第936回 「コロナ禍で迎える成人式」

1月9日           中村 覚

コロナの感染拡大を受けて首都圏の1都3県に1月7日、緊急事態宣言が出ました。こういった状況の中 迎えるのは 若者達の晴れの日である成人式。しかしながら 感染拡大を防ぐため、式を延期や中止する自治体も相次いでいます。

埼玉県さいたま市は 毎年さいたまスーパーアリーナで約1万人規模で行われる成人式を、今年はオンラインでの式典開催へと変更。千葉県浦安市では、恒例の東京ディズニーランドで行われる式典を3月へと延期。全国の市区町村で最多の新成人をかかえる横浜市は例年の横浜アリーナ、1か所だった会場を2か所に増やして計8回の式典の開催を決定しているようです。

高知県では10日の成人式を迎えるにあたり、高知市、須崎市を含む19市町村が、今のところ予定通りの開催を発表。延期を決定しているのは室戸市など12市町村。中止決定をしたのは南国市、香美市、田野市の3ヶ所です。苦渋の決断である中止の理由として、延期にした場合に日程調整が困難というのがあるようです。

香美市では中止を決定したものの、成人を祝う看板を設置しフォトスポットを準備、成人を迎える方々の抱負や決意などのコメントを書き込めるメッセージボードも設置しました。そして例年、成人式で渡しているという先生方のメッセージを「ご自由にお持ち帰りください」の形式で配布。大人って、優しい。(笑)

当然 これまでこのような事態は考えられなかったわけで、今回のようなことがなければ、行政側の新成人への思いなど考えもしませんでした。 あぁ~ 私も成人式、行けば良かったかな? これは後の祭り。当事者ではなくなった今だからこその見方です。

ネットで見かけた、中止や延期の成人式を迎える新成人の声を拾ってみます。

・地元の友達と久しぶりに話したかった。
・地元に帰るには交通費もかかる。
・仲の良い友達とはリモートでも会えるので、特には…。
・振袖を着ることのできる一生に一度の機会がなくなる。
・しばらく会っていない人たちと、この振袖を着て絶対に会いたい。 などなど。

とても楽しみにしている人、ちょっと冷めている人、仲の良い友達とは会場に行かなくても、リモートがあるから。(これは今の時代だからですね)。 いつの時代も多種多様、てんでバラバラと言いますか。(笑) ただ 用意した振袖を着られない、そういった人の気持ちは本当に複雑だと思います。

このことに関して、年間2万件以上の振袖レンタル販売のチェーン「一蔵」では、成人式が中止になった場合、契約金額を最大で全額返金。式典はなくなっても、振袖で家族や友達と過ごしたり撮影する人のために、3月末までレンタル延長も可能としたようです。

最後に、こういった状況下ですから、開催される成人式に参加するもしないもすべては自己責任だと思います。自分自身に判断を問われ、選択した行動によって責任が付いてくる。これこそが社会人としての第一歩なのでしょう。しかし、これまでの諸先輩方が経験したことのない大きな第一歩だとも思います。
成人を迎えられた皆さん、おめでとうございます。

第935回 「2020年をふり返って」

12月26日

2020年。天災を除けば、今年ほど予測不可能だった年は記憶にありません。今年の初めは誰しも、東京オリンピックが開催され華やかな年になることを信じて疑っていなかったでしょう。それが、まさか…。

未来目線で言うなら、様々な分岐点となったのが2020年、ということになるのでしょうか。新型コロナウイルスが あっという間に世界中に広がり、活動自粛は世界経済の大打撃を呼び、多くの業界が「コロナ不況」に陥りました。もちろん、弊社もご多分に漏れません。

4月~6月の大学の講義はオンデマンドに切り替わり、企業研修は10月まで すべてキャンセルに。当然、史上最低の収益でした。このまま廃業するのも一つの選択肢か?という思いもかすめましたが…

医療系専門学校で、フェイスシールドを付けての授業再開ができたときの嬉しかったこと!やはりソーシャルディスタンスが必要とはいえ、人と向かい合い何かを伝える、この仕事が好きなことを改めて感じました。
またzoomの活用など、ビジネスの新たな可能性も広がりましたよね。

