第777回 「昭和の横丁、思い出倉庫」

12月8日                                    中村 覚

愛媛県 伊予の小京都、大洲市にあるポコペン横丁の入口です。レトロ感のある町並みなどをネットで検索している時に偶然見つけました。松山に行った際にちょっと足を伸ばした次第です。

広場には昔の看板が多数あり、昔の自転車がそのまま放置、いえ展示してあります。

目を引く看板やリヤカー。

これは昔のアイスクリーム屋さんのリヤカー。ここまで古い物になると私にとっては「懐かしい」ではなく「珍しい」です。懐古趣味が基本にありますのでどっちでも楽しいです。

そして、これがポコペン広場内にある「思い出倉庫」です。
「倉庫? 何を置いてあるの?」ごもっともです。

答えはこちら。これは受付の様子です。

奥に向けて昔の物がたくさん展示されています。

看板の前に数台並ぶ自転車。先程の屋外の自転車に比べてこちらの方は状態が良さそうです。右上にある「金鳥」の看板、カッコ良いなぁ。原色がかもす雰囲気はどことなく子供のおもちゃを思わせます。

こちらは化粧品等の展示です。さすがに興味があるわけではないですが(笑)、全体的な雰囲気は「うん、わかる わかる!」昔はこんな風にして売られていたのでしょう!知らなくても全肯定。(笑)

裸電球に照らされるキャラクター物のおもちゃです。今の時代なら商品は全面ガラスのショーケースに入っていると思います。重みがあってこっちの方が良いな。

「感謝特別大奉仕」、大奉仕なんてほとんど聞かなくなりました。
棚に納められているのはボタンです。

ここは、当時の駄菓子屋をそっくりそのまま再現!といった感じでしょうか。
私が子供の頃に行った駄菓子屋はもっと現代風でした。でもこの風景を見ていると思い出します。夕方、100円持って買いに行き、買ったお菓子は全部食べます。夕食の時に「なぜ、ご飯をもっと食べないのか?」と親に詰め寄られますが、ご飯前にお菓子を買って食べたとは言えませんでした…。

中央や左下にある「ハウスカレー」の箱。
存在感、佇まい、手頃な大きさ、正直 自分の部屋に欲しいです。

お店を再現しているスペースから更に奥を覗けば~、これがホントのタイムスリップ! 昭和の家庭が…

ちゃぶ台があって、掛け時計に鉄の扇風機、鏡台など。

こうなると私よりもぐっと上の年代の方にも楽しんでもらえること請け合いだと思います。

角のタバコ屋さんの風景です。数年前、新聞に書いてありました。昔はタバコ一つ買いに行っても、店の人と多少なり世間話をして、それが生活の憩いだったと。

ロッテガムの横にあるライターはわかったのですが、下の棚にある物が何かはわかりませんでした。キセルだそうです。

「ヨコハマタイヤ」確かにこれ、ありました。奥で映っている古いテレビはDVDが映るようにしてあるそうです。

受付の方が話してくれました。ご夫婦でいらした年配のお客さんは最初ただ黙っていたのに、お店を出る頃には「昔は あ~で、こ~で」とお二人の会話がすっかり弾み、明るい雰囲気になることが少なくないそうです。

店内に置いてある年代物の品々、その佇まいが自然な感じで、こういった展示の仕方は他ではあまり見られないのではないかと思います。展示である以上、計算はされているものの、「これを見よ!」と言うよりは「当時はこんな感じよ」といったフラットな雰囲気が本当に良いなと思います。

木戸銭(入場料)が200円というのも日常の感覚を後押ししてくれます。仮に500円~1000円を払うとなると、見終った後に「結果、どうだった?」と良し悪しを無意識の内に問いかけてしまいそうで、「懐かしむ」というゆとりがなくなってしまいそうです。良心的な木戸銭も雰囲気作りに大きく貢献してくれているのだと思います。価値ある200円です。

思い出倉庫を出ると両脇にはお店が並んでいます。(写真は閉まっている様子)

これらのお店が開くのは4月~11月は毎週日曜日、12月~3月は毎月 第3日曜日とのことです。次回はこの日に合わせて昭和の賑わいを感じてみたいものです。

第776回 「LABプロファイル講座、大団円!」

12月1日

今年初開催の「LABプロファイル プラクティショナー講座」全6回が11月末に無事、大団円を迎えました。受講なさった素敵な皆さんと優秀なアシスタントの方々に助けて頂き、お陰さまで私も心に深く残る講座となりました。

