第887回 「嬉しい瞬間」

2月1日

今週は、ある高校で就職内定者のための「ビジネス・コミュニケーション講座」2日間がありました。夏休みに「就職講座」で学び、就職試験後 企業内定をいただいた3年生が入社してからの心構えなどを学ぶ講座です。

就職して3年以内に退職する早期離職者は、「七五三」とも言われます。残念なことに中卒は7割、高卒は5割、大卒は3割が早期離職するのです。4年前はこちらの高校でも1年未満での離職者が4割となり、せっかく受け入れて下さった企業にも迷惑をかけていた現状に 就職担当の先生は悩んでいらっしゃいました。

そこで、入社してからの心構えや再就職の大変さなどを卒業前に学んでもらう方がいいのではないかということで、この講座が始まったのです。

その効果は非常に大きく、早期離職者は激減しました。もちろん この時代ですから転職することも当然あるでしょうが、まずは何らかの基礎能力を磨いてからが良いのではとお話しし、入社してからの自分の居場所作りを勧めます。

今年は、初めての嬉しいことがありました。夏に就職講座を受講し、その後進学に進路を変えたためこの講座を受講しない生徒さんが、1日目が終わったときに階段で私に話しかけてきたのです。

「筒井先生、お久しぶりです。夏はありがとうございました。」と笑顔で。
「実はお願いがあるんです。私は就職から進学に進路変更したのですが、この講座をどうしても受けたくて…。受講させてもらえませんか?」

とても驚きました。こうした講座を途中で離脱することは珍しくありませんが、進学する生徒さんから「受講したい」と直談判されたのは初めてでした。聞けば、もう担当の先生の許可も頂いているということで「それは嬉しい!ぜひどうぞ♪」ということになったのです。

そして2日目。その生徒さんはみんなと一緒に、敬語テストを受け、電話応対や名刺交換のペアワークも大いに楽しんでいました。教室全体がどんどん盛り上がっていき、無事終了。レポートにも「知っているようできちんとは知らないものばかりでした。今後の人生に活かしていきたいと思います!」と嬉しい言葉がありました。

物事を楽しめる人は、得だなあと思います。周囲が自然にその人を応援したくなってしまいますよね。

またある男子生徒は、「○○の大会があるとき、色々な企業に電話をする機会がありました。けどうまく対応することができず、企業の方に迷惑をかけたことがあります。今回の電話応対の話はとても勉強になりました。」と実体験をレポートに書いてくれました。そして講座修了後も、素敵な笑顔でしばし話に花を咲かせてくれました。

この仕事をしていて本当に良かった!と思える、輝くような瞬間です。
とても幸せな気分で、冬の夕焼けの中を家路についたことでした。

第886回 「心のバランス」

1月25日

新型コロナウイルスによる肺炎患者が世界中に広まって、人々を震撼させています。
2003年、中国で重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者が急増した頃に日銀の友人が中国に赴任しており、ずいぶん心配だったことでした。でも今はその頃と比較にならないほど世界は密に繋がっていて、日本でも感染者が現在3人。ちょうど春節と相まってまた感染が広がるのではないかと非常に心配されています。

考えると不安になりますが、では何ができるのでしょうか?
日頃も行っているうがい・手洗い・マスクなど、小さなことを積み重ねていくことだそうですね。

それとは別の脅威で、人の悪意が形になったネットウイルスがあります。弊社のホームページのメールアドレスも外国から添付ウイルスで攻撃されることがあり、ウイルス対策ソフトなどで自衛し気をつけています。

ところが今日、face book のグループの投稿に、友人名でこういう動画が載っていました。

「あなたはこのビデオに出演していると思います、本当に感動しました!!! 」

昨年末にたまたま勉強会があったので、それかな?でも少し言葉が変だな、と思いつつ開いてみると、ブログのようなサイトには、特に何も表示されてませんでした。

すぐに友人から「私は送ってないの。昨日も送られて来た!どうすればいいかわかりません。開けないでください!」というメッセージが。
えぇっ、どうしよう!?ショックでした。

幸い例のサイトに動画はなくそれをクリックすることもなかったので特に被害は出ませんでしたが、こうした脅威は自分ではどうしたらいいのかわからず、何もできないことにかなり気分が落ち込んでしまいました。

その後友人は、face book でログインパスワードを変えるように知人に教えてもらい、そうしていました。私も右へならえ。
ささやかですが行動できたことで、安堵できました。

時に日常で不安がいっぱいになり、あふれそうになることがあると思います。では、そうならないために どうしたらいいのでしょうか?