春の長い自粛期間には、Face book の『ブックカバーチャレンジ』を行い、7日間のバトンが同時に来たため倍の14日間 で好きな本を14冊ご紹介することに。(笑)それを選ぶのが意外に楽しくて、新たな再発見をした気分でした。

プライベートでは初孫を授かり、無事に育っているのが この上ない感謝です。
同時に、人間の自我が育っていくプロセスをすぐ近くで見ていて、心理学の面からも『どう感じているんだろう』『今の月齢ではこう表現するのか』など、我が子より客観的に見られる分、学びが尽きません。

コロナで仕事が激減し かなりの時間を次女のサポートに費やすことができたのも、私にとっては神様のお計らいかもしれません。

また、母校の追手前高校を尋ねて、改めてどれだけこの校舎に恋していたのかを思い出しました。そのご縁は、これからも続いていきそうな予感がします。

ふり返れば 社会全体が今年ほど、レジリエンスが問われた年もなかったでしょう。
それは2021年も続くでしょうが、変化に柔軟に対応し 生きる力を磨くよう、学びを止めずに歩こうと思います。皆さま、来年もどうぞよろしくお願い致します。
来週は年に一度のお休みとさせて頂きますが、どうか良いお年をお迎え下さいませ。

第930回 「マスクと表情、その影響」

11月21日

「えぇ~!ここまで笑わないと、わからないの!?」
看護学校でマスクを付けたまま、真顔から笑顔に変えるワークをしたときの学生達の反応です。マスクの下で、大きく口を開けた満面の笑顔になって初めて、友人が「笑顔に見える」と認定したことに みんなショックを受けていました。

マスクの下が満面の笑顔の手前でも 相手が「笑顔」だと認識してもらえた人は、90人中わずか3~4人。大笑いレベルの笑顔でないと、笑顔には見えなかったのです。笑顔についての認識が自分と他人からでは大きく違うのだと、腑に落ちたようでした。

顔の中で一番大きく動くパーツが口です。だからこそ、口元を隠されると相手の表情が見え辛く、感情を読み取るコミュニケーションが取りにくくなるのですよね。

11月12日のNHKの朝のニュース「おはよう日本」でも、特集でマスク生活での子ども達への負の影響について取り上げられていました。

保育士が子ども達に「良かったね」「えらかったね」と声かけをしても、意志が伝わらない。じーっとは見ているがマスクでこちらの口元が見えないので、すぐに反応が返らない、共感が感じにくいというのです。これでは信頼関係が築きにくいので、顔が見えるフェイスシールドに替えてコミュニケーションを取っている、と。

ヒトの脳と心の発達の研究者 京都大学・明和政子教授によると、生まれてから1歳までの赤ちゃんは特に、接し方に注意が必要だそうです。

喜怒哀楽の「顔」を学ぶ赤ちゃんは、色々な人の顔やその動きを見て表情を学ぶわけで、目・鼻・口の3点がそろって「これは顔だ」という認識がされるそうです。その後数ヶ月かけて喜怒哀楽の顔を学習していくのだとか。

すると、感染を恐れるあまり家族がずっとマスクをしていると その学びができずに、「顔」の認識が阻害されることにならないでしょうか?

明和教授によると「顔と表情を区別する能力が土台にあり、その上に相手の気持ちを理解する能力が育っていく」ということでした。顔の認識ができないと共感力に影響が出る、しかもそれがわかるのは何年も経ってからで、その教育の大変さを考えると、多くの親ごさんに知って頂きたい大切なことだと感じました。

小学校でもマスクをしているため、友達同士で顔を向き合い学んだり 助け合いができなくなり、トラブルなどコミュニケーションに苦労する場面が増えていると報じられていました。

私は昔演劇をやっていたこともあり、たまに中村から「筒井さん、そのリアクション、外国人みたいですよ」と注意か賞賛かわからない指摘を受けるのですが(笑)、感情をジェスチャーやボディランゲージなどで豊かに伝えることは、今こそ大事ですね。
自信を持って、精進します!(笑)