第682回 「厳しさの役割」

2月4日

f61518a4336f274d68b9ce34090c8725_s

最近、入社3年以内で半数がやめると言う高校生の早期離職を防止するための取り組みが色々と行われています。私が就職講座で伺っているある高校でも、入社前のこの時期に2日間のビジネスコミュニケーション講座のご依頼を頂きました。

現在、新たな高校の就職講座のご依頼は多忙のため辞退させて頂いているのですが、こちらの高校だけは先生と生徒の皆さんがとりわけ熱心でいらっしゃるので、もう10年ほどご縁を続けさせて頂いております。

ところが今回 1日目の講座の途中、最前列の男子生徒が居眠りをしていました。学校の先生に注意されて起きたのですが、しばらくするとまたウトウト…。なんでもこの日は学期試験の最終日だったとのことで、きっと遅くまで試験勉強をしていたのでしょう。

でも、講座内容は「入社してからのビジネスコミュニケーション」についてです。居眠りはもっての外、仕事では通用しません。私が注意すると彼は「すみませんでした」と座ったまま言いました。これはお詫びの実地訓練として、良い機会です。

まず、「お詫びというものは立ってするものです。立ちなさい」と言い、「すみません、はお詫びの言葉としては軽すぎます」と指導。

①まずお詫び。「申し訳ございません。」の言葉を使うこと
②それから なぜこうなったかの説明をし、
③最後にきちんとおじぎをすること

を教えました。彼は素直に実践したので、それで良しとしました。

ところが彼は、最後30分のところで、三度めの居眠りをしたのです。瞬間、これは厳しく指導すべきだと思いました。「◯◯君、寝るんだったら出て行きなさい!」とピシャリと言いました。彼は呆然としていましたが、どうしたら良いかわからなかったのでしょう、再度の「出て行きなさい!」に気圧されて荷物をまとめ、すごすごと出て行きました。

講座後彼には就職アドバイザーのYさんを通じて、明日の講座前に原稿用紙2枚の反省文を提出し面談することを、敬語のテストの課題と同時に伝えたのでした。

私は最近、注意したことに対し「ただ単に頭を下げて形式としてお詫びすることで許す」というのは何か違うんじゃないかと違和感を覚えるようになりました。そこで、講義を休んだり注意されたことをくり返したりで叱る場面では、あえて厳しめのペナルティーを与えるようになりました。どうも、そういう厳しさの役割が回ってきている感じがするのです。

そして2日目。講座開始前にYさんが彼の反省文を持ってきて下さいました。入室してもらうと彼は、昨日教えたとおりにきちんと立って「昨日は、申し訳ございませんでした!」と深々とおじぎしました。

「先生にああやって言われた時も、本当やったらお詫びの言葉をちゃんと言わないといけないのに、言えませんでした。本当に申し訳ありませんでした」ときちんと謝ってくれました。そのまま、反省文を読んでもらいました。

一番後悔したことは注意されて出て行けと言われた時に、何も言わずに出たこと、一言でもお詫びの言葉を出していれば…、と綴っていました。

さらに、「自分のしたことで高校の皆にも迷惑をかけてしまったことがわかり、それは講座で学んだ問題のある新入社員の事例と同じと気づいて申し訳ない気持ちで一杯になった」と言ってくれました。そこまで気づけば上等です。

あと1ヶ月で社会に出て行く彼は、もう二度と同じ失敗はしないでしょう。素直なお詫びの言葉を聞けて、私も嬉しくなりました。

「今日は真面目にやりますので、先生、見ていて下さい。」
「わかった、じゃあ見てるからね!」

彼は本当にその後は最前列で眼をランランと輝かせながら、受講してくれました。「人は、壁にぶつかるからこそ成長する」ことを実感しました。2日間の講座の締めで、彼を指名しあいさつをしてもらうと、みんなに「昨日は本当に申し訳ございませんでした。」と頭を下げ、私にも改めて頭を下げました。

キッパリとしたその態度は逆に好感を覚えたくらいです。「失敗した時に逃げずにちゃんと責任をとることが大事なんだ」と、同級生達にも学びになったことでしょう。彼は潔く頭を下げて、男を上げたのです。

最近は、大人でも謝り方を知らない人が多くなっています。
人間、誰しも長く生きていると何らかのミスをしてしまうものです。その時に、どう謝るのか?それこそ、人間力が問われる課題なのですね。私自身も、他山の石(自分の修養の助けとなる他人の誤った言行)とします。

第677回 「2015年をふり返って」

12月26日

今年最後のコラムです。今年も一年間「Weekly N」にお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました。

677-4

ふり返ると今年は、長期継続研修が増えました。

交流分析 初級講座は初めての試みでした。全国的にもあまりやっていないのではと思います。2級講座だと一日7時間の研修を6回とかになるのですが、初級だと4時間を6回なので、平日の午後の時間を活用できるのです。ビスタワークス様が主催して下さったこともあり、今までの女性の多い2級講座とはガラッと変わってビジネス層の男性が多く、愛媛・香川など他県から受講なさる方々が多かったのも驚きでした。オリジナルテキストを使いましたが毎回ご質問も多く、私も良い学びを頂きました。

5回の理論編の後、最終回の応用編では質問にグループディスカッションで答えを出したり、演劇手法を用いて交流分析を表現したりしました。皆さんの自由な心Free Child があふれた、クリエイティブな時間でした。

677-1    677-7

香美市役所では香美市長の「香美市を変えていこう」という強い思いを受け、12回の研修を行いました。サービスマインド研修では、ハンディを持つ方への接遇やホスピタリティ向上ワークを行ったのですが、受講なさった皆さんの相手への優しさが形になって、拝見していても心地良い時間でした。

677-3

秋からはNLPの勉強も始めよう!と思い立ち、大阪に通っています。その結果、今まで経験がなかった一週間立て続けの研修&出張なんてスケジュールも出て来て、繁忙期にこなせるのだろうか?と不安に感じていました。

677-5

しかし案ずるより産むが易し。仕事続きで体調が悪いまま飛行機で大阪入りし研修会場へ着いても、勉強するうちにだんだんと元気を頂いて、帰る頃にはすっかり元気!というパターンを何回か経験しました。(笑)来年も続けて学びを深める予定です。

中村も華々しくとは行きませんが、コラムを書きつつ時々教壇に立ち、彼のペースで成長してくれています。万全にサポートしてくれる、頼れる相棒です。ともかく来年も、健康第一でと思っております。

皆さま、来年も人・みらい研究所を見守って下さいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。来年のウイークリーNは、2日はお休みを頂いて、9日から再開させて頂きます。どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。