第1030回 「ギリシアの哲学者、エピクロスさん」

11月3日          中村 覚

突然ですが、紹介したい人物がいます。古代ギリシアの哲学者、エピクロスさんです。プラトンやアリストテレスと並ぶ人物だということです。プラトンやアリストテレスと言えば、ちゃんと覚えていないとテストで点数が取れなかったような「超」の付く有名人。

ところが、ことエピクロスさんに関しては今回、初めて聞く名前でした。(私が勉強不足なだけとも言えますが。)ちなみにエピクロスにだけ「さん」を付けているのは、本を読んで親近感が出たからです。(笑)

このエピクロスさん、紀元前341年に誕生~とネットに書いてありましたが、昔過ぎて、10年や30年、いや100年の誤差があったとしても一向にかまいません。それぐらい昔々の人です。胸像の写真なんかもありましたが、文章を読んで勝手にイメージしたお顔とだいぶ違っていたので、自分でちょっと描いてみました。こうするとより親近感も湧きます。(笑)

エピクロスさんのことを知ったのは、「グランゼコールの教科書」という本をわかりやすく要約している文章を読んだ時のことです。その中で約10行にわたりエピクロスさんの事が書かれていました。これがシンプルでわかりやすく、珍しく読後も頭にちゃんと残ったのです。(笑)

エピクロスさんは「幸福」とは心の動揺の不在。大まかに言えば、心の安定でしょうか。その安定と対極にあるのが、心の動揺です。その動揺の元になるのが、人が誰しも持つ「欲求」。その欲求を大きく3つに分けたのです。

①自然で必要な欲求。(例:喉が渇いた時に飲みたいという欲求。)
②自然だが不必要な欲求。 (例:豪華な食事。)
③自然でも必要でもない欲求。 (例:名誉、栄光)

この内、満たすべきなのは、①自然で必要な欲求のみ。
その他のものは心の動揺を引き起こすだけだと説いたのです。

(便宜上、3つの欲求に数字を書きましたが、原文にはありません。)

エピクロスさんの言ってることは、シンプルでわかりやすいかと。
似たようなことを洋の東西を問わず、歴史上の人物、現在を生きる人も言っていると思います。でも、話を聞いたり、本を読んだ後に「あっ、そうそう。そういうことだったよねぇ。」と思い出せることが大事かなと。
その意味で、エピクロスさんの表現は覚えやすいと思いました。

~とは言うものの、たまにはちょっと贅沢な食事。いつもよりはおいしいデザート。人前で「それ 知ってるよ」「それ 食べたことあるよ!」と聞かれもしないのに、ついつい言いたくなってしまう。そんなこんなも全部ひっくるめての自分自身。でも気持ちのどっかでちゃんと軸足は「自然で必要な欲求」に置いてある。

これ、理想です。(笑)

第1029回 「出版への道③~【追手前伝説】完成間近」

10月29日

仕事に追われているうちに、10月も終わろうとしています。
制作中の『追手前伝説』は10月には完成予定でしたので、何名かの方から「本はできましたか?」「待ちかねています」とのお問い合わせを頂きました。本当にありがとうございます。

知らなかったのですが本の校正は何度も行うようで、最初は100カ所以上あった訂正箇所も、50カ所、20カ所…と回を重ねるごとに減っていきました。結局5回ほど行ったでしょうか。仕事の繁忙期と重なったため、校正原稿の提出に時間がかかり、結局完成は11月10日頃となりました。お待たせして、申し訳ございません。

11月19日が追手前高校の創立記念日ですので、その日を発行日と決めました。
11月18日(金)には、追手前高校の校友会の総会があるようです。コロナ禍のため、通常のオープンな総会ではなく役員だけの限定開催になるようですが、「そちらでお披露目をしては」と校長先生からも有り難いご提案を頂戴しました。喜んで、はせ参じます!(笑)

研修の仕事をして喜んで頂くことはありますが、仕事の前からこんなにも待ちかねるお声を頂戴することはなく、本当に嬉しい限りです。出張帰りに美しい秋の空を眺めながら、幸せを実感しています。

90年を超す追手前高校の学校建築。それにまつわる様々な伝説を検証し、沢山の写真でご紹介していくストーリー仕立てになっていて、A4版で150ページの本です。

定価は2千円(税込み2,200円)で 、そのうち高知の本屋さんにも置いて頂く予定です。ただ、本屋さんを通すと収益が4割になることも初めて知りました。ですので、お差し支えなければ弊社にご注文メールを頂けますと、大変ありがたいです。そのための『追手前伝説』ご注文アドレスがこちらです。

o-densetu*triton.ocn.ne.jp

上記アドレスをコピーし、*を@に変えて打ち込んで下さいませ。
「追手前伝説 注文メール(お名前)」のタイトルで、

・ご住所
・お名前
・お電話番号
・2冊以上の場合は、冊数

を、お願い致します。(送料は1冊500円です)
お構いなければ、『追手前伝説』をお申し込みの理由をお書きくださると嬉しいです。完成次第、順次お送りさせて頂きますね。

なお、11月末までにメールでご注文下さった方の中から、抽選で5名の方に『追手前伝説』を無料でお送りさせて頂きます。発表は、発送をもって換えさせて頂きます。
(申し訳ございませんが、お電話での受付は致しかねます)

どうぞ、楽しみにお待ちくださいませ。

第1028回 「研修一時休業のお知らせ」

10月22日

10月。今月が終わると、やっと仕事に一区切りがつけられます。

今年は3月から、ずーーっと休みなく仕事が続き、今週がそのピークでした。
特に9月から11月まで、毎週連続で新内容の3時間研修が10回以上続くのは覚悟の上でしたが、「追手前伝説」の本の原稿書きと5回にわたる校正に孫が生まれたのも重なり、やってもやっても仕事が終わらない!時間がない!

「ストレスで胃に潰瘍ができそう」なんて思ったのは、初めてかもしれません(笑)
この年でこの仕事量は、きつ過ぎました。見通しが甘かった…。

その結果何が起きたかというと、特に右目の視力がガックリと落ちたのです。確かに半年以上目を酷使し続けていたのですから、これはもう自業自得。パソコンの字がぼやけて読めない、テレビ番組の予約表の字が見えない、夕方の運転の景色が見え辛い…。春頃までは問題なかったことが、次々と問題あり!に。

「仕方ない。この右目の視力は、追手前の神様に捧げたことにしよう」と考えましたが、「まずい。このままだと、運転免許の更新ができない」と気づき、眼科受診をしました。
すると右目の白内障が悪化し、急激に近視が進んだと判明。こうなったらもう、打開策は眼内レンズを入れる手術をすることです。予約できるのは来年の仕事が一段落する2月以降。そこで、思いがけないことがわかりました。

・手術の3週間前から1週間、検査のためにコンタクトをつけられない。
・手術後は翌日・3日後・1週間後・2週間後…と受診が必要。
・手術後は1週間、洗顔・洗髪ができない。
・ということは、メイクもできない。仕事もできない。
・片目ずつ手術をするので、×2

来年のカレンダーを買って付けていくと、つまり2月から3月初めにかけては研修の仕事ができないと判明しました。4月からは大学などの講義が始まるので、それまでには一段落させないといけません。

そんなわけで、2023年2月~3月初めまでは、研修は休業となります。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。

手術後はもうコンタクトもいらず、パワーアップして戻って参ります!!