第789回 「下関近代建築③旧秋田商会ビル」

3月3日

山口県下関市の近代建築をご紹介するシリーズ、3回目です。前回ご紹介した旧下関英国領事館からすぐ西にある建物です。

写真右手が「旧秋田商会ビル」で、左手は「下関南部町郵便局」。大正4年(1915)から、こうして百年以上も仲良く並んでいるんですよ。

大正4年(1915)に竣工した旧秋田商会ビル。 西日本で最初の鉄筋コンクリート造の事務所建築とされ、ドーム型屋根のある塔屋が印象的です。

なんと屋上には、全国で現存する最古の屋上庭園(と茶室)まであるそうです。残念ながら年に数回のみの公開で通常は非公開のため、見学できませんでした。

外観は褐色のタイル貼り、縦長で小さなバルコニーを備えたフランス窓があり、外観・内部とも後世の改変が最小限で ほぼ建築当初の姿を保っているそうです。

1階は洋風の事務所、2階・3階は和風の住居という、和洋折衷の面白い設計です。

昔の造りなので、耐荷重のため2階・3階へ上るのは人数制限があるため、1階の階段わきで名前と人数を記入して、靴を脱いで上がります。

2階、3階とも和室が広がっていました。3階は大広間で、きっと宴会や集会を行ったのでしょうね。

塔屋部分には、木製の螺旋階段があります。(上がることはできません)
木で螺旋階段を作るという、当時の高度な技術に感心しました。

大正時代の先進的な水洗トイレもありました。壁のタイルは秋田商会が大陸へ進出し、隆盛を誇った頃に輸入したものだそうです。

面白かったのは、このドア。ノブにご注目下さい。
位置が今とはずいぶん違っていませんか?

かなり前にかがまないといけないんです。なんだか、おとぎの国に来たみたい。当時の人は身長が低かったことを実感しました。

こちらは、「下関南部町郵便局」。

明治33年(1900)に建てられた南部町郵便局は、数ある下関の近代建築の中で一番古い建物ですが、郵便局として今も現役だそうです!すごい!

中庭などで結婚式も挙げられるそうですが、残念ながら日曜日でお休みのため、見学できませんでした。

赤い郵便ポストがアクセントになって、とても素敵なたたずまいでした。

下関の近代建築については何も知らなかったのですが、知れば知るほど深みがあって、本当に楽しめたのでした。

第788回 「松原ミートで渾身のジビエを頂く」

2月24日

ジビエとは、野生の鳥獣肉。高知県では今、県内40店舗でジビエ料理が食べられる「よさこいジビエフェア2018」を行っています。

イノシシや鹿による農林業被害が2億円を超え非常に深刻化しているため、捕獲されたジビエを大切な資源として有効活用しようという試みです。これは乗ってみなくちゃ!

ということで神奈川から遊びに来た講師仲間Hさんを、高知市のジビエレストラン「松原ミート」にご案内しました。ジビエの捕獲から関わっている本格派のお店で「本日ハクビシンの有害捕獲出動のため閉店します」なんてことも。(笑)

店内はL字型カウンターのみです。メニューは冷蔵庫に貼られています。

私も中村もジビエは鹿やイノシシを数回食べたことがある程度で、わからないなりに一通り注文しました。

肉料理は多くが「100gいくら」なので、肉のかたまりを見せて「どのくらい切りますか?」と訊いてくれます。

◯シャルキュトリ盛り合わせ(1500円)
ジビエ専門店に来たぞ!感満載の前菜です。

右上から時計回りに、豚の生ハム(プロシュート)、豚のソーセージ、鹿のパテ、イノシシの頭の煮こごり。どれも熟練の加工で肉の旨みがしっかりしていました。イノシシの煮こごりは少し味が濃かったのでパンを頼み、載せてサクサクと美味しく頂きました。

◯季節の野菜とヴァントレッシュ(700円)

山盛りの葉物野菜に、ヴァントレッシュって何なのか?後で調べると、塩漬けの豚バラ肉を燻製にしたものらしいです。

◯ソーセージ(ブーダンノワール950円/100gほか  )

ブーダンノワールは黒いソーセージ。鹿の血を使っていると事前勉強してました。恐る恐る注文してみると、意外度100%!玉ねぎも入ってコクがあり、実に美味しい!概念が変わりました。もう一種は今帰仁アグーとふきのとうのソーセージだったかな?私は、ブーダンノワールの方がより美味しかったです。

◯土佐赤牛の炭火焼き(1800円/100g)

ドンと来た、土佐赤牛の赤身肉。これぞ肉祭り!(笑)肉の旨みをストレートに、何度も噛みしめて味わいました。「牛肉はやはり王道の美味しさだね」と納得。

◯ピクルス(300円)

やはりガッツリお肉を食べるので、サッパリした野菜が欲しくなります。ピクルスには四方竹も入っていました。

◯ハクビシンのバロティーヌ(2800円)

