第808回 「お隣の昔話」

7月13日               中村 覚

読みかけの本を持って お昼を食べに店に入ります。食事が運ばれて来るまで読むつもりが、面白くて食事がきてからもついパラパラとやっていました。気が付くと、1mも離れていない隣の席の話し声が聞こえるともなく聞こえて来ます。頭髪が白くなった男性2人の会話です。カメラの話をしているようで「最近は何につけ、許可をもらって撮らんといかんので、面倒になったな。」などと話しています。言外に「昔はそんなわずらわしさはなくて良かったよな」そんなふうに感じます。

カメラのことはわかりませんが、懐古趣味のある私は「その気持ち、わかるなぁ」と。(笑) それから話は 日本製品と外国製品の比較や朝鮮戦争の時、寒い現地で活躍したカメラや難しい機種名が出てきて、話はどんどん専門的に。こうなると自然と気持ちも読んでいた本に戻るというものです。

ところが、カメラはカメラでも今度は映写機の話になり、「昔、ロードショーは(映画館の)中央の座席はちょっと料金も高い時期があったなあ。」と。(えっ!? そんなの初めて聞くし…。) ちょっと背伸びをしたら手が届きそうな昔話は大好きなので、読みかけの本よりこっちの方が断然、面白そうと心変わりしました。

「お話し中、すみません。 あの、昔は中央の座席、値段が高かったんですか?」と2人の間に割り込んでしまいました。「なんじゃ、コイツは?」と思われるのは覚悟していたのですが、この後 しばらく話に混ぜてもらうことができました。もちろん私はもっぱら聞き役です。何も知らない私が入ってきたので、わかりやすいようにと話題に補足説明を加えてくれ、話すスピードも若干落としてくれたような気がしました。 どうもお2人の内、一方の方は映写技師をなさっていたようです。

昔の映画業界のことを「そうかぁ、そういうことがあったのかぁ。」と興味津々、お聞きすることができました。もちろん全てを理解できたわけではないですが、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
話の中で、特に印象に残った話題を1つ。

「封切りしたばかりの映画」 この表現、今まで聞いたことはありましたが、「封切り」の意味は「公開」と考えていました。もちろん意味はこれで通りますが、教えてもらった話によると、昔は映画フィルムを入れ物から取り出して機械にセット。この時 開封する、封を切っていたから、「封切り」と言ったそうです。

封切りされたばかりのネガフィルムは映像がきれいで、初めて大阪で「封切り映画」を観た時のことは今も覚えていると おっしゃっていました。当時はフィルムですから、上映を繰り返している内に画面に線が入ったりして、次第に劣化していくわけです。高知などの地方に回ってきたネガは、それ相応の状態だったのかと想像します。しかし、劣化したフィルムしか見ていなければ、何も不満はなかったのかもしれません。公開する順番によって画質が違っていたというのは今の時代では考えられないことだと思いました。

ところで、最近の映画館は昔のように何度でも観ることができません。ほとんどの館が、1回観たら退室です。こういった状況の中でも、ついつい上映時間に遅れてしまうお客さんは今もいるわけです。もちろん遅れたからといって入場できないわけではありませんが、その時は座れる席がかなり限られてくるそうです。既にご覧になっているお客さんの迷惑になってはいけないという理由から、端の方の座席に限定されるらしいのです。

実は先日、映画館でスタッフの方からこの一連の説明を受けている年配の男性を見ました。その方はしぶしぶ「わかった。」と納得したようでしたが、「昔は違った。『ちょっと すんません』と会釈して、座っている人の前を通ったもんや」とつぶやいていました。

こういったこと全部含めて、映画館の移り変わりを感じたことでした。

 

第807回 「悲しみの七夕」

7月7日

6月28日から降り続いた雨。降り始めからの雨量は7日(金)夜 現在、高知県本山町で1600ミリを超え、広島、岡山、愛媛など西日本を中心とした豪雨は死者が50人。岡山県真備町では大規模な浸水が起こり、安否不明者も多数という報道があり、未曾有の広域災害に、悲しみの七夕となってしまいました。

数十年に一度の、これまでに経験したことのないような重大な危険が差し迫った異常な状況で出される「特別警報」も一時、10以上の県に出されました。「直ちに避難してください」とのNHKアナウンサーの緊迫した声が耳に残っています。しかし、この避難のタイミングは本当にむつかしいものだと思います。

高知県中部の山間部に一人で住んでいる83歳の姑に「危ないので、明日こちらに出て来て」と電話したのは4日の水曜日でした。台風が通り過ぎたのに、一向に雨が止まない。何かおかしい、早く避難したほうが良いのではと胸騒ぎがして、車で1時間半の所へ迎えに行こうとしたのです。

ところが姑は「明日は出られない。県道に出る手前に倒木があって、車が通れなくなっているから」とのこと。(遅かったか!)すでに、県内のあちこちで土砂崩れが起きていたのです。そのあたりも道幅が狭く土砂崩れが多いため、迎えに行くのも一大決心でした。

