第1022回 「足摺七不思議をご存じですか?」

9月11日

先日の高知新聞に「土佐史談会が足摺岬などを巡り、地元同好会と交流」という記事が載っていました。足摺岬は地理や歴史,、文化的にもとても魅力のある所ですが、高知市からも車で3時間以上かかり気軽に行くのは難しいため、知られざる魅力があふれているのです。足摺七不思議も、その一つです。

有名な足摺岬灯台へ向かう手前で右に折れると、椿のトンネルに入ります。この遊歩道を通っていくと、足摺七不思議に出会えるのです。七不思議というのは七つの不思議ではなく、たくさんの不思議を指し、一説では21もあるとか。

実は七不思議のルートはUの字型になっていて、私たちは灯台に近い道から入る逆ルート?を通りました。ですので、一般的な七不思議の紹介とは順番が逆かもしれませんが、四国遍路も「逆打ち」という御利益が大きくなる逆ルートを回るパターンもあるくらいですので。(笑)

1.地獄の穴
まずはその名も怖い「地獄の穴」。この穴に硬貨を落とすと、チリンチリンと落ちて行く音がするとの言い伝えがあり、ずっと見てみたいと思っていました。

実はこの下には、金剛福寺付近まで洞穴が通じているといわれています。グーグルマップで測ってみたら、ここから金剛福寺までは直線距離で200m。海岸からここを通りお寺までは直線距離でも270mくらいあるので、いかに長い洞窟がこの下に通っているのかと神秘を感じます。地獄の穴は残念ながら今は塞がってしまったようですが、昭和52年にはおよそ1分ほど落ちていく音が聞こえたとの記録が書かれています。聞きたかったなぁ~!

2.大師の爪書き石
1200年ほど前、弘法大師が金剛福寺を建立した時にこの花崗岩の大きな岩に、爪で「南無阿弥陀仏」と刻んだと言われています。

近くで見ると、うっすらと「南無阿」という字が見えますよ。
(写真をクリックして大きくすると見やすくなります。)

七不思議を巡るルートの途中には、足摺岬灯台もあります。
大正3年に作られ、昭和35年に画期的な「ロケット形灯台」に生まれ変わり、現在も活躍しています。「 日本の灯台50選 」にも選ばれ、水面からこの灯火までは60mあるとか。

3. 亀呼場
弘法大師がここから亀を呼び、亀の背中に乗って目の前の不動岩に渡り、身体安全、海上安全の祈祷をされたといわれています。「お亀さ~ん」とこの場所から亀を呼ぶと、亀が浮かび上がって来るんですって。写真を撮ってて忘れたので、次はやってみようっと。

4. 大師一夜建立ならずの華表
(弘法)大師が一夜で華表(とりい)を造らせようとしたが、夜明け前にあまのじゃくが鳥の鳴真似をしたため、夜が明けたと勘違いし、やめたといわれています。夏は草で覆われていてよく見えませんが、手前の石造りが痕跡のようです。

途中、林が途切れて眼下に黒潮が流れる太平洋が見えます。この神秘のルートを通ると、気持ちよい潮風に吹かれて体中が浄化されていくようにも思えます。

5. ゆるぎ石
かなり大きな石です。大師が金剛福寺を建立した時発見した石といわれています。
大きな石の上に小石が三つ積んであるんですが、親孝行者ならこの大石を動かすと、上に積んでいる小石が落ち、親不孝者なら落ちないとか。親の肩をもむ要領が身についているかどうかということらしいです。ちなみに私はびくともしませんでした。(笑)

6. 不増不滅の手水鉢(ちょうずばち)
平安時代、賀東上人と弟子の日円上人が、補陀落(お釈迦様の住む浄土)に渡海しようとしたとき、弟子の日円上人が先に渡海してしまったそうです。残された賀東上人は非常に悲しみ、この岩の上に身を投げ出して涙を流し、それが不増不減の水となって残っているといわれています。

7.犬塚
昔、生まれ変わり一国一城の主となって世の平和をもたらすことを願った僧が、右手に「南無阿弥陀仏」の文字を書いてこの断崖から身を投げたとか。飼っていた犬は飼い主をひたすら待ち続け、ついにこの場で息絶えてしまい、村人は哀れと思って犬塚(墓)を建てたと言われています。

