第898回 「コロナに負けるな!」

4月12日

新型コロナウイルス感染症のピークがまだ見えない中、4月7日に緊急事態宣言が東京・大阪など7都府県に出されました。初の週末となる4月11日現在、日本全国で感染者数は6188人となり、高知県も54人と四国でダントツの人数を出しています。浜田知事は緊急事態宣言の一歩手前だと「集会の自粛」「昼夜を問わず、家族以外との外食の自粛」を要請しました。交流好きな土佐人にとっては衝撃的でしたが、乗り越えなければ!

弊社も3月の研修はすべて吹っ飛び、4月は病院の新人研修と大学のみです。病院は集会も自粛と言われるまでは、専門の予防知識があるので個人の距離やマスク・換気など防止策をきちんととって開催していました。

大学の講義予定は状況で判断がどんどん変わっていきました。文部科学省もてんやわんやでまず卒業式・入学式はどうするのか、休校は継続するのか、そっちが先ですから講義は後回しでしょう。結局延期が続いて中止になったものもありますが、オンライン講義に替わるものも複数あり、現在悪戦苦闘でその準備中です。でも、この時期に仕事があるだけでありがたいことです。

弊社の研修はコミュニケーションが主体の講義ですから、通常はペアになってのロールプレイが非常に多いので、個人視聴スタイルはそぐわないのです。しかし「変われるものだけが生き残れる」という言葉を思い出して、工夫して頑張るしかないですね。

高知でもコロナの影響で経済ががた落ちとなり、これではいけない!とこういうサイトが立ち上がりました。【 TSUNAGU 〜高知家の底チカラ〜】新型コロナウイルス感染症による経済対策掲示板です。「飲食店の応援」を見ていると以前から気になっていたレストラン「キッチン ニーダ」が載っており、お弁当を始めるとのこと。早速、注文してみました。

こちらは「目玉焼きハンバーグ弁当」1,080円です。
ちょっと価格は高めですが、一口食べて「お、おいしい!さすがはレストラン♪」とうなりました。ハンバーグ、海老フライ、ベーコンなど通常のお弁当物とはクオリティが別もの!(当たり前ですが。)トマトも甘みが凝縮されているトマトでした。我が家では娘が車イスなので、階段があるこちらのレストランには今まで行ったことがなかったんですが、いい機会となりました。

自粛はまだまだ続きます。オンライン講義のコンテンツ準備は7月まで続く予定ですが、合間に復習したかった交流分析のeラーニングを始めてみようかなと思っています。

ともかく、今 世界中の思いは一つですよね。
どうか これ以上感染が広がりませんように。

第895回 「頑張れ、就活生!」

3月20日
新型コロナウイルスで、様々な影響が大きく広がっています。企業の業績が急激に悪化し、内定を取り消される大学生も出てきています。

私も例年3月の中頃には面接トレーニングなど大学の就職講座を2日間行いますが、今年は延期となりました。この時期本格化するはずだった会社説明会は軒並み中止や自粛となり、2021年春に新卒採用される大学生はどう就職活動をしたらいいのかわからず困っている人が多いのではないでしょうか。

「コロナ自粛」で業績の悪化により採用活動ができなくなった企業もあるようですが、企業側も頑張っています。感染拡大防止を考慮し少人数で説明会をしたり、ウェブ活用も進んできたようです。

「マイナビ」「リクナビ」などの就職情報サイトでは、動画によるウェブ説明会も見られます。対面で緊張しているリアル説明会と違い、仕事内容の説明など何度も繰り返し見ることができるのが長所ですね。しかし反面、直接人事の担当者とやりとりができず、企業情報が限られた中で志望先を決めなければならないことが課題でしょうか。

今年はグループ面接はやめて個人面接重視にする企業、ウェブ面接を取り入れた企業も多くなっているようです。ウェブ面接の場合、交通費もかからず何社も受けられるわけですから、高知のような地方の学生にも不利にならないと考えられますよね。

こうなってくると断然有利なのが、インターンシップに行った学生です。志望先の企業に行った人はすでにコミュニケーションをとっているわけですから当然ですが、行ったのが志望先の企業でなくても、その体験をいかに語れるかが重要です。希望業種とは違う企業での体験も「そこで何を学べたのか」と捉えることができれば自己PRにつなげられます。

