第1007回 「出版への道①~入稿とボツ写真」

5月28日

第1000回でお伝えした追手前高校の伝説本の出版プロジェクトは少しずつ進み、今週やっと原稿が仕上がり、出版社に入稿することができました。まるで学生のように、原稿を提出できて心からホッとしています。

元々は追手前高校の貴重な建築写真を保存したいという願いから出発したものでしたが、いざ本にするとなると、写真だけでは物足りない思いがあり、では内容をどうするのか?ということで…長いこと手探り状態でした。昨年末に出版社に出向き、原稿を3月末までに仕上げると具体的に決めてからもなかなか内容が詰められず、2月までは1字も打っていませんでした。(笑)

2月に時間のゆとりができる予定だったので、そこで集中して進めようと思っていたら、家族が立て続けに新型コロナにかかり、それどころではない事態に。3月になって、ようやく本格的に原稿を作り出しました。一般的には原稿は少しずつ書き進めていくのでしょうが、この本の場合 大半は写真集で最後に学校の歴史や資料を紹介したいという思いがあり、ずーっと とっ散らかっている印象でした。

そこで、各章ごとにファイルを作り、そこに写真をどんどんまとめていきました。それを見ながら原稿を作っていったのですが、第3章で行き詰まったら第7章を進める、といった感じで自由に書いていったお陰で、ストレスはかなり抑えられたと思います。

反面、書き出すと夢中になり時間を忘れてしまい、目、肩、腰など体に無理が行きました。特に右目の視力はガクンと落ちてしまいましたが、まぁそれくらいは仕方ないですね。追手前の神様に捧げ物をしたと捉えています。(笑)

写真は3年かけて少しずつ撮りためていましたが、いざ原稿にしてみると、時計台など曇り空のものが多くて映えない。(笑)青空加工ができるとは知っていましたが「本にできるレベルじゃない」と、何度も撮り直しを重ねました。最後までかかったのは、意外かもしれませんが玄関です。たとえば、これ。

この3年間、いつも「高知総文」「四国総体」とかの青いノボリや禁煙の看板があり、せっかくの建築がすべて見えませんでした。またコロナ禍の時期と重なり、以前だったらなかった体温計、アルコールスプレーなどが中央にデン!とあります。まあ今の時期あたりまえなんですが、建築90年以上の校舎にとっては、一過性のものに過ぎません。

私は卒業生ですが部外者なので、それらを勝手に動かすのはためらわれ「また今度来たときに」で辛抱強くモノがなくなるのを2年以上待ったのですが、さすがにもう待てなくなり、許可を得て撮影の時だけ移動させて頂きました。

後でふり返ると、これらやマスクも「新型コロナが世界に蔓延した当時の、貴重な資料」となるのかもしれませんね。

こうしてできた原稿は160ページになりました。原稿を印刷して持ち込むと社長が「ここまで作るのも大変だったでしょう」「最後の参考資料まで作られてたら、僕らもやりやすいです」とねぎらって下さったのが嬉しかったです。

なお、本ができるのは10月で、価格は2千円+税となる予定です。
高知県内の書店にも置いて頂けるようですが、本屋で自分の本を見つけるとどんな思いになるんだろう?と不思議な気持ちです。(笑)

第987回 「2022年の目標」

1月8日

新年おめでとうございます。今年もコロナ禍で迎える新年となりましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今年 人・みらい研究所として、ある目標を立てました。ここ数年来活動してきた高知追手前高校についての本を、出版することです。私自身、まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでしたが、追手前LOVEが思いがけずどんどん募ってきて、気づいたらこんなことに。(笑)

コラムにも時々書いて参りましたが、昭和6年に建てられた追手前高校の校舎は90年たった今も、現役として大活躍しています。時計台は有名ですが、元貴賓室、奉安殿、地下池など 卒業生にも知られていない伝説の宝庫です。その伝説の解明と、歴史的価値ある校舎建築を 未来へとつなぐ出版にし、広く知って頂こうというものです。

校友会事務局のご協力も頂き 写真は一通り撮りましたが、まだまだやることは多く、まとめに入ろうとした12月に姑が緊急入院になってしまいました。多分、これから大きく計画に遅れは出ると思いますが、無理をせずに少しずつ進めていこうと思っております。

出版に関しては素人ですし、写真を多く載せたいため費用がかかるだろうと覚悟していましたが、調べてみると やはり予想通り。(笑)全国的に売れる本ではないですし、高価な写真集にもしたくない。なるほど、今の時代、本を出すというのはなかなか大変な仕事なのだなぁと再確認した次第です。(笑)

思い出すのは この活動のきっかけになった、追手前高校の校舎を建築した間組の当時の社長、小谷清氏(明治25年卒業生)です。建築予算が大きく不足し、時計台不要論や移転案まで噴出した中を 「名誉な仕事だから」と、大きな赤字を補填した、その気概。胸を打たれ、「自分は追手前高校のために、何ができるのだろうか?」と自問自答し、出た答えがこの活動でした。たまたまスタッフの中村も追手前高校の卒業生で、人・みらい研究所はチーム追手前でもあるのです。(笑)

お正月に会った高校の同級生も「できることがあったら声をかけてね」と嬉しい言葉をかけてくれました。せっかくなので、追手前高校をよくご存じない方にも興味を持って頂けるような内容のものが作れたらと思っています。

さあ、はたしてどうなるのでしょうか?初夢だけで終わらないよう、頑張ってみます!(笑)

第953回 「追手前高校 伝説の地下池②」

5月6日

いよいよ 追手前高校、伝説の地下世界へ!