「明日は、倒木を役場が対処してくれるから行けない」と言う姑。「でも、翌日では遅いかもしれない。土砂崩れの危険は刻々と増えるから」と言うのですが、なかなか聞いてくれない。(山で一人で生きるには、芯があることが大切ですからね。)仕方ないので、夜、夫から「倒木を撤去次第、出てくる」ことを説得してもらいました。

夫が言うには「こういう時には、地元に詳しいタクシーに頼むに限る。あんたじゃ、県道のどこが危ないとかわからんやろ」とのこと。ごもっともです…。

翌日、タクシー会社の社長さんが役場に確認を取ってくださり、すぐに役場も動いてくださったお陰さまで、無事に昼前に町に出てくることができたのです。姑の笑顔を見て、本当に心からホッとしました。やはり、頼りになるのは地元の方々です!

つくづく思うのですが、危険を顧みず、大雨の中を重機を動かして土嚢を積む建設業の方々、捜索をする警察の方々、救助に向かう消防や自衛隊の方々には頭が下がります。本当にありがとうございます。

またフェイスブックでは 大阪の地震に続いて、特別警報が出た多くの県の友人たちの否確認が簡単にでき、友人たちの無事とこのシステムに 感謝しています。

そして、悲しみと雨に耐えながら救助を待つすべての方々が どうか一刻も早く救出され、心から安心できますように…。

第806回 「元気な道の駅、“よって!西土佐”」

7月1日

高知市から車で2時間ちょっと。美しい四万十川沿いの四万十市西土佐地域は 昔は西土佐村でしたが、2005年に旧中村市と合併しました。2013年8月には41度を記録し、「暑さ日本一」の記録を持っています。ここに道の駅ができたのは2年前、2016年4月でした

その名も、「よって!西土佐」。人口わずか2800人ほどの西土佐ですが、でもここの道の駅、なかなか頑張っているんですよ♪

「みずみずしい市場」「西土佐食堂」「鮎市場」などが並んでいますが、意外にもちょっとおしゃれなスイーツショップもあります。

「ストローベイルSANKANYA」です。心を引かれつつ、まずは市場にGO!

2周年記念のディスプレイが目を引きます。

そしてこの、インパクト抜群のディスプレイをご覧下さい!

決してこの軽トラは間違って突っ込んできたわけではありません。野菜を積んであるんですが、いや~、斬新過ぎる…。(笑)夕方だったので、売れて商品は少なめでした。

ちなみにナンバープレートは、高4010(しまんと)、に4103(にしとさ)です。ほんと、洒落が効いてる。(笑)

商品が、どこにでもある高知県内のお土産物ではなく、西土佐の地の物をメインにオリジナル商品をしっかりプッシュしていて、好感が持てます。私がこの日買ったのは、いくり(スモモ)、タマネギ、桃、にんにく…。いかにも地の物、という安さと新鮮さ。もちろん美味でした♪

西土佐は天然鮎の産地ということで、鮎部門は独立しています。大きなスッポンも水槽にいました。

最近は塩焼きだけでなく、天然鮎のコンフィ(低温のオリーブオイルで長時間煮込んだもの)も商品開発されています。2500円ですが、大きいし絶対美味しいはず。(写真はホームページからお借りしました)これはネットでも買えますよ。

自動販売機も、こんなおしゃれなデザイン。

西土佐の沈下橋をモチーフにしています。

「沈下橋では車に気をつけて!」ほんと、車1台分の道幅で狭いので、すれ違うの怖いんですよ~。(笑)

実にいいなあと眺めていたら、何やら撮影をしてる。宣伝の撮影かな?いや、何か違う。見てみると、なんと、ウエディングドレス姿の女性とタキシードの男性が!

お二人は、こちらの職員さんなんだそう。うわ~、これは素敵なところに出逢いましたっっ!嬉しくなってきます。撮影しているのを見かけて、お年寄りや子どもまで知り合いが次々に声をかけていきます。手を振って答える花嫁さん。その光景が、実にほのぼのしていました。いいなあ。どうぞお幸せに。

そういえば、ここのロゴもおしゃれだし、公式テーマソングも流れているんですよ。素朴で耳に残るフレーズ「鮎・鮎…」のくり返し。ホームページもしっかり作られてるし、考え抜かれている。有名な地域商社、(株)四万十ドラマのプロデュースかなと思い 駅長のさんに伺ってみると、地元西土佐のサコタデザイン(株)迫田司さんにお願いしたのだとか。迫田さんは、あの佐川町の「ぢちち」吉本牛乳のパッケージデザインも手がけた方。とは言え、四万十ドラマの畦地さんも30年来の仲間だと笑っていらっしゃいました。

四万十川流域は道の駅の激戦区で、「あぐり窪川」「四万十大正」「四万十 とおわ」「よって!西土佐」「サンリバー四万十(旧:中村市)」とひしめき合っています。その中で、どう戦っていくのかが、腕の見せ所ですね!
今後も
「よって!西土佐」がもっと、発展していきますように♪