第905回 「困難から学ぶ」

5月31日

コロナ禍は様々な影響を及ぼしていますが、スポーツをしている高校3年生はとりわけ影響が深刻なようです。1年・2年と部活動で下積みをして、さあ自分たちの時代だ!というところで、コロナショック。全国大会での成果を実績にするつもりだったのが中止になり、スカウトやスポーツ推薦などのこれからの人生展望までなくしてしまったのですから。

人生を何十年も生きていると時に思いがけない不幸がふりかかり、みんな山あり谷ありを経験することがわかってきます。でも、まだ20年にも満たない人生経験しかない10代の若者には、前後数年の世代との比較で苦しみが生まれることも少なくないでしょう。

(なぜ、自分たちだけがこんな目に遭うのだろうか?)と悩んだり自暴自棄になったりしてしまう生徒がいても、無理からぬことだと思います。全国の友人と情報交換したところ、そうした高校生がストレスで暴走してしまい暴力沙汰を起こしたり退学などになってしまった話も聞きました。これはあまりにも残念な、胸の痛む話です。

ラグビー界では、パフォーマンスを披露する場がなく、才能が埋もれてしまう問題に日本ラグビー協会が『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトを立ち上げました。高校3年生のプレー動画集を作成し、「#ラグビーを止めるな2020」をつけてTwitterに動画をアップすることで、大学やトップリーグのリクルーターが有能な高校生など若い選手のプレーを見る機会を増やす試みです。

「できない」ことを決めるだけではなく、「できることは何か……」を考えましょう、と西武の松坂大輔さんもコメントなさっていました。

今の時期に、そんな生徒さんをはじめ多くの方々にお勧めしたい本があります。

「ハーバードの人生を変える授業」。ハーバード大学で幸せな人生を送るための考え方、行動について心理学に基づいて説いたタル・ベン・シャハー博士の伝説の授業のエッセンスを集めたものです。

人は、困難な時期があるからこそ、より大きな喜びを感じられるようになる。困難こそが喜びへの感謝の気持ちを作り、この感謝の気持ちこそが、真の生きがいや喜びの源になる。

だから困難を避けるのではなく、困難から学ぶことが大切である、ということですね。これ、まさに今のコロナ禍の時期に必要なことではないでしょうか。何十年も生きている大人たちが経験に基づき、よりよい人生を生きるためのサポートを10代の若者たちに行うべきなのでしょう。

ただ コロナ禍での様々なリーダー対応に見られるように、時には失敗することもあるでしょう。でも、そこから学ぶことが大切であり、迷いながらもよりよい人生を自分が創れることを信じ、それでも前を向くことが大事なのだと信じています。

第882回 「ハーバードの人生を変える授業」で幸せを学ぶ

12月21日

先週末は今年の締めくくりにふさわしい日間を過ごしました。ハーバード大学で1400名の学生が殺到した伝説のタル・ベン・シャハー博士の「家庭からビジネス、社会まで、コミュニティにおけるWell-Being(幸福)を最大化する」ワークショップが行われたのです。

第847回 「ポジティブ心理学、夢の共演」でご紹介しましたが、4月に東京でポジティブ心理学の創始者セリグマン博士とディーナー博士やタル・ベン・シャハー博士など豪華講師陣の世界初・夢の共演がありました。

その際のタル博士のレクチャーは特に素晴らしく、また伺いたいと熱望していたので「タル博士のセミナーが受講できるなら!」と師走にもかかわらず幸せになるための学びを深めに行ったのでした。

「成功したスターが、なぜ麻薬に走るのか?」という投げかけをなさり、
「ほとんどの人は成功したら幸せになれると思っていますが、そうではありません。正しくは、幸せが成功をもたらすのです。ほんの少しでも幸せのレベルを上げることが、意欲向上や創造性を豊かにするのです」と。

逆説的ですが、なるほどと思いました。
では、どうすれば幸せのレベルを上げられるのでしょうか?

博士は日本文化の器の「金継ぎ(きんつぎ)」という技法を、幸せの本質に例えられていました。割れた焼きものを漆で接着し、繕った部分に金を装飾する修理方法です。幸せもバラバラのパーツをつなぎ合わせると、ホールネス(全体性)になる、と。

そのための「SPIRE」モデルとして 幸せの5つの要素、 スピリチュアル・身体・知性・人間関係・感情を丁寧に解説してくださいました。これらをベースに、ペアワークもたくさん行い、落とし込んでいきました。

「幸せの基礎は、不幸を抱きしめること」との言葉は、人生における大きな示唆です。悲しみ、辛さなどのネガティブ感情を取り除くのではなく、受容するのが幸せに向かうにはとても大事だということを再確認しました。

午後にはパネルセッションもあったのですが、「良い人ほど幸せだ」と慶應義塾大学の前野教授がおっしゃったことが印象に残りました。

幸せと性格は比例するというのです。人間性を磨くことが幸せな人生を創ることにつながると信じているため背中を押してもらえたようで、嬉しい言葉でした。

2日目にタル・ベン・シャ・ハー博士は1時間かけて受講者からの質問に、すべて丁寧に誠実にお答えになりました。最後はスタンディングオベーションで拍手が鳴り止まず、博士も幸せそうに微笑んでいらっしゃいました。

「幸せと性格は比例する」という言葉と重なり、私もこのように生きていこうと心動かされた貴重な時間でした。

第879回 「感謝の落ち穂拾い」

11月30日

突然ですが、ここ数日に起こった 感謝できることを思い出して頂けますか?
どんなことがあったでしょうか。

私は、あったか~いお風呂にざぶんと浸かって手足を伸ばした時、
「ああ、なんて幸せなんだろう!有り難いなあ」とつくづく感じました。

もちろん、お風呂に入るたびにそういう感慨にふけっているわけではありません。
これはたまたま、友人とのメールのやりとりから気づけたことなのです。

実は私の友人が今月急に入院し、2週間ずっとベッドの上でした。
メールのやりとりで、「今日はやっと、ベッドから足を下ろせた」
「車イスに自分で移れた」
「自力で5歩、歩けた」などの嬉しい進展を教えてもらえました。

それで自分自身が入院していた時のことを思い出し、
(ああそうだ、久しぶりにベッドから起き上がった時には、ふらついたなあ)
(ベッドから車イスに移ったら、目線が違ったよなあ)
(自分で歩けた時は感慨深かったなあ…)
友人のお陰で、あれこれと当時のことを思い出せたのです。

先日のメールは、「2週間ぶりのシャワーは最高!」でした。
そう言えば入院していたとき、シャワーを浴びたくてたまらなかったっけ。
(温かいお風呂に浸かれる。なんて幸せなの!?)って、退院した時に感動したなあ。
友人のお陰で、それがいかにありがたいことか、改めて確認できたのでした。

ですから、こうしたなんでもない日常で起こっていることだけでも、実は人生って豊かさにあふれているんですよね。日頃は当たり前すぎて気づけないことにスポットが当たると、見慣れた景色も光り輝く気がします。

このやり方は「感謝の落ち穂拾い」とも言われています。
ポジティブ心理学でも、「感謝する人はストレスに強い」ことがわかっているとか。
感謝の態度を持つ人は、トラウマ、逆境、苦しみからの回復が早いことが明らかになっているんだそうです。

日常生活の中で沢山の感謝を拾い、心豊かに暮らしていけたらいいですね。
節目の年を迎え、改めて心しようと思いました。