第838回 「幡多の恵みと厳しさ」

2月16日

昨年、高知でLABプロファイル(言葉と行動分析)の講座を共同開催した神奈川の八重田さんは何度も高知を訪れて、すっかり高知ファンになりました。そんな仲間が三連休に高知を再訪し、スタッフの中村と3人で海がきれいな宿毛・大月地域に日帰りしました。私は30年ほど前に両地域に住んでいたこともあり、あちこちご案内しました。

最初の写真は大月町の樫西海岸です。海沿いを走り、昼食をベルリーフ大月でとりました。実は高知県は全国3位の養殖マグロの産地で、しかもほとんどが大月町で生産されているそう。2月はマグロ祭りの最中とかでそれ目当てだったんですが、前日確認するとベルリーフでは「仕入れてない」というのでガッカリ。ところが当日「天然の小さいのが上がりました!」とご案内下さって、ラッキー♪

まさしく幡多の海の恵みです。冷凍をしていないから、厚みのある一切れがブルンと口の中で存在感を主張し、その後とろける感じ。素晴らしいお刺身でした。

ついでに車を足摺方面に15分ほど走らせ、小才角に。ここには今の時期の風物詩があるんです。

スルメイカの一日(ひいとい)干し。しっとり柔らかいイカをあぶって食べるのは最高!2~3枚で千円を一袋、家族へのお土産に買いました。

あと、今回欲しかった物に「ひがしやま」があります。そう、あのサツマイモを干した昔ながらのお菓子です。一般的には固いものですが、写真は柔らかいひがしやま。お芋がそのまままるごとなんですが 柔らかくてもっちりとして味が濃く、絶品です!大月町の道の駅では1080円、四万十市では1280円でした。(すみません、写真をアップで撮る前に家族が全部食べてしまいました…)

その後、柏島に車を走らせました。悲願だった2車線の県道が2011年に開通してずいぶん行きやすくなったのですが、あえて途中で1車線の旧道に入り、展望台に。

ところが途中で通行止めでかなり迂回しなくてはならず、落石の跡が残る狭い道を冷や汗をかきながら上りました。でもご褒美に、展望台からのこの景色が!

八重田さんもこの景色を喜んでくれて、ホッとしました。
また細い道をくねくねと戻って、柏島に向かいます。

昨年の平成30年7月豪雨はすごかったですが、その爪痕が土砂崩れとなり、あちこちに残っていました。こちらもそうです。

柏島の手前に巨大な落石があり、自衛隊が出動して破壊したとニュースで流れていました。現在は工事が進み、片側交互通行で特に支障なく通行できていて、何よりでした。3月末には工事も終わるようです。

でも崖のぐにゃりと曲がった異様な崩れ方は、空恐ろしささえ感じるほどでした。つくづく、自然には勝てません。

橋の上で釣りをする親子連れの姿は、きっと昭和から代替わりしても変わらないのでしょうね。微笑ましい光景でした。

そして、港は冬の弱い日差しでも海の底が見えるほどきれいでしたし、

『避難場所 田中さんの畑』
こんなに和む避難看板はないと思うなぁ~♪大好きです、柏島。

その後、宿毛市の林邸へご案内しました。

昨年の8月、第813回「見所満載!宿毛の林邸」でご紹介した林邸ですが、残念なことに1階のカフェは閉店していました。オーガニックの商品など力を入れてやってらっしゃった素敵な雰囲気のカフェだっただけにすごく残念です。やはり地方では経営を維持していくのが難しいのでしょうか。

沢山の恵みをくれる幡多の現実は厳しいけれど美しく、八重田さんは高知を満喫してくれたようで、私も嬉しかったです。次はどこを案内しようかなぁ♪

第837回 「疲れた喉のために」

2月10日

研修に出かける時には、レジュメや手帳、ハンカチなど一通り必要なツールがあります。忘れると困ったりするので、行く前にはチェックが欠かせません。

ちなみに、私がビジネスバッグに入れている主なものをご紹介すると…
スタンディング式のペンケースには、折りたたみ用のはさみやペン式の消しゴム、ボイスメモ用のレコーダーも入れています。

時計回りに、ホワイトボード用のマジック(中字)。たまに研修会場のマジックがつかない場合に備えてですが、赤や青はあっても緑はまずないので、たくさん書く場合に備えています。パワーポイントも使いますが、研修ではホワイトボードが向いている職種もまだ多いので。

卓上ベルは、一回り小さいものです。通常は8cmくらいですが、これは6cmくらい。音量はあまり変わりませんが、かさばらず便利です。深いブルーは名刺入れ。実はこれ、エイ革の天然の模様なんですよ。友人が作っていてクリスマス頃に買ったのですが、革の小さな粒がキラキラ光って、とってもお気に入りです。

