第795回 「沢渡茶カフェ」

4月13日

春うらら、吾川郡仁淀川町にできたばかりのお茶カフェ茶農家の店 あすなろ」へ行ってみました。高知市からは57km、車で1時間40分ほどでしょうか。大渡ダムの近くにあります。

仁淀川町は昔からお茶が有名です。沢渡集落で作られるお茶や地元料理を提供するこちらのお店は、3月17日、国道33号線沿いの鷲ノ巣にオープンしたばかり。お茶を通じた地域おこしを目指す企業、「ビバ沢渡」によるものです。

お店の外観。木製のデッキからはダム湖が見え気持ちがいい景色が広がります。

ではお店の中へ。

開店祝いのお花がまだたくさんある時期でした。

仁淀川町産の木材をふんだんに使った店内。ちょうど12時頃だったのもあって、平日にもかかわらず店内は超満員!高知の人って、新しい物好きなんですよね~。(笑)

窓の外は、目にも優しいダムの緑。話も弾むってもんです。

さあ、頼んでいた「あすなろ御膳」が来ました!

仁淀川町の地物が盛りだくさんの、お山のご馳走ランチです。

炊き込みご飯のおむすび、バラ寿司のおむすび、ぜんまいと豚肉煮、鶏の唐揚げ、摘み草の卵とじ、チャーテの和え物、こんにゃくのきんぴら、ジャガイモ醤油炒め、沢渡茶団子汁、沢渡茶羊羹。どれから頂くか、迷ってしまいます。

ただ1200円は、ちょっとリピートしにくい価格かもしれません。(笑)

こちらは、沢渡茶うどん御膳。沢渡茶を練り込んだ、のどごし優しい茶うどんです。茶塩ごま、昆布、刻み海苔、お揚げの4種トッピングに 炊き込みご飯のおむすび、ぜんまいと豚肉煮がついて950円です。

頼みたかった、「茶器で入れる沢渡茶」(煎茶)450円。メニューに「沢渡茶の特徴は、その味わいと後味の良さ。やさしい味でありながら輪郭がはっきりとしていて、茶の味をしっかり感じることができます」とありました。

最後の一滴まで、お茶の旨みを逃さないようにして、味わいます。
う~ん、まろやか~♪

沢渡の茶大福。白あんに茶葉を練り込んであるのがお茶へのこだわりを感じました。おいしかったですよ。

茶香炉がそれぞれの席に置いてあり、ほのかなお茶の香りが いとをかし。

このほかにも沢渡茶スムージーやラテフロート、沢渡茶ワッフルなど、おしゃれなメニューもありました。

もちろん、お持ち帰り用の茶大福やお茶も販売しています。

景色も良く、お茶も美味しく、何よりも地域での意気込みを強く感じたお茶カフェでした。

第794回 「ポジティブ心理学!」

4月6日

春は、新しい学びが始まる季節ですね。私も先日、東京での「ポジティブ心理学」のセミナーに行って来ました。

ポジティブ心理学は、それまでの臨床心理学が心の病に対処するためのものだったのに対し、「どうすればもっと幸せになれるのか?」を追求する分野です。普通の人たちが「今の人生よりももっと充実した幸福な人生を送れるようにするため」に【ポジティブ】という名称が使われました。つまり、自分の心の道理を学んで、自ら幸せになっていく学問なのです。

会場は神楽坂HCスタジオ。面白いことに、LABプロファイル・トレーナーの同期がこちらの役員さんなんです。で、ランチをご一緒させていただきました。ご縁って、つながってますねえ。(笑)

ポジティブ心理学の創設者である、アメリカのマーティン・セリグマン博士が今年初来日し、7月27日・28日と2日間 ワークショップをなさいます。その学びをより深いものにするため、ワークショップの公式ファシリテーターを養成するアシスタント養成講座でした。セリグマン博士から直接教えていただけるだけで光栄なのに、アシスタントの学びもできるなんて これは相当ラッキーです!

会場にはたくさんの方々。皆さん、とても明るく熱心で、素敵な方々でした。日本のポジティブ心理学の第一人者でもある、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授も参加なさっていました。

今回はセリグマン博士の教え子である、カレン・ライビッチ博士(中央)のレクチャーを受けました。カレン博士は、アメリカ陸軍5万人にレジリエンス(回復力)のセミナーをなさっている、すごい実績をお持ちです。認知療法の権威、ジュディ・ソルツバーグ博士(右)とポジティブ教育のプログラムトレーニングの専門家、ゲイブ・パオレッティ博士(左)もサポートしてくださいました。

2日間でポジティブ心理学の代表的なワークを4つやり、その解説と 当日はどう参加者の皆さんをサポートすればいいのかをじっくり学べました。

これから7月に向けて課題図書を5冊ぐらい読まなければいけないのですが…大丈夫かなぁ?予定になかった勉強会も開催するようですが、スケジュール的に行けるかどうかも不安因子です。

でも、雲の上にはいつも青空。
そこは ポジティブに考えて乗り切ります!

夏に セリグマン博士にお目にかかれるのが楽しみです♪

第793回 「絵ろうそくの世界」

3月30日

皆さん、絵ろうそくってお聞きになったことがありますか?
和ろうそくに絵を付けたもので、とても美しいものです。

私も昨年初めて見て、その美しさに心を動かされました。

雪深い北陸や東北では昔、冬の間は生花がありませんでした。でも、お花はお供えしたい。そういう思いから、ろうそくに花の絵を描いてお供えしたものだそうです。お花の代わりにもなるのは、花の絵が描いてあるから?と思いきや、「原料が植物性だから」。ハゼの実から採った 木蝋(もくろう)で作られています。

絵ろうそくをともすのは、お花を仏様にお届けする意味合いがあるのだとか。またお盆、お彼岸、月命日などに火を灯すことで、亡くなった方の功徳になるのだそうです。

それを知って、お身内を亡くされた方に差し上げるととても喜んでくださり、そこからネットで色々と探すようになりました。四季折々の花が描かれていて、見ていても飽きません。

絵ろうそくには転写と手書きがありますが、やはり手書きの美しさは格別です。(写真はすべて、手書きのものです。)

上はモクレンの花です。一本一本職人さんの手によるものなので、同じ花を描いても違うところがまた、味があります。

こちらは限定商品、お正月用の干支のろうそく。犬張り子が可愛いでしょ?
松竹梅や南天に ほんの少しだけ金が散らされていて、とてもきれいです.

日頃は火を付けずに お仏壇のお花の横に供えれば、 万一お花が枯れた時にも 仏様に失礼にならないという意味合いがあるそうですし、仏様にも自分にも癒やしを与えてくれる気がします。

お値段は2本で千円ちょっとからあり、数は少ないですが 仏壇屋さんでも見かけました。燃やすと無くなってしまう はかない美しさですが、そこに幽玄の美を感じます。