第684回 「土佐弁シリーズ④ 生活感」

2月19日              (中村 覚)

683

私が学生だった頃、食べ物や場所、特定の人物などを指して「ヤバイ」という言葉は、良くない、危険だ、避けた方がいいなど、マイナスの意味を持つものでした。ところが近頃、「ヤバイ」の意味合いは180度変わり プラスの表現として使われています。何かを食べて とてもおいしければ「ヤバイ」という具合に、賛辞になっています。

次世代が語感の響きに新しい意味付けをして頻繁に使用すれば、いつの間にか世間に根付きます。言葉は生き物と言いますが、まさにそうです。とは言うものの 最初に耳にした時には違和感があったのも事実です。(笑)

こういった言葉の世代間ギャップは、いつの世にもあるのでしょう。以前、叔父から珍しい話を聞いた時に、突発的に 「ウソッ!?」と 声が出ました。すると叔父は「ウソなもんか。」と戒めるように答えました。 私は話の内容を疑ったのではなく、「えぇ、本当にっ!」という感嘆詞的な意味合いで使った言葉でした。同世代なら普通の会話だと思うのですが、叔父は80歳を超えているので、「ウソ」という言葉に対して、私とは認識が違ったのです。「ウソ」は「嘘」で、嘘は言ってはいけないの「嘘」なわけです。

使い慣れた言葉は端的に感情を表現でき ニュアンス的にもバッチリです。多少の世代間ギャップがあっても です。そして、他県の人には わかってもらえなくても。

すっかり前置きが長くなりましたが、言葉のニュアンスなら地域に根付く方言が飛び抜けているのではないでしょうか。~という事で、土佐弁の4回目です。

【だきな】きたない。

だきな部屋や。→「きたない、散らかっている部屋だ」という意味です。整理整頓された状態からはほど遠いわけです。 いつもきれいにしておくのが理想ですが、忙しくてしばらく掃除ができておらず、最近 散らかっているな、(でも また掃除をすれば そこそこ きれいになる。) 部屋なんてのは こういった状態の繰り返しではないでしょうか。

しかし「だきな部屋」となると、掃除ができていなかった諸事情は一切許されず、掃き溜め ワースト1状態が頭をちらつきます。言葉の意味自体は普通なのに、ニュアンスがどぎついのです。友人宅に行って、ちょっと しかめっ面しながら「だきな部屋や」と言えば、友達関係 終われます。(笑)

【もぶれつく】 群がりつく、小さなものが群れている状態。

みかんや柿の木にたくさん実がなっている様を見て「もぶれつく、もぶれついちゅう」と言います。たくさん実っていれば たくさん食べられるわけですから豊かな状態、喜ばしい状態なはず。しかし、それを「もぶれつく」などと言うと、ちょっと どこか悪口? みたいな気も・・・。 土佐の先人達よ、ちょい ひねり過ぎた? でも、わかります。 「鈴なり」なんて目じゃねーぜ、やっぱ「もぶれつく」でしょ。

【ねぶる】舐める。

最近は服の袖で鼻をふく子を見かけなくなりました。同様に口元をねぶって、手のあかぎれのように、口元の皮膚が赤くひび割れている子もいなくなった気がします。かつての私自身がそうでした。意味もなく口元をねぶって、やがてひび割れてきて、口をちょっとでも大きく開けようものなら、皮膚が割れて血が出て 痛い、痛い・・・ 何が面白かったのでしょう、でも なぜか やってました。「そんなに ねぶったら いかん!」冬場、よく怒られたのでした。

3つとも、生活感みなぎる言葉を選んでみました。考えてみれば方言とは、生活の中から生まれてきたので、たくましさも感じられます。ただ残念?ながら、これら3つは ほとんど使われなくなってきています。平成の世にはそぐわないのかな。

 

第668回 「土佐弁シリーズ②」

10月24日                中村 覚

【タカデタマルカ ヤチガナイ】 こういった意味のわからない言葉も だいたい3回ぐらいくり返せば、ありがたく聞こえてくる気もします。(笑) 実はこれ、「本当にたまったものではない。ばかばかしい。」という意味の土佐弁です。大正生まれだった祖母もこれは言いませんでした。つまり、私は今まで聞いた事もなければ使った事もない代物です。

