第883回 「交流分析士2級講座、終了しました」

12月30日

半年にわたって開催してきた交流分析士2級講座が先週、無事終了しました。
受講生の皆さんとの記念の一枚です。各方面のリーダーの方々が多く、お忙しい合間を縫っての学びの姿勢には私たちもいい刺激を頂きました。本当に、ありがとうございました。

前列の左から3人がスタッフです。左端の宮本さんは受付として様々な心遣いで講座を支え助けてくれ、感謝でした。その右隣の竹村さんは、私のインストラクターの頼もしい同期です。2人で6回の講座を半々で担当してきました。

竹村さんの講座はいつもホワイトボードにツールがたくさん貼られ、初めて交流分析を学ばれる方でもとてもわかりやすいのです。広告のプロなので、視覚に訴えるのに非常に長けています。毎回「さすが、竹村さん!」と感服し、お手本にしています。

今年の受講生の皆さんは最初からオープンに事例などを自己開示をして下さり、ありがたかったです。そうしないといけないわけではありませんが、心を扱う講座なので そうして頂けると関係性が築けて交流も活発になり、結果、より学びを深めることができるからです。

理論と共にワークもたくさんやって頂きました。自分の心と向き合い分析をするので、色々と考える場面も多くなります。

「自分の子育てをふり返りもっとこうしたら良かったと思い、帰って子どもを抱きしめました」「色んな意味で、目に見えるものの見方が変わった半年でした」という嬉しいお声も頂きました。大人になって過去をふり返り、心の成長や人育てにつなげられる交流分析は、やはり素敵だなと感じます。

ただ講座を開催できるのはありがたいことなのですが、大学や企業研修のスケジュールを考えると こうした半年間の連続講座は負担が大きく、年間1つに絞るべきだろうと思います。3年前と昨年はLABプロファイル、そして今年は交流分析の講座をやってきましたが、さあ来年は、何をやろうかな?

この2級講座を終えると、日本交流分析協会の「交流分析士2級」の資格試験を受けることができます。試験は1月ですが、無事に終われば受講生の皆さん主催の打ち上げがあります。頑張ってね!


さて、Weekly-N を今年もお読み下さいまして、ありがとうございました。
次回のコラムは1回お休みを頂き、1月12日頃となります。
では皆さま、良いお年をお迎え下さいませ。

第853回 「障害ケーススタディ」

6月1日

毎年恒例の、土佐リハビリテーションカレッジの前期の授業が終わりました。
医療人としてのマナーやコミュニケーションについて学び、最後に松葉杖歴10年の中村と脳性麻痺の娘の育児を語る私の「障害体験」のケーススタディを行っています。事前に自己紹介をして質問を募り 最後の3時間でそれにお答えしていくのですが、今年も80もの質問が出て 皆さん熱心に聴いてくれました。

その後のレポートにも、それぞれの思いを綴ってくれていました。
「筒井先生と中村先生のお話を聞かせていただくと、患者さんの求めるもの、意外だと思った日常生活の辛いこと、してほしくないことを具体的に知ることができ、自分がセラピストとしての気遣いのスキルを伸ばす糧になりました」など まっすぐな思いが伺え、微笑ましかったです。

・1回目の講義の後に、自分には何ができるだろうと考えました。手助けや声をかけてあげることは相手も気を悪くしないと思って、アルバイトの時に障害で車椅子を利用している方に声をかけました。店の構造上レジがテーブル席から遠かったので、お会計をテーブル席ですませたら楽なのではないかと思い実践しました。私自身もして良かったし、相手の方も「ありがとう」と言ってくださったので、とても嬉しかったです。作業療法士は身体を治すだけではなく、心も治していくものだと思います。

気づいて考え、そして行動を起こすことが大事ですよね。早速 実践してくれた事例を読むと心が洗われるようで、本当に嬉しくなります。
さらに、こんな感想もありました。

1年の授業で「子どもを産む前に障害があるとわかったら、産むか、産まないか」という討論をしたことがあり、その時私は、その子どもの一生を背負っていける自信がないと思い、産まないと言っていましたが、筒井さんや中村さんの話を聞いて、障害があっても幸せに暮らせるんだな、自分の子どもはやっぱりかわいいんだなと思い、気持ちが変わりました。

