第985回「コロナ禍のつながり」

12月18日

よくzoomでセミナー仲間とオンライン飲み会をしていますが、情報交換や雑談、様々な学びなどで1年半以上続いています。昨年からお母様の介護などの体験をした人が複数いて、その体験談を聴くことでも多くの学びをさせてもらっています。
そして自分の番が、いきなりやって来ました。

私の姑は86歳で、高知市から2時間の山の一軒家で一人暮らしをしている、しっかりした自立心の高い人です。先週「お腹が痛いから、薬を届けて欲しい」と主人に電話がありました。状態を聞き「それはすぐに迎えに行った方がいい」ということで、主人と頼もしい看護師の義妹が迎えに行きました。寒い時期に過ごせるように姑用のアパートを借りているので、そこで少し養生すれば治るだろうと2日ほど様子を見ていました。

しかし嘔吐や脱水がなかなか改善されず、病院へ。血液検査の結果、そう悪くないけど入院して様子を見ましょうかとなり、入院ならCT等の検査をするため、血液検査でわからなかった腸の異常が見つかりました。急きょ転院して、緊急手術することに。

幸い手術は2時間ほどで無事すんだのですが、コロナ禍で
「面会は1人のみ、週に2回までで、1回10分以内」。
でも秋まで全面的に禁止だったことを考えると、短時間でも会えるのは大違いですよね。手術翌日は義妹が面会に行き、その2日後に私が面会に行きました。10分のタイマーをスマホでセットします。

姑は車いすで面会室に連れてきてもらったのですが、第一声は
「どうして昨日、面会に来てくれんかった!?」でした。
ああ、寂しかったんだなあ、不安だったんだなあと思い、
「ごめんね、寂しかったねえ。今面会が制限されてて…」と話したのですが、そういう事情が、本人はわからないようで。

そうだよなあ、今までだったら誰か手術したら、みんなでお見舞いに行ってたのに、なぜみんな来てくれないんだと思うよねぇ。ごめんね。
姑の感情に共感しつつ聞いていると「手を強く握って」と求めてきました。
ギュッと握って「痛くない?」と聞くと「大丈夫」と。

人が元気になるには、心の栄養である「ストローク」が必要。姑の今の寂しさを埋めるにはスキンシップ(身体的ストローク)が必須だと気づいて、
「お義母さん、よく頑張ったねえ」とハグしました。もちろんそんなこと姑にしたことはありませんでしたが、それで少し気持ちが落ち着いてくれたようでした。
交流分析で学んだことが腑に落ちた瞬間でした。

面会できるのが一人だけなので、見聞きしたことをみんなに伝えなければいけません。気づけばもう、残り時間は2分。「みんな来たくても来られないから、写真撮るね」と動画を撮ると「おばあさんも、これから頑張ります。ありがとうございました。」としっかり話してくれました。それを家族3人にLINEで拡散。会えなくてもマスク越しでも、顔を見られれば少しでも安心できますよね。離れていても、心をつなげられることに感謝です。

街に流れるクリスマスソングを聞きながら、これから色々な課題が出てくると思うけど zoomで「先輩」達にも聞いて切り抜けようと思った 師走の午後でした。

第984回 「プレゼント」

12月11日            中村 覚

クリスマスの時期がやってきました。ところが、今年はお店を彩るディスプレイや商品群の規模が例年に比べると縮小しているようです。雑貨の輸入が経費高騰で減少していることや、コロナ禍による消費の冷え込みなど色々あると思います。でも そもそも規模や華やかさをより盛大に?というのは本来のクリスマスとは方向性が違うわけで。(笑)人それぞれ その店々、その年々のクリスマスがありますよね。

ところで、何才ぐらいまで サンタクロースの存在を信じていましたか?この手の話になると、「ちゃんとフィンランドにサンタはいますよ。」と大人な返事をする人もいますが…。(笑)

いや いや、そうじゃなくて 人間離れした財力と行動力でプレゼントを届けてくれるおじいさんの話です。私の場合は小学低学年の頃には もうわかっていた気がします。なぜ あんなに早くに知ってしまったのか。ひとえに環境が良くなかったのかも。(笑)

いつの時代も信じている子供達は、まだか まだかと指折りその日を待っているはず。でも、仮に当日 プレゼントが届かなかったら、つまり なぜか サンタさんが来なかったら、一体どんな反応をするのかなとちょっと考えたりします。

A君 「僕が良い子にしていなかったから…。」
B君 「サンタさん、何かあったのかなぁ。ちょっと心配。」
C君 「大雪?ソリの故障? トナカイ 逃げたの? お金の問題?」
D君 「そっちがその気なら…、もぅ要らなぃ。」
E君 「まっ、来年があるさ!」(笑)

色々な反応があると思います。(笑)

