第907回 「 鍛錬<習慣 」

6月13日        中村 覚

 

先週、庭に植わっていた直径が30㎝程あるアオギの木を切りました。40年近く暮らしを共にしてきましたが、あまりに根が張り過ぎると、ちょうど庭の下にある掘り車庫にもよくないのではないかと思い、幹からバッサリ。ノコギリよりナタの方が早いかなと思い「カーンッ、カーンッ、カーンッ」と休憩を入れながら30分ぐらいで終わりました。いい汗をかきつつ庭もさっぱりして 良かった 良かった。

ところが次の日、右の首と肩がつっぱるように痛いのです。そうです、前日に何度となくナタをふるったからです。 休憩をいれながら30分程度のことでしたので、まさか次の日にこんな“おつり”がくるとは意外でした。“急に慣れないことはしてはいけない” そうかもしれませんが、それほどの無理はしていないはず…。 にも関わらず この体たらく。よしっ、これは鍛えなければ!

などと意気込んではみたものの、だいたい何事にも“熱しやすく冷めやすい”のです。「鍛錬」という言葉の響きも好きですが、よくよく考えると鍛錬している人を「スゴいなぁ」と側から見ているのが好き。こんな自分に気付いた時はビックリしました。

いや真面目な話、特定の目的でもない限り、日常生活を送るにあたって大事なのは鍛錬より習慣の方じゃないかと「無理の効かない体」を大前提にそう思うようになりました。

以前、聞いた話ですが、医大生が病院にインターンシップに行った時、スタッフの方同様に院内を移動する際には、原則 階段を使用してくださいと言われたそうです。一日に何度となく階段の上がり下りが始まります。たとえば6階など高い階への移動となると、日頃エレベーターに慣れてしまっている学生さんからすれば「…いや もちろん、やりますけど、ちょっと…(苦)」みたいな。 スタッフさんの方が年齢はずっと上なのに階段を上がる速度も速かったりするそうです。習慣のたまものですよね。

たまにお邪魔するお家があるのですが、「掃除が趣味ですか?」と言うぐらい、いつ行っても部屋がキレイです。もともと綺麗好きな人なんです。じゃあそうではない部屋に住んでいる人達が綺麗好きじゃないかと言えば、そんなことはありません!(笑)

自分の家が一番きれいになる時と言えば 年末の大掃除。一夜漬けの勉強よろしく短期間にギュッと凝縮して次から次へとあくせく動き回り、しまいには「なんでこんなにしんどい思いまでして~」と面白くありません。ただ大晦日には「まぁ なんとか80点ぐらいは取れたかな」とちょっとした自己満足感はあります。またすぐに散らかるんですけど。

すると家が言うんです。「ねぇねぇ 君達。束の間の80点よりも年間を通しての平均点をもうちょっと上げてくれる方が助かるんだけど。大掃除もいいけど日頃からのプチプチ掃除の方が楽で良いよ。よろしくね。」(笑)

最後に、実は自分が一番習慣化した方が良いと思っているのは、この文章を書くということです。月に1度、必ず書いていますが、いつも いつも いつも、ず~っと書くのに四苦八苦しています。代表の筒井は書くのが好きらしいんですが、私はそもそも違います。一度相談しました。

「筒井さん、書くことが本当にありません。」
「それは書くことがないんじゃなくて、書くことに慣れていないだけ。月に1回しか書いてないからよ、2回にしてあげようか?(笑)」

正論って、面白くないですよねー。(笑)

第906回 「公衆電話クイズ」

6月6日

先日、懐かしい物を手に入れました。これです。

いわゆる「赤電話」、昭和46年(1971年)から設置され普及した公衆電話です。私が子供の頃にはタバコ屋の店先などに、これが置かれていました。かつての電信電話公社(現・NTT)が導入した、10円硬貨専用の公衆電話です。

昭和の時代、黒電話と言われた電話機は債権の購入が必要でした。確か20万円くらいして、おいそれと家庭では手が出ない高嶺の花だったんです。
だからこそ、「隣の筒井さんを呼んでもらえませんか?」というご近所の「呼び出し」システムがありました。そういうとき、今と違って保留ボタンなんかないわけです。どうやっていたのか、おわかりですか?

