第922回 「コロナは人間性を試されるもの」

9月26日

次女が孫を連れて帰った後、某新聞の秋の読者委員会に向けて、情報収集と勉強の日々を過ごしていました。この年になっても政治など苦手な分野を勉強するときは、まるで高校生のように気ばかり焦る毎日。(笑)ああ、頭の良い方がうらやましい!
それがやっと一段落して、心から安堵しています。

そんな中で印象に残っているネット記事があります。清水 久三子さんの【コロナが試す「人間性のテスト」で問われること】の中の文章です。

ドイツのシュタインマイヤー大統領は国民向けのスピーチでこのようなことを述べています。「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は戦争ではない。国と国、兵と兵が相対しているのではなく、私たちの人間性が試されている。最高の姿を示そう」

人間性が試されている?… 確かに!と思いました。
コロナ禍に直面し みな不安なのは同じだと思うのですが、そこで感染者探しをして、誹謗中傷や攻撃をするのか?逆に、人の辛さや痛みを思いやれるのか?
「あなたはどちらですか?」という問題を出されているように思ったのです。

誹謗中傷や攻撃はフラストレーション解消に役立つかもしれませんが、
効果は一時的で、人との関係性を壊します。
逆に思いやりは、他人に優しくできる自分に自己肯定感が高まり、人も喜んでくれて嬉しさが増し、人間関係が良くなります。その効果も持続しやすいことでしょう。

だから少しでも、プラスの行動をしてみるといいのでしょうね。
「近所の人に笑顔であいさつしよう」
「お先にどうぞ、と順番を譲ろう」
「誰かに、もらった梨をお裾分けしよう」とか。
プラスの行動を考えることで、感情もプラスになると思います。

昨日は「医療コミュニケーション論」の授業で、「視覚障害がある高齢者」役の人を誘導するワークを学生の皆さんにやってもらいました。その後のレポートには
「思っていたのと全然違って、怖かった」
「視覚を奪われることで、こんなにも不安を感じるのだと知った」
「これから、点字ブロックの上にあるものはのけようと心に決めた」
などの素直な感想がたくさん寄せられました。

人間は、自分とは違うものを排斥する傾向があります。
人種差別など、その最たるものでしょう。
それはわかった上で、自分と立場が違う人のことをどう思いやるか?
実は、コロナに日々試されているのかもしれません。

このテストには合格できるように、心を磨きたいものです。

第917回 「頑張れ あじさい園」

8月22日          中村 覚

新型コロナによる感染者への誹謗中傷が問題となっている昨今、地元の高知では心温まる対応が全国ネットのニュースでも取り上げられました。クラスターが発生した高知市にある知的障害者支援施設「あじさい園」に「頑張れ あじさい園」と書かれたのぼり旗が、心ある方によって立てられたのです。

「地元ということもあり、この旗をぜひコラムでも紹介させてもらえないかな?」と代表の筒井から話があり、言われるとその通りと思い「はい!」と返事をしました。でも「ただ写真を撮らせてもらうのは傍観者みたいだからね」ということで筒井から寸志を渡され、それを持って私が園に伺うことになりました。

もちろん ただの興味本位ではありません。皆さんの温かい気持ちが広がるきっかけに少しでもなれば。だからこそコラムで紹介させてもらいたい、その一心です。

ありがたいことに、本館の脇にある建物の近くで携帯電話をしている男性をお見かけしました。ちょうどその時、タイミングよくお電話が終わったようで、しかも目が合ったので「おはようございます。」とあいさつをすると、こっちに歩いて来てくださるので、良かったと思いました。

ところが少し緊張してしまって「あのぉ、大変な時期と思います。これを役立ててもらいたいですが~。」と寸志をおずおずと差し出しました。

すると1~2秒、何も言わず こちらをじっと見る男性。その後、とても心のこもったお礼の言葉をおっしゃったので、私も照れ臭くなりました。 そのあと自己紹介をしてくださり、理事長の南さんとわかりました。こちらの説明もしなければと思い「僕は社員で、代表と話をして~」とこちらに伺うまでの経緯をお話ししました。

そして、今回のコロナの話題になり「ありがたいことに、園にかかってくる電話もほとんど応援です」というようなことを話してくださいました。
その後、のぼり旗の写真を撮らせてもらうことに。すると南さんが旗の説明をしてくださいました。