ゆっくりと、脚立を下りていくと…

地下世界に着きました!
「大丈夫ですか?」「大丈夫です!」
まるでお風呂場のように、広い空間に声が響きます。

(写真はクリックすると大きくなります)

目の前に、日常とはまったく違う世界が広がっています。
文献にも残っていない、初の地下池の写真公開です!
柱などの構造物がすごい。天井までの高さは、2m弱でしょうか…。
こうやって建物を支えているのがよくわかります。
ライトの光が届かない部分は、漆黒の闇。
シンとした静寂が広がっています。

長方形に区切られたコンクリートの区画は足下に水が溜まり、浅いプールのようです。
レーザー距離計で計ると、およそタテ7m×ヨコ4mほど。
どうやら地下構造は、沢山の長方形の区画で構成されているようです。

水は動いていないせいか透明で、底に沈んだものが見えます。
左手にあるのは、以前穴のフタとして使われていた木です。
建築時からとすれば、90年もの。
元職員のSさんが20年以上前に乗ったら、腐っていて地下に落ちたのだそうです。
もはや、遺構と言えるでしょう。(笑)

闇の中を、ゆっくりと前進します。

水は透明に見えますが下に泥が溜まっていて、
歩くともくもくと雲のように湧き上がります。
元々は地下水が上がってきているきれいな水だったと思うのですが、
台風などで浸水したとき流れ込んだ濁水に混じった汚泥が積もったと推測されます。

5mほど歩いて、後ろをふり返ったところです。
脚立のある付近は水深が浅いのですが、深い部分は膝とかかとの中心くらいまであり、私以外の方は長靴じゃなかったので 脚立から進めませんでした。

真正面には、先が闇に溶けたトンネルが見えます。
ここは校舎の一番端なので、この真上には長い廊下が続いているのです。
100mほどあるので、このトンネルもそれくらい続いているのでしょう。

この区画は水深が深いところで22cmほどでしたが、Sさんによると中央へ近づくと水深が深くなるとか。納得です。ここは水の流入孔がありませんが、中央にはあるので、雨水も溜まるのでしょう。壁や柱には、白い浸水の跡が1m以上の高い所まで線として残っていました。

この柱をご覧下さい。
まるで大木のように根を広げ枝を伸ばして支えているようで、かなり頑丈に見えます。建てられた昭和6年、90年前には最先端の技術だったことでしょう。そのため、昭和の南海地震にも持ちこたえられたのだと思います。

追手前高校は軟弱地盤の上に立っているため、その下の固い岩盤層まで25mほどの
鉄筋コンクリートの柱を通して、安定させているとか。
残念ながら、地下水に浮かんでいて安定しているわけではありません。(笑)

O先生が懐中電灯を向けてくださると、トンネルの先がおぼろげに浮かんできました。長い長いトンネルです。まるで宇宙船の中を思わせるような構図に 魅了されました。

今回、漆黒の闇に備えて、ライトを4種類準備していましたが、残念ながらランタン2つは光が弱くて役に立たず。平面状の充電式ライトは、辺りを照らすのに役立ちましたが、トンネルの奥などは懐中電灯など指向性のライトでないと、光が届かないとよくわかりました。準備不足です。

実はこの日に備えてカメラのフラッシュを買ったのに、いざ使おうとしたらなぜか光らず、大いに焦りました。でも逆に、それで地下の雰囲気をより伝えられたようにも思います。(笑)

脚立の右手の壁は、隙間が狭くなっていました。
ふと見ると、なんと虫が!数匹、驚いたようにサーッと逃げます。

ふと、高校生の時の記憶が蘇ります。
「小松先生、闇の中でも生き物はいました!
残念ながらゴキブリでしたが。」
こんなところでエサがあるんでしょうか、不思議です。
さすがは2億年を生き残っているサバイバーです。(笑)

コンクリートの梁を計測すると、幅は40cm、高さが20cmでした。
よく見ると中の鉄骨のサビが見える箇所が。

レーザー距離計で区画の幅や長さを計測できたのは良かったのですが、興奮して温度計、水温計などを地下に持ち込むのをすっかり忘れていました。
4月末で1階の廊下の気温が19度だったとき、地下入り口の気温は17度。
地下はおそらく16度くらいだったのではと思います。

天井に水滴がびっしりと付き 水がしたたり落ちていましたが、密閉空間だからでしょう。ムッとした感じはなかったので、多分湿度は70~80%くらいだったのでは。

結局 地下には、30分ほどいました。
私が歩いたことで、最初の写真と比べると水が濁ってしまいましたが、また時間をおくと透明に戻ることでしょう。

水位は季節や降水量によって変わるでしょうが、壁を乗り越えつつ腰くらいまでありそうな水の中を歩いて校舎中央部まで行くのは、かなり困難と思われます。水位が1mとかになったら境の壁が水没するので、ゴムボートを使うと行けるかもしれません。そうなると区切られた「池」が一つとなって、伝説の「地下湖」となるのでしょう。

それにしても長年の追手前の謎が解明でき、貴重な心弾む経験でした。
O先生、Sさん、そしてお読みくださった皆様、本当にありがとうございました。