第858回 「感動の佐川イタリアン 【ダ ゼロ】」

7月6日

先日、中村が「たまたま、通りがかりに見つけました!」ということで、佐川町にあるイタリアンのお店に行ってみました。なんと6月15日にオープンしたばかりだとかで、ウキウキ♪

ところが行ってみると、11時のオープン時にすでに満席でした。改めて次の週に予約をして仕切り直し。自然イタリア料理「da zero」(ダゼロ)、すごい人気です。

兵庫から移住されてきた的場さんというご夫婦が経営なさっています。佐川町は高知市からは車で40分くらいかかりますが、この地域にこんなおいしいイタリアンのお店ができたなんて、ビッグニュースです。

席数は14席くらいでしょうか。こじんまりした感じです。
ランチの波が、一瞬途絶えたときに写した店内です。

パスタランチ1300円、それにメインがついたメインランチが2300円。
あと+800円で土佐赤牛か黒毛和牛のステーキに変更できるとのこと。せっかくなので沢山の情報を上げるために、思い切って土佐赤牛を頼んでみましょう!

旬野菜の一皿。「佐川町のトマトハウスナカムラさんのマトを使った冷製スープ」は、ガツン!と来ました。濃厚なトマトの甘みと酸味、そしてほのかな苦味が、ものすごく深い滋味を感じさせます。味付けはオリーブオイルと塩だけだそうですが、最初から全力投球って感じ。まるで宇宙船の椅子のような、後ろが立ったお皿も珍しいものでした。

前菜のお皿、クリアすぎて浮いてるみたい。左手手前から、サワラの燻製とスモモのソース、反時計回りに土佐久礼の有機野菜こどもピーマンとアンチョビ、焼きナスのマリネ、奥にはイタリア産生ハムとマンゴー、真ん中が土佐ジローのフリッタータ(卵焼き)。それぞれの素材の味が濃く、その良さが伝わる味でした。

パスタは2種類から選びます。この日は「イワシとおかわかめのパスタ」、「四万十豚のもも肉と豆を使ったパスタ」。「イワシとおかわかめのパスタ」、おかわかめは栄養たっぷりのスーパー野菜です。パスタもあっさりしてて、いくらでも食べられそう♪

四万十豚のパスタは、四万十豚やチーズの薫りがすごい!写真に写せないのが残念。豚のもも肉を白ワインでじっくり煮込んでいるそうですが、アニスというハーブと白ワインが豚肉をあっさりとした旨みに変えています。

そして、圧倒されたのが土佐赤牛のステーキでした。もものランプ肉が使われています。下のグリーンのソースは焼きピーマンのソース、上にかかっているのはマルサラワインという甘口のワインのソースです。

一口食べて、「なにこれ!?こんなに美味しい土佐赤牛、初めて!」
厚みがあって噛みごたえもある、でも柔らかくて食べやすい。絶妙です。赤牛ってサシが少ない赤身の肉質なので、どうしても固くなりやすいと思うんですが。

焼きピーマンのソースは濃厚で、まろやかなのにかすかな苦みが 味に更なる深みと広がりを出していると感じました。いや~、土佐赤牛を頼んで良かった!これ、大人だけに許される味です。絶品! 県外の友人を連れて来たい。

聞けば、知る人ぞ知る越知町の松田精肉店のお肉だとか。越知町内の自社の牧場で育てた牛らしく、「生産者の顔が見える食材」にこだわるシェフらしいセレクトです。松田さんは「お肉をかみしめるごとに出てくるミルキーさをめざしている」そうで、シェフは「それを伺っているので、肉の良さを生かすようにしています」とのことでした。

最後のドルチェのチーズケーキ。甘みを抑えた味わいは、最後まで心をわしづかみにして離しません。自然に話題は、「次はいつ、ここに来る?」とスケジュール帳を見ることに。

高知市からは少し遠いので、満席だとがっかりしますよね。予約をお勧めします。
定休日は火曜・水曜だそうですよ。

第822回 「一石三鳥の雑貨屋さん」

10月19日

文教の町と言われる佐川町。上町地区のこの辺りは司牡丹を始め、藩政時代の風情漂う白壁の建物が多く残り「酒蔵ロード」と言われています。

先日、たまたま行く用事があり、そのついでに有名な雑貨屋さん「キリン館」に行ってみよう!と中村と話が盛り上がりました。過去2度定休日(火曜)と被っていたもので、初めて訪れました。

キリン館は2年前にこちらに移転したお店で、江戸時代後期に建てられた国の登録有形文化財「旧竹村呉服店」を改修しています。ちなみに竹村家は江戸時代には質屋を営み、その後呉服商へと商売を発展させた、地域の豪商です。

店内はぎっしりと見応えある雑貨や洋服などが一杯!
オーガニック食品やフェアトレード商品、お洋服まで、目移りします。
ふと右手を見ると・・・

なんと!家の中にお蔵がありました。初めて見ましたが、内蔵と言うそうです。
中もお宝がぎっしり並べられています。(笑)

そしてお店の奥に、もう一つの世界が広がっていました。

喫茶「まるきゅう」です。
「旧竹村呉服店」のお店の紋が「丸に久」だった由縁だとか。

立派な床の間。

特に素敵だなと思った、光と陰が美しい部屋。
右手奥の中庭が効いています。
家具はこちらに似合うイギリス製のアンティークものを探したんだそうです。

メニューを見て驚き。佐川の地乳アイスやオーガニックハーブティーなどと並んで、フランス マリアージュ社の「マルコポーロ」があるじゃないですか!大好きな香りの紅茶です。それと、いちじくのシフォンケーキをオーダー。

美味しくて大満足♪こちらのオーナーさんの「良いもの」へのこだわりを強く感じました。お話ししていると「上もどうぞご覧下さい」とのこと。大喜びで2階へ!

2階の店舗側は、旧竹村呉服店の成り立ちなどをまとめた資料がありました。

左右の鉄窓に文政11年(1828)と明治5年(1872)の刻印があることから、文政11年頃に建築し、明治5年頃に改修したと推測されるそうです。

う~ん、190年も前に建てられたのですね!すごいなぁ。

北側は、住居スペース。
江戸時代を感じられる広々とした和室。欄間も見事な造りです。

踊っている波の模様が光を通し、まるで炎のようにも見えました。

雑貨、カフェに建築まで楽しめて、一石三鳥の大満足なキリン館。
これからも、足を運ぼう!と思いました。