答え①はシンプルに、こうですよね。でも、店先の公衆電話の台は狭くて、受話器が置けないこともありました。そこで、答え②です。

そう、こうすると重い受話器も安定して置けたんです。(笑)
「でもなんか、この電話機、ヘン?」と思った方、正解です!実はこれ…

公衆電話のカプセルトイなんです!よくできてるでしょう?(笑)
ダイヤルも回せるんですよ♪

受話器も外せるし、プッシュボタンも押せるし、返却口のカバーも動くんです。
受話器のコードも、質感がそっくりで感心しました。

文字なども、細かい作り込み方が実に精巧です!
タカラトミーアーツのガチャガチャですが、これで300円とは優秀。

この緑の公衆電話は、私が大学生の頃、学生寮にありました。
200人以上の学生に対して、電話機はたった2台。1台は受信専用でしたが、いつかけてもほぼ話し中。かける方の電話機には、長距離通話が安くなる夜8時以降、ズラッと4~5人は並んでいるのが普通で、待ち時間に30分以上かかっていました。そんなこともあり結婚した主人とは文通が主で、大学生活で200通は手紙を書いたような。(笑)

この右の電話機は受話器が二つある「デュエットホン」というものだそうです。1990年(平成2年)の電話開業100年記念に作られ、今でも少しだけ残っているとか。

この2台、よーく見ると本体の色が微妙に違います。左の方が黄緑っぽい色なんですよね。そこまで忠実に再現しているのも感心です。

今では携帯電話の普及で、ほとんど見かけることがなくなった公衆電話。でも、災害などの時には公衆電話はつながりやすいということもあり、いざというときには頼れる味方です。でも問題は、今の若い世代は公衆電話の使い方を知らないこと。
テレビでやってたのですが、ゲーム機のようにまずお金を投入するので硬貨が返却口から戻ってしまい、「何回やってもダメ!」と降参の人が続出してました。

正解はこうですよね。まず受話器を上げてから、お金を入れる。

少し重い受話器を握りしめ、電話ボックスで相手の声に一生懸命耳を傾けたあの頃。
そんな懐かしい日々を思い返させてくれた素敵なミニチュアでした。

第905回 「困難から学ぶ」

5月31日

コロナ禍は様々な影響を及ぼしていますが、スポーツをしている高校3年生はとりわけ影響が深刻なようです。1年・2年と部活動で下積みをして、さあ自分たちの時代だ!というところで、コロナショック。全国大会での成果を実績にするつもりだったのが中止になり、スカウトやスポーツ推薦などのこれからの人生展望までなくしてしまったのですから。

人生を何十年も生きていると時に思いがけない不幸がふりかかり、みんな山あり谷ありを経験することがわかってきます。でも、まだ20年にも満たない人生経験しかない10代の若者には、前後数年の世代との比較で苦しみが生まれることも少なくないでしょう。

(なぜ、自分たちだけがこんな目に遭うのだろうか?)と悩んだり自暴自棄になったりしてしまう生徒がいても、無理からぬことだと思います。全国の友人と情報交換したところ、そうした高校生がストレスで暴走してしまい暴力沙汰を起こしたり退学などになってしまった話も聞きました。これはあまりにも残念な、胸の痛む話です。

ラグビー界では、パフォーマンスを披露する場がなく、才能が埋もれてしまう問題に日本ラグビー協会が『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトを立ち上げました。高校3年生のプレー動画集を作成し、「#ラグビーを止めるな2020」をつけてTwitterに動画をアップすることで、大学やトップリーグのリクルーターが有能な高校生など若い選手のプレーを見る機会を増やす試みです。

「できない」ことを決めるだけではなく、「できることは何か……」を考えましょう、と西武の松坂大輔さんもコメントなさっていました。

今の時期に、そんな生徒さんをはじめ多くの方々にお勧めしたい本があります。

「ハーバードの人生を変える授業」。ハーバード大学で幸せな人生を送るための考え方、行動について心理学に基づいて説いたタル・ベン・シャハー博士の伝説の授業のエッセンスを集めたものです。

人は、困難な時期があるからこそ、より大きな喜びを感じられるようになる。困難こそが喜びへの感謝の気持ちを作り、この感謝の気持ちこそが、真の生きがいや喜びの源になる。

だから困難を避けるのではなく、困難から学ぶことが大切である、ということですね。これ、まさに今のコロナ禍の時期に必要なことではないでしょうか。何十年も生きている大人たちが経験に基づき、よりよい人生を生きるためのサポートを10代の若者たちに行うべきなのでしょう。

ただ コロナ禍での様々なリーダー対応に見られるように、時には失敗することもあるでしょう。でも、そこから学ぶことが大切であり、迷いながらもよりよい人生を自分が創れることを信じ、それでも前を向くことが大事なのだと信じています。