第996回 「オンライン講義にて」

3月12日

3月に入り、大学の講義が始まりました。
就職必勝講座、教員養成のための介護等体験事前指導など。まだ新型コロナの第6波が収束できていないこともあり、対面もありますが オンライン講義が多いです。

昨年はオンライン講義でも、オンデマンド(好きなときに見られる、収録した動画配信パターン)ばかりでした。事前収録するため撮り直しがききますし、学生は自分の都合の良いときに何度でも見られるメリットがあります。反面、内容は一方的に語るしかなく、学生とのコミュニケーションが直接取れないのはもどかしい思いでした。

自分自身コロナ禍のセミナーを受講して、特にコミュニケーション関連の講座を組み立てる場合には、相互コミュニケーションが必要不可欠だと感じています。つまり事前収録でなくリアルタイムで講義が進行し、その場で質問をしたり、グループワークができたり様々な交流ができるのが理想的ですよね。やはりコミュニケーションは対面が最高ですが、オンラインでもできるだけ近づけるにはどうしたら良いのか、模索が続きます。

昨日も高知工科大学で、リアルタイムのオンライン講義がありました。全員にカメラをオンにしてもらい、皆さんの顔を見ながら進行していきます。
しかし最初の方でいきなり、パワーポイント画面が動かなくなるトラブルが。まあ機械なんてトラブルはつきもので、お約束みたいなもんです(笑)対処を事務局がしてくれたので助かりました。そしてこういう時、事前に「ダウンロードして印刷しておいてね」と念を押した記入式資料が役立ちます。

昨年はできなかったペアワークを体験してもらいたいと思い、ブレイクアウトルームと呼ばれる少人数にグループ分けして話し合える機能を使いました。全体の人数が40名弱だったので、やりやすかったです。それぞれどんな進行をしているのか、見に行くこともできるので便利。みんな画面越しでもうまくコミュニケーションを取り合っていて、楽しそうに進行していました。何より、受け身にならず主体的に取り組むことができ、発表も笑顔でやってくれ嬉しくなりました。

講師仲間の友人が言っていましたが、オンライン研修を頼まれて講師を引き受けたけれど、ほとんどの受講者は自分のカメラ画像を消し、マイクもミュート(消音)にしているため、聞き手の様子がまったくわからないまま延々と真っ暗な画面に向かって話し続けるのは気が滅入るということでした。その通りだと思います。カメラをオフにされると、そんなつもりはなくてもコミュニケーションを拒絶されているように感じるんですよねぇ。

講義が終わるとチャット機能を使って、その場で簡単に感想を送ってもらいます。
昨日は驚いたことに、何人もの学生さんが「筒井先生」「中村さん」と名前を書いて感想を記してくれていました。初めての講義でわざわざ名前を書いてくれるのは親近感の表れで、有り難いことでした。

「ロールプレイングで体験できたのが良かった」「今までにない体験ができました」「実際に話すことの難しさを事前に体験することができたおかげで、どんなことを勉強して挑むべきか具体的に目に見ることができた」と特にペアワークが好評でした。また「マナーについてしっかり学習する機会は今まであまりなかったので、注意点や初めて知ることが多くてとても勉強になりました」といった感想も最近増えています。今は家庭で、あまりマナーについて教えられていないからでしょうか。コロナ禍でコミュニケーションが取りにくくなっている現状で「介護等体験で最も不安だったコミュニケーションについての講義だったので、とてもためになりました」という声もありました。

気になった点としては、マスクで顔が隠れることで、非言語コミュニケーション(表情、態度など言葉以外のコミュニケーション)が阻害され感情が読み取りにくくなることに触れて、(オンラインなので)「マスクを取ってワークをやってください」と指示したのですが、数名着けたままでした。感染予防ではなく、マスク自体をはずしたくないのでしょう。今後の課題と感じました。

「もし、介護実習がなくてもこの経験を生かして頑張りたいと思います」と前向きな思いを書いてくれた人もいました。予定は、あくまでも未定です。未来がどう動いても それを乗り越えて力にしていってもらえたら、こんな嬉しいことはありません。

第956回 「自己肯定感を上げる」

5月30日

想定していたものの、新型コロナの第4波が周回遅れで、やはり高知県にも…。
感染者も今までの最多人数 38人が出て、急激な方向転換を求められている最中です。

私の周囲でも、「発熱者が出た」「感染者が出た」「来月の研修(講義)は延期可能か?」」「オンラインに変更できないか」など感染拡大に伴い、バタバタしています。

私の研修は医療コミュニケーションなどコミュニケーション関連が多いのですが、
ペアワークが多いため、内容変更の影響も受けています。
たとえば 障害の疑似体験が感染予防のため、一部できなくなりました。じゃあ代わりに何をするのか?を検討しているときに中村が、
「そう言えば近年気になっていた、若い世代の自己肯定感の低さを上げられるような研修メニューを入れられないでしょうか?」と提案。それは良いかも!

