第996回 「オンライン講義にて」

3月12日

3月に入り、大学の講義が始まりました。
就職必勝講座、教員養成のための介護等体験事前指導など。まだ新型コロナの第6波が収束できていないこともあり、対面もありますが オンライン講義が多いです。

昨年はオンライン講義でも、オンデマンド(好きなときに見られる、収録した動画配信パターン)ばかりでした。事前収録するため撮り直しがききますし、学生は自分の都合の良いときに何度でも見られるメリットがあります。反面、内容は一方的に語るしかなく、学生とのコミュニケーションが直接取れないのはもどかしい思いでした。

自分自身コロナ禍のセミナーを受講して、特にコミュニケーション関連の講座を組み立てる場合には、相互コミュニケーションが必要不可欠だと感じています。つまり事前収録でなくリアルタイムで講義が進行し、その場で質問をしたり、グループワークができたり様々な交流ができるのが理想的ですよね。やはりコミュニケーションは対面が最高ですが、オンラインでもできるだけ近づけるにはどうしたら良いのか、模索が続きます。

昨日も高知工科大学で、リアルタイムのオンライン講義がありました。全員にカメラをオンにしてもらい、皆さんの顔を見ながら進行していきます。
しかし最初の方でいきなり、パワーポイント画面が動かなくなるトラブルが。まあ機械なんてトラブルはつきもので、お約束みたいなもんです(笑)対処を事務局がしてくれたので助かりました。そしてこういう時、事前に「ダウンロードして印刷しておいてね」と念を押した記入式資料が役立ちます。

昨年はできなかったペアワークを体験してもらいたいと思い、ブレイクアウトルームと呼ばれる少人数にグループ分けして話し合える機能を使いました。全体の人数が40名弱だったので、やりやすかったです。それぞれどんな進行をしているのか、見に行くこともできるので便利。みんな画面越しでもうまくコミュニケーションを取り合っていて、楽しそうに進行していました。何より、受け身にならず主体的に取り組むことができ、発表も笑顔でやってくれ嬉しくなりました。

講師仲間の友人が言っていましたが、オンライン研修を頼まれて講師を引き受けたけれど、ほとんどの受講者は自分のカメラ画像を消し、マイクもミュート(消音)にしているため、聞き手の様子がまったくわからないまま延々と真っ暗な画面に向かって話し続けるのは気が滅入るということでした。その通りだと思います。カメラをオフにされると、そんなつもりはなくてもコミュニケーションを拒絶されているように感じるんですよねぇ。

講義が終わるとチャット機能を使って、その場で簡単に感想を送ってもらいます。
昨日は驚いたことに、何人もの学生さんが「筒井先生」「中村さん」と名前を書いて感想を記してくれていました。初めての講義でわざわざ名前を書いてくれるのは親近感の表れで、有り難いことでした。

「ロールプレイングで体験できたのが良かった」「今までにない体験ができました」「実際に話すことの難しさを事前に体験することができたおかげで、どんなことを勉強して挑むべきか具体的に目に見ることができた」と特にペアワークが好評でした。また「マナーについてしっかり学習する機会は今まであまりなかったので、注意点や初めて知ることが多くてとても勉強になりました」といった感想も最近増えています。今は家庭で、あまりマナーについて教えられていないからでしょうか。コロナ禍でコミュニケーションが取りにくくなっている現状で「介護等体験で最も不安だったコミュニケーションについての講義だったので、とてもためになりました」という声もありました。

気になった点としては、マスクで顔が隠れることで、非言語コミュニケーション(表情、態度など言葉以外のコミュニケーション)が阻害され感情が読み取りにくくなることに触れて、(オンラインなので)「マスクを取ってワークをやってください」と指示したのですが、数名着けたままでした。感染予防ではなく、マスク自体をはずしたくないのでしょう。今後の課題と感じました。

「もし、介護実習がなくてもこの経験を生かして頑張りたいと思います」と前向きな思いを書いてくれた人もいました。予定は、あくまでも未定です。未来がどう動いても それを乗り越えて力にしていってもらえたら、こんな嬉しいことはありません。

第908回 「オンデマンド授業とソーシャルディスタンス」

6月20日

コロナ禍も次の段階へ進み、「新しい生活様式」の中で、新たな取り組みも進んでいます。オンラインやオンデマンドでの研修も一気に増えてきました。

弊社では今年の大学での講義は、すべてオンデマンド授業になりました。教員の話す内容を映像と音声によってコンテンツ化し、学生は履修科目を一定期間内なら好きな時にネットで視聴して授業を受けられます。しかしなにぶん初めてで急遽始まったシステムのため、不慣れなこともたくさん。

先日は某大学で恒例のビジネスマナー講座を収録したのですが、後日、収録された映像を確認させて頂くと、名刺交換のロールプレイングの音声が数ヶ所聞き取れない所があり、急遽音声のみをボイスレコーダーで収録し直しました。いわゆるアフレコですね。映像の口の動きに合わせて録り直しましたが、やはり映像とのタイミングがすべてピッタリとはいかず、どうしても若干ズレができてしまいました。うーん、難しい。

