第800回「緊張感」

5月19日               中村 覚

先日、最近では一番の緊張した出来事がありました。 事の始まりはこうです。突然 声が出づらくなり、話をしようとするとひどく咳き込んでしまうのです。仕事柄マイクを使用して人前で話をするのですが、それでもほとんど声が出ない状態。どうも喘息をこじらせてしまったようです。今まで喘息になったことなどなかったのに・・・。それもそのはず、なったのは私じゃなくて代表の筒井なんです。

マスクをした状態で、ひそひそ話をするように小さな声で 「これぐらいしか 声が出せないの」 と言うわけです。日頃の元気な様子とあまりに違うので、最初は手の込んだ冗談かと思いましたが、話をしている内にこれは もしや~

「ホント、大丈夫ですか?」
「・・・」
お返事がない。 こりゃホントだっ!

さぁ こっからです。声が出づらいので、「研修の一部分を代わりに担当して。」と言われ、まさに晴天の霹靂、寝耳にお湯。

確かに、私が担当すれば、その分だけ喉を休ませることができます! 理屈じゃわかりますが、そんな自信のないことを引き受けていいものか どうか。
お役に立ちたい~と言うか、なんで自分の声は普通に出ているのか、私の方が出ていなければ良かったのに・・・。(笑)

ということで、原稿をもらったのが研修の2日前でした。とは言っても、毎年横で聞き慣れた研修内容の小一時間ぐらいです。

まずは書いてある内容を把握します。聞くと話すでは大違い!全文 覚えることができればいいのですが、そんなウルトラCはできません。大事な表現にチェックを入れて、何度も読んで流れを覚えます。こうしておけば、発表する際に原稿を棒読みすることだけは防げるからです。

次に自然に話せるように、日頃から自分が使い慣れている言葉にある程度原稿を書き換えます。ニュース原稿とは違い、一字一句、間違わずに言う必要はないので、その点では助かります。例えば「心遣い」を「気配り」に変えるといった具合です。こうすると覚えやすく、本番の時に自然に言葉が出やすくなります。

今までの経験則からいくとこれで準備完了です。 いや完了ではないです。できればもっと練習時間が欲しいのですが、そんなことは言っていられません。

そして研修、当日。 いつにも増して変に緊張しているなと自覚してのスタートです。開始10分ぐらいでしょうか。急に頭が真っ白になりました。次に何を言ったらいいのかわからなくなったのです。わからなくなれば原稿に目を戻せばいいというのは理屈です。 が、緊張しているので、原稿を見ても 今どこを読んでいるのかわかりません。 「・・・」 空白の時間が流れます。その間、2~3秒でしょうか。私にはとても長く感じられ、何か言わなければ、何か言わなければと 頭の中で言葉を探します。

こういう時って、出てこないんですね、言葉が。

苦し紛れにやっとの思いで出てきたのが「ちょっと、何て言っていいのか わかりませんが~。」でした。自分でも『なんじゃ それは? 君、君、大丈夫?』

妙な発言をしたためか、この後、緊張がほぐれて元に戻りましたが・・・。

今回思ったのは、緊張してしまうこと自体は 大なり小なり いつものことですから、それはちょっと横に置いておいて~。とにかく もっと語彙を増やさなくては!それと、グッとチューブを握れば 自然に出てくる歯磨き粉のような、緊張に左右されない対応力。

対応力は一朝一夕にはいきませんが、語彙力をつけるためには基本中の基本、まずは毎日の読書から始めたいと思います。

 

第799回 「外国人とのコミュニケーション」

5月11日

最近は東京・大阪に行くと、町を歩く外国人の多さにビックリします。高知では考えられない多さです。

とりわけ東京では、外国人が増えました。連休中サンルート系のビジネスホテルに一週間泊まったのですが、毎回エレベーターで乗り合わせるのは外国の方々でした。扉を開けて待ってくれていると、ちょっと勇気を出して「Thank you」とか「Good morining」とか一言会話を交わし、お互いに和んだ空気になることも多かったものです。

研修会場だった代々木のオリンピックセンターである朝、トイレ掃除の女性と会いました。スカーフを被っている若い外国人女性でした。

「きれいにしてくれて、ありがとうございます」と声をかけると、にっこり笑顔で
「お姉さん、キレイね」と返してくれました。(笑)
「あなたこそ、キレイよ」と言うと
「日本人?」
「そう。あなたは?」
「ネパール人。」