レポートを読んでいくと大学・専門学校や新入社員研修でも若い世代の皆さんは、優しさがとてもよく伝わってきます。しかし「すぐに自己否定してしまう」など、自己肯定感が低い表現を見かけると「もったいないな、素敵な人なのに」「もう少し自分を信じて肯定感を上げられたら…」と思っていたのです。

ふと思い出したのが、数年前にポジティブ心理学のマーティン・セリグマン博士から教わったことです。イライラ・不安などのネガティブ感情は強いものだが、喜び・安らぎなどのポジティブ感情により中和できる、と。そこで代表的なポジティブ感情として、「感謝」を取り上げてワークに取り組んでもらうことにしました。
「あなたが感謝したいものは何ですか?」

果たしてその日のレポートには、こちらの胸を打つような率直で前向きな思いがあふれていました。たとえば、
毎日健康に過ごせる/学校に通える環境/家族がいる/友人が支えてくれる/
毎日おいしいごはんが食べられる

つい見逃しがちですが、地に足が付いている感想に頬がゆるみます(笑)

生まれてきたこと/毎日学校に来て、将来の夢に近づいている/
とても疲れたこと=一生懸命になれることがあること
なんていいフレーズなんでしょう♪言葉がどんどん心に染み込んでいきます。

ふとんがフカフカ日本が平和/命が大切に思える/友達に不幸がない
うわ!この感性、なんて素敵なんでしょう!
最後は、感動しながら読んでいました。

「本当にきりがないくらい毎日の当たり前に感謝しようと思えた日でした。」
若いうちにこれに気づけたら、これからの人生、とても明るくなることでしょう。

見ていると勉強が苦手な人、シャイな人、居眠りしちゃう人など色々いるのですが、
友達思いだったり、すぐ動いてくれたり、気持ちの良いあいさつを投げかけてくれたり。本当にそれぞれの良さがあり、「みんな違ってみんないい」、金子みすゞの詩そのものだなとしみじみ感じたことでした。
皆さん、いつもありがとうございます。
そんな素敵な皆さんが、大好きです!!

第950回 「アクシデントとレジリエンス」

4月17日

4月も半ばを過ぎました。昨年の今頃は緊急事態宣言が出て自粛モードになり、仕事が壊滅的になったものです。今年は現在第4波の脅威が大阪中心に広がっていますが、高知では企業の対面研修も復活し、なんとか今年はやっていきたいと希望を持っています。

昨年は飛んでしまった大学の就職講座も、今年は復活しました。2日間の研修は感染状況に見合う対応ができるように1日目はオンラインで、2日目は対面での面接指導となりました。1日目が無事終了し、2日目の朝。もう一人の講師の方を朝 車で迎えに行き、大学の駐車場に着いて、靴をヒールに履き替えた時でした。

雨上がりの足下がすべって、靴を置こうとしていた不安定な体勢のまま倒れ、車のシフトレバーで左眼球を強打!事故って、起こるのは一瞬ですね。コンタクトをつけていたのですが思わず左目を覆い、控え室に着いてから恐る恐る手をはずすと、視界がぼやけています。

コンタクトが眼球の奥に入り込んでしまったのではと思い、鏡で見ますがよくわかりません。裸眼視力は0.01くらいでしょうか、コンタクトや眼鏡がないと通常の生活を送れないのです。主人に電話すると「今日の仕事、大丈夫?」と言いましたが、日曜日にまた全員のスケジュールを組み直すのは不可能。「大丈夫。」と言い、新しいコンタクトを持ってきてくれるように頼みました。

電話を切ると、すぐに講座開始です。学生の皆さんに一人ずつの自己PRを聞いて、履歴書と志望企業を照らし合わせ、アドバイスしていきます。聴いたことに対して瞬時に何をアドバイスするかの瞬発力と時間内に終えるタイムマネジメント、それに持久力も必要で神経を使います。しかも今年はコロナで時間短縮する必要があり、以前は3時間半かけてやっていたことを2時間で終える必要があります。

タイマーをかけて秒単位で時間管理しつつ、「マスクだと声が聞こえないよ」「この企業のこの職種には、こういった視点も必要」「その言葉は卒論にはいいけど、現場には向かない」などズバズバ指摘していきます。履歴書の小さな文字を確認するのも一苦労ですが、何より学生の皆さんの細かな表情が見えない…。

でもそこは今までの経験で、声の抑揚、姿勢、言葉のチョイスなど全体の雰囲気から大体わかるのです。うーん、無駄になってないなあ。今朝の事故も「このように人生、何が起こるかわかりません。時間のゆとりを持って、準備しましょうね♪」と無駄なく活用します。(笑)

今年は感染リスクが高いお昼の時間を挟まないよう12時開始なので、1セット終わっても次までの休憩時間は20分間。大学スタッフの方が診察してくれる病院をリサーチしてくださったのですが日曜で休診が多く、やっと大学病院で夜の予約が取れました。娘がコンタクトと一緒に眼鏡も持ってきてくれましたが、当然車の運転はできません。しかも帰りは夜になるので、迎えを介護や育児をしている家族には頼みづらく…。頼りになるスタッフの中村に連絡、それを終えたらすぐに次のセットの開始です。

こうしてなんとか無事に仕事を終えられ、心から安堵して病院に送ってもらいました。夜間診察になり先生には申し訳なかったのですが診察して頂け、心配していたコンタクトも眼球に貼り付いてはおらず、様子を見ましょうということで無事帰宅できました。

とても心配してくださっていた大学のスタッフの方にメールでお伝えすると、翌日担当ではない別の職員の方からもわざわざお電話を頂きました。学生さんからは「筒井先生は大丈夫でしょうか?お大事になさってください。できれば全体にアナウンスを」という優しい感想も頂けて、とても嬉しかったです。

思いがけないアクシデントが起きましたが、「にもかかわらず、頑張る」レジリエンスが発揮できたかなとふり返ります。心が折れることなく仕事が全うでき、自分を心配してくれる方々がたくさんいて支えられている幸せに 改めて気づかせて頂けました。ありがとうございました。