第854回 「とくし丸のお得意さん」

6月8日

皆さん、「とくし丸」をご存じですよね。そう、あの移動スーパーのとくし丸です。

先月TBSの番組でも取り上げられていましたが、スーパーの超大型化と郊外化で、近所のスーパーが撤退し、日常の買い物に不自由している人たちが増えてきています。今や買い物困難者は全国で825万人もいて、その救世主になっているのが移動スーパーです。近隣にスーパーがない地区や山間部の高齢者など、買い物に行くのが難しい人たちの家を一軒一軒まわる対面販売スタイルは、ありがたいサービスでしょう。

中でも「買い物困難者のニーズに100%応える」ということで、全国売り上げナンバー1の移動スーパー販売員、高知のとくし丸の谷平さんという方が密着取材を受けていました。「ご年配の方は、あまりたくさんは食べられないから、本当にいいものをだけをちょっと食べる」ということで食品は小さめサイズを選ぶとか、買い物代行もするとか、お客さんの誕生日プレゼントまで!実に細やかな心配りでサービスを行っているのが印象的でした。

そして、実は非常に身近にとくし丸のお得意さんがいるのです。

ジャーン、久々の登場、長女の涼歌(すずか)です。32歳になりました。
実は通っているデイサービスの近くに毎週火曜日 とくし丸が来るので、買い物に行くのが彼女の楽しみなのです♪

ご近所の方もいらっしゃっています。常連さんなんでしょうね。

涼歌にとってとくし丸がいいのは、来てくれるのはもちろんですが
「商品が選びやすい品数で、車椅子でも見やすい目線だから」ということでした。確かに、大きなスーパーだと商品が多すぎて かえって選びにくいのでしょうね。そういうことって多分、少なからぬ高齢者の方も同じかもと思いました。

世はネットショッピングが花盛りですが、買い物って、実際に商品を見て感じたりさわったり迷ったり選んだりするのが、日常のちょっとした楽しみでもありますものね。

ちなみに涼歌がこの日に買ったのは、
牛乳、野菜ジュース、アップルパイ、おつまみのイカソウメン。(笑)
ニコニコでした♪

商品仕入れは地域のスーパーから行っているそうで、冷蔵庫付きの軽トラックには生鮮食品も含め、何と400品目以上を積んでいるそうです。また、買い物だけに止まらず、スタッフは地域の「見守り隊」としての役目も目指しているそうです。

地域の高齢化や運転免許の返納に伴い、移動スーパーはこれからますます なくてはならないサービスになっていくことでしょう。

第853回 「障害ケーススタディ」

6月1日

毎年恒例の、土佐リハビリテーションカレッジの前期の授業が終わりました。
医療人としてのマナーやコミュニケーションについて学び、最後に松葉杖歴10年の中村と脳性麻痺の娘の育児を語る私の「障害体験」のケーススタディを行っています。事前に自己紹介をして質問を募り 最後の3時間でそれにお答えしていくのですが、今年も80もの質問が出て 皆さん熱心に聴いてくれました。

その後のレポートにも、それぞれの思いを綴ってくれていました。
「筒井先生と中村先生のお話を聞かせていただくと、患者さんの求めるもの、意外だと思った日常生活の辛いこと、してほしくないことを具体的に知ることができ、自分がセラピストとしての気遣いのスキルを伸ばす糧になりました」など まっすぐな思いが伺え、微笑ましかったです。

・1回目の講義の後に、自分には何ができるだろうと考えました。手助けや声をかけてあげることは相手も気を悪くしないと思って、アルバイトの時に障害で車椅子を利用している方に声をかけました。店の構造上レジがテーブル席から遠かったので、お会計をテーブル席ですませたら楽なのではないかと思い実践しました。私自身もして良かったし、相手の方も「ありがとう」と言ってくださったので、とても嬉しかったです。作業療法士は身体を治すだけではなく、心も治していくものだと思います。

気づいて考え、そして行動を起こすことが大事ですよね。早速 実践してくれた事例を読むと心が洗われるようで、本当に嬉しくなります。
さらに、こんな感想もありました。

1年の授業で「子どもを産む前に障害があるとわかったら、産むか、産まないか」という討論をしたことがあり、その時私は、その子どもの一生を背負っていける自信がないと思い、産まないと言っていましたが、筒井さんや中村さんの話を聞いて、障害があっても幸せに暮らせるんだな、自分の子どもはやっぱりかわいいんだなと思い、気持ちが変わりました。