月に一度、4時間の講座なので受講者の皆さんが内容を忘れてしまうのでは…という危惧もあったのですが、苦労なさりつつも補っても余りある「絆」が半年間で芽生えたようです。

「とても面白かった!というのが一番です」
「人のタイプの多さと影響言語の遣い方が学べた」
「人との関係性をより良いものにするためのプロファイルが学べた」
「すばらしい仲間を得られた」「集まった人達が奇跡的。」
アンケートで頂いたお声は、どれも本当に嬉しいものでした。

最終回は「広告の研究」の後、「LABプロファイル的プレゼン」を2チームで競ってもらいました。LABプロファイル的審査を行い、非常に盛り上がり学びにもなり、親和性もより高くなったフィナーレでした。

岡山、松山からおいでて下さった方々を含め、9名全員が皆勤賞!
(お一人は夏に熱中症で欠席し、後日補講を行いました。)
試験も全員優秀な成績で、無事認定証を手にして頂きました。

最終回もわざわざ神奈川から来て下さったアシスタントのHIROさん。私のLABトレーナーの同期生です。受講なさった皆さんの素晴らしさに惚れ込んで下さったのです。
(LABでは人間重視型、と言います。)

最終回途中から急遽仕事で抜けたTさんには、打ち上げの席で認定証をお渡ししました。お忙しいTさんは、会の後また仕事場へUターン。頭が下がります。

二次会の様子。皆さん、本当に熱心に語り合っていました。

「新年会をやりましょう!」「プロファイリングを社内でやったけど~」という声が次々に届き、「もっと学びたい!」という想定外のお言葉も頂けて、来年は考えてもいなかったLABプロファイルの上級コースを企画しなければ、と良いプレッシャーを感じています。

ご参加下さった皆さま、サポートして下さった皆さま、全国から応援して下さったLAB同期生の皆さま、本当にありがとうございました。また、これからも走り続けます!

第775回 「新たな世界の広がり?」

11月25日

「行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず。」方丈記ではありませんが、時は流れて戻りません。そんなわけで、今週 また誕生日を迎えました。

年を重ねること、私はそんなに嫌ではありません。沢山の人から「おめでとう」と言ってもらえるのはありがたいことですし、心理学を学ぶ上でも年齢を重ねることはプラスになることが多いからです。

頂いたバースデープレゼントを見ていると、面白いなあと思います。ハッキリとタイプが二分されるんですよねえ。(笑)1つは花など、女性らしいもの。もう1つはAIスピーカー、ロボット掃除機、モデルガン(笑)などの機器類。

ちなみにモデルガンは、新たな家族となったお婿さんセレクトです。(笑)実は子供の頃からこういうものが好きだったんですが、小学生の頃 駄菓子屋でピストルを買ったら親に「女の子が買うもんじゃない。返してこい!」と怒られ、結婚してからも夫はそういうのがまったく興味がなく。でも「24」など捜査官ものの海外ドラマを見るたびに捜査官の気概の象徴のように見え、かなり好きでした。

お婿さんは心優しく 車やモデルガンが好きなので、持ってたガンを「いいなぁ~」と褒めたらプレゼントしてくれたのです。もう、嬉しくて嬉しくて!しかも、捜査官御用達のグロックというのがまた泣かせる。(笑)次女と夫はちょっと引いていましたが、こういうのをもらってこんなにほのぼのとするってあんまりないかも。ちなみにお婿さんと私は、11月22日の誕生日が一緒なんです。すごいご縁でしょ?(笑)

この年になっても、新たな世界の広がりが感じられるのってステキですよね。いや、この年だから、かもしれません。半世紀以上生きてくると自分のテリトリーというものが確立され、それは年齢と共にどんどん狭まっていきます。でも、年齢と反比例して小さくても新たな世界を広げていけるなら、幸せですよねぇ。以前読んだ本で、アメリカの70歳過ぎの女性が「私もこれから、歌手になるっていう夢があるのよ!」と言ったのを読んで、「すごい!私もこうありたい!」と思ったものでした。

また、数年越しの念願だったロボット掃除機と、AIスピーカー(グーグルホーム)は、とても便利そうです。もう少し使ってみてからまたご報告しますね。なにせまだ慣れていないので、思うように動かせない現状がトホホなんですが…脳には良い刺激になりそうです。

そしてプレゼントの王道、きれいな花々。
寒さに向かう季節には、様々なピンクの花たちはいっそう可憐に映えますね。くださった方々の優しさと重なります。
そうそう、写真の右にあるのはケーキではなく、タオルなんですよ♪

たくさんの方々との絆と、健康に過ごせることに感謝したバースデイでした。