第1033回 「高知の名建築、織田歯科医院①」

11月26日

近代建築好きの皆さま、お待たせしました。高知県の誇る近代建築、織田歯科医院の登場です!先日、追手前高校が国の登録有形文化財になるというニュースをお伝えしましたが、織田歯科医院も2017年に国の登録有形文化財になっています。

実は偶然「文化財を楽しむ」という、高知文化財研究所の溝渕先生が建築を解説なさる講座を知ったのです。それがなんと織田歯科と追手前高校を尋ねると知り、ぜひ!と参加しました。織田歯科は一般公開されていないため、念願が叶いました。

織田歯科医院は、大正14年(1925)に建てられた、鉄筋コンクリート造りの洋館です。二代目院長の織田正敏氏によって建てられました。高知で現存する中では、最も古い時期の鉄筋コンクリート造り建築でしょう。
当時、専門で鉄筋の建物を建てる人は高知におらず、設計者は不明です。

壁は、大正期のモルタル洗い出しという手法。セメントモルタルに砂利などを入れて塗り、固まる前に表面を水で洗い出し、砂利などを露出させる方法です。高知は風雨が強いため、大正時代の外壁の仕上げはこれが多いとか。

門柱はドイツ風のデザインです。
昭和20年の高知空襲の時、高知市街地の7割が焼失しました。この建物にも30個ほど焼夷弾が落ち、うち5個が燃え上がったそうです。その焼け跡が塀に残っています。

真ん中の、モルタルが剥がれ落ちているのが焼夷弾の痕だそうです。
この塀も、医院とは別に 有形登録文化財に指定されている貴重なものです。

外壁の中央部と、1階と2階の窓の間には、メダリオン(立体的な装飾)が付いています。縦長で、アクセントが効いていますね。

屋上中央には、バロック調の装飾も見えます。

屋上の左にはペントハウスがあり、上に紋章が見えます。
これもドイツ、フランスのバロック系統のようです。

窓は木製の上げ下げ窓で、全部木製のものが残っています。

看板は古い時代を模して作られたもの。
建物とよく似合う、レトロなデザインです。

玄関は両開きです。

ひさしの屋根は「照り起り屋根 (てりむくりやね)」と言って、反り(そり)とむくり(膨らんでいる形態)が両方ついている、めったにない屋根だそうです。

現在、織田歯科医院は隣の新館に移り、この洋館は ウエディングプロデュース会社「レ・プリュ」が借り受け、挙式や披露宴会場として使われています。100年近い洋館ですから、「末永くお幸せに」と縁起がいいんでしょうね(笑)

では、いざ中へ!というところで、次回に続きます。

第1032回 「追手前高校、国の登録文化財へ!」

11月19日

今日は、高知追手前高校の144周年の創立記念日です。

昨夜開かれた校友会懇親会で、なんと追手前高校が国の登録有形文化財になるというニュースが入ってきました!何年も前からそういう噂は聞いていましたが、まさか今とは!役員の皆さんからも、期せずして拍手が起こりました。
すごい瞬間に、立ち会わせて頂いたものです。

「和風時計塔がシンボルの近代学校建築」、と今朝の新聞各紙は伝えていました。現役の生徒さんたちは、きっと誇らしい気持ちになったことでしょう。

昨夜はもう一つ。校友会の会長さんがご紹介くださって、校友の皆さまの前で『追手前伝説』を出版お披露目させていただきました。

パワーポイントで、本から写真と内容をいくつか紹介させて頂きました。
『時計台の欄干まで上ったことのある方は?」と伺うと、さすがは役員の皆さま、6~7割ほど手が上がりました。

戦中の校長先生の話などにもふれたのですが、お年を召した方々が特に喜んでくださったようで、色々と昔のことを教えて頂けて幸せでした。

会場の受付で、本の販売もさせて頂きました。もちろん、初めての経験です。
「あっ、ポップがない!」
こういうときに、価格とかの説明文がいるなあ、と気づきましたが、後の祭り。
次回への教訓です(笑)

校友会東京支部の皆さまや、追手前の先生と記念の一枚です。
右端が東京支部の会長さんで、「ミスターマンオブザイヤー」で高知愛が日本一と認定された方です(笑)

私の左隣の東京支部副会長のTさんは、コロナ禍で私の追手前のコラムを見つけてメッセージを下さり、ずっと応援してくださっていましたが、何年越しかで初めてお会いできました!とっても嬉しく、追手前のご縁に感謝です。

これから文化財になるということで、ますます注目されるであろう追手前高校の校舎。片思いしている私としては、好きなスターがどんどん有名になっていくような、誇らしい気分です(笑)

第1031回 『追手前伝説』出帆です!!

11月12日

今週は、一気に事が動き出しました。ついに『追手前伝説』、完成しました!
出版は、私にとって新しい世界への出帆です。

1931(昭和6)年に建築された、元貴賓室や時計台の裏側を含む 学校建築の写真を満載。卒業生以外の方にも楽しんでいただけるよう、ストーリーに絡めてご紹介しています。空襲で焼夷弾を投げ落とし、校舎を守った伝説の校長先生の手記など、貴重な資料も掲載しています。

月曜日にリーブル出版から本を納入して頂きましたが、この本はA4版で150ページと、結構重いんです。30冊入っている一箱が18キロ。何箱も運ぶと、体を傷めそう(笑)

早速、販売前に一足早く追手前高校に届けてきました。

撮影させて頂いた校長室の景色の中に 自分の本があるのは、なんだか不思議な気分。校長先生も校友会の小笠原先生も、出来上がりを楽しみにして下さっていました。

「おめでとうございます。これは大作ですね」と高岸校長先生。
構想、撮影、執筆と3年かけて、やっとこの日を迎えられました。

追手前の校舎にまつわる伝説の数々と、詳細な校舎の写真、資料に
「これは貴重な資料であり、財産です」「皆さん、楽しみにされてます」という校長先生のお言葉がとてもありがたく、心に沁みました。

早速、校長室に飾って頂きました。
図書室で、高校生の後輩たちが読んでくれたら嬉しいなぁ。

表紙の、校舎バックの空のブルーが映えます。

嘘みたいですが amazonでも、予約販売されています。県外の方は、そちらでお願いできれば簡単かと思います。高知の方はぜひ、地元の本屋さんを応援する意味でも手に取って下されば有り難いです。

高知では、金講堂書店やTUTAYAでの販売が始まりました。
金高堂は中学生の頃からお世話になっている本屋さんです。
まさか、そこに自分の本を置いて頂ける日が来るなんて…。

TUTAYAの中万々店に今日出かけたら、平積みで25冊も置いてくださっていて、
ひっくり返りそうになりました。(売れなかったらどうしよう…)とドキドキ。
思えば子どもの頃から本が好きで、本屋さんにはずいぶんとお世話になってきました。こういう形で関わらせて頂けることになり、感慨深いものがあります。

まとめると、『追手前伝説』定価2千円(税込み2,200円)の販売ルートは、

①高知の金高堂やTUTAYA(手に取ってご覧になれます!)
②amazon(ご自宅に届きます!)
③このホームページ となります。

①②で入手しにくい場合、③でご注文頂けるようでしたら、ご注文アドレスは

o-densetu*triton.ocn.ne.jp  です。

上のアドレスをコピーし、*を@に変えて打ち込んで下さいませ。
「追手前伝説 注文メール(お名前)」のタイトルで、
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・2冊以上の場合は、冊数  を、お願い致します。
(すみません、送料は1冊500円をお願いします)

なお前々回のコラムで早期ご予約頂いた方の中から、抽選でお二方に『追手前伝説』をプレゼントさせて頂きました。今月末までで、無料抽選枠は あと3名様です♪