さあ 本日のメイン、ハクビシンです!ハクビシンって美食家で、ミカン畑でも食べ頃の甘い木のものしか食べないとか、そりゃ美味しくないわけがないでしょう。農家の敵をとってやります。沖縄で様々なお肉を食べたHさんもこれは初体験とか。

やはり美味しいお肉。バルサミコ酢味かな?でも、今まで食べた どの肉とも違う味。鳥とも豚とも牛とも鹿とも違う…。うーん、文章力のなさが悔やまれます。(^^;)ハーブなどをうまく使っていて、匂いもありません。食感は少し干したイカのようで、噛みしめがありました。右はハクビシンのソーセージですが、クセがなくて美味しい。
(ハクビシンはいつもあるわけではなく、予約が必要です。)

◯エゾ鹿の炭火焼き(1300円/100g)

ものすごく柔らかくてジューシーなのが驚き!鹿肉は鉄臭くて固いイメージがあったのですが、ラム(子羊)みたいな柔らかさで鹿肉の旨みを味わえました。シェフの凄腕を確認した一品で、鹿肉のイメージがガラッと変わりました。

◯皮付きイノシシのブレゼ(2500円)

ブレゼは蒸し煮で、シンプルにお塩で頂きます。イノシシの旨みは固い皮の下の脂身だと私は思っていますので、本当はとろけるほど煮込んだ方が好みなんですが。これは歯ごたえも残しているので食べ応えがありジビエ祭りのトリにふさわしく、満腹でご馳走様となったのでした。Hさんにも魚だけではない高知の食の奥深さを喜んで頂けました♪

お酒が飲めない私はフルーツソーダでしたが、お肉の分解酵素があるキウィが甘すぎない感じで程良く、ついお代わりしちゃいました。

ジビエはなじみが薄いので欲を言えば(メニューでもいいから、もうちょっと説明して欲しかったなぁ)とは思いましたが、とにかくジビエを美味しく、その奥深さも堪能させて頂けました。せっかくなので何人かで行くと、より多くのお肉を味わえますね。

何より、シェフ渾身のジビエ料理は感動ものでしたし、命を頂くということの原点を考えさせられました。(動物たちに手を合わせて)ご馳走様でした。

第787回 「春つげ御膳」

2月16日            中村 覚

今回は「食」に走ります! 食に走ると言っても、自暴自棄の暴飲暴食ではなく(笑)、どこかで珍しい物を食べて それをご紹介! 月一回のコラムを何とか しのぐための最終手段です。

少々大げさに書きましたが、何かを食べてそれを書くことができれば、一石二鳥、それはまぎれもない事実です。でも そのためには自分が本当においしいと思える物に出会わないと書けません。今回は出会えました。きっかけは新聞記事です。

『室戸「春つげ御膳」いかが』という見出しに御膳の写真が掲載されており、2月1日から1ヶ月間、ハマアザミなど旬の地元食材を使った「春つげ御膳」を提供するとのことでした。ハマアザミ? よくは知りませんが、この寒い時期「春つげ御膳」という気持ちが豊かになるネーミングに誘われて行ってきました。

室戸市内の飲食店など8店舗で食べることができる「春つげ御膳」 、前日までに予約が必要です。私が行ったのは「初音(はつね)」というお店。もちろん初めてです。

それでは早速ご覧ください。「春つげ御膳」です。

まずは金目鯛の荒汁です。

金目鯛の油の旨みが溶け込んで、えも言われぬおいしさです。金目鯛って、深海魚だと この日 初めて知りました。ちゃっかり名前に鯛と付いているもんですから、鯛の親戚筋ぐらいに思っていました。

これはハマアザミの天ぷらです。ゴボウのようでもっとおいしいという話は聞いたことがありましたが、まさに柔らかいゴボウのような歯応えです。海洋深層水の塩で味付けされており、おいしくてすぐに完食してしまいました。

天ぷら前の状態を、わざわざ見せて下さいました。昔からこの周辺では食べる習慣があったそうで、岩場の過酷な環境だからこそ、しっかりと根が張り、この歯応えに育つとか。砂地だとこういった根には育たないということです。

これはグレの刺身です。身が引き締まり、さすが室戸の獲れたて。歯応えがあり鮮度が良いので、しょうゆが乗らないようなぷりぷり感でした。

室戸ナスのたたきです。育成に室戸海洋深層水を使っており、柔らかく美味しい羽根町産です。菜の花もみずみずしい青さで、食欲をそそりました。

マンボウのみそ煮です。ご紹介するにあたりしれっと書いてはいるものの、実は食べている時に「これは、何?」と思い直し、お店の方に聞いたところマンボウと判明。あの特異な形をしたマンボウですって…。知らない内に食べてしまっていたとは、なんたる贅沢! 味噌の味が抑えられておりマンボウの風味を引き立てています。例えるならイカのような食感かと思います。夏のマンボウは臭みがあるそうで、冬のこの時期がおいしいそうです。

地元の食材を活かした「春つげ御膳」(1650円)。室戸の地産地消を活かした春らしい食事は、心身を満たしてくれる満足感に浸れました。