私はドライアイなので、保湿タイプの目薬 ライオンの「スマイルコンタクトEXドライテクト」が長時間の研修には欠かせません。そして、折りたたみ式時計とタイマー。以前はタイマーだけだったんですが、やはり小さな時計もあった方が、瞬時に「あと○分」とか視覚的にわかるので、重宝しています。

白いのはマウススプレーで、ピンクの箱は龍角散ダイレクト。スティック状の喉のお薬ですが、水なしで飲めてすぐに喉が潤うので咳が出にくく、乾燥する季節には必須となりました。あと、マヌカハニーののど飴ですね。最近、疲れから喘息になり咳で喉を痛めているので、喉ケアのものをいつも入れています。

そんな今の私を気遣って、福岡の友人が喉に効くキンカンを送ってくれました。ビタミンカラーが本当にきれい♪

鹿児島の「春姫」ってブランドのキンカンで、皮ごと生で食べられるんですって!
大粒の実を口にしてみると、まず強い甘みが。追いかけるようにジュワーッと金柑の独特の香りと薄い皮のほのかな味。う~ん、格別のお味、いかにも喉に良さそう!

そして言葉に造詣(ぞうけい)が深い友人からの文章。
「厄飛ばします→ 飛厄→ 飛躍(笑)」
なんて嬉しいメッセージでしょう!!

遠く離れた友人の優しさがありがたく、何よりもの薬になりました♪

第836回 「漢字クイズ」

2月1日               中村 覚

「忙しい」という字は「心」を「亡くす」と書くので、「忙しい、忙しい」が口癖の人は気を付けましょうね。 忙しく飛び回って仕事をしている方には「お忙しいですね」ではなく「ご活躍ですね」と言葉がけをする方が良いかもね! といった話を以前 聞いたことがあります。

「忙しい」という言葉のイメージには やるべきことが沢山あり、フル稼働で充実した日々を過ごしているイメージなのも事実ですが、漢字で書くと確かにちょっと注意が必要なのかな?とも思います。

日頃、つい「忙しくて忘れていた」と言ってしまうことがあります。または忙しくなくても単に忘れていたということも。この「忘れる」という字ですが、あれ? この字も「心」を「亡くす」と書くのだと、先日 気づきました。

ですから、例えば「あなたとの約束、忘れていました。」などと言おうものなら、「私はあなたのことなど心にありませんでした。」と言っているようなもので、大変なことになりかねません。(笑)

「忙しくて忘れていました。」となれば、ダブルパンチを食らって意識は朦朧とし ダウン寸前の状態? いや ちょっと拡大解釈し過ぎです。(笑) でも「忘れる」というのも字面を考えれば ちょっと注意が必要なのかな?と思った次第です。

この一連の話、独りよがりになってはいけないと思い、先日 友人に聞いてもらいました。すると友人 曰く「忘れる」というのは字の作りからして「下心」が「ない(亡くす)」とも考えられる。つまり「下心がないからこそ 忘れてしまう」と解釈してもいいのではないかと言うのです。

なんて清々しい青空のような解釈でしょう! 素晴らしい!
私もこっちの解釈に乗り換えです。(笑)

テストで合格点をもらえるようにと漢字のお勉強をしていた あの頃と違い、暇潰して漢和辞典をパラパラやっていると、知っているつもりの字や言葉でも、違う一面を見た! というような意外な再発見があったりします。

例えば、「戦う」ご存知、戦争の「戦」です。一字で訓読みすれば「いくさ」。血気盛んな方なら「戦」の一字を見るだけで血が沸くのではないでしょうか。(笑) では「戦ぐ」と書いて何と読むのか。もちろん私、読めませんでした。答えは「そよぐ」です。草木が風でそよそよと音を立てて揺れるさまです。なんと意外なことでしょう!

次は「雄弁」や「弁舌」、「弁が立つ」の「弁」です。論じたてる、巧みに言う、という意味です。平たく言えば、口達者というイメージだと思います。(笑)でも「弁える」と訓読みすると「わきまえる」だそうです。イメージ、全然違うぞ!とツッコミを入れたくなります。(笑)

では最後に「屈辱」や「侮辱」の「辱」についてです。名誉を傷つけられ恥ずかしい、といった意味合いで 世の中を闊歩している字だと ばかり思っていました。 で、これを訓読みすると「辱い」となります。じゃあ 何と読むのか。読めば気分はサムライですぞ。 答えは「かたじけない」。こんなブッ飛んだ読み方があっていいのかと思いました。(笑)

「辱い」⇒「もったいない、おそれおおい、ありがたい」の意味です。時代劇で何度も聞いたことがありましたが、こう書くとは いやはや 恐れ入りました。

実は手元の辞書にはこの字ともう一字「忝い」が載っています。パソコンで打つと出てくるのはこっちの字です。もう今は使わないのでしょうか?インパクトとしては「辱い」の方があると思うのですが。

温故知新とはよく言ったもので 辞書は宝の山です。なぜに小学校の時にそう思えなかったのか残念でなりません。(笑)