こういう感想を頂いたのは初めてで、思わず「ありがとう!」とつぶやきました。
確かに障害児を育てていくのは大変なことも多いですが、その分ささいなことでも幸せを感じられるようにもなるとも実感しているんです。

障害があってもなくても、苦労するのも幸せになるのも、実はみんな同じ。そして幸せかどうかは、自分で決めること。そういうことが長く生きていると、だんだんとわかってくるように思います。

・患者さんの人生をみてほしいと言われた言葉はセラピストを目指す身として、何よりも意識していきたいと思っています。

そう、セラピストや医療関係者は「患者」として「障害」や「症例」だけを見がちです。でもそうではなく、「その人」全体を、その人の人生を見て欲しいのです。私たちの話がそのためのきっかけとなれば、こんなに嬉しいことはありません。

第852回 「サイの角のようにただ独り歩め」

5月24日              中村 覚

先日、「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め」というお釈迦様の言葉があるらしいと兄から聞きました。世にたくさんある こういった格言、私はそれほど知っているわけではなく いや ほとんど知りませんので、この話も有名だとのことでしたが、やっぱり知りませんでした。

けど、お釈迦様なら まぁ言いそうかなぁ。ホントのことなんだろうなあ。(笑)

一般的にこういった話を年長者から聞けば、うやうやしくありがとうございます、なのですが、相手が兄なものですから、ちょっとした疑問をぶつけてみました。

「『サイの角のようにただ独り歩め』から連想するサイの角って、1本な気がする。立派な体躯で歩むサイの先端にあるのは誇らしく突き出た1本の角!でも、お兄ちゃん、サイの角は2本で。」

たまたま ちょっと前に買ったサイの置物が部屋にあるのですが、 ほら この通り。(別にお釈迦様の言葉にケチをつけるつもりはないですが。)

兄は特に何も言いませんでしたけど、
内心「 そもそも 釈迦は角の本数には触れていないのだから、角が1本でも2本でも、だいたい言わんとするところはわかるだろ? ゴネるな。」と。

もちろん だいたいは わかります。(笑)相手が兄だから聞いてみただけで…。でも ちょっとやっぱり気になったのでした。

それから数日が経った頃、部屋で手にしたのが、このミニガイドブックみたいな小さな動物図鑑です。

たまぁ~に 自分の知らない面白そうな動物はいないかと無造作にページをめくるのですが、今回に限っては「そうだっ!」とサイの載っているページを探しました。

そこで判明しました。私の部屋にある置き物のサイは「シロサイ」で、このシロサイには角が2本あるのです。 多分、皆さんもサイと聞いてイメージするのは このシロサイではないでしょうか。 生息地はアフリカです。

それから(これは 他の動物にも言えることですが)基本形から派生したように○○サイというのが何種類かいて、その中に「インドサイ」というのがいました。これには角が1本です。 生息地がインドですから、どうもお釈迦様が見たのはこのインドサイのようです。

「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め。」
これならイメージとピッタリ!(笑)

気持ちもすっきりしたところで、この言葉の意味を念のためネットで探してみました。
人の悩みの原因というのは、人とのつながり 人間関係からくるものが少なからずあるので、仏教では「孤独」を勧めるようです。一時的に他者から距離を置いてみることで、気持ちも癒され それは心の成長にもつながる、といったようなことでした。

確かに人との関係は楽しくもありますが、面倒なこともあります。(笑)

お釈迦様の生きた時代と今の時代、 同じ人の世ですが、現代では面と向かって誰かと一緒にいなくても、SNS等によって、一人で居る時でも知り合いとつながっていたり、誰かの書いた文章を読んだり、誰かが作った映像を見たりと、とにかく1人でボウ~っと何となく自分自身について考えてみる、そういった時間が極度に少ないと思います。

表面的であれ、これだけ他者とのつながりに慣れてしまった現代の私達には孤独というのは、あまりに厳しく聞こえないでしょうか。でも、いざ「本当の友達は?」 というようなことになれば、表面的なつながりにはたいして意味もなく…。

こういった現代だからこそ、そっと胸のポケットに忍ばすハンカチのように

「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め。」