それでも今回紹介したかったのは、この言葉に「デ」や「ガ」の濁音が含まれ、勢いもあり、響きも面白く 「いかにも土佐弁!」と思ったからです。

本やネットで調べていると思わぬ発見(?)がありました。日頃からよく使っているために てっきり標準語だと思っていたものが、「これ 土佐弁なが?(土佐弁だったのか?) すっかり騙されちょった(騙されていた。) 」という具合です。

その代表格が【マケル】。
これは勝敗に負けるの意味ではなく「 液体が容器からこぼれる 」の意味です。

例えば、「コップの水がマケル。(こぼれる) 」「バケツの水がマケタ。(こぼれた) 」という具合に使います。

また この「マケル」に関連して 「マケマケイッパイ」 という言葉があります。

【マケマケイッパイ】 容器に液体がこぼれる程に入っている状態。

水やジュースなど液体が 表面張力、もう無理! と言わんばかりに入っている様は、見ているだけで気持ちが豊かになります。 ましてや それがお酒となれば。(笑)

土佐の先人達は杯にマケマケイッパイ注がれた酒を酌み交わし、なんちゃじゃない(たいしたことのない)ことにも議論を吹っかけ、どんちゃん騒ぎで盛り上がり、宵越しの金は持たぬと豪語する内に「♪~おらんくの池にゃ 潮吹く魚が泳ぎよる~♪」と歌い出したのでした。

IMG_1788
※土佐人のおおまかなイメージをデフォルメした表現ですので、事実とは異なります。

「おらんくの池にゃ 潮吹く魚が泳ぎよる 」
これは高知県民謡 「よさこい節」の歌詞の一部分です。意味は「私の家の池には潮を吹く魚が泳いでいます」。 池というのは太平洋のことで、潮吹く魚は鯨のことです。 太平洋は高知県民のものじゃないのに、好き勝手言ってゴメンナサイね、 酔ってるもんですから。(笑)

「マケマケイッパイ」 酒処の土佐だからこそ映える言葉ではないかと思うのですが、 ただの身贔屓でしょうか?(笑)

次は 【ドレバー、コレバー】【モービット】
「どれくらい? これぐらい」「もう少し・・・」の意味です。

IMG_1790

端的なのは やはり宴会、グラスにビールやお酒を注ぐ時です。注ぐ側が「ドレバー(どれくらい入れましょうか?)」、注がれる側は親指と人差し指を使って、「コレバー (これぐらい入れて)」と指し示します。お酒の好きな人は 注がれた後に、遠慮気味に もうちょっとだけ注いでほしい気持ちを相手に伝える時に「モービット(もう少しだけ)」と付け足します。 ちなみに「ピット」とも言います。

ビットは少しの意味。 既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、この「ビット」、実は英語にもあります。  bit =「少し」   a little bit =(量が) 少し。

結構、国際派!

【アイマチ】 思いがけず負傷すること。「あやまち(過失)」の訛ったもの。

以前、知り合いが怪我をして手術の必要もあり、2ヶ月程 入院しました。退院後、「今回は、いよいよ(本当に)、アイマチをした。」と言うわけです。私はアイマチという言葉を聞くのは初めてでしたが、話の前後から何となく意味はわかりました。 そして言葉の響きが良いなと思ったのです。単に怪我をした、手術をした、長い入院をした、という言い方だと、怪我による痛みや不便さを第一にした会話に聞こえます。(怪我をしたわけですから 当然のことです。)

ところが「アイマチをした」と言うと、怪我に始まり入院中の時間の過ごし方などから、色々と考えるところもあり、確かに怪我をしたことは良いことではなかったが、今回の一連のことは悪いことだけでもなかった、と含みがあるように聞こえました。この含みが良いなと! もちろん これは私の勝手な拡大解釈ですので、言った本人はそんなつもりはなかったのかもしれません。でも土佐弁の深みを感じました。