その後、土佐藩二代目・山内忠義公の右手に墨のような生まれつきの痣があり、この故事を知った忠義は自らを僧の生まれ変わりと想い、金剛福寺再興を行ったそうです。

8. 根(寝)笹
この地に生えている笹はこれ以上大きくならない笹だといわれています。
夜になると、龍が馬の姿に変わり、ここでコロコロ寝っ転がって遊んだため、笹が大きくならないのだという伝承があります。

9 汐の満干手水鉢
岩の上に手水鉢に似た小さなくぼみがあり、汐が満ちているときは水がたまり、引いているときは水がなくなるといわれ、非常に不思議とされています。

実際に測ってみると面白いと思うのですが、しばらく滞在しないといけませんし、断崖の上で柵からかなり身を乗り出さないといけないので、危険ですので無理ですね。(笑)

10.亀石
この亀石は自然石ですが、亀にそっくりです。人との比較でわかるように、かなり大きな物です。弘法大師が亀の背中に乗って燈台の前の海中にある不動岩に渡った亀呼場の方向に向かっています。

ところで、七不思議の伝承は、どういったものから生まれたのでしょうか?
昔からお遍路さんは四国各地を回っていました。その先々でお寺の人や地元の世話役との交流があり、そこで土地土地の話を聞き、地元を知ることになったわけです。

ですから四国遍路は、観光の元とも言えます。
「観光」という言葉自体が戦後の用語であり、七不思議も伝来は古いものではなく、昭和の観光ブームの折に地元の伝承を元にたくさんある不思議を「七不思議」として、まとめたのでしょう。

それにしても改めて足摺七不思議は、魅力を感じます。もっと深く研究してみるのも面白そうだと思ったことでした。

第1019回 「足摺の海の豊かさに」

8月20日

蒸し暑い日が続きますので、今回は涼をお届けしましょう。
この夏、念願だった土佐清水市竜串の「足摺海洋館SATOUMI」にやっと行けました。高知市から車で3時間以上かかるので なかなか日帰りが難しく、取材に行きづらかったのです。

隣接する豊かな竜串湾は、サンゴ礁が広がる豊かな海です。その生態系をリアルに再現した水槽展示をニュースで見かけるたび、「いいなぁ~、行ってみたい!」と思い続けて2年。やっと夢が叶いました。

ちょうど「ざまな!サメ展」も開催されていて、ワクワク♪

さて、館内は足摺の原生林→竜串湾→足摺の海など、森や川を経て太平洋の沿岸から
外洋・深海へと続く展示構成になっていて、大人でも見応えがあります。

入るといきなりそこは、足摺の原生林。いのちを育む源流の森です。

里山。田畑、用水路、ため池など、人の活動が自然環境と関わってきます。

河口。山からの水と海水が混じり合うため、変わった生態系が見られます。

カワウソもいます。幡多地域では実際イタチもよく見かけますし、ニホンカワウソらしき目撃も今だにあるほど、自然が豊かです。

後ろの竜串湾を借景にした、夏が似合うウミガメの展示。

夏休みの親子連れの、微笑ましい様子。

足摺の海。熱帯を起源とする黒潮が近くを流れる足摺・竜串の海は、
緯度のわりに海水温が高いのが特徴です。

この水槽の前に来たとき、私は懐かしさでしばし立ち尽くしました。
50年前、私が潜った足摺の海は、まさにこうだったからです。
サンゴが広がり、熱帯魚のような魚がたくさん泳いでいました。
小学生の頃見たその美しさは、今でも忘れられません。

そうそう、夜釣りに行って幼なじみがウツボを釣り上げたっけ。
すごい顔つきですが、高知県ではよくスーパーに切り身で並んでいます。(笑)

そしてウツボの展示の上には、ウツボ料理の写真が!(笑)

黒潮の恵みとして アサヒガニ、ヒオウギガイ、カメノテなどの料理がズラッと紹介されています。いかにも美味しそう~。

竜串湾大水槽は深さもあり、やはり見応えがあります。

今は様々な展示方法があり、魚の生態を下から観察するのも楽しそう。
館内には、小学生のはしゃぐ声が響いていました。

幽玄なイメージのクラゲの展示も、また良かったです。

その晩は、アサヒガニや清水サバなど、黒潮の恵みを美味しく味わったのでした。
見てよし、食べてよしの足摺の海の豊かさに感謝です。

 