ところで、ひとくちにプレゼントと言いますが、実は渡しても、頂いてもなかなか難しいのがプレゼント。

リクエストしてもらった物をプレゼントすれば喜んでもらえますが、それではサプライズ感がありません。日頃からの相手の言葉の端々に感じられる何気ない嗜好をキャッチして~。 でも、これは言うほど簡単ではありません。

頂く場合ですが、何もかにもが珍しく、新しい物ならなんでも良い。そんな頃はとっくに過ぎていて、嗜好の幅は鋭角になるばかり。例えば「こだわりの手帳が欲しかったのに、ボールペンを頂いた。」 「Aじゃなくて、Bが欲しかったのに。」 内心、そう思うことってありますよね。(笑)

でも これは、ピアノの才能が欲しかったのに。もっと運動神経があれば良かったのに。もっと記憶力があったら~ 等々。欲しいものに目がいって、授かっているもの(既にあるものを)忘れている、そんな状態に似ている気がします。

人から頂くプレゼントも授かっているものも、それをどう使うのか そこが大事な気もします。(笑)

第983回 「愉快な到来物」

12月4日

この時期、到来物が多くなることと思います。(到来物とは、よそ様からの頂き物という意味です)子供の頃、家に到来物が届くと嬉しかったなあ。で、中身がお酒ならガッカリ、お菓子なら大喜びでした。(笑)
そういうノスタルジーに浸れるカプセルトイが、こちらです。

よくあるおまんじゅうや最中などのお菓子の再現ですが、ちゃんと紙のフタが取れます。それだけではなく、実はこの箱には仕掛けがあって…

ご覧下さい、面白いでしょう?(笑)
時代劇でよく見かける、お代官様と悪徳商人が酒の席で悪企みをする時に使われる「下に隠し小判」仕様の、ワイロ専用お菓子。小判の再現度も金属っぽくなかなかのもので、ちょっと重かったりするんですよ。
「越後屋、そちも悪よのう」「いえいえ、お代官様ほどでは…」(笑)

こういう愉快なものをくれるのは、もちろんスタッフの中村です。で、1日4秒だったかな?大笑いすると老化のスピードを遅らせる長生き遺伝子のスイッチがオンになるという新聞記事を読んで以来、くだらないことでも大いに笑ってます。(笑)

さて、このカプセルトイをもらったのが9月頃でしたが、最近また中村がこんなものを上納して参りました。(笑)

上品な紫色の風呂敷に包まれた、大きな到来物です。
「いつもの雰囲気と違う!」(笑)と思いつつ、風呂敷をほどくと…

「山吹色のお菓子」とこれまた美しい色の包み紙の箱が出て来ました。

中身は堂々とした、木を模した高級感あふれる箱です。
金色で「山吹色のお菓子」と書かれており、
「こういう正統派のお菓子って、中村くんにしては珍しいなぁ」
「初めて見るけど、和菓子かな?」なんて思いつつ、

フタを開けてみると…

驚きでした!!

ジャーン!「え~っ、ウソでしょー!?」もう、大笑い。(笑)
中身は、小判がぎっしり詰まっていました。

こんなに大きいんですよ!ちゃあんと、紙の帯封まである芸の細かさ。(笑)
小判はプラスチックですが、果たして、その中身は…

お菓子のダックワーズが入っていました。
小判と共に、長期保存も可能でございます、お代官様。(笑)

中には、ゴマすり用のお菓子にふさわしく、黒ゴマたっぷりのクリームが。(笑)
頂くと、普通に美味しいお菓子でした。

一緒に入っていた、お菓子のしおりがまた傑作で。(笑)

「今、蘇る 幻のお菓子
昔も今も心伝える
お菓子と言えば この一品…」。

お代官様と越後屋らしき二人がほくそ笑み、

「昔から山吹色のお菓子と言えば 言わずと知れた例のもの…
言葉にせずとも心が通う一品です。」

「このお菓子のお礼の言葉は もちろん
お主も悪よのう
で、 ございます。」

いやもう、一ヶ月分くらい笑いました!!(笑)(笑)

このメーカーさん、埼玉県朝霞市にある有限会社 セントラル・スコープという会社です。
ホームページを見てみると「お歳暮、冬のギフト、お年賀、袖の下(ワイロ)には山吹色のお菓子」とあります。(笑)

発売開始から、こっそり売って早11年…
まじめに作った、ネタっぽ過ぎるご贈答品です。
下心を密かに忍ばせ、蓋をあける御代官様の心を揺さぶる
黄金の小判の束…もう詳しい説明は不要と言わんばかりの
お約束の見栄えは洒脱の極みと自負しております。

●領収書について
身銭を切りたくない!と切に願う悪徳商人の皆様へ…
『山吹色のお菓子』ビジネスシーンでより多くの商人の皆様へお使いいただきたく、領収証を発行しております。

こういう所まで芸が細かくて。(笑)

今やお菓子もエンターテイメント性が問われる時代。
この徹底した企業姿勢、見習いたいものです。中村くん、いいネタをありがとう!
いや、「お主も悪よのう…」(笑)