前代未聞の出来事に、みんな不安が大きいのは一緒です。でもその中で、できることはあるはず。コロナの自粛が解禁された時に、企業研究をじっくりやる・自己分析を深めていく実際の店舗に足を運んでみるといったことを地道にやっていた学生は、当然有利になるでしょう。何でもそうですが、目の前にあるネガティブな側面ではなくポジティブな側面を見つけ、行動につなげられる人は強いですから。

就活生の皆さん、大変でしょうが 頑張って下さいね。

第893回 「買い占めに走る心理」

3月7日

今回、初めてトイレットペーパー・パニックを経験なさった方は多いでしょう。2月末から、「生活必需品のトイレットペーパーが手に入らなくて、何店も回った」話があふれました。マスク不足を引き金に「トイレットペーパーもなくなる」というデマがSNSで広がり、新型コロナウイルス流行での社会不安が目に見える形となりました。

安倍首相も記者会見で「充分な供給量と在庫が確保されている」などと発表しましたが、マスコミで広くデマであると報道されても買い占めや高額転売は収まりませんでした。空っぽになった店の棚を撮した写真には「逆に不安を煽る。十分な在庫商品を撮すべきではないのか」という報道への指摘もありました。

やっと今週、少しずつ商品が手に入るようになったようです。昨夜はうちの近くのスーパーでも「お一人様1点まで」で、「夜になってもトイレットペーパーが7~8個残ってたから」と夫が1つ買ってきました。(私が買わなかったもので…)

こうしたパニックは、1973年のオイルショックでもありました。スーパーの店頭からトイレットペーパーが消え、主婦たちが商品を求めて殺到する光景を、私もニュースで覚えています。日用品の買い占めや争奪戦の殺気立った様子は、衝撃的でした。

当時は中東戦争による社会不安、それによる原油高騰という事実があり、政府が「紙の節約」を呼びかけたところ、一部のスーパーが「紙が売り切れるかもしれない」と煽ってトイレットペーパーを大量に販売したのをきっかけに、全国でパニックに陥ったのです。多くの消費者がトイレットペーパーの買い占めに走りました。

10年ほど前にネットで、当時のことが別の意味で忘れられない人を見かけました。「あれはもうかった!また、ああいうことがあればいいのに」というコメントです。消費者を手玉にとって!と、怒りを覚えたものでした。そのため今回 目の前に商品が出されていても、少しのストックしかなくても「ああいう輩を喜ばせてなるものか」との反骨心が、私が購入を踏みとどまる原動力になりました。(笑)

多分心理的には、コロナウイルスの脅威で不安やストレスを感じた多くの方が、それを解消するための代償行為として、買い占めに走ったのでしょう。目に見えず、いつまで続くかわからない不安を「お金を払って物を買う」ことで無意識に埋めようとするのですね。それで手っ取り早く心は満たされ、安心します。それは無理からぬことでしょう。

しかもトイレットペーパーは、確実に使える日用品で軽いし、いくつ買っても高くない。これがもしもお米なら、10kgの袋を2~3個も持てませんよね。

現代では、商品の流通にPOSシステムが使われています。スーパーなども在庫を持たず、レジでの商品の売り上げデータからニーズを予測し、すぐに業者から商品を納品してもらいます。そのため 1~2割の人が多く特定の商品を買っただけで、すぐ品切れになってしまうそうです。加えて断捨離などで、家に日用品のストックをできるだけ置かずシンプルな生活をする人も増えていますが、それは「商品はいつでも手に入る」という前提があってこそですよね。

だからこういうトラブルが起きてから教訓となるのは「いざという時のために、少しストックを持って日頃から回しておくことが安心につながる」という基本的なことでした。

心の安定を保つためには、不安な気持ちを解消し安心させることです。震災の後、「絆」という言葉があふれたように、ストレス解消にはふれあいがあると、幸せホルモンと言われるオキシトシンが分泌され、心が満たされます。そういう意味であいさつやコミュニケーション、ゲームなど家族や友人で笑い合える交流は大事ですね。

休校が続いて大変ではありますが、家で子どもをお世話している方々をはじめすべての方々と、この言葉をこれからの希望として共有できればと思います

幸運は、「不運な出来事の姿をして、やってくる。(田坂広志)