旗は門の両脇に1本ずつ設置されています。
建物を正面にして左側に立っている旗は、園に入ってくる方が読める向きに。

右側の旗は、帰られる方が読める向きに設置されているとのことでした。

ご説明頂かなければ、知らずにただ撮っていたと思います。

風で旗がよくなびいており、それを見ると気持ちがグッと引き上げられ、高知の風土も後押ししてくれている印象を受けました。

写真を撮りおえて、再び南さんの所へ。
今月の18日 午前6時過ぎに出勤してきた職員の方が、設置された旗を目にしたそうです。そして次の日、玄関に同じ旗を立てようとしていた60歳前後の男性を職員の方が発見。連絡先などをお聞きしたそうですが、「かまん、かまん」とそのまま立ち去ったということです。

「それでは失礼致します」と挨拶して車に乗り込むと、最後まで見送ってくださいました。たいへんな時期に急に伺ったにも関わらず、丁寧に接して下さった南理事長のお気持ちが嬉しくて、車内で1人温かい気持ちになり、代表の筒井に早速電話しました。

小石を湖にチャポンと投げ入れると水面に波紋ができます。どんな小石でも水面に現われる波紋は弧を描くように徐々に大きく広がっていくものです。波紋のように人の優しい気持ち、温かな心もゆっくりと広がっていってほしいと思います。

第911回 「アマビエ」

7月12日        中村 覚

「コロナ 終息 妖怪に託す」という見出しで高知新聞(2020年4月7日)でも取り上げられた妖怪アマビエ。 テレビでなんとなく名前は聞いたことはありましたが、活字の紹介を交えて姿形をまじまじと見たのはこの新聞がきっかけでした。

時は江戸時代(1846年)、今の熊本県に毎晩海で光るものがあるので役人が見に行くと、こんな妙な物がいたというのです。「私は海中に住む“アマビエ”という者」と自分から名乗り、「今から6年間は豊作だが病もはやる。早々に私を写して人々に見せよ」と言って、海の中に消える。写真は江戸時代の新聞にあたる瓦版のもの。現在は京都大学附属図書館所蔵です。

絵の右側に書いてある文字は、江戸へこの一件を報告した際の写しだそうです。
今の感覚だと、こんなこと いちいち江戸へ報告するほどのことなの?と思いますが、当時は真剣だったのでしょう。でも、それはそうかもしれません。その時代、その時代が その時の最先端なわけですから。「当時はまだ科学も発展していなくて、医療も~」などと言うのは、後の世の人間の勝手な発言です。今の2020年のことだって、後の世の人からすれば「当時はまだスマホしかなく、何かと不便で仕方なかったでしょうよ」と言うように。(笑)

ところで、このアマビエ、色々な商品になっていますが、私が買ったのはこれです。

内容は瓦版のアマビエ(A4サイズ)と、水木しげるさんが描いたアマビエ(ミニサイズ)のクリアファイルが2枚、それからシールと小冊子(解説書)が付いて900円(税別)です。

冊子の解説によると、そもそも世間にアマビエがよく知られるようになったのは水木しげるさんが描いたのがきっかけだったそうです。そうかぁ 「妖怪」となれば やっぱり水木しげるさんなんですね。

アマビエの新聞記事から約2週間後です。コロナの感染拡大を受けて「病の神よ 鎮まれ」の見出しで北海道のアイヌ民族の有志の方々が病気の神(パヨカカムイ)に対して「何とか鎮まりください。お互いに生きていきましょう」と祈りを捧げる記事が新聞に掲載されました。

「共生の精神に基づき、病気の神を退治することを目的としなかった。」と書いてあるのを読んで コロナに限らず 物事全般に対する捉え方を、今一度考え直すようにと言われているような気がしました。

この記事から1ヶ月後、たまたまテレビ番組「情熱大陸」でアイヌの木彫家 貝澤 徹さんの放送を見ました。「アイヌの造形物には あまり リアルなものは作っちゃダメだと昔から言われている」との話があり、その後に「リアル過ぎると彫られたものが悪さをすると言う。」とナレーションが流れました。

これを聞いた時に 何となくわかるような わからないような・・・。でもこれは大事なことなんだろうなあ。 次に頭に浮かんだのは アマビエ(瓦版の絵)でした。 初めてあの絵を見た時の記憶が蘇ります。「なんで、こんな絵?」子供が描いたみたいな・・・。(笑)

でも、思います。もしあの絵がもっと上手にリアルに描いてあったら、こんなにも多くの今の人達が 各々の思いを込めて自分なりのアマビエを描くことにはならなかったのではないかと。基になるものの完成度が高いとそれで完結してしまうので。

そう考えると あの瓦版のアマビエ、現代に残るべくして残ったものなのでしょうか。