私はこのところ、アマゾンプライムビデオで「シカゴファイア」という消防署の人間ドラマに かなりはまっています。火事、事故、爆発など様々な苦難の場面に駆けつけ、仲間と共に我が身を呈し人を助ける姿を見ると、自分の悩みのなんとささやかなこと!と気づかされます。

命に関わる現場で 冷静に緊急度・重要度で問題解決していったり、強いリーダーでも部下を助けるにはどうあるべきか悩んだりする姿。そんな中で「自分にできることをコツコツとやっていく」リーダーが事態を切り拓いていく様に、その重要性を何度となく再認識させてもらいました。

日常生活の中で困ったことや苦しいことは色々あるけれど、不安や恐怖というマイナスの要素があふれそうになったら、まったく関係ないことでいいので、ちょっとだけ心が安心する、満たされるプラスの行動をとってみるのはいかがでしょうか?好きなDVDでもいいし、友人の励ましも効果的かもしれません。
そうして心のバランスをとると、また前へ進む勇気をもらえるきっかけになるかもしれませんね。

第885回 「母の新聞記事ウラ話」

1月18日

私ごとですが昨年12月27日、84歳の母を高知新聞の記事で取り上げて頂きました。
300人育成 伝説のバスガイド」。母は旧土佐電鉄で バスガイドの育成に1983年まで、およそ30年近く携わらせて頂いた北岡香子(きょうこ)と申します。

母には子どもの頃からかなり厳しく育てられ、「怒られないように」が大きなモチベーションだったほどです。今でも日常生活でよく叱られることがあり、主人が「その年になっても、大変やなあ」と同情してくれるほど。(笑)もう80を超した母に「老いては子に従ったら?」と言っても聞かないし、まあその気概が元気な秘訣でもあるわけなのでしょう。

母に新聞取材のお話があった時「嫌だから、断ろうと思うんだけど」と相談を受けました。一体何の話をしたらいいのかわからない、今さら新聞に載るなんて嫌だとか、かなりごねてました。(笑)

でも、もう高知では途絶えてしまったバスガイド文化を語るには生き字引でもあり、覚えている間に少しでもそういったことをお伝えしておくのも大事ではないか、そして記事になれば教え子の皆さんも元気になれるのではないか、と説得して渋々取材に応じることに。昔の写真などを準備し、私は母の仕事年表を作り、いざ取材。しかしあまりに話が広かったせいか?10月から5回も時間をかけて頂いたそうです。

新聞に記事が載った日には、朝6時台から夜11時まで続々と教え子の皆さまや知り合いからお電話を頂いたそうで、1週間ほどそれが続き、母も喜んでいました。

母は15歳で土佐電鉄に入社し、高卒の同期に負けたくない一心で休日は図書館に通い、高知の地理と歴史を猛勉強したそうです。入社当時のバスガイドの原稿は、「ここは○○です」といった場所の説明だけだったため「人」をからめるとより伝わるのではないかと偉人のお墓に足を運び、土佐史談会に歴史の勉強に通いました。司馬遼太郎さんや宮尾登美子さんの文章などご本人に許可を頂いて参考にし、たとえば龍馬と姉など、イキイキとした会話文にしていました。

ガイド見習いの新入社員は、分厚いガイド原稿の冊子を必死で覚えたそうです。練習用バスに乗り、「ここからここまでの間にこれだけの原稿を語ると、目の前にパアッと太平洋が開けてくる」など計算された原稿を暗唱できなかった新人さんは、容赦なくバスから降ろされたとか。

「今だったら、パワハラで大問題だよね」と言うと、母は
「当時はそんなもんだった。ま、路線バスには乗って帰れたからね」と涼しい顔でした。(笑)

しかし、その母の気概が役立ったエピソードもあります。昭和27年 19歳でバスガイドをしていた頃、愛媛県三坂峠で観光バスがブレーキが利かなくなるアクシデントが起きました。視界が悪い中、母がカーブごとにタオルを振ってバスをゆっくり誘導して標高720mの峠を下り、事なきを得たとか。

そもそも母が「エンジンブレーキを使わないと」と運転手さんに助言したのに、気難しい運転手さんが(小娘が何を言うか、新しいバスでもあるし)と無視してフットブレーキを多用し、タイヤから煙が出たのだとか。
母は「他のベテランの運転手さんの話を伝えただけ」だったそうですが、その時の対応力を買われ翌年弱冠20歳でバスガイドの教育係を任せられたということでした。

月日は流れ 昨年、旧土電、現「とさでん交通」はバスガイドがついにゼロになり、長く続いた土佐路のバスガイド文化も終わりを告げたのでした。母は「いい時代に、いい仕事をさせて頂いた」と今も感謝しています。