でも良いこともあり、11回もの講義がたった1回の収録ですんだのは助かりました。ただ400名以上のレポートがいっぺんに返ってくるのではないかと思うと、…どうなるんでしょう?戦々恐々と「その日」を待っています。(笑)

オンライン研修も花盛りです。たとえばNLPの世界的な権威、ロバート・ディルツ博士の4日間(半日)の講座が破格の5万円で受講できるなど、考えられないお得さ!今まで東京への交通費・宿泊費などで数十万円かかっていた費用がゼロで、講座料も一ケタ安くなっているのは地方在住者にとっては本当に有り難いことです。なんだかんだ、7月はオンライン研修を8日間も受講予定です。(笑)

一方、ソーシャルディスタンスを確保して、対面授業が始まったところもあります。こちらでは、学生はマスク、教員はフェイスシールドを付けての授業でした。

フェイスシールドって息苦しくないかなあ?とか不安だったのですが、マスク以上に快適で特に不便なこともなく、ホッとしました。何よりもマスク越しでも、直接学生の皆さんの顔が見られる安心感といったら!!(笑)

新しいシステムが出てくると、それに合わせて工夫も必要になります。失敗も重ねながら新たな刺激を受けていますが、例年通りの学生の皆さんの素直な思いで一杯のレポートを直接手渡してもらえると、こちらもリフレッシュするのでした。

第772回 「高知工科大学、開学20周年!」

11月5日

素晴らしい秋晴れの広がった11月4日(土)、香美キャンパスにて「高知工科大学 開学20周年記念式典」に参加させて頂きました。

いつ見ても惚れ惚れする美しい学舎です。

現役学生が100名ほど、卒業生達もたくさん集まり、とても盛況でした。

現在の磯部雅彦学長の式辞の後、高知県の尾崎知事と地震研究で高名な京都造形芸術大学 尾池和夫学長の祝辞を頂きました。初代理事長 橋本大二郎氏を始め、歴代の理事長、学長がオールスターキャストで並んでいらっしゃった様は、卒業生としても工科大ファンとしても心ときめくものがありました。

1997年に開学した高知工科大学。「高知工科大学20年のあゆみ」としてまとめられた映像は工事中の様子など初めて見るものや、懐かしい映像が一杯でした。

2008年、工科系の大学に文系のマネジメント学部開設。影で尽力なさった今は亡き恩師 馬場敬三先生が偲ばれ、思いもひとしおでした。

そして2009年には日本初のウルトラC、私立大から公立大学法人への大転換!

2015年には高知県立大と統合され、高知県公立大学法人となり、マネジメント学部は永国寺キャンパスに移転。経済・マネジメント学群も設置されました。

これまでの学位取得者数は学士:7204名、大学院修士:1812名、大学院博士:311名だそうです。

思えば開学5年目の2002年に思いがけないご縁で大学院 起業家コースに導かれ、卒業後もずっと大学の講義や経営審議会委員として携わらせて頂くことになるとは、夢にも思っておりませんでした。

式典の後、2015年にノーベル物理学賞を受賞なさった東京大学の梶田隆章教授が「神岡でのニュートリノ研究をふり返って」で記念講演をなさいました。

門外漢の私にも面白く、あっという間の1時間。大学院で様々な最先端の学びをワクワクしながら与えて頂いた日々を思い出しました。現役学生からも活発に質問が出ており、素晴らしいご講演でした。

夕方6時半からは会場を高知市のホテル旭ロイヤルに移し、20周年記念祝賀会が行われました。今回、本当に嬉しかったのは歴代の理事長や学長の元気なお顔が久しぶりに拝見できたことです。

初代理事長の橋本大二郎さん。経営審議会の末席で関わらせて頂き、その姿勢から多くのことを学ばせて頂きました。ありがとうございました。

岡村甫 元高知工科大理事長と、尾池和夫 京都造形芸術大学 学長。お二方は土佐高の先輩・後輩でもいらっしゃるとのことでした。岡村先生は工科大では学長から理事長になられ、長年工科大の発展のためにご尽力くださった方でいらっしゃいます。

学生のよさこい踊り子隊のみなさんは会場を活気づけてくれました。寒い中をずっと頑張って練習してくれたんですよね。本当にありがとうございました。

元起業家コース長の冨澤先生や、10数年ぶりに元教育講師の辻田先生にもお目にかかれて思いがけない喜びでした。辻田先生は、今は九州の大学で教授になっていらっしゃるとか。沢山の思い出がフラッシュバックしました。

20周年を迎えた高知工科大学のキャッチコピーは、「志の旗をより高く」。

様々な環境が変化しても、志高く開学した当時の初心を忘れず、高知工科大学の志をより高く発信するという姿勢を表したそうです。「志」という言葉があまり聞かれなくなった、今にふさわしいメッセージだと思いました。

これからの高知工科大学に、ますます期待が高まります。