そうか、ネパールから来ているんだー。非常に乏しいネパールの知識から、
「ネパールは山がきれいね」と返すと、またにっこり笑って
「ありがとう。ナマステ」と返してくれました。
そうか、ありがとうはナマステか、と思い、私も
「ナマステ」と言って合掌しました。

そのひととき、私と彼女の間に流れた何とも言えない温かな交流はじんわりと心の奥を温めてくれ、その日一日、とても良い気分でした。

(写真はイメージです)

翌朝もまた、彼女と会いました。
「グッドモーニング、ミス・ネパール!」と声をかけると彼女はにっこり笑って
「元気?」
「元気よ!あなたは?」
「元気♪」2人で笑い合い、
「Have a nice day!」と言って別れました。後で、
(あそこはナマステだったなー!)と悔しがっている自分がいました。(笑)

その次の日はセミナー最終日で時間が30分も違っていたため、1階から3階までのトイレを回ってみたのですがミス・ネパールとはもう会えませんでした。一期一会の出会いでした。

掃除の方に声かけをしてこんなにやりとりをしたのは初めてで、私の中ではミス・ネパールとの温かな会話が今でも心に残っています。

ちなみに、ネパール語で「ありがとう」を調べてみたら「ダンネバード」と出ていました。えーっ、「ナマステ」は??
「おはようございます、こんにちは、こんばんは」どれでもに使えるあいさつでした。そうだったのか~。ミス・ネパールのお陰で、一つ覚えられました。

もう会うことはないでしょうが、ダンネバード、ミス・ネパール。

第798回 「神経科学でアップデート」

5月5日

皆さま、ゴールデン・ウイークをいかがお過ごしでしょうか?
私は東京で【チーム医療】の「NLPを神経科学でアップデートする」というセミナーに一週間参加して、学生気分に浸って来ました。講師の先生は、イギリスのジョセフ・オコナー氏。セミナー名は難しそうですが、内容は非常に興味深いものでした。

NLPという心理学は苦手を克服するなど、思考パターンを変化させ、人や自分に変化を起こすことができます。そのメカニズムを神経科学的に知りたいというのが受講動機でしたが、脳の可能性の素晴らしさが強く印象に残りました。

たとえば、片方しか脳がない状態で生まれてくる赤ちゃんがいます。その子はどうなるか?という問いには、重い障害が残るだろうと予想しました。ところがアメリカでごく普通に成長した9歳の女の子に学習障害があり、スキャンしてみたら、脳が半分だったとわかったというのです。驚きました!特に赤ちゃんの脳は柔軟性があるので、素晴らしい発達ができるのでしょう。

「神経可塑性(しんけいかそせい)」も面白かったです。神経可塑性とは脳が学習するしくみのことで、言葉が話せるようになったり、ピアノが弾けるようになるのも、そのおかげです。 言葉の意味を何度も聞いたり、ピアノの鍵盤を繰り返したたいたりすると新しいニューロン(神経細胞)が成長し、情報を伝える神経突起(シナプス)は強化され、刺激が急速伝達できるように変わります。繰り返し練習することで、脳も変化するわけで、「思考や行動が脳の構造を変える」のです。

たとえば「私はダメな人間だ」と繰り返し考えると、特定のニューロンで同じシグナルが出され、その考えを強化していきます。すると「私は…」と考えると、一番早く簡単に出る答えが「ダメな人間」となる。「同じことの繰り返しで強化される」のですね。

以前からそういったネガティブな考えにとらわれてしまうことを私は「不幸ぐせ」と呼んでいるのですが、神経科学的にも納得できました。「どんな考えであれ、繰り返すと強化される」。だから、言ったもん勝ちです!「私は運がいい」「私はきっとうまくいく」などという、「幸せぐせ」をつけたいものですね。

帰りの飛行機からのキラキラした夜景が、無数の神経細胞の結びつきに見えました。

一週間の滞在でまたまた新たな仲間ができて、昼は学び、夜は様々な情報交換と非日常を目一杯楽しませて頂きました。「この感じ、何かに似てる…」と思ったら、今までとは全く違う世界に飛び込んでいった大学1年、18歳の頃の経験を思い出し、「私、まだこういう順応ができるんだ!」と、実に新鮮な気分でした。(笑)

神経科学的にいかに新しい刺激が大事なのか よくわかったので、これからも決して年齢を言い訳にせず、新しい学びをするチャレンジを続けよう!と思ったことでした。