第864回 「高知追手前高校① 近代建築」

8月16日

先日、高知県立高知追手前高校の同窓会があり、その前に校内見学ツアーが企画されていました。時計台が大好きな私はもちろん、参加したのでした。

追手前高校は、1931年(昭和6年)に建てられた近代建築です。帝冠様式と言い、西洋建築に日本の城郭風の屋根を載せた時計台を持つ建物で、平洋戦争も昭和の南海大地震もくぐり抜け、もう88年。いまだに高校生達を優しく包み込んでいます。

これはおなじみの時計台を、道路と反対の北側から見たところです。

実は調べてみて驚いたのは、この貴重な近代建築の写真が時計台以外ほとんどネットに載っていないことでした。通常は公開されていないからかもしれませんが、あまりにもったいない。ということで、クリックで大きくしてご覧下さいね。


(以下3枚の写真は「高知追手前高校百年史」より)

追手前高校は、1878年(明治11年)に開校した「高知中学校」が前身で、幾度か名称を変え、1922年(大正11年)に「高知城東中学校」と改称。明治の頃から、時計台がそのシンボルでした。

現校舎は1931年(昭和6年)、旧木造校舎から新しい鉄筋コンクリート造りに建て直されました。卒業生の濱口雄幸(はまぐちおさち)氏が2年前の1929年(昭和4年)に内閣総理大臣になったので、そのお祝いの意味もあったことでしょう。
珍しい、
建築中の写真が残されています。(前の追手筋の狭さにビックリ)

設計監修は武田五一氏(京都帝国大学工学部教授、明治24年卒業生)。施工請負の「東京 間組」社長は小谷清氏(明治25年卒業生)。このほか現場監督や県庁担当者も追手前の出身者が携わっていたそうです。

設計当時はあまりに凝ったので高知県の予算と折り合わず、時計台不要論や市街地移転論まで噴出したそうですが、財政の不足分(今の5億円ほどらしい)を間組の小谷社長が「名誉な仕事だから」と補填するなど、工事関係者の尽力と母校愛により完成したそうです。このお話、心に響きました。

さて、時計台の下、校門をくぐると玄関ファサード(建物の正面)が。

趣のある大理石作りの車寄せです。太い大理石の円柱、天井など、非常に凝ったデザインです。

玄関は、何種類もの大きな大理石で敷き詰められています。

この見事な大理石の柱。なんでも追手前の建物の石は、そのまま標本になるくらい貴重なものだと先生から聞いたことがあります。

玄関ホールに入ったところ。上に吊されている時計は、偶然私たちの卒業時に贈ったものでした。

玄関の方を振り向くと、こんな感じです。

入って右手には、中央階段と、事務室などが続く廊下があります。

ちなみに廊下上部に通っているパイプは、私の在学中にはありませんでした。

こちらは今も現役の事務室受付。書体まで昔っぽくて、ますますノスタルジックです。

玄関ホールにある、中央階段。装飾された木の手すりは昔のままです。
もしかしたら「アンパンマン」の作者、やなせたかしさんも触れたかもしれません。

私たちの在学時は、段も味のある木造だったのですが、そりゃあ90年近くたってるんですから さすがに保たないですよね。

昨年(2018年)が学校創立140周年だったそうで、中央階段の1階から2階までは、記念ギャラリーになっていました。学校博物館ですね。これについては、またご紹介します。

2階のどっしりとした手洗い場も、相当年季が入っています。レトロな雰囲気が、在学時から好きでした。アーチ型の大きな枠は、昔は鏡がはめ込まれていたのでしょう。段状になっているんですよ。

この日はたまたま、よさこい祭りの最終日でした。グラウンドには沢山の踊り子さんがいて、すぐ前の追手筋競演場に移動していました。

まだまだご紹介したいものが多過ぎて、まとまりきれません。
追手前高校シリーズ、あと2~3回お付き合い頂ければと思います。

第819回 「グランドプリンスホテル新高輪にて」

9月30日

先週に続いて、ホテルつながりで。(笑)
この数年 色々な心理学の勉強のため、東京に行きます。この夏もポジティブ心理学の勉強会に行ったのですが、急遽決まった会だったのでなかなか研修会場が決まらず、私もホテルが決められずに困っていました。

土地勘のない私は苦し紛れに、「羽田空港から北の都心へ向かって行くのはほぼ決まりなので、その途中の品川あたりにホテルを取ればいいのではないか」。そこで航空券とセットで安いホテルを探していた時に目に飛び込んできた文句。

「グランドプリンスホテル新高輪が、今なら、セットで取るとすごくお得!え、ここって芸能人が結婚式をやったりするところですよね?どんなホテルなんだろう?とグーグルマップで見てみると、なんと近代建築があるじゃないですか。「行ってみたい!」ということで、勢いで泊まることにしちゃいました。(笑)

ホテルには、品川駅から緩やかな坂道を400mほど上って行きます。徒歩7~8分といったところでしょうか。

エントランスの反対側には、有名な「飛天」の大きなホールが。2千名くらい入るそうで、この日も企業の株主総会が行われていました。

広々としたロビーを歩きます。

ゴージャスなアイランド型のフロントに荷物を預けて、外に出ました。
せっかくなので、庭園を通って駅に向かうことにします。

ホテルの北東は大きな日本庭園になっています。池の後ろがグランドプリンスホテル新高輪です。(大きすぎて、外観が撮りにくいんです。)

ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪の3つのホテルに囲まれた約20,000㎡におよぶ庭園は見事でした。

さて。夕食は友達と外で頂いたため、ホテルのレストランには行っていません。
帰って来て、落ち着いたお部屋に入りました。

もったいないくらい、広々としたツインです。家族で使いたいなあ。

デスクも広く使えるので、勉強やメイクにも便利でした。

バスルームはバスとトイレ一体型ですが、広くて全体を撮れませんでした。(笑)

窓からの都会の夜景もきれいです。

朝。白いバルコニーがおしゃれで景色に映えます。
お天気は今ひとつですが、近代建築を見に行きましょうか。

こちらは1911年(明治44年)に完成した、 煉瓦造2階建ての旧竹田宮邸です 。「貴賓館」と呼ばれ、グランドプリンスホテル高輪の結婚式場などに利用されています。
戦後、通商産業大臣公邸を経て、昭和28(1953)年から高輪プリンスホテルの所有となりました。

そもそも、なぜ「プリンスホテル」と名乗るのかご存じでしょうか。
西武グループの元オーナー堤義昭氏が、戦後、財産税などの負担で困窮する旧宮家から邸宅地を次々に買い取り、ホテルを開業したからだそうです。堤さんは、元華族や関係者をグループ企業で雇用して生活を助けるということもしたとか。

ウエディング会場として、中は今でも華やかなネオ・バロック様式となっているようですが、残念ながら拝見はできませんでした。

でも、とても美しいホテルを堪能でき、心が満たされました。
皆さまに、少しでも伝わりますように。

第789回 「下関近代建築③旧秋田商会ビル」

3月3日

山口県下関市の近代建築をご紹介するシリーズ、3回目です。前回ご紹介した旧下関英国領事館からすぐ西にある建物です。

写真右手が「旧秋田商会ビル」で、左手は「下関南部町郵便局」。大正4年(1915)から、こうして百年以上も仲良く並んでいるんですよ。

大正4年(1915)に竣工した旧秋田商会ビル。 西日本で最初の鉄筋コンクリート造の事務所建築とされ、ドーム型屋根のある塔屋が印象的です。

なんと屋上には、全国で現存する最古の屋上庭園(と茶室)まであるそうです。残念ながら年に数回のみの公開で通常は非公開のため、見学できませんでした。

外観は褐色のタイル貼り、縦長で小さなバルコニーを備えたフランス窓があり、外観・内部とも後世の改変が最小限で ほぼ建築当初の姿を保っているそうです。

1階は洋風の事務所、2階・3階は和風の住居という、和洋折衷の面白い設計です。

昔の造りなので、耐荷重のため2階・3階へ上るのは人数制限があるため、1階の階段わきで名前と人数を記入して、靴を脱いで上がります。

2階、3階とも和室が広がっていました。3階は大広間で、きっと宴会や集会を行ったのでしょうね。

塔屋部分には、木製の螺旋階段があります。(上がることはできません)
木で螺旋階段を作るという、当時の高度な技術に感心しました。

大正時代の先進的な水洗トイレもありました。壁のタイルは秋田商会が大陸へ進出し、隆盛を誇った頃に輸入したものだそうです。

面白かったのは、このドア。ノブにご注目下さい。
位置が今とはずいぶん違っていませんか?

かなり前にかがまないといけないんです。なんだか、おとぎの国に来たみたい。当時の人は身長が低かったことを実感しました。

こちらは、「下関南部町郵便局」。

明治33年(1900)に建てられた南部町郵便局は、数ある下関の近代建築の中で一番古い建物ですが、郵便局として今も現役だそうです!すごい!

中庭などで結婚式も挙げられるそうですが、残念ながら日曜日でお休みのため、見学できませんでした。

赤い郵便ポストがアクセントになって、とても素敵なたたずまいでした。

下関の近代建築については何も知らなかったのですが、知れば知るほど深みがあって、本当に楽しめたのでした。