第1013回 「3年ぶりの大学での対面講義」

7月9日

先日、私にとって 3年ぶりに 大学での対面講義が再開されました。
高知工科大学のインターンシップ前のビジネスマナー講座で、ソーシャルディスタンスをとりつつリアル・コミュニケーションが帰ってきたのです。

写真のこの回は 複数の学群が合同での講義だったため、講堂で行われました。

調べてみると2006年(平成18年)にこの講堂で初めて、400名でのペアワークを含む講義をしていました。その後は階段教室での複数回講義に分かれていったなぁとか、工科大の経営委員を8年拝命したことで、卒業式や入学式でこの壇上に上がったなぁとか、懐かしい思いになりました。

今回はコロナ禍ということで従来の内容にオンライン・インターンシップの解説も入れ、ペアになっての名刺交換と自己紹介も入れたため、時間的ゆとりがまったくなくて、常に全力疾走して時間内に収めるハードな内容になってしまいました。(笑)しかし事務局スタッフの方がスムーズにペア決めができるよう座席配置にも配慮してくださり、すんなりペア決めもできてホッとしました。

実はこの3年、コロナ禍で対面コミュニケーションができなくなったため、学生のコミュニケーション力の低下をとても心配していました。人と向き合うという基本が長いことできなかったので、1分間の自己紹介というハードルをうまく越えられるだろうかと気になっていました。

最後のペアワークの時間、みんながにぎやかに話し始めました。学生の皆さんの顔が高揚し、積極的に相手と関わろう!という熱気が伝わり、壇上で「ああ、これこそがコミュニケーションだ」と感激。最後はエアー・ハイタッチで盛り上がって終了しました。

「向き合ったときに目を見られない人は目でなくマスクを見ることでもOKということでホッとした」という感想もいくつか頂けました。コミュニケーション以外でも就職活動に対する悩みや、話し方や手書き文字の課題など、レポートの質問はいつも多岐にわたります。すべてにお返事を返して、今年度の講義は終了です。

最後に 私にとって大きかったことは、この講座内容を別教室で同時に講義してくれた講師仲間の中谷優子さんが岡山から駆けつけてくれたことでした。
いつも明るく意欲的な彼女と3年ぶりに会え、素晴らしい仲間と一緒に仕事ができた喜び。やっぱり、対面(リアル)って最高!(笑)

学生の皆さん、「失敗はない。フィードバックがあるだけ」です。
インターンシップで、大いにチャレンジしてくださいね!

第1009回 「コロナの影響」

6月11日

長女がお世話になっているデイサービスAが、コロナの影響で中止となりました。
ここはスタッフ2人体制の送迎なので、私が仕事中でも母が家を開けて、スタッフの方々が車いすの長女を室内に連れて行ってくださいます。そのため長時間の研修は週に2日のAの通所日に集中させているので、さあ大変!とりあえず今週、どうしよう?

ダメで元々、もう1カ所通っているデイサービスBの相談支援員さんに相談したところ「今週だけ」という特例でお願いできることになりました。ありがたい!とホッとしましたが、すぐに来週は、どうしよう?となります。あ、姑の手術は来週だった。入院と手術の日はデイサービスBだからなんとかなるけど、退院日はデイサービスAの日だと思い出し、義妹にお願いして、1つクリア。…そして来週の研修日は、どうしよう?

思えば入った研修を替わって頂いたのは唯一、もう25年も前の父の葬儀の日だけでした。うちのような小さな事務所はなかなか代わりがききませんので、長年なんとかやってこられたことの方が奇跡的とも言えます。そして無情にも、デイサービスAからは「無期限活動中止」の連絡が入りました。あぁ。

人生って、方程式を解いて行くみたいだなと思います。簡単なものから初めて、次第に難しくなる。解いても解いても、次の問題が立ちはだかります。
でも、わかってはいるんです。家族がコロナにかかった、あの日々よりはマシだと。だから、文句は言えませんね。(笑)

昨日伺ったある医療系専門学校の初回の授業で「障害ケース・スタディ」として中村と障害を持った当事者の思いや、障害児を持った親の心理の話をしたのですが、学生の皆さんの素直で前向きな感想にずいぶん力を頂きました。

心理学で学んだ「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」という言葉を紹介すると 大勢の学生さんが心を動かされたと書いてくれたのですが、それを読むと逆にまた自分も励まされるのです。本当に、人は人に支えられていると実感しています。

この状況も、きっとなんとかなるはず!
そう信じ 希望を持って、一歩ずつ進もうと改めて思います。

第997回 「コロナ禍の学生生活」

3月19日

月曜日 追手前高校に行くと「今週は文化祭の予定なんです」と生徒達が忙しく、でも楽しそうに準備していました。心の底から、(良かったなぁ)と思えました。

コロナ社会になって、足かけ3年。文化祭も遠足もことごとく中止で、高知県内のほとんどの高校が修学旅行も行けず、延期してもまた中止だったとか。人生の中でも高校生活の3年間って友達との関係を深めたり、濃密で特別な期間だと思います。生徒達の落胆はどんなに大きかったことでしょうか。

高校に入学したときからマスクで、同級生の素顔を知らない世代。休み時間も話しづらいし、給食は黙食で雑談もできない。行事は次々と中止で部活動も制約だらけ、友達と集まるのもダメと何もかも自粛だし、教室は窓を開け放つからエアコンが使えず、暑くて、寒い。そうした中での、3月の文化祭です。生徒達にとってはどんなにか、心弾む想い出となることでしょう。

それにしても、マスクをはずさないまま 高校生活が終わってしまう学年も出てくるのでしょうか。卒業アルバムで初めて、「あの人、こんな顔してたのか~」なんてことになるの?いやいや 卒業してからの同窓会でも、クラスメートの顔がわからず「誰?」なんてなって、手で口元を隠して初めて「おー!筒井か!」なんてことになるのかもしれません。(笑)

そもそもマスクして出会うから、誰かのことを(良いな)と思い好きになっても、素顔がわからないって かなり恋愛成就のハードル、高くなりそうですよね。もし告白されても「相手の顔を知らないので、返事ができない」なんて悩みも実際あるらしいです。まあ、表面に惑わされにくい、とも言えるかもしれませんが。

美人だとか、イケメン!と思ってたのにマスクを取るとさほどではない「マスク美人」「マスクイケメン」だと、「マスク詐欺」なんて呼ばれてしまうことがあると聞いてビックリ!だからマスクをはずしたとき、相手にガッカリされるのが怖いということで、デートの時に飲食はしない人もいるとか。「顔出しのオンライン授業で初めて本当の顔を知った」なんてこともあり、マスクを取りたくない人が急増しているのに、私も少し困っています。

大学でもオンライン講義で表情などの重要性を体感してもらうため、ペアに分けて「マスクを取ってワークをやってください」と何度も指示したのにはずさない人が何人かいた話を書きましたが、感染が収まっても「マスクをはずしたくない」人が増えているようです。これは日本人特有の現象のようで、欧米では「マスクを着けない権利」が声高に主張されているのをご存じでしょう。文化や思想って、これほど違うんですね。

人間にとっての「顔認識」って本当に大事で、脳はそのために特化されているほど。新たな課題にどう対応したら良いのか、私も今、勉強中です。