第1017回 「知られざる特攻艇【震洋】」

8月6日         中村 覚

出張で土佐清水市を訪れた際、市内を何気なく車で走っている時です。道の突き当たりの山肌部分に、ひっそりとたたずむ看板を見つけました。

『旧海軍震洋艇格納壕跡地』と書いてあり、この先だと赤い矢印で示しています。「旧日本軍の何かが あるのかなぁ」よくわからないまま、矢印に従い進みます。

すぐに右側に海が広がります。この日もうだるような暑さですが、炎天下の元、広がる海はきれいです。~と言って、特に変わった様子もなく…。すると

山側に大きな穴(洞窟)が間隔を置いていくつも並んでいました。穴の高さは大人がゆうにすっぽり入れるほどです。既に入口が土でかなりふさがっているものや、「あぶないので はいってはいけません!!」と書かれたプレートと共にロープが張られているものなど。

更に車を奥に進めると、案内看板と石碑があります。

案内看板には、「旧海軍震洋特攻隊基地跡」とあり、太平洋戦争末期、この地に海軍の特攻兵器「震洋艇」の基地があったことが書かれています。

先ほどの洞窟はこの「震洋艇」を格納していた壕なのです。壕は高さ、幅とも3.5m。奥行きは20~30m。当時、15基、掘られたそうです。

そして この「震洋艇」は全長6.5m。幅2mの耐水べニヤ2枚張りで造られたボートです。先端に250㎏の爆薬を積んで敵艦隊に体当たりする自爆特攻兵器だったのです。「震洋」という名前は「太平洋を震撼させる」という意味に由来します。悪化の一途をたどる戦局をなんとか打開したいという切実な思いだったのでしょう。

これは後で調べてわかったことなのですが、大戦末期の物資が不足する状況でもべニヤ板を張り合わせた船体というのは量産が可能だったようで、約6000艇が造られ、本土防衛のために広く配備されたそうです。その中の1つが、ここ土佐市清水市の越(こえ)なのです。

石碑には、越(こえ)湾に配置された特別部隊の全隊員171名中、艇搭乗員48名は主に17歳の少年達であったことが刻まれています。戦況のひっ迫につれ、再三の出撃命令が出されるものの、出撃には至らず終戦を迎え、若い命が九死に一生を得たことが書かれています。

土佐清水市のホームページに私たちのまちにも特攻基地があったというパンフレットの案内があり、ダウンロードも可能です。より詳しく書かれていて、私の写真ではわかりにくい石碑の全文も掲載されています。ご興味のある方はぜひ。

看板と石碑を読み終えた後は、さっき見たばかりの洞窟に対する意識も違ってきます。今度は資料用にアップで写真を撮るために壕の真ん前へ。

中から冷たい風が吹いてきます。まだ7月でしたが、異様な暑さは既に盛りを迎え、先ほどから吹き出る汗が止まりません。

本来ならこの風を涼しく心地良いと感じるはずなのですが、この地の意味合いを考えるとそうは思えません。 戦争を知らない世代の私でも、ある種の慎みを持って洞窟の前に立ったつもりです。

実は、この写真を撮った後、土佐清水市の図書館に行き、この「震洋艇」に関する本を紹介してもらいました。それがこちらです。

水上特攻「震洋艇」の記録 「海の墓標」

著者である二階堂清風さんは、昭和20年(1945年)、土佐清水の越(こえ)で震洋艇の搭乗員として、その任務についた方でした。内容は戦争体験はもちろんですが、当時の風潮や地域のこと、そして昭和48年に再度、越を訪れた際の様子についても書かれています。

昔とは違い 開発されて様変わりしている地域や、そこに住む人の変化に驚き、時の流れに思いを馳せます。既に時代は新しい世代へと変わっていたのです。しかしそれでも、ご自身の中にだけ今もある万感の思いを胸に…。

私はこういった部分の描写に、なにか揺さぶりをかけられた思いになり、「震洋艇」についてより興味を持ったというのが正直なところです。

「特攻」と聞けば、航空機(零戦)や回天(人間魚雷)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。私もすぐに浮かぶのは零戦。その次に(よくは知らないけど)回天…。ですから「震洋艇」については恥ずかしながら何一つ知りませんでした。

「零戦」「回天」「震洋艇」は同じ特攻兵器でありながら、後世の私たちの持つ認識に大きな差があり過ぎると思います。

ちなみに製造数 は、
「零戦」 =約1万機
「震洋艇」=約6000艇
「回天」 =約400基

戦争を知らない世代が、ただ数値を並べて戦中のことを知ったふうに語るのは「違う」と思います。しかし同じ高知県に住みながら初めて知った震洋艇の事実。風化していく戦争を考える上で何かの参考にして頂けたらと思います。