こういう感想を頂いたのは初めてで、思わず「ありがとう!」とつぶやきました。
確かに障害児を育てていくのは大変なことも多いですが、その分ささいなことでも幸せを感じられるようにもなるとも実感しているんです。

障害があってもなくても、苦労するのも幸せになるのも、実はみんな同じ。そして幸せかどうかは、自分で決めること。そういうことが長く生きていると、だんだんとわかってくるように思います。

・患者さんの人生をみてほしいと言われた言葉はセラピストを目指す身として、何よりも意識していきたいと思っています。

そう、セラピストや医療関係者は「患者」として「障害」や「症例」だけを見がちです。でもそうではなく、「その人」全体を、その人の人生を見て欲しいのです。私たちの話がそのためのきっかけとなれば、こんなに嬉しいことはありません。

第851回 「セラピストの共感能力」

5月19日

ごくたまに、講師をしていて本当に良かった!と感じ入る瞬間が訪れます。まるで神様からご褒美を頂けた気分になり、心が大きく動く瞬間です。先日も、そういうことがありました。

ある医療系専門学校の講師として16年間関わらせて頂いているのですが、感性が豊かな時期の学生の皆さんと継続して関われるありがたいお仕事です。その中で数々のドラマがありました。

中村と私が障害体験や障害育児体験を語る授業があります。これから医療現場に出て行く学生の皆さんに、障害の実情を知り患者さんへの理解や共感力を高めてもらうため、私たちが最も力を入れているものです。ありがたいことに毎年レポートで大きな反響を頂くのですが、ベストの環境を作るため、寝る人には退室勧告をすることがあります。

昨年のAくんもそうでした。寝ているように見え注意したら20分ほど中座して、最後にはまた帰ってきました。レポートにも理由は書いていなかったのですが、後でB先生に自分の抱える問題としんどさを語ったそうです。非常にまれですが自分自身や生活環境にジレンマがある場合、私たちの語る体験談がそれと重なるのか、辛くなってしまう学生もいます。でもそれは豊かな感性、中でもセラピストになってから必須の共感能力の表れでもあると思います。

私と中村は事情がわかってから、彼のために何ができるか何度も話し合いました。もう授業は終わっていたので、機会を作らないと会えません。できれば直接話をしたかったのですが、彼自身がそれにプレッシャーを感じるのでは?と、やめました。手紙も同じです。結局、彼に役立ちそうな本だけを送ろう、と決めました。

アンパンマンの作者、やなせたかしさんの「明日をひらく言葉」という本は、やなせさんご自身の劣等感、逆境、それでも前を向くことの大切さが書かれています。「Aくんの明日をひらいてもらいたい」という願いを込めて送りました。

B先生を通じてそれを受け取った彼は驚き、私たちの思いを聞くと目に涙をため「僕どうしたらいいんでしょう?あんな態度を取ってしまったのに、こんなにしていただいて」と言ったそうです。B先生がメールに書いて下さった彼の言葉に、すべて報われた思いになりました。

1年がたち、新たな気持ちで学校に伺い、授業前に講師控え室でB先生と打ち合わせをしているとドアがノックされました。思いがけずAくんが、私と中村を訪ねて来てくれたのです。1年越しのお礼を言ってくれ、ニコニコと自然な笑顔の彼を見て、嬉しくて胸が一杯になりました。

繊細な感性は、医療の現場に出たときには患者さまに寄り添える優しさになります。あなただからできることがあるはず。頑張ってね、と握手してパワー注入!しました。

その後、移動で校舎内を歩いているとき、偶然彼を含む数名のグループと会いました。「こんにちは」とみんなが元気よく声かけしてくれる中、彼は90度近いんじゃないかと思われるほど、深々とおじぎをしてくれました。

Aくん、ありがとう。心に残る光景が、また一つ増えました。私の宝物です。