」とも言われる首都圏外郭放水路が大きな役割を果たしたと言われています。どこかで見た写真から、大きなプールのようなものかとイメージしていたのですが、地底50メートルに、長さ約6.3キロを流れる、世界最大級の地下放水路だそうです。

高知県は1998年、高知市の3分の1が水没したとも言われる98豪雨など、過去に甚大な被害を受けてきた経緯があります。そのため、豪雨時の排水能力の向上や河川の改修などの治水対策に長年尽力してきました。ポンプによる排水能力は、全国でもトップクラスだそうです。(その代わり、都市整備などはずいぶんと遅れていましたが)

実は高知市には「地下神殿」こそありませんが、それに近い「雨水貯留管」が昨年、完成しました。高知市宝町から高埇の産業道路の地下には、東西約2.7kmに及ぶ直径3.5mの管が通っています。高知駅から北への420mの管も合わさり、合計で25mプール約70杯分に相当する2万6400トンを貯水することができます。下水道管が一定の水位を超えると、あふれた水が貯留管に流れるような仕組みになっているようです。

こうした「モノ」に対して「人」もまた、頑張っています。
2014年の台風12号の豪雨の際には、72時間で829.5ミリを記録し、高知市内全域には避難勧告が出されました。(上の写真です。)

この時 鏡ダムの管理事務所ではゲートの開閉をコンピュータ制御から手動に切り替え、水位と降水量を見極めつつ数cm単位でダムの開閉を行い河川の氾濫を防いだ「ダム職人」がいたそうです。すごい!まさにA I をしのぐ人間の英知です。

大型の台風や集中豪雨で、時間雨量100ミリ超えがあちこちで頻発するようになり、気象は大きく変わってきました。こういったシステムで街を、命を守ることが全国的に今後の重要な課題となるのでしょう。

第815回 「高知自動車道 崩落現場は今」

9月1日

2018年の夏は、豪雨ばかりが記憶に残ります。7月の西日本豪雨災害は、今もその爪痕を大きく残していますし、現在も猛烈な台風21号が不気味に北上しています。

高知自動車道上り線も7月に立川トンネル手前が崩落し、衝撃でした。西日本高速道路によると、高速道の橋が崩落したのは西日本で初めてだとか。本格的に直すのは年単位でかかるらしく、現在は大豊から新宮まで10kmほどが下り線を使った対面通行となっています。崩落後、初めて上り線を通ったときをリポートします。

大豊ICを過ぎると、すぐに片側1車線通行となりました。

車道の白線が引き直されて、右に寄っています。
「この先対面通行 速度落とせ」の看板が見えます。

そのまま走ると、何の違和感もないまま、下り線に出ました。移行があまりに早くて、写真が追いつかなかったほどです。

ここは高速道の上下線が並走していて高低差もなく、比較的工事もやりやすかったのではないでしょうか。

そして、10kmの対面通行が続きます。結構長いなと感じました。

高知自動車道は以前は2車線の対面通行でしたが、2008年から上下線が分かれ4車線化になりました。それから10年もたつので、「対向車が間近に迫る対面通行は緊張する」と夫が言っていました。

そして、崩落現場が真正面に見えてきました。
上り線はすぐ横を通るのです。

立川トンネルの手前の立川橋が、ざっくりと大きく崩落していました。
そのすさまじさに、言葉をなくします。

写真ではわかりませんがこの下にかけて、50mほど崩れているのです。唯一の慰めは、人的被害がなかったことでしょうか。すぐ近くに人家もあるので。

現場から少し走ると、対面通行も終わりです。
左に誘導する車線が描かれています。

戻りは少しだけ高低差があり、上って行きます。

元の上り線の続きに出ました。

何事もなかったかのように、上り道路は続くのでした。

立川橋は2007年12月に完成し、2008年3月から供用が始まりました。つまり、まだわずか10年しかたっていないのに崩れてしまったのです。改めて、高知自動車道は厳しい山岳道であることを突きつけられた思いでした。

高速道は命の道路です。止まった時にはしばらく高知でも食料品や日用品などが品薄になり、困ったものでした。全面復旧はまだ見通しが立たず大変だとは思いますが、関係者の皆さま、ぜひよろしくお願いいたします。

第807回 「悲しみの七夕」

7月7日

6月28日から降り続いた雨。降り始めからの雨量は7日(金)夜 現在、高知県本山町で1600ミリを超え、広島、岡山、愛媛など西日本を中心とした豪雨は死者が50人。岡山県真備町では大規模な浸水が起こり、安否不明者も多数という報道があり、未曾有の広域災害に、悲しみの七夕となってしまいました。

数十年に一度の、これまでに経験したことのないような重大な危険が差し迫った異常な状況で出される「特別警報」も一時、10以上の県に出されました。「直ちに避難してください」とのNHKアナウンサーの緊迫した声が耳に残っています。しかし、この避難のタイミングは本当にむつかしいものだと思います。

高知県中部の山間部に一人で住んでいる83歳の姑に「危ないので、明日こちらに出て来て」と電話したのは4日の水曜日でした。台風が通り過ぎたのに、一向に雨が止まない。何かおかしい、早く避難したほうが良いのではと胸騒ぎがして、車で1時間半の所へ迎えに行こうとしたのです。

ところが姑は「明日は出られない。県道に出る手前に倒木があって、車が通れなくなっているから」とのこと。(遅かったか!)すでに、県内のあちこちで土砂崩れが起きていたのです。そのあたりも道幅が狭く土砂崩れが多いため、迎えに行くのも一大決心でした。

「明日は、倒木を役場が対処してくれるから行けない」と言う姑。「でも、翌日では遅いかもしれない。土砂崩れの危険は刻々と増えるから」と言うのですが、なかなか聞いてくれない。(山で一人で生きるには、芯があることが大切ですからね。)仕方ないので、夜、夫から「倒木を撤去次第、出てくる」ことを説得してもらいました。

夫が言うには「こういう時には、地元に詳しいタクシーに頼むに限る。あんたじゃ、県道のどこが危ないとかわからんやろ」とのこと。ごもっともです…。

翌日、タクシー会社の社長さんが役場に確認を取ってくださり、すぐに役場も動いてくださったお陰さまで、無事に昼前に町に出てくることができたのです。姑の笑顔を見て、本当に心からホッとしました。やはり、頼りになるのは地元の方々です!

つくづく思うのですが、危険を顧みず、大雨の中を重機を動かして土嚢を積む建設業の方々、捜索をする警察の方々、救助に向かう消防や自衛隊の方々には頭が下がります。本当にありがとうございます。

またフェイスブックでは 大阪の地震に続いて、特別警報が出た多くの県の友人たちの否確認が簡単にでき、友人たちの無事とこのシステムに 感謝しています。

そして、悲しみと雨に耐えながら救助を待つすべての方々が どうか一刻も早く救出され、心から安心できますように…。