第667回 「土佐弁シリーズ①」

10月17日          (中村 覚)

万々 → 薊野 → 一宮 → 岡豊
いきなり何の羅列か疑問に思われるのではないでしょうか。

実はこれ 自宅から祖母の家までのコースを大ざっぱに地域順に書いたものです。 高知市在住の方なら この4つの地名、すぐに読めると思いますが、これらは県外の方からすると 読めない地名らしいのです。

万々(まま)、 薊野(あぞうの)、 一宮(いっく)、 岡豊(おこう) ですが、パソコンに打ち込み変換して出てきたのは薊野だけでした。暮らしに溶け込むと当たり前のことでも、一歩キョリを置き 違う目線で見ると 「?」 ということがしばしばあります。 こういった地名もそうですが、やはり代表格は方言ではないでしょうか。ということで、今回は方言=土佐弁を取り上げてみたいと思います。

ただ 私も土佐人ではありますが、歴史ある土佐弁をただただ自分の思い込みだけで書くのはイカン(いけない)と思い、今回、参考にさせてもらったのが こちら。 「土佐弁さんぽ」 (著者:竹村義一、昭和60年刊)。 あ行~わ行までの約165個の土佐弁の意味とその例文を収録しています。

K0010746

それでは、まずは祖母の思い出とからめて。

【ズツナイ】  どうにもしようのない、つらい せつない。
何か考え事や心配事をしている時、祖母は「もう ズツナイ」 と言っていました。 祖母の様子や言い方から 「つらい」 という意味とわかっていました。

そして祖母は「ズツナイ」以上につらそうな時に使ったのが「エズラシー」でした。めったに言いませんでしたが「もう ○○のことを考えると本当にエズラシー」という具合です。 「ズツナイ」よりもワンランク上の悩みが発生した時です。

【エズラシー】 ひどく困惑した状態の中で、つらい せつない思いをする。

これら「ズツナイ」や「エズラシー」は、言葉の響きや字面にインパクトがあります。 しかし、言ってた本人(祖母)はそれ程 悲愴感たっぷりでもありませんでした。 土佐弁って、表現がオーバーなんですよね。(笑)

次は【ゾーモム】。(注:象を揉む、意味ではありません。 どれだけ握力あっても足りません。)忙しい思いをして気をもむこと。
「ゾー」=「臓」。 心臓や肝臓に始まり、五臓六腑を含む内臓の諸器官を総称した意味。

「たかでたまぁるか、ゾーもんだねえー」
(実に大変だ、気をもんだねえー)

2年程前、関東出身の方と話していた時です。その方が仕事で大変なピンチに陥り、多数の人の協力により 何とか無事に事なきを得たという話題になりました。 私もすっかり感情移入して、「無事に済んでよかった、本当に大変でしたね」という思いになり、瞬間 口から出たのが「それは、本当にゾーモミましたね」。

空気は静まり返ります。 会話を円滑に進めるため、なるべく標準語を使いイントネーションにも気を付けていたのに、「ゾーモム」はないでしょうよ・・・。

では最後に、比較的有名な土佐弁を一つ。なぜ有名かというと坂本龍馬が発した言葉だからです。関連するドラマや映画をご覧になった方は、聞き覚えがあるのでは?

【ホタエル】  ふざけて人を押し倒したりして騒ぐこと。

龍馬暗殺のクライマックス・シーンです。近江屋で 中岡慎太郎と2人でいる時に、部屋のむこうからドタバタと音が聞こえてきます。 まさか自分の命を狙いに来た刺客によるものとはつゆ知らず、龍馬は音のする方に「ホタエナ!(騒ぐな)」とたしなめるように言い放ちます・・・。 そしてその後、ご存知のように33歳で人生を終えます。

土佐人なら子どもの頃、遊んでふざけている時に親から「ホタエナ」「ホタエナサンナ」などと言われた経験があるのでは?

まだまだご紹介したい言葉はたくさんあり、例えば「タカデ タマルカ ヤチガナイ」 「ドレバー コレバー モウビット」などほとんど呪文に近い響きです。
続きは、また